ネイビーと紺は同じ色?スーツで与える印象は?

ネイビーと紺は同じ色?スーツで与える印象は?

スーツの色は、着ている人の印象を決めることもある大変重要な要素ですよね。スーツの定番とされる色に「ネイビー」や「紺」がありますが、これらは同じ色のことじゃないのかと疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。実は、ネイビーと紺は似ているようでたくさんの異なる点がある色なのです。そこで今回は、ネイビーと紺の違いについて紹介していきます。2つの色に対する理解を深めて、ビジネスシーンで活用していきましょう。

紺ってどんな色?

#紺は日本に昔からある色
紺色は日本に古くからある色で、紫がかった暗い青色のことを指しています。伝統的には藍で染めて色を作っていましたが、紺は藍色系統としては最も深い色に属します。紺は手拭いや暖簾、浴衣など、日本の伝統的なアイテムにも多く用いられている色なので、私たちにとっては馴染み深い色ということもできるでしょう。紺はまた、黒に近い青全般を指すことが多いという特徴もあります。黒に近い青系統の色と考えれば、イメージする色はだいたい紺色になるでしょう。ただし、伝統的な紺色は藍で幾重にも染められているため、落ち着いた深い色合いの印象を持つものがほとんどです。現代で多く見られる紺色は科学的に染められているものも多く、藍染よりも色がやや浅い印象があるのが特徴です。

#紺に似た色には何がある?
紺に似た色として、青・藍色・ネイビーブルーなどがあります。青は紺よりも明るい色で、藍色は紺色よりもやや緑が強いのが特徴です。ネイビーも紺と同じく暗い青色をしていますが、紺よりも色が暗く黒に近くなっています。また、紺は色幅が広いため、同じ紺でも瑠璃紺、紺桔梗、普魯士藍(プルシアンブルー)などさまざまに分かれています。いずれも紺で一括りにできる色ですが、並べると確かに色の違いがわかるでしょう。紺に昔から親しんできた日本には、たくさんの紺色があるのです。

#実はたくさんの青を見分けられる日本人
ところで、日本人はたくさんの青を見分けられるといわれています。植物の少ない地域で育った人は緑色を細かく見分けられないことがあるように、育ってきた環境によって色を見分ける能力は左右されるのです。日本で虹は7色と表現されますが、欧米ではたいていの場合虹は6色と理解されています。実は、この7色目が紺なのです。私たちは紺という色に親しんでいるため、虹を7色として見ることができるのです。

ネイビーってどんな色?

#紺と似た色であるネイビーとは
ネイビーとは紺色よりも暗い濃紺のことで、日本語では濃紺色と呼ばれることもあります。紺色をもっと濃くしたネイビーを紺色の隣に置いて比較すると、明らかにネイビーのほうが濃い色のため見分けがつきます。ただし、紺色や濃紺など黒に近い青全般をネイビーとして表現することもあるので、基本的に両者は似た色として解釈されることも多いです。

#ネイビーといえば「海軍」だけれど関係はあるの?
ネイビーと聞くと、人によっては海軍を想像するかもしれません。辞書でネイビー(navy)という言葉を引くと、はじめに出てくるのが「海軍」という意味です。ネイビーという色と海軍には、実は関係があります。なぜなら、ネイビーブルーの名前の由来はイギリス海軍の制服だからです。つまり、ネイビーはもともと軍隊の制服の色であり、フォーマルな場に着て行ってもおかしくはない色ということができます。ちなみに、アメリカ海軍の軍服は黒ですが、海軍といえばネイビーブルーという共通認識があるためか、黒にもかかわらず「Dress Blue」と呼ばれています。

#セーラー服にもネイビーが使われることが多い
セーラーが水兵や船乗りを意味することからもわかるように、学生が着るセーラー服も、もとは海軍の水兵の服から来ています。特に夏のセーラー服は、そのまま水兵が着ていてもおかしくないデザインをしていますよね。学校によっても異なりますが、セーラー服の色をよく見てみると、黒ではなくネイビーであることも多いことがわかります。ネイビーをうまく想像できない場合は、セーラー服の色を思い出してみるのも良いでしょう。

紺とネイビーの違いは?

#紺とネイビーは似ているけどたしかな違いもある
紺とネイビーは似ている色であるものの、ネイビーの和名が濃紺色であることからもわかるように、ネイビーの色は紺よりも濃いのが特徴です。そのため、紺とネイビーを明確に色分けしたいのなら、薄い紺か濃紺かがポイントとなります。色は一色だけ見ていてもわからないことが多いので、複数の色を隣同士において見比べてみてください。そうすればどちらが薄くてどちらが濃い色かがわかりやすくなります。また、色を見比べるときは電灯の下だけではなく、自然光でも行うのもポイントです。一般的に、晴れている日の太陽光の下で見た色は、電灯の下で見たときよりも何倍も明るく見えます。夜の自宅で見たときは濃紺に見えたのに、次の日の朝にスーツを着て外へ出たときはかなり明るい色に見えたというケースは珍しくありません。

#やっぱり一括りにされることも多い
紺とネイビーは見方によっては全く違う色なのですが「黒に近い青全般を指す場合」には2つの色は同じ意味合いとして理解されることも多いです。アパレルショップや布屋などのお店によっては、紺とネイビーが細かく色分けされていないことも珍しくありません。場合によってはネイビーとして、紺から濃紺までの色が一括りにまとめられて陳列されていることもあります。「いわゆる伝統的な紺色でなければいけない」などのこだわりがない場合は、ネイビーとして同じカテゴリにされている色を選んでも特に問題はないでしょう。

スーツの色は紺とネイビーのどっち?

#スーツの色としての紺とネイビー
スーツの色の場合、紺とネイビーがはっきりと区別されているわけではありません。お店によっては濃い青全般を紺と表現しているところもあれば、逆にネイビーと表現しているところもあるからです。基本的に紺もネイビーも「黒に近い青全般」を指しているケースがほとんどです。紺スーツもネイビースーツも、同じ色味を指すものだと考えると良いでしょう。色の表記に惑わされず、まずは色味を見てから「ネクタイや靴などのアイテムと合うか」「自分に似合う色なのか」などを考えてください。

#同じ紺やネイビーでも若干色が異なることもある
また、同じ紺やネイビーと書かれたスーツでも、スーツの種類やメーカーによって色味が若干異なる場合があるので注意しましょう。今着ている色と全く同じ色のスーツを選びたかったら、できるだけ同じメーカーで同種のスーツを選ぶ必要があります。現在のスーツの色が気に入っているため、次も同じ色のスーツを買おうと思うこともありますよね。しかし、インターネットで検索してヒットしたスーツを適当に購入してしまうと、同じ色のカテゴリでも見た目の印象が全く異なる色のスーツが届いてしまうということもあるのです。

#紺とネイビーの注意点
特に紺とネイビーは、明るすぎると青色に寄ってしまいます。青のスーツはビジネスシーンで使うには派手だと感じることもあるでしょう。通信販売などで実物を見られない場合は、お店に一度連絡を入れて確認することをおすすめします。お店によっては端切れを送ってくれることもあります。画面で表示される色だけを信用せず、できるだけ自分の目で生地の色を確認することが大切です。画面の明るさやパソコンおよびスマートフォンの環境などによって、色の見え方は大きく異なることを覚えておいてください。

紺やネイビーのスーツが与える印象とは?

#なぜスーツに紺やネイビーを選ぶ?
スーツの定番色といえば、黒やグレーを挙げる人も多いのではないでしょうか。これらは無難な色であり、周りに悪い印象を与えません。しかし、違う見方をすれば、無難であるがゆえに少し退屈な印象をもたらすかもしれません。ビジネスシーンでは、しばしば自分の存在を覚えてもらうことから始めるときもあります。相手に与える印象をコントロールするためにも、紺やネイビーを上手に使いこなしましょう。

#色にはそれぞれ効果がある
紺やネイビーには、男らしい印象を与える効果があります。これは色から受ける心理的な効果や色彩連想から来ています。寒色系は男性的な色というイメージが根強くあるため、「頼りがいがありそうな雰囲気」を出すことができるでしょう。男らしい印象を与えると聞くと、女性は敬遠してしまうかもしれません。しかし、女性がビジネスシーンで紺やネイビーを着てももちろん問題はありません。男性と同様に頼れる雰囲気を演出できるとともに、仕事に対する「プロフェッショナルな印象」を与えることもできるでしょう。

#紺やネイビーには知的さや誠実さを感じる人も多い
興味深いことに、私たちはこの2つの色から知的な印象を受けることも多いです。青色は一般的に興奮を抑えたり気持ちを落ち着かせたりする効果があるとされています。また、感情をコントロールし、集中力を高める効果もあると考えられています。そのため、青系のスーツを着ると知的な感じを周りに与えることができ「冷静な判断ができる人」といった雰囲気を醸し出すことが可能となるのです。同様に、紺やネイビーのスーツを着ると「誠実そうな印象」も演出できます。これは、青系の色には清潔感があるからだと考えられます。これらの心理効果は、相手に対して「今後何らかのトラブルが起きたとしてもきちんと対応してくれるだろう」という印象につながるのです。

#青には癒しの効果もある
青から連想されるものには「空」や「水」といった、リラックス効果のある自然のものも多く含まれます。したがって、青系の色には癒しの効果があると考えられるため、相手にマイルドな印象を与えることも可能となります。ビジネスにおいて人間性は大きなカギです。どんなにデキるビジネスパーソンであったとしても、冷たい雰囲気を持つ人ならビジネスパートナーとして選ばれないことも多いです。リラクゼーション効果を含んでいる紺やネイビーのスーツを着て、ビジネスといえど相手がリラックスできる環境を作ってみてはいかがでしょうか。

紺の明るさで印象は変わる?

#紺やネイビーは「色の明るさ」が大きなポイントに
紺やネイビーのスーツを選ぶ際に重要なのが色の明るさです。明度は高くなるほど白に近づき、低くなるほど黒に近づきます。紺やネイビーの場合は明度が高ければ青に近づくと考えてください。明るい紺だとファッション性が上がり、スーツの個性が強くなります。どちらかといえばクリエイティブ系の若い人たちが着るのに適しているでしょう。サイズの大きめなスーツではなく体にピッタリとした細身のデザインであれば、色とデザインが合うので違和感がありません。靴や時計、ネクタイを上手に使えば、さらに個性を引き立てられます。

#濃紺は幅広いシーンに応用可能
一方、黒に近い濃紺は真面目な印象を与えるのが特徴です。ネイビーブルーの語源でもあるイギリス海軍の軍服は黒に近い濃紺です。濃紺は世代や職種を問わず、幅広い層で着られるのも特徴のひとつと言えます。フォーマルな場に行っても浮くことはなく、ビジネスシーン以外でも着ることが可能です。

#ビジネスシーンで適しているのは明るい紺?暗い紺?
ビジネスといってもさまざまなシーンがあるのですが、一般的に考えるのであれば、明るい色よりも暗い色のほうがビジネスには適しているでしょう。周りに合わせることで悪目立ちをせずに済み、ビジネスを円滑に進めることができます。ただし、自分が主宰する会や、アパレル関連の仕事についている場合などは、その限りではありません。個性を思いっきり出しても良いビジネスシーンであれば、あえて明るめの色で臨むことで新しい出会いや発見があるかもしれません。スーツの明るさはビジネスシーンに応じて使い分けることが大切です。

就活に紺やネイビーのスーツを着るのはあり?

#就活生もスーツの色に気をつける必要あり スーツはビジネスで着用する機会が多いものですが、もちろん就職活動でも着られるものです。就活は見方によっては、ビジネス以上に服装にこだわりを持つ必要があるものと言えるでしょう。そのため、スーツの色は重要な役割を果たします。紺やネイビーのスーツを就活生が着用するケースは多いので、着ても印象が悪くなることはありません。ただし、できるだけ濃紺色にするのが良いでしょう。あまり明るく派手な色を選ぶと、相手から覚えてもらえる可能性は高くなるものの、それに見合うだけの能力や人柄がないと逆に悪印象になってしまいかねません。リクルートスーツは黒が多いことからもわかるように、多くの就活生は黒系のスーツをしばしば着用します。そのなかで、自分らしくありたい場合でも個性の出し方をよく考えることが重要となります。 #紺やネイビーのスーツを選ぶメリットとは すでに述べたように、紺やネイビーはビジネスシーンでも使える色です。そのため、一般的な黒色のリクルートスーツとは異なり、就職後にもそのまま使い回せるメリットがあります。リクルートスーツも入社後半年〜1年間くらいまでは、そのまま着続けることができます。しかし、リクルートスーツは明らかに新入社員とわかる服装なので、それ以上の期間を着続けるとビジネスシーンで良い印象を与えられないでしょう。誰もがいずれはビジネススーツに買い換えなければなりません。就活期間から入社後1年程度で着なくなってしまうリクルートスーツにお金をかけるよりは、就活後にも使えるスーツを選んだほうが長い目で見たときにはお得です。 #ビジネススーツとリクルートスーツの違いは何? ビジネススーツもリクルートスーツも同じスーツなのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、リクルートスーツは無地のものが多く、生地が化繊でシワがつきやすく耐久性が低いなどの特徴があります。ただし、デメリットが多くあるものの安価で購入できます。一方、ビジネススーツは縦ストライプなど柄ものが多く、縫製がしっかりしており汗などの湿気がこもりにくいのが特徴です。値段はそれなりにしますが、その分だけ長く使えるのでコストパフォーマンスが高いと言えます。見た目にも機能的にも両者にはたくさんの違いがあることを覚えておいてください。

紺やネイビーに合うネクタイの色

#スーツに合うネクタイを着用しよう
ビジネスシーンの身だしなみで大切なのはスーツだけではありません。ネクタイもまたスーツと同じくらい見た目の印象を大きく左右するアイテムです。どんなに上等のスーツを着ていてもネクタイの色や柄が変だったり、スーツと合うものではなかったりした場合は、せっかくのスーツも台無しです。見た目は常にトータルでコーディネートを考えるようにしましょう。

#紺やネイビーに合うネクタイ選びのコツは「コントラスト」
ポジティブな印象を与えたいなら、淡い黄色のネクタイに挑戦してみてください。紺やネイビーとの淡いコントラストがお互いを引き立て合います。また、親しみやすさを感じさせたいなら、オレンジ色が良いでしょう。青とオレンジは反対色であり、強いコントラストが生まれます。そのため、同じオレンジでも明るく派手なものよりは、落ち着いた色のほうが全体的なまとまりが良くなるでしょう。無地のオレンジだと色が強く前面に出るため、多少柄が入ったものを着用するものおすすめです。

#同系色のネクタイもおすすめ
落ち着いた雰囲気を出したいなら、水色のネクタイを選んでみてください。全体が青系でまとまるため、トータルで見たときにはコーディネートに一体感が出るでしょう。また、青系のネクタイでは清潔感も出せるため、食品関係など業種によっては積極的に選びたい色でもあります。水色といっても幅がありますが、白に近い明るい水色だと全体的に洗練された雰囲気を出すことができます。基本的にトータルコーディネートでは3色以上を使わないことが望ましいとされているため、靴や時計などのアイテムで色を多く使っているなら、ネクタイの色はスーツと同系色にしたほうが良いでしょう。このように、コーディネートでは他のアイテムとの兼ね合いも考える必要があります。

紺やネイビーのスーツに合う靴

#靴もビジネスにとっては大事な要素
靴はネクタイと比べるとパッと見たときにそれほど目立つものではありません。しかし、他人の靴を見て、その人の人間性を判断するという人は案外多くいます。そのため、靴をおろそかにしていると、意外なシーンで失敗することにもなりかねないので注意が必要です。靴は常に清潔感が出るよう心掛けましょう。また、靴はスーツに合う色や形を選ぶことも重要です。靴だけ浮いているということがないよう、しっかりと靴選びをしてください。

#紺色スーツに合う靴の色とは
紺やネイビーといった青系のスーツに合う靴の色に、明るめと濃いめのブラウンおよび黒があります。黒はスーツの色にほとんど溶け込むため無難な選択ですが、ブラウンはスーツの色に対して軽やかなコントラストを提供してくれるのでおしゃれ度が上がります。

#紺やネイビーのスーツにおすすめの靴はコレ
ダブルモンクストラップシューズはスーツに合う靴の定番とも呼べるものです。ダブルモンクストラップは、靴の甲にストラップが付いているデザインで、個性的な見た目をしています。テクスチャーが豊かなスウェードシューズも、紺色スーツと良い相性です。スウェートなので基本的にブラウン系となっており、青系のスーツによく合います。ウイングチップシューズは、つま先部分に翼のような切り替えが付いているデザインをしています。紐が付いている革靴で、16世紀~17世紀ごろに誕生した歴史のある靴です。シンプルシューズは、ビジネスシューズとして定番の革靴です。どのようなスーツのデザインにも合い、スーツの個性を引き立ててくれます。コーディネートに迷ったらシンプルシューズを選ぶのが無難です。

紺やネイビーのスーツのおしゃれコーデ

#スーツではトータルコーディネートを考えよう
黒やグレーのスーツよりも個性的な紺やネイビーのスーツには、おしゃれの可能性が秘められています。たとえば、紺のスーツの場合、スリーピースと白無地シャツを合わせるだけでもワンランク上のコーディネートを演出できます。白と青系の相性は良く、清潔感や爽やかさを醸し出すことができます。また、少々カジュアルな雰囲気を出したいときには、ストライプ柄にシャンブレーシャツを合わせるのも良いでしょう。ビジネスシーンといっても多様なため、状況に合わせてシャツの色や素材を変えることは重要です。

#柄もののネクタイもグッド
柄もののネクタイといえばストライプをイメージしがちですが、ネイビースーツには小紋柄のブラウンタイを合わせてみましょう。小紋とは、型染めの一種で細かい模様が繰り返されているのが特徴です。デザインによってはビジネスシーンでも活用できるものも多く、個性を出すのにぴったりなので、ネイビースーツとの相性も抜群です。ただし、柄もののネクタイはそれだけで目立つため、色はブラウンといった無難なものにしましょう。ブラウンのタイなら靴やカバンとも合わせやすくコーディネートが簡単です。

#プライベートでも使える紺やネイビーのスーツ
紺やネイビーのスーツはビジネスシーンでも活躍しますが、もちろんプライベートにも活用させられます。特に明るい紺であれば、シャツの色と柄にこだわるだけでスマートカジュアルに変身させられます。紺やネイビーのスーツは基本的におしゃれ度が高いため、ビジネス以外にも積極的に着こなしていってください。

紺やネイビーを活かしたスーツを着こなそう!

紺やネイビーは、さまざまなシーンに応用できる優れた色です。ビジネス向きなら濃紺、カジュアル寄りなら明るい紺が適しているため、シーンごとに何種類かの色を揃えておくと良いでしょう。また、紺やネイビーに合うネクタイやシャツ、靴は多くあるので、一見コーディネートが難しいように思えても、案外幅があるので遊びやすいのが特徴です。ビジネスシーンにおいてスーツの色は重要です。同じビジネスでもシーンによって色を使い分けることで、相手に与える印象をより良いものにすることができます。色が与える印象を最大限活かして、スーツを着こなしていきましょう。