SADAについて

濃紺無地スーツのビジネスコーデはこれで決まり!
誰でも簡単に着こなせる色柄のポイントは?

濃紺無地スーツは、ビジネスシーンで使われるアイテムのなかで最もベーシックかつ華やかなアイテム。万能なこのスーツを最大限に活かすのはオフィスファッションの基本スキルと言っても過言ではありません。“上手な着こなし”を意識すると難しそうにも思えますが、実は誰でも簡単にコーディネートすることができます。今回は、ビジネスファッションの超王道とも言える濃紺無地スーツを上手に着こなすためのルールを紹介します。

濃紺無地スーツを最大限に活かすためのコーディネート

シンプルな濃紺無地スーツを着こなすには、絶対に覚えておきたい基本的なルールがあります。それはカラーを紺と白の2色に限定し、柄を1つだけ差すこと。このルールを守るだけで、好感度の高いビジネススタイルを誰でも実現することができるのです。

実際にコーディートするときは、「濃紺スーツ+白シャツ+濃紺ネクタイ」の組み合わせに決まり。濃紺無地スーツが持つ清潔感やシャープな雰囲気を最大限に引き立たせることができます。

柄の使い方で思い通りの印象をプラス

濃紺無地スーツを着こなすためのポイントは、ネクタイを上手に使って自分を演出すること。基本的にはスーツと同じぐらい濃い紺色を選択しましょう。シャープな印象を強調することができますよ。また、柄はネクタイのみに差すのがベスト。おのずと絶妙なバランスのコーディネートが完成します。柄によって相手に与える印象が大きく変わるので、自分のねらいやシーンにあったものを選ぶましょう。柄のカラーは、シャツと同じ白に合わせてくださいね。

濃紺スーツ+ドット柄ネクタイ

ドット柄は時代や流行に左右されることのない定番。堅苦しくなりがちはビジネスファッションにややフランクな趣を与えることができます。一般的に大きなものはカジュアルな印象に、小さなものはクラシカルな印象になるもの。ビジネスシーンで使うのであれば、大きすぎないドットを選ぶといいでしょう。濃紺ドット柄ネクタイだけで2~3本持っておけば、シーンにふさわしいものをさっと選ぶことができますよ。

濃紺スーツ+ストライプ柄ネクタイ

ストライプ柄は知的な印象や若々しさを演出したいときに役立つもの。ネクタイに取り入れるだけでも、この効果は変わりません。特にシャープな印象を際立たせたいときは、幅の狭いものを選びましょう。力強さを演出することもできるので、大切なプレゼンや商談、契約の場にも活用することができます。

濃紺スーツ+ペイズリー柄ネクタイ

ペイズリー柄は、草花をモチーフに表現されたといわれるデザイン。柄自体の存在感から扱いづらく感じるかもしれませんが、ワンポイントとして使うのならそこまで注意する必要はありません。華やかな印象を演出したいときには、むしろベストな選択です。濃紺と白でまとめられたコーディネートのなかで、一際魅力的に映えますよ。

濃紺スーツ+小紋柄ネクタイ

小紋柄とは、細かな柄が全体的に規則的に散りばめられたもの。鱗や松葉、麻の葉などさまざまな種類があり、かつては着物によく使われていました。現在ではシャツやパンツ、ポロシャツなどのほか、ネクタイにも数多く使われています。濃紺に白い小紋柄ネクタイを選択すれば、フレッシュ感と大人の貫禄の両方を演出するのにぴったりです。

濃紺無地スーツは、ビジネスファッションの定番中の定番。「濃紺スーツ+白シャツ+濃紺ネクタイ」という基本ルールを守り、ネクタイにたった1柄差すだけで簡単に着こなすことができます。年齢やシーズンを問わず大活躍するアイテムなので、明日からぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

このページのトップヘ