スペシャルコンテンツ

太っているからスーツは似合わないと思っている方

問題

太っている人の特徴とは

太っている人は、入る既成スーツを探すだけでも大変。

その結果、身体の各所が余っており、全体としてダボっとした印象を持たれてしまっている。

原因

原因はこんなこと

既成スーツは身長とウェストの2軸のみで身体の全寸法を決めてしまうサイズ割になっている。
つまり身長○○cm、ウェスト○○㎝の人は、他の手足の長さ、肩幅、バスト、腹回り、ヒップ、
太もも回り、膝幅、裾幅等、全て同じ寸法という決め方である。

そして、身長が190㎝を越えるサイズ、ウェストが100㎝を越えるサイズはほとんど揃えられていない。
あったとしても、「入る」というだけで、ほとんどの寸法が合っていないスーツということになる。

この結果、既成スーツでは、身体にフィットするスーツが見つからず、
「自分に似合うスーツはないんだ。」と思い込んでしまうのである。

解決策

SADAのオーダースーツであれば、
サイズのみでジャケット300通り、スラックス250通りの基本パターンがあり、
この基本パターンの二十数か所を、コンピューター上で伸縮させてパターンを起こす。
しかも猫背、出尻、O脚等の体型補正も選択付加させることが出来る。

最大サイズでバスト150㎝、ウェスト160㎝のサイズまで対応が可能で、更にそれを伸縮させるので、
通常の力士程度の太さの方であれば、フィットさせることが可能。
また、微調整を加えることで、太目の方でもシャープな印象を与えることが可能となる。

SADAのオーダースーツとは

太っていてもスーツは似合う!
ゆったり目
loose
バランスが取れたゆったりとした着こなしのスーツは、落ち着いた雰囲気があるように見られます。
標準
normal
体のシルエットに合っていてビシッと着こなしています。パンツの丈もぴったりで、格好いい着こなしです。
 
すっきり目
SLIM
要所を絞りすっきりとした印象。全体的に身体にフィットしていながらも、極端な細身で無い点がポイントです。
ジャケパンスタイル
jakepan
ビジネスでも着られてオシャレに見えるジャケパンスタイル。季節によって適切な素材を取り入れると良いでしょう。

ゆったり目

ポイント
ダボッとしたゆったりではなく、サイズ感は合っていながらもゆったりとした貫禄のある着こなしです。

◆特徴

動作のしやすい、
ゆとりのあるパンツサイズ
広めのラペル巾で
全体のバランスを整えています。
どんな用途にも利用できる、
チャコールグレー無地の生地。

標準

ポイント
体に合わせたゆとりを入れながらも、引き締まった纏まった印象になります。

◆特徴

サイズ感に合わせた
適切なラペル巾。
体に合わせた適切なサイズ感。
ビジネスベーシックな色柄です。

すっきり目

ポイント
無理な絞り方をせず、要所を絞ることによって、全体的にタイト目に纏まったデザインに見えます。

◆特徴

膝・裾を絞りタイト目で、
奇麗なシルエットになっています。
シワの入らないように、
調整したサイズ感で絞ります。
細目のラペルで、
シャープさを演出しています。

ジャケパンスタイル

ポイント
職場でも休日でも着られるジャケパンスタイル。
季節や気温に合わせた素材や色を組み合わせてアレンジを行えばスーツとはまた違ったお洒落さが演出できます。

◆特徴

アウトポケットでカジュアルさを。
御洒落なナット釦。
アズーロ・エ・マローネの
色合わせも御洒落です。

メンズ・レディーススーツご購入をご検討のお客様は直接店舗へご来店いただくか、ネットでご注文下さい。
ご不明な点は下記店舗一覧より直接店舗へご確認下さい。
※女性のお客様で女性スタッフによる採寸をご希望のお客様はご来店予定の店舗へ直接ご確認下さい。

関東地区 関西地区 北陸地区
東海地区 東北地区 九州地区
訪問採寸  
このページのトップヘ