営業マン必見!仕事に向いたスーツのマナーや選び方とは?

営業マン必見!仕事に向いたスーツのマナーや選び方とは?

営業マンは、第一印象が重要とも言える職業です。社外の人と接する機会も多いこともあり、仕事に向いたスーツを選んだり、マナーを守って着こなしたりする必要があります。また、せっかく自分に合ったスーツを購入しても、きちんとお手入れをしなければ相手にマイナスの印象を与える可能性もあるのです。さらに、スーツを着用する際に必要な靴やネクタイ、シャツなどにも気を配らなくてはなりません。この記事では、営業マンならではのスーツのマナーや選び方について詳しく解説していきます。

営業マンに必要となるスーツやネクタイの数

年間を通してスーツを着用する営業マンは、1シーズンごとに3着所有しているのが理想的です。3着あれば、一週間着回すことができるからです。難しい場合は、春夏用に3着、秋冬用に3着、年間を通して6着を用意するとよいでしょう。デザインの季節感や、季節の気候に合わせた生地になっているため、その時期に合ったスーツを着まわしてください。
費用をなるべく抑えたいのであれば、オールシーズンで着られるスーツを選ぶのもひとつの方法です。ただし、暑さが厳しい時期に外回りをすることを考えれば、夏用のスーツもあった方が無難です。また、普段着回すスーツに加え、勝負スーツも持っておくとよいでしょう。ここぞというときにだけ着用するため、着用する回数が少なく長期間使用することができます。
ワイシャツは、少なくても1週間分は用意しておきましょう。つまり、5枚~6枚ということになります。徐々に買い足しながら、柄やデザインなど、バリエーションを増やしていくと10枚~12枚くらいになるでしょう。ワイシャツは一般的に寿命が2年といわれているため、古いワイシャツは処分しながら定期的に購入することが必要です。
ネクタイは少なくとも3本は持っておきましょう。商談先などへ行くときには、いつも同じネクタイをしていると思われないよう、着回しに気を付けることが大切です。

できる営業マンに見てもらうためのスーツの色は?

営業マンとして、相手に好印象を与えるために有効なのが黒系のダークスーツです。黒やグレー、濃いネイビーといった色を選ぶとよいでしょう。これらの色のスーツは、相手に清潔感を与えることができるためです。特に濃いネイビーのスーツはフォーマル感があり、爽やかさや知的さなどを演出します。自社の商品などをアピールしたり、プレゼンテーションしたりといった場に適している色です。一方、グレーのスーツは優しい印象を与える効果が期待できます。また、ネイビーと比べるとカジュアルな雰囲気です。そのため、相手との距離を縮めたいときや、親しみやすさを演出したいときに向いていると言えるでしょう。色が薄くなるほどカジュアルさが出てくるため、濃いグレーを選ぶようにします。
反対に、営業マンとしてマイナスの印象を与える可能性があるのが、ブルーやブラウン、ライトグレー、チェック柄です。明るい色のため、目立ちすぎてしまったり、個性が出過ぎてしまったりします。突然営業先に謝罪訪問をすることになるなど、いつどんなことがあるかわかりません。そういった場面で明るい色のスーツを着用することは、相手に対して失礼にあたるのです。どのような場面でも対応できるよう、黒系のダークスーツを着用しておけば心配ありません。

スーツに合わせるワイシャツ選びのポイント

社外に人に会う場合、ワイシャツは白や淡いブルーのものを選びましょう。白のシャツは、グレーやネイビーのスーツとの相性がよく、清潔感や誠実さの印象をより高めてくれます。同じ白のシャツでも、素材や襟型の異なるものを準備しておけば、印象が変わり着回しの幅が広がります。また、淡いブルーは知的な印象を与えてくれます。社内のみであれば、ストライプ柄でも構いません。ただし、ストライプの幅が太いとカジュアルになりすぎてしまうため、細いデザインのものを選ぶとよいでしょう。また、高級感のあるものを一着は用意しておくと、取引さとのパーティーや冠婚葬祭にも役立ちます。
夏になると、スーツの下に半袖のワイシャツを着たくなるかもしれませんが、ジャケットを着る場合は半袖シャツを避けます。これは、スーツを着用したときに、ワイシャツの袖が1.5cmほど見えているのがよいとされているからです。半袖のワイシャツだと、スーツの袖口から何も出ていない状態のため、不自然に見えます。また、半袖のワイシャツは、クールビズのために作られたものであるため、半袖のワイシャツを着る際にはネクタイをつけないのが基本です。スーツを着用すると、基本的にネクタイをするため、半袖のワイシャツとスーツの組み合わせは避けるべきと言えるでしょう。

営業マンはネクタイ選びも重要!

ネクタイを選ぶうえで重要なのが色です。選んだ色によって、相手に与える印象が変わります。赤色系のネクタイは、情熱的なイメージを与えることができます。元気で意欲的な印象をアピールできるでしょう。青色系は知的で冷静な印象を与えます。また、落ち着きや清潔感のアピールにもなる色です。穏やかさや安心感などの印象を与えたいときは、緑のネクタイが適しています。ただし、色合いによっては幼稚な印象を与える場合があるため注意が必要です。営業の場面や、与えたい印象、スーツの色に応じてネクタイの色を使い分けるとよいでしょう。
また、柄にも気を配る必要があります。ワイシャツやスーツとコーディネートしやすいのが、無地のネクタイです。個性を演出したい場合には、ドット柄やストライプ柄、チェック柄のネクタイを選ぶとよいでしょう。ドット柄は、水玉が大きいとカジュアルな印象になってしまうため、小さいものを選んでください。ストライプ柄は、力強さや爽やかさといった印象を与えることができます。チェック柄は、親近感を感じてもらいやすい柄ですが、格子や下地の色によってはカジュアルすぎる場合があります。商談など重要な場面では避けたほうが無難と言えるでしょう。
そして、ある程度厚みのあるネクタイを選ぶことも意識すべきです。あまりに薄く安っぽさが伝わるようなネクタイだと、営業マンとしての印象や信頼感を損ねるおそれがあります。反対に高級ブランドなどあまりに高価なネクタイも、相手によっては心象を悪くする可能性があるため避けてください。

営業マンには欠かせない靴選びのポイント

外回りで歩く機会が多い営業マンにとって、靴選びで重要となってくるのがいかに歩きやすいかという点です。そのため、自分の足にしっかりフィットした靴を選びましょう。サイズが合っているからといってフィットするわけではありません。実際に履いてみて歩きやすさを確認する必要があります。その際、足幅が少しだけきつめの靴を選びます。親指と小指の付け根が靴に当たるくらいのものです。足幅が自分の足幅より狭い靴を履くと、靴擦れを起こす可能性があるためです。また、つま先は少しスペースに余裕をもたせます。靴のつま先に自分のつま先が当たると、足の指が自由に動かせず、歩くうちに足を痛める心配があります。耐久性に優れたラバーソールを選べば、長期間履き続けることができますし、柔らかいためコンクリートの衝撃を吸収することで足の負担を軽減してくれるのです。
歩く時間が長いと、靴底が擦り減ってきます。靴底の製法にはいくつかの種類がありますが、擦り減った靴底を交換できるグットイヤーウェルテッド製法の靴を選ぶとよいでしょう。定期的にお手入れをし、履いたら1日以上休ませることで、長年愛用することができます。
色は、黒か茶色が基本です。茶色の靴を選ぶ場合は、ダークブラウンを選ぶとよいでしょう。商談や大切な会議など、フォーマルな場面であれば黒の革靴がおすすめです。足元は見えづらいようで意外と見られているものです。足元の印象から、誠実さや清潔感を判断されることもあります。そのため、あまりにも安いと分かるものは、営業マンとして避けるべきです。
スーツに合わせる靴は、内羽根式と外羽根式の2種類があります。内羽根式は、羽根と呼ばれる靴紐を通す穴が開いた革が、甲の部分と一体化したタイプです。紐の締め付け具合は調整しにくいのですが、すっきりとしたデザインで、上品な印象になります。フォーマルな場面や落ち着いた印象を与えたいときに向いています。外羽根式は、羽根が外側に開いて甲の部分に乗っているタイプです。疲れにくくフィット感も調節しやすいため、外回りが多い営業マンに向いています。

上手く着こなすためのサイズのポイント

スーツを着こなすためには、サイズ感も大切です。既製品のスーツは華奢体型、普通体型、がっしり体型、ふっくら体型と4つの体型に合わせてサイズが設けられています。体型に応じて号数を選ぶ必要があります。自分の体型に合ったスーツを見つけやすくするには、採寸したり普段の服装に応じて選んだりしますが、ほかにもいくつかのポイントをチェックすることで、自分の体型に合っているかを判断しやすくなります。

#ジャケットのサイズ
ジャケットを着たときに、ワイシャツの後ろ襟が1cm~1.5cm見えるよう調整しなければなりません。後ろ襟が見えない場合はジャケットが大きすぎ、後ろ襟にジャケットが届いていない場合はジャケットが小さすぎということになります。ジャケットのお腹周りは、こぶしがひとつ入るくらいの余裕をもたせてください。あまりにジャストサイズすぎると、前身頃にしわができてしまいます。ボタンを留めたときの背中の状態でもサイズ感を確認できます。背中に縦にしわが入っている場合、生地が余っているというサインなので、ジャケットが大きすぎるのです。反対に、横にしわが入っている場合は小さいということになります。

#袖丈
袖丈は基本的に、腕を下にまっすぐ伸ばしたときに、ワイシャツが1.5cm程度出るようにします。ジャケットの袖が汚れるのを、シャツが防ぐ効果もあります。着丈は、腕をまっすぐ下ろしたときに、上着の裾をつかめるくらいの長さがベストです。お尻がギリギリ隠れるくらいの長さを基準に、ジャケットを選びましょう。肩幅は、自分の肩幅に1cmプラスしたサイズを目安にします。

#ネクタイ
ネクタイは、太いほうの端がベルトにかかるくらいの位置で結ぶのが基本です。短すぎるとパーティースタイルのようになりますし、反対に長すぎるとだらしない印象になります。自分にとってベストの長さで結べるようにしておきましょう。

#パンツ
パンツを履く際、センターラインはしっかりつけておくのがマナーです。身だしなみに気を使っていることをアピールすることにもつながりますし、足長効果も期待できます。アイロンでプレスすることでセンターラインを復活させることができますが、難しければ、クリーニング店でプレスをお願いするとよいでしょう。ウエストは腰骨にくるようにしてください。ウエストには、指が1本入るくらいの余裕が必要です。ウエストが緩すぎると、パンツにしわが入ったり、だらしない印象になったりします。反対に、きつすぎると着心地が悪くなってしまいます。裾はかかとから1cm~2cm程度の長さがベストです。細身のパンツは、靴に当たるか当たらないかくらいの長さなので、すっきりした印象を与えてくれます。

営業マンが守るべきスーツ着用のマナー

ジャケットを着る際には、一番下のボタンは留めないようにします。2つボタンだと上のみ、3つボタンだと上から2つを留めます。一番上のボタンが襟の裏に隠れるタイプの段返り3つボタンジャケットの場合は、シルエットが崩れるのを防ぐため、上の1つだけを留めてください。スリーピーススーツの場合、中に着用するベストも一番下のボタンは留めません。ただし、座っているときはボタンを外すのが基本です。座った状態でボタンを留めていると、全体的なシルエットが崩れてしまうからです。席を立つときにさりげなく留めましょう。
ポケットについているフラップと呼ばれる蓋は、雨からポケットを守るためにつけられたものです。そのため、屋外ではポケットの外側に出し、屋内ではポケットの内側に入れます。スタイルが崩れるのを防ぐためにも、ポケットにはなるべく物を入れないようにしましょう。
ネクタイと下襟は同じ太さにするのが基本です。ネクタイの一番太い部分と下襟の一番太い部分の幅が同じになるようにします。下襟の幅が細いジャケットは、7 cm~8.5cmのネクタイを、そうでないジャケットの場合は8.5 cm~9cmのネクタイを選ぶとよいでしょう。ジャケットを着用しない場合は、ワイシャツの襟の長さと開きに応じてネクタイの太さを合わせます。襟が長く大きく開いたワイドカラーには太めのネクタイを、襟が短く開きが狭いワイシャツには細めのネクタイを選んでください。ワイシャツは、ジャケットの上に襟がかからないよう気を付ける必要があります。
社外の人に会うときは、ジャケットを着用するのが基本です。長袖のワイシャツにジャケットを着用するのがビジネスシーンではフォーマルにあたるため、ジャケットは持ち歩くと安心です。

服装だけではなく身だしなみにも気配りを!

印象を左右するのは服装だけではありません。身だしなみにも気を配る必要があるのですが、そのポイントとなるのが清潔感です。顔に髪がかかっていたり、フケなどが出ていたりすると、不潔な印象になります。特に色の濃いスーツは肩回りにフケが目立つため気を付ける必要があります。また、髪の色があまりに明るい場合には、派手な印象を与えるため注意が必要です。整髪料を使用することで、メリハリのある印象を与えることができますが、髪の毛がテカテカになるほど使用するとマイナスのイメージになってしまいます。
意外に自分では気づきにくいのが、爪や鼻毛のお手入れです。至近距離で相手と接する機会も多いため、お手入れを忘れていると後から気づいて恥ずかしい思いをする可能性もあります。爪は伸ばしすぎると不潔な印象を与えることもあるため、週に一度は切るようにします。取引先などに出る前には、鏡でチェックするよう意識しましょう。また、至近距離で接する際には特に、口臭対策も必要です。口臭がきつくなるニンニクなどは控え、歯ブラシを携帯して歯磨きを欠かさないようにしましょう。喫煙者は、社外の人に会う前にたばこを吸うのも控えるべきです。コーヒーも口臭の原因となるため注意が必要です。食後に人と会う場合は、口臭と合わせて歯もきれいになっているか確認しましょう。
ハンカチとティッシュは必ず常備しておきます。ハンカチはしわくちゃのものを持たないよう気を付けましょう。アイロンがけをした清潔なハンカチを毎日使用してください。

仕事への心構えも忘れないこと!

身だしなみだけでなく、仕事への意欲も重要です。自分に自信を持ち、やる気が出てくると仕事への取組み方も変わってきます。相手への印象をよくするために、胸を張って背筋を伸ばすことも大切です。自然な笑顔ができる練習も、できるだけ毎日行うようにしましょう。

営業マンが心がけるべきスーツのお手入れ方法

スーツのお手入れを怠ると、スーツがくたびれて見えてしまいます。購入したときの形をキープするためには、正しいお手入れを続けることが大切です。

#厚みのあるハンガーにかける
帰宅後は、ポケットの形が崩れるのを防ぐため、まずはポケットの中身を出します。そして、すぐにハンガーにかけてください。ハンガーにかけることで、新しいしわや型崩れを防いだり、軽いしわを伸ばしたりといった効果が期待できます。ジャケットをかけるハンガーは、肩のラインに合わせて厚みのあるものを選んでください。3 cm~5cmの厚みが目安です。薄いハンガーだけでなく、厚すぎるハンガーもスーツの型崩れを引き起こすため使わないようにします。肩先が前方に軽くカーブしている形のものがベストです。よりこだわる場合は、スーツの肩幅に合わせてハンガーの幅も選んでください。木製だと静電気を防ぎ、防湿効果も期待できます。パンツをかけるハンガーは、専用のものを使いましょう。裾の部分をハンガーに挟み、逆さまに吊るします。そうすることで、パンツの重みによってしわがのびるのです。

#ブラッシング
次にブラッシングをします。1日着用したスーツには、目に見えないものも含め、たくさんのホコリが付着しています。そのままにしておくと、繊維の中に入り込み、虫食いの原因となる可能性があるので、ブラシを使ってしっかり落とします。ブラッシングすると、乱れた繊維に空気が通ることで質感が戻ったり、潰れた繊維が起きて流れが整い、光沢が出たりといったメリットもあるのです。さらに、スーツが長持ちしたり、クリーニングの回数を減らしたりできるといったメリットもあります。
最初に全体を軽く叩いてホコリを浮かせてください。ジャケットは上から順に、パンツは裾から腰に向けてブラシをかけます。襟の裏側やポケットの中なども忘れないようブラッシングしましょう。ブラッシングするときは、繊維の流れに逆らわないよう、地面と水平にブラシをもちます。力を入れすぎると、摩擦によって生地が傷んだり、ホコリをうまくかき出せなかったりします。優しくリズミカルにかけるのがポイントです。毎日ブラッシングするのがベストですが、難しい場合は3回に1回を目安に行いましょう。

#しわや汗が気になるとき
しわが気になるときは、ハンガーにつるしてから霧吹きをかけ、1時間くらい乾かすとしわが伸びます。霧吹きの中身は水でもよいのですが、専用のしわ取りスプレーを使うとよりしわが伸びます。汗をかいたときは、そのまま放っておくとカビや臭いの原因になるため、お手入れが必要です。洗えない生地の場合、濡れタオルで生地を軽く叩き汗を抜きます。押し付けたりこすったりすると、生地が傷むため注意が必要です。クリーニングに出す場合は、汗抜きサービスを利用しましょう。

#クリーニング
スーツをクリーニングに出すのは、1シーズンに1回程度が基本です。頻度が増えると、スーツが傷む可能性があるのです。長期間しまう前に、クリーニングに出すようにしましょう。クリーニングから返ってきたら、ビニールシートをとって保管します。そのまま保管すると、密封された状態で湿気がこもり、カビが生える原因になります。厚みのあるハンガーにかけ、不織布のカバーに入れてから防虫剤の入ったタンスに保管してください。

#1度着たら2日ほど休ませる
同じスーツを連日着用するのは、基本的によくありません。多くのスーツ生地には、ウールが含まれています。ウールは復元力に優れており、着用によって生じる型崩れやしわを、スーツが本来持っている復元力によって回復してくれるのです。そのため、1日着用したあとは、2日ほど休ませるようにしましょう。

より長持ちするスーツが欲しいときは?

長持ちするスーツが欲しい場合には、オーダースーツを頼むのもひとつの方法です。オーダースーツは、フィット感を重視したサイズと、好みに応じたシルエットの両方を手に入れることができます。体型に対してタイトすぎるスーツを着続けると、体との摩擦によって生地が破れる場合があります。特に、股や脇の部分は負担がかかりやすいため、劣化しやすいと言えます。大きめのサイズだと、ヨレやしわができやすくなるため、スーツの寿命が短くなる傾向です。オーダースーツだと、体型にフィットしたサイズのスーツが仕上がるため、これらの心配がありません。さらに上質な生地を使うため、長持ちしやすいのです。
オーダースーツの場合、生地を選んだり自分好みにデザインをカスタマイズしたりすることも可能です。ポケットの形や襟型、裏地など細部にまでこだわりを詰め込むことができます。
SADAでは、インターネットや店頭でオーダースーツを申し込むことができます。基本的に採寸は店頭で行いますが、各ショールームから1時間以内の範囲で、5着以上購入する場合は訪問採寸に対応しているので便利です。2回目以降は、前回の着心地やデザインに問題がなければ採寸の必要がなく生地を選ぶだけでオーダースーツを作れます。インターネットでの購入もできるため、忙しい人でもオーダースーツが自分の好きなタイミングで作れるのです。お直しや修理などにも柔軟に対応するため、安心して長期間着用することができます。

営業マンの戦闘服だからこそオーダースーツを!

営業職は、事務職などに比べると歩き回ることが多く、そんな営業マンにとってスーツは戦闘服と言えます。自分に合ったスーツを正しく着こなすことで、相手への印象を高めてくれるからこそ、長く快適に使いたいものです。オーダースーツであれば、サイズもデザインもすべて自分好みに調節できます。営業マンにとって欠かせないアイテムのスーツだからこそ、オーダーメイドしてみることを検討しましょう。