カジュアルスーツとスーツの違いは?着こなしポイントについても知りたい

カジュアルスーツとスーツの違いは?
着こなしポイントについても知りたい

ラフなスタイルのビジネスシーンやプライベートなど、さまざまな場面で活躍するカジュアルスーツ。お気に入りのカジュアルスーツをクローゼットにいつも何着か用意しておくと、どんな場面にも対応できて便利ですよね。ところで、カジュアルスーツとフォーマルなスーツは具体的にどこが違うのでしょうか。今回は、カジュアルスーツとフォーマルなスーツの違い、そしてカジュアルスーツを着こなすためのポイントについて解説します。

カジュアルスーツとスーツの違いとは

一般的に、スーツとはジャケットとパンツが同じ生地で作られている一揃いの衣服のことを指します。男性用であれば、上下揃いの2ピーススーツか、さらにベストを加えた3ピーススーツとなります。ビジネスやフォーマルな場面では2ピースのスーツを着用するのが普通です。さて、カジュアルスーツも通常のスーツも一揃いのジャケットとパンツなのですが、2つの間には微妙な違いがあります。具体的にどう違うのかというと、まず生地が違います。
ビジネススーツやフォーマルなスーツの生地にはウーステッド(梳毛)と呼ばれる生地素材がよく使われます。ウーステッドは長いウールの繊維を梳いて作られるため、見た目に光沢感やツヤがあり、さらさらした手触りになります。ウーステッドは薄手の生地ですが、熱やプレスに強く、度重なるクリーニングにも耐えられる耐久性を備えています。また、シワができにくいという特徴もあるので、ビジネスでの毎日の着用に適した生地であるといえるでしょう。
一方で、カジュアルスーツによく使われるのはウーレン(紡毛)というウールの短い繊維を紡いで作られる生地です。ウーレンの特徴としては、起毛がふっくらとしていて生地自体に厚みが感じられる素材となっています。具体的には、秋冬の服によく使われるフランネルやツイードなどの生地がウーレンに当たります。ところで、カジュアルスーツの生地はウールに限らず、季節によってコットンやリネンなどの素材が使われることもあります。また、生地だけではなく、色や柄によってカジュアルだと判断されるケースもあります。
カジュアルスーツと通常のスーツの違いは形にも表れています。まず、ビジネススーツなどは基本的に肩パッドが入っていますが、カジュアルスーツには肩パッドが入っていないことが多いです。ジャケットの胸と腰の部分のポケットのデザインからも、カジュアルなのかフォーマルなのかを見極めることができるでしょう。カジュアルスーツのポケットには、外側から布地を張り付けたようなデザインのアウトポケットがよく使われています。特に、生地がコットンやリネンで作られたカジュアルスーツにはよく合うので好んで用いられているようです。ビジネススーツなどの通常のスーツには、内側のポケットにフタが付いたようなデザインのフラップポケットが主に用いられています。
「セットアップ」というと日本ではカジュアルスーツのことを指すのが一般的ですが、これは「セットアップ」がカジュアルなジャケットとパンツのセット販売を意味していることが多いためです。フォーマルなスーツは基本的に上下で1セットなので、ジャケットと別のパンツを合わせてもちぐはぐな印象を与えてしまいます。しかし、カジュアルなジャケットであれば、さまざまなパンツに合わせてお洒落を楽しむことができます。 ビジネスシーンからプライベートまで対応できるこのジャケパンスタイルは、多くの男性がライフスタイルの中に取り入れています。着こなしの点でも、フォーマルなスーツには白シャツに無地のネクタイを合わせるなどのマナーが存在するのに対し、カジュアルスーツにはカットソーや色柄の入ったシャツを合わせるなどの遊びを取り入れることができます。このように、着こなしの自由度の高さがカジュアルスーツの大きな魅力の1つだといえるでしょう。

カジュアルスーツを着用する時に!気を付けたいポイント

カジュアルなスタイルのスーツとはいっても、適当に着ておけばよいというわけではありません。特にビジネスシーンに関して言えることですが、カジュアルスーツを着る上で押さえておきたい注意点というのもいくつかあります。ここでは、カジュアルスーツを着用する時のポイントをみていきましょう。まず気を付けたいのが、職場における服装のルールです。ビジネスの場において、服装というのはサラリーマンとしての印象を左右する重要なファクターの1つです。
ドレスコードにのっとった爽やかな服装をしているかどうかによって、商談の相手に与える印象や職場の雰囲気も大きく変わってきます。ですから、カジュアルスーツを着て出社する際には、必ず企業が定める服装のルールを確認しておくようにしましょう。2018年現在、よりカジュアルなクールビズやウォームビズといったスーツスタイルでの出社を推奨している企業は数多くあります。それでも、必要最低限のルールというものは必ず定められているはずなので、ルールから逸脱し過ぎて白い目で見られないように気を付けてくださいね。
2つ目に、シーンや季節感に合わせた着こなしを意識するというポイントが挙げられます。カジュアルスーツはビジネススーツなどのフォーマルなスーツに比べて、さまざまな種類の色柄があります。また、リネンやコットンなど、ビジネススーツでは通常用いられないような生地もよく使われています。それだけに、カジュアルスーツはビジネススーツよりも着こなしが難しいスーツであるといえます。ビジネススーツのように、通年であらゆるシーンに使えるというわけではないのですね。
カジュアルスーツについての基本的な知識として、コーディネート全体を同系色で統一すると上品な雰囲気になります。また、春夏のコットンやリネン、秋冬のツイードやフランネルのように、季節感のある生地をセレクトすると安定感のあるコーディネートになるでしょう。さまざまな生地のジャケットと合わせるインナーを選ぶのは少し上級者向けですが、シャツやカットソーとうまく合わせてカジュアル過ぎないようにまとめるのがベターです。

自分に似合うカジュアルスーツの選び方

自分に似合うカジュアルスーツを選ぶこともまた重要です。まずは自分の体格に見合ったジャケットを選ぶようにしましょう。ジャケットの肩幅は大きすぎると肩が落ちてしまい、だらしなく見えます。また、ジャケットの身幅についても大きすぎると腰のくびれがなくなり、寸胴のように見えてしまうので気を付けましょう。カジュアルスーツのジャケットは自分の身体にぴったりとフィットするサイズのものを選んでください。ジャケットの着丈も長すぎると胴が長く見えてしまうので、ベルトの下のラインとパンツの股下のラインの真ん中あたりに裾がくるような着丈のジャケットを選びましょう。
ビジネス用にカジュアルスーツを仕立てるような場合は、仕事場の環境について考慮しておくことも必要です。たとえば、仕事場が活動的な環境である場合、伸縮性に乏しい生地のスーツは動きにくいので着用したくなくなる恐れがあります。ウールジャージーのジャケットなどは一般的なウールと見た目も変わらず、それでいて動きやすいので合わせやすいでしょう。また、ドレスコードがそれほどカジュアルではない仕事場にリゾート的なイメージが強いリネンのジャケットなどを着ていくと周りから浮いてしまいますよね。スーツを仕立てる前に、職場環境については改めて振り返るようにしましょう。
ほとんどウーステッド一点張りのフォーマルなスーツと違って、カジュアルスーツにはさまざまな生地があります。それだけに、カジュアルスーツの着こなしには季節への気遣いが重要なポイントになります。たとえば、夏場にフランネルのジャケットを羽織って歩いている人を見かけたらちぐはぐな印象を受けますよね。カジュアルスーツを着用するときは、春夏ならコットンやリネン、サッカー地など、秋冬ならツイードやフランネルといったように、必ずシーズンに合った生地のものを選ぶようにしましょう。

カジュアルスーツを着用する時の小物選び

カジュアルスーツを着用する時は、シューズやネクタイなどの小物にもこだわりを持ちましょう。レジメンタルストライプ柄のネクタイは太さの異なるストライプでコーディネート全体を華やかに見せてくれます。シャープな印象を与えたいなら、すっきりとしたフォルムのペンシルストライプ柄のネクタイがおすすめです。少し上級者向けですが、ニットタイに挑戦できるとオシャレの幅はさらに広がります。無地のシャツにドット柄のニットタイを合わせると胸元が華やかな印象になりますし、ダブルボーダーやマルチボーダーなどのバリエーションから選べるボーダー柄も定番ですね。ネイティブ柄のニットタイでアクセントを付けてみるのもいいでしょう。
ネクタイといえばシルク生地のものが定番ですが、カジュアルスーツと同じ素材のものを選んでみるのもおすすめです。フランネルやツイードのジャケットに光沢のないウールのネクタイを合わせてみると、より秋冬の季節感が際立ちます。同じように、リネンのジャケットにリネンのネクタイを合わせればさらに涼しげな印象になります。また、コットンのネクタイはシルクやリネンのネクタイよりも風合いが落ち着いているので、ビジネスにもカジュアルにもさりげなく適応してくれます。
カジュアルスーツはもちろんネクタイがないスタイルにも対応できます。インナーをカットソーなどの襟がないものにする場合は、胸にポケットチーフを入れましょう。ポケットチーフにはスクエアやスリーピークス、トライアングルなどさまざまな折り方があるので、自分の服装や場面に合った折り方を心がけましょう。ポケットチーフを四角く折りたたむスタイルの、最もベーシックなスクエアはどんな場面にも合います。また、チーフをふんわりと丸めたパフドスタイルはビジネスカジュアルと相性がいいとされています。

おしゃれは足元から!シューズ選びにもこだわって

フォーマルなスーツにはもちろん革靴を合わせますが、カジュアルスーツにはどんな靴を合わせればいいのかと迷う人もいるかもしれません。しかし、カジュアルスーツにも革靴を合わせておけば間違いないのです。特に、ビジネスシーンではカジュアル過ぎると相手への礼儀を欠いているとみなされる場合がありますので、スニーカーなどのラフなシューズは極力避けましょう。スニーカーを履く場合でも、革張りのものを選ぶのがベターです。それでは、カジュアルスーツに合う革靴のデザインをみていきましょう。
最もオーソドックスな革靴のデザインといえばストレートチップです。つま先の部分にまっすぐな線が1本入ったこのデザインは、ビジネスから冠婚葬祭まで、さまざまな場面に対応してくれます。ストレートチップはカジュアルスーツにも合わせることができますが、少し硬い印象を与えてしまうかもしれません。そこで、カジュアルスーツにはストレートチップよりもややカジュアルな印象のウイングチップの革靴がおすすめです。つま先に鳥の羽のような形でラインが入っているウイングチップは、カジュアルスーツに合わせることで、こなれた雰囲気を演出してくれます。
さらにカジュアルな雰囲気にしたいという人には、つま先にU字型のラインが入ったUチップの革靴を合わせてみてもよいでしょう。本来はカジュアル過ぎる革靴なのでスーツと合わせることはあまりありませんが、カジュアルスーツであればうまく合わせることができます。靴のストラップをバックルで留めるデザインのモンクストラップもまた、カジュアルスーツとの相性はよいです。足元にアクセントが欲しいときなどに試してみてください。
フォーマルなスーツではなかなか合わせられないローファーも、カジュアルスーツとは気軽に合わせることができます。特に、アイビールックには欠かせないコインローファーを合わせると軽やかな印象になるでしょう。コインローファーとはサドルストラップにひし形などの切り込みが入ったデザインのローファーのことで、ペニー・ローファーとも呼ばれています。1950年代のアメリカの学生のあいだで大流行して以来、根強い人気を誇っている革靴です。スラックスの裾を短めにしておいて、コインローファーのようにオシャレなシューズやソックスの着こなしをチラ見せさせるのも粋ですよね。

2ピースのカジュアルスーツはおしゃれ上級者向け

2ピースのカジュアルスーツは着こなしが難しく、それだけに自分のオシャレ度をアピールできるアイテムであるといえます。2ピースのカジュアルスーツは元がフォーマルな場には合わない服装なので、むしろ遊び心を持ってコーディネートするのがおすすめです。たとえば、ベージュのコットンスーツにブラックチェックのシャツを合わせてみたり、ジャージー素材の軽やかなスーツにドレスシャツを合わせてオシャレに見せてみたりするのもありです。
グレーのヘリンボーン柄のセットアップに黒のタートルネックでまとめるコーディネートもシックでオシャレですよね。ネイビーのウィンドウペンチェックのスーツにネイティブ柄のニットタイを合わせた遊び心のあるコーディネートは、ホワイトのカットソーを合わせることで上品にカジュアルダウンすることもできます。ネイビーのリネンスーツにギンガムチェックシャツと赤のボーダーニットタイを合わせれば、春らしく爽やかにまとまります。
ただし、2ピースのカジュアルスーツはかなり華やかな印象がありますので、ビジネスカジュアルとして会社に着ていくと、会社の雰囲気にそぐわない場合もあります。堅い着こなしが求められる会社には2ピースのカジュアルスーツは不向きということになりますね。カジュアルスーツでの出勤は、自分の会社の服装規定をしっかり確認した上でおこないましょう。また、会社だけでなく、高級なレストランなどのフォーマルな場所のドレスコードには気を付ける必要があるでしょう。

ジャケパンスタイルならチャレンジしやすい!

ビジネススーツは基本的にジャケットとパンツが揃って1セットとされていますが、カジュアルスーツはある程度ジャケットとパンツを自由に組み合わせて着ることができます。本来は2ピースのカジュアルスーツであっても、ジャケットに別のパンツを組み合わせて着ることもできるというわけです。ですから、2ピースのカジュアルスーツはハードルが高いけれどカジュアルな雰囲気は取り入れたい、という人にはジャケパンスタイルがおすすめです。
ジャケパンスタイルでは、カジュアルなジャケットにスラックスやチノパンツを合わせるのが定番のスタイルとなります。グレーのスラックスはほとんどどんなデザインのジャケットとも相性がよく、使い勝手のいいアイテムです。派手な色柄のシャツやカットソーと合わせるなら、普段着としても活躍するベージュのチノパンツが程よくカジュアルにまとめてくれます。さらにカジュアルに着崩したいのであればジーンズと合わせてみるのもいいでしょう。
オフィスカジュアルとしてジャケパンスタイルを使うときには、コーディネート全体をネイビーやグレーなどの落ち着きのある色味でまとめるようにしましょう。特に、ネイビーのジャケットとグレーのスラックスの組み合わせはジャケパンの王道スタイルといえます。ジャケットの柄についても、秋冬ならブラックウォッチやグレンチェックのような落ち着いたチェック柄を、春夏なら爽やかなストライプ柄のものが季節感も押さえていておすすめです。ベルトと革靴の色味もビジネススーツと同じように揃えておくのがよいでしょう。茶系統の色よりも黒色の方が無難にまとまります。このとき、ベルトと革靴のツヤ感が違うとちぐはぐになってしまうので気を付けてくださいね。
ここで、いくつかコーディネートの例を紹介します。ネイビーのコットンジャケットにノーブルなグレーのスラックスを合わせると大人の渋みと遊び心を合わせ持つ春のコーディネートに。白いカットソーなどを合わせるとさらに爽やかですよね。ダークな色味を取り入れたい秋冬シーズンには、黒のタートルネックニットセーターにグレーのツイードジャケットを合わせれば暖かい装いになります。少々色落ちしたジーンズを合わせてカジュアルに崩し、ツヤのあるコインローファーで引き締めるコーディネートはいかがでしょうか。

カジュアルスーツをオーダーしよう

基本的に洋服は既製品よりもオーダーして作ってもらう方が失敗する気遣いがありません。特に、スーツのようなかっちりした服だと既製品がぴったり身体にフィットするということはほとんどありません。既成のスーツというのは身長を十数種類、腰回りの長さを5~7種類に刻んでサイズが決定されています。この刻みの幅は身長でいうと5~10cmほどあるので、自分のサイズぴったりだ、ということが起こりにくいのは想像がつきますよね。
さらに、既成のスーツの形は身長や腰回りの長さによって決まってくるので、たいていの人は自分の身体の1番太い部分を基準にしてスーツを購入します。その結果、基準にした部分以外ではスーツの生地が余っているといったような事態が発生するのです。たとえば、腰回りを基準にしてスーツを買ってみたら胸回りがいやにダブついている、といったような具合ですね。スーツはサイズ感が重要な衣服なので、ダボダボのスーツを着て格好悪い印象を与えるのは避けたいところです。
カジュアルスーツをオーダーするにあたって、気を付けてほしいポイントがいくつかあります。まず、スーツの生地の特徴について把握しておくということです。カジュアルスーツにはフランネルやリネン、コットンなど、さまざまな生地が使われます。そして、それぞれの生地についてお手入れの仕方が異なるため、購入を検討しているスーツの生地の特徴をあらかじめ把握しておくのは重要なことなのです。次に、オーダーしようとしている会社が無料でお直しをしてくれる会社なのかどうかも事前に確かめておきましょう。きちんとサイズを測ってあつらえてもらっても、いざ着てみると動きにくい、というようなことが起こらないとも限りません。購入から1カ月以内ならお直しが無料、などのサービスがあるところを選ぶようにしましょう。
最後に、通販によるオーダーは避けた方がよいでしょう。通販は非常に便利なツールですが、実際の商品を見たり触ったりすることができないので、生地の質感などが確認できません。写真で見ることはできるかもしれませんが、照明の具合などによって商品の写り方は変わるものです。思っていたものと印象の違う商品が届いて後悔することもあるかもしれません。スーツをオーダーするときは、できるだけ店に足を運び、生地やデザインに確実に納得してからオーダーするようにしましょう。

スーツをオーダーするならSADA!

カジュアルスーツはフォーマルなスーツと違って着こなしが難しいものです。しかし、ビジネスカジュアルからプライベートにまで対応できるカジュアルスーツは使い勝手がよく、クローゼットに何着かは揃えておきたいアイテムですよね。既製品のスーツは身体にうまくフィットしないこともあるので、できればオーダーメイドのものがよいのですが、オーダーメイドは値段が高いと感じる人も多いはずです。そんな人たちにもおすすめできるのがSADAのオーダースーツです。
オーダースーツのSADAでは、身体の20カ所以上の部分を5mm単位で採寸した上で、コンピューターによってパターンを起こしてスーツを仕立てます。その結果、既成のスーツでは味わえない着心地のよさを提供してくれるのです。また、SADAでは生地の仕入れから縫製までの全工程を自社でおこない、コストの合理化を図っています。さらに、1点もののオーダースーツの大量生産に成功しているので、スケールメリットにより1着当たりにかかるコストを安く抑えています。このように、リーズナブルな価格帯で自分にピッタリのスーツをオーダーできるSADAでカジュアルスーツをオーダーしてみてはいかがでしょうか。