ネクタイの大剣にこだわりを!特徴や選び方を紹介

ネクタイの大剣にこだわりを!特徴や選び方を紹介

ビジネスやフォーマルなシーンでは、ネクタイの着用がマナーとなっていることがほとんどです。その際、ネクタイの色や柄に注意を払う人は多いでしょう。一方で、ネクタイの「大剣」にまで注意を払う人は少ないのではないでしょうか。今回は、ネクタイを着用するときは、大剣にまでこだわったほうが良い理由や、そもそも大剣とは何か、どのように選ぶべきなのかを解説していきます。

そもそもネクタイの大剣って何?

ネクタイの大剣とは、着用した際正面になる部分を指す名称です。俗に言う「ネクタイの幅」とは、一般的にこの大剣の幅のことを意味しています。別名「エプロン」とも呼ばれることもあります。また、大剣の一番幅が大きい部分は、「剣幅」という名称です。一方で、反対側の端の部分は「小剣」と呼称されており、これらの大剣と小剣は、ネクタイによってはそれぞれ柄が異なる場合があります。この小剣も、別名「スモールチップ」と呼ばれることもあります。
この大剣と小剣は、すべてのネクタイにある部分ではありません。基本的には、最もよく使われる形の「ダービータイ」、素材にウールもしくはリネンが用いられている「ウールタイ」「リネンタイ」、フォーマルやパーティーのシーンで使用される首に巻き付けて着用する「アスコットタイ」の4種類には大剣と小剣が存在します。他方で、編んで作られている「ニットタイ」では、その多くの先端部分は「スクエアエンド」と呼ばれる水平にカットされたような形になっています。一部には、大剣と小剣があるタイプのものも見られますが、数は少ないです。そして、「ボウタイ」はいわゆる蝶ネクタイなので大剣と小剣はありません。さらに、「クロスタイ」「リボンタイ」「ループタイ」もそれぞれその形が全く異なるため、大剣と剣は存在しません。

大剣のサイズはさまざまある!

この大剣のサイズは、大小さまざまあります。基本的に、ネクタイの種類によって大剣のサイズも変化しています。細いものでは4cm、太いものでは10cm以上のネクタイも存在し、スーツや体型などによってネクタイの見え方も異なるため、大剣のサイズにはこだわる必要があるでしょう。全体的な傾向としては、スーツのスリム化により、ネクタイも細いものが好まれるようになってきているようです。

ビジネスシーンに向いたネクタイは?

大剣のサイズによって、ビジネスシーンで好まれるものとそうでないものがあります。まず、ビジネスシーンで最もよく使われるネクタイが、結び下げ式で先端が三角形(この部分が大剣です)の「ダービータイ」と呼ばれるもので、多くの人に馴染み深いネクタイでしょう。さらに、このダービータイは3種類に大別されます。

#レギュラータイ
最も基本的な形をしているネクタイで、大剣の幅は7cm~9cmとなっています。ビジネス、カジュアルどちらのシーンでも使うことができます。

#ナロータイ
大剣のサイズが小さめのネクタイです。その幅は4cm~6cmとなっています。シャープな印象が強いネクタイで、ビジネスシーンには向いていないとされています。着用するなら、カジュアルな場が望ましいでしょう。

#ワイドタイ
大剣のサイズが10cm以上のネクタイのことです。このサイズだと、気品のある印象を醸し出すことができますが、あまり見かけることはないネクタイです。
この3種類のなかでは、レギュラータイが最もビジネスシーンに適したネクタイとなっています。そのなかでも、もう少し細かく指定すると、大剣のサイズは7.5cm程度が最適です。この理由としては、大剣のサイズは一般的にジャケットのラペル(下襟)の幅と同じものが良いということが挙げられます。スーツのサイズにおいて細めが好まれる傾向がある場合は、ラペルの幅も狭いスーツが主流です。細めのスーツでは、いわゆる「ナローラペル」と呼称されるこの部分のサイズがだいたい7cm~8cmとなっています。それにより、必然的にネクタイも、細めのスーツに合致するレギュラータイが適しているという判定を得ることになるのです。スーツのサイズの流行りによって、合わせるべきネクタイの大剣のサイズも変化していくことは、覚えておくとよいでしょう。

サイズは体格に合わせることも大切!

いくらスーツのサイズは細めが流行っていたとしても、そのサイズはさまざまな理由により着られない、もしくは着たくない人もいるでしょう。一般的に、体格や良い人や身長が高い人は、前述した7.5cm程度の大剣のネクタイだと、細く見えすぎてしまいます。そのため、9.0cmもしくは9.5cm程度の大剣のネクタイを選ぶと良いでしょう。
ただ、大剣のサイズだけを変更し、ナローラペルのサイズを度外視してしまうと、結局アンバランスな格好となってしまいます。基本的には、スーツのサイズが大きくなればナローラペルの幅も広がります。しかし、たとえば身長は高めでも体重が軽く、本来着用すべきサイズより小さめのサイズを着用した場合は、その分だけナローラペルの幅も狭い可能性があります。まず、スーツのサイズとナローラペルの幅をしっかりと確認したうえで、大剣のサイズを確定するようにしましょう。身長が高いからといって、そのまま大剣のサイズが9.0cmもしくは9.5cmのものが似合うわけではありません。

ネクタイを結ぶときの大剣の位置

大剣は、着用したときのその位置も非常に大切です。なぜなら、身体の中心にネクタイは位置するため、とにかく目立ちやすいからです。この大剣のベストな位置は、ベルトのバックルの真ん中あたりとされています。これより長い場合は、全体的にだらしなく見えることが多くなってしまいます。また、これより短い場合は、ラフな雰囲気を醸し出すばかりか、お腹が出ていなくても出ているように見えてしまいかねません。
それでは、大剣の位置を綺麗に調整するにはどのようにすればよいでしょうか。その方法としては、結び方を変えるというものと、自分が得意な結び方に工夫をこらすというものの2種類が挙げられます。

#結び方を変える
多くの人が用いる結び方は「プレーンノット」と呼ばれるものです。この結び方でうまく大剣の位置が調整できない場合は、ほかの結び方である「ダブルノット」「セミウインザーノット」などの結び方に変更するのがよいでしょう。また、どの結び方でも、結ぶ際にどこに小剣が最初に位置していれば、結果的に大剣の位置がちょうど良くなるのかを練習して把握する必要があります。これについては、人によって身長や首の長さ、太さが異なるので、自分に合った場所を見つけることが肝要です。

#結び方に工夫をこらす
大剣の位置調整でよく起きる現象に、大剣の位置はちょうどよくできるのに、小剣の部分が長くなりすぎて大剣よりも下に来てしまうというものがあります。特に、この場合では結び方の工夫で解決できるでしょう。具体的なやり方には、小剣部分を大剣の裏側にあるループ部分に巻き付けるといったものや、ループに通してからパンツのなかに小剣部分を入れてしまうというものが挙げられます。こうすることで、見た目には大剣部分がちょうどよい位置にありつつ、小剣が長すぎるといった失敗をうまく隠すことができます。結び方を変えることが難しかったり、変えても解決しなかったりする場合は、これらの工夫で改善を目指しましょう。なお、この方法でも最初の小剣の位置はしっかり把握するのが大事な要素です。

大剣のサイズや位置を意識しよう!

大剣のサイズや位置は、自分が想像する以上に他人への印象を左右する重要なポイントとなっています。スーツのサイズに合った適切な大剣のサイズを意識しつつ、着用した際の大剣の位置にもしっかり注意を払うことで、より洗練された雰囲気をまとうことができるでしょう。