社長ブログ

社長ブログ

2018/02/21
工場直販オーダースーツSADA新横浜プリンスぺぺ店がオープン致します!

今週末2/24(土)、44号店となる、工場直販オーダースーツSADA新横浜プリンスぺぺ店がオープン致します!
【02/24(土)】新横浜プリンスペペショールームオープン記念セールのお知らせ

オープン記念は、「スペアスラックス」or「ベスト」プレゼントキャンペーン!お試し19,800円でも、2パンツオーダースーツや三つ揃いオーダースーツがお仕立て可能です!レディースはボトムスの組み合わせが自由ですので、お試し19,800円で、ジャケット、パンツ、スカートのオーダー3点セットをお仕立て出来ます!

お得感満載のオープニングセールとなっておりますので、新横浜周辺にお知り合いのいらっしゃる方は、是非、オーダースーツSADA新横浜プリンスぺぺ店をご紹介頂ければと思います!特に背の高い方・低い方、太めの方・細めの方、そしてスポーツ経験者の方などには、まず喜んで頂けると思います(^ ^)

工場直販オーダースーツSADA新横浜プリンスぺぺ店は、JR新横浜駅北口から徒歩2分、新横浜グレイスホテル隣の新横浜プリンスぺぺ1階です!
新横浜プリンスペペショールーム

このページのトップヘ
2018/02/21
オーダースーツSADA赤羽店を視察して参りました!

本日は3/3オープン予定の新店、オーダースーツSADA赤羽店を視察して参りました!赤羽駅を出てすぐ右手、現在改修工事中の、1階がミスタードーナツのビルの4階に入ります!

私も中に入るのは初めてなのですが、内装準備も、予定通りの開店に向け、順調に進んでおりました!図面で見るよりも広やかな印象で、お客様に愛される良い店舗になってくれると思います!

オープンセールも派手に開催予定ですので、赤羽周辺に友人・知人のいらっしゃる方は、本格オーダースーツをお値頃価格で仕立てられる店が赤羽オープンすると、弊社をご紹介頂ければ幸いです(^ ^)

このページのトップヘ
2018/02/21
パネラーとして登壇させて頂きました!

昨日は大阪で開催された「中小企業再生支援セミナー」に、パネラーとして登壇させて頂きました!金融機関関係者、会計士・税理士、弁護士、中小企業診断士など、何と400名近くの第一線で活躍する企業再生のプロ達の前で、しかも経営者として尊敬する築地玉寿司の中野里陽平社長と壇上で並べられるという、何とも緊張感溢れるシチュエーションで話をさせて頂きました!

「思うことを何でも話して良いですよ」との、弊社が私的再生を成し遂げられた際の大恩人である藤原敬三顧問のお言葉に甘え、「こんな酷いこと言われたんです!」的トークを炸裂させてしまいました。熱くなって話し過ぎ、司会の藤原顧問に時間調整で苦労をさせてしまい恐縮しきりです。それでも「再生の現場を生き抜いた経営者の生の声を聞けた」等の好評価の声を聞き、何とか大任を果たせたのかなと胸を撫で下ろしている次第です。

明日は東京での同じセミナーに登壇します!この方向性で宜しいならば、よりリアルで生々しいお話をさせて頂こうと思います(^ ^)
中小企業再生支援セミナー

このページのトップヘ
2018/02/19
齋藤佑樹投手が、SADAでお仕立てしたオーダースーツ姿のお写真を下さいました!

ハンカチ王子こと、日本ハムファイターズの齋藤佑樹投手が、SADAでお仕立てしたオーダースーツ姿のお写真を下さいました!
プロ野球選手 北海道日本ハムファイターズ 投手 斎藤 佑樹 様

齋藤佑樹投手と言えば、2006年夏の甲子園決勝での、田中将大投手との投げ合いが忘れられません。15回まで投げ合って決着がつかず、再試合も互いにフル完投、最後の打者となった田中投手を齋藤投手が三振で打ち取って優勝という、映画や漫画でもなければあり得ないドラマを演じてくれました。その後、早稲田大学に進み、ドラフト1位で日本ハムファイターズに入団。しかしプロ入り後は期待されたほどの成績は残せず苦しんでいらっしゃいます。メジャーで活躍する田中将大投手と比較され、メディアに根拠のない誹謗中傷を書かれても、それでもマウンドに立ち続ける齋藤佑樹投手の不屈の精神に私は心からの賞賛を送ります。今シーズンこそ、プロのマウンドでの大活躍を見せて頂きたいと思います!皆で応援していきましょう(^ ^)

齋藤佑樹投手のお写真も、SADAの著名人ギャラリーに掲載させて頂きます!
著名人ギャラリー

このページのトップヘ
2018/02/17
先週に春の営業会議を開催しました!

先週に春の営業会議を開催しました!全国から直販、卸の全営業、更には仙台工場長、経理部長、受注物理センター長も加わり、SADAグループの最前線司令部という位置付けの会議です!

私は大企業勤めの経験から、「会議屋」と呼ばれる人を生み出したく無いという強いポリシーがあり、弊社では定例会議を極限まで減らしているつもりです。全員が携帯を持ち、ネットが普及した現在にあって、情報共有や意見の擦り合わせであれば、他の代替手段がいくらでもあると思うからです。寧ろ定例会議があると、それを待って議論する風潮が生まれ、意思決定のスピードが遅くなると考えています。それでも、重要なメンバーには、私の考えを直接伝える必要があると思い、この会議だけは半年に一度、定例で行っております。

今回も、私が今考えていること、現状感じている課題などを、一人一人の発表に被せて、伝えさせて頂きました。まだまだ課題を一つづつ解決し、一歩一歩遠き道を行かねばなりませんが、いつか「この会社で働けて幸せです」と、従業員全員に言って貰える会社にして行きたいと思います(^ ^)

このページのトップヘ