ちゃんと革靴をケアしてる?磨き方と方法を紹介

ちゃんと革靴をケアしてる?磨き方と方法を紹介

高級ホテルのドアマンは、ホテルに訪れたビジネスパーソンの社会的地位を探るために、まずその靴を見るといいます。どんなに仕事のできるビジネスパーソンでも、革靴がホコリだらけだったり、キズだらけだったりするだけで、できない男と見なされてしまう恐れがあります。 人は見た目が9割と言われていますが、その見た目の手入れを怠っていたために折角のビジネスチャンスを逃すことは避けたいですよね。そのために、日頃からご自身の革靴のお手入れをすることはビジネスパーソンにとって非常に重要です。 しかし、革靴のお手入れの重要性はわかるけど、どのようにケアをすれば良いのかわからないというビジネスパーソンも少なくないでしょうす。そこでここでは、革靴の磨き方や必要な道具について紹介していきます。革靴のケア方法を学び、ビジネスシーンにおける印象をアップさせるとともに、愛用の革靴を長持ちさせましょう。

メンズの革靴の種類はいろいろ

革靴のお手入れ方法の紹介に入る前に、そもそもビジネスパーソンにとってどのような種類の革靴があるのか、その豊富な選択肢をご紹介します。それぞれの種類に通じる前提知識として、革靴のデザインはラストと呼ばれる木型の形状とともにつま先(トウ)と靴紐を通す部分の羽根の組み合わせで決まります。羽根には、内羽根式と外羽根式の2種類のタイプがあり、内羽根は靴の履き口がV字に開き紐で締めるタイプで、外羽根は吐き口が外に開き紐で締めるタイプを指します。

#ストレートチップ
メンズの革靴の中で最もオーソドックスな型であるストレートチップは、数ある革靴の種類の中でもフォーマルな形状です。その特徴は、つま先の革の切り替えがストレート、すなわち一文字飾りになったデザインです。切り替え部分にメダリオン(穴飾り)をあしらったものとないものがあり、メダリオンのないものほどフォーマルな場に適します。内羽根式のストレートチップがもっともフォーマルな靴と言われており、ビジネスから冠婚葬祭、パーティーまで幅広い環境で使用することができます。

#プレーントゥ
トウに装飾のないプレーンなデザインのシューズです。過剰な装飾を入れていないので、場面を選ばずに使える汎用性がとても便利で、フォーマルな場にもカジュアルな場にも使えます。

#モンクストラップ
修道士(モンク)が履いていた靴にヒントを得て、大きめのストラップをあしらったシューズをモンクストラップと呼びます。ストラップが飾りに見られることもあり、少しカジュアルな印象を与えるので、フォーマルな場面での使用はよく考えた方が良いでしょう。2つのストラップが施されたダブルモンクというタイプもあり、こちらは金具が2つあることでよりエレガントな印象を与えます。

#ローファー
靴のヒモを締める必要が無い形状から、怠け者の意味のローファーと名付けられたのがその名前の由来です。甲の部分にコインを挟めるストラップが付いていることから、ペニー・ローファーとも呼ばれています。その他にも、房がついたデザインのタッセル・ローファー、馬具の形をした金具が付いているビットローファー、飾りがないプレーンなデザインのヴァンプ・ローファーなど豊富な種類があります。

#ホールカット
革のつなぎ目がかかとにしか見えない、1枚革でできているデザインのシューズです。無駄な装飾が一切なく、革質の良し悪しや製造技術が製品の出来に直結する、靴メーカーにとっても非常に製造が難しいタイプの革靴です。ミニマルでドレッシーなデザインなので、着用の際には洗練された着こなしが求められます。

#ウイングチップ
つま先の革の切り替えに使われる革片に、メダリオンと呼ばれるデザインが翼のような形をしていることからウイングチップの名前がつけられました。クラシックな雰囲気を演出するのに適したシューズですが、よりカジュアルなデザインの印象なのでファーマルな場での着用は控えたほうが良いでしょう。

#デッキシューズ
ヨットやボートなど船のデッキ(甲板)で使用する目的でデザインされた靴です。デッキを歩くために生み出された靴なので、滑らないように靴底にしっかり滑り止めが施されており、防水性も強いです。非常にカジュアルなデザインなので、フォーマルな場での着用は避けて、休日に楽しみましょう。

#U(V)チップ
靴の甲の部分にU字(V字)の形のステッチが施されているのがU(V)チップです。もともと靴底から革を持ち上げて袋状にして蓋をするモカシンと呼ばれる靴から派生したデザインなので、カジュアル寄りのデザインですがシンプルなデザインなのでビジネスの場面で用いても違和感はありません。V字になるとつま先の形状がよりシャープになり、ドレッシーな印象を与えます。

革靴磨きの基本とは

革靴の豊富な種類についてご覧頂いた後で、次に革靴磨きの基本についてご紹介します。大前提として靴磨きとは、革靴の汚れを取り、クリームなどで革に栄養を与えることを指します。これが、あなたの大切な革靴を長持ちさせるために重要かつ、基本のお手入れ方法です。靴磨きは、例えるならば女性のスキンケアのようなもので、普段からコツコツと靴磨きを継続して行うことで、革靴を良い状態に保ち、長持ちさせることができます。
一方、靴磨きのテクニックとして、革をワックスと水で磨き、鏡面のように仕上げる鏡面磨きというものがあります。これは、革にツヤが出るものの油性ワックスで皮膜することになるので、革が呼吸しにくくなり栄養が行き渡らなくなります。鏡面磨きは、女性のメイクアップのようなものでやり過ぎには注意です。

革靴磨きの流れをご紹介

実際に行っている革靴磨きの基本的な手順をご紹介します。この手順に従えば、適切に革靴の汚れを落とし、革に栄養を与えることができますので、まずここから始めましょう。

1. 靴にシューキーパーを入れて準備をします
革靴表面のシワが綺麗に伸びた状態で手入れをすればクリームの塗りムラを防げるので、シューキーパーを靴に入れましょう。また、靴に履きジワがついてしまうのを防ぐためにも、普段から革靴の使用後にシューキーパーを入れておくと良いでしょう。

2. 馬毛ブラシでホコリを落とします
革靴を履いて外出すると、大量の細かいホコリが靴の表面に付着します。そこで、靴を磨く前にはブラシを使ってホコリを落とします。柔らかい馬毛ブラシが、表面のホコリを払うのに適しているので、こちらを使用しましょう。革の縫い目や重なっている隙間、シワやコバ(革の切断面)の部分まで念入りにブラシをかけましょう。

3. リムーバーで古いクリーム・ワックスを取り除きます
日頃からお手入れをしていると、革靴の表面には古いクリームやワックスが蓄積しています。それらが残ったまま革靴を着用し続けると、ホコリが付着し、汚れとなってしまいます。そこで、リムーバーを使ってそれらを除去する必要があります。これは、女性のスキンケアに例えるとメイク落としのようなもので、革靴表面のメイクを落とし、新しいクリームの浸透性やのりを良くする効果があります。

4. 新しいクリームを靴に塗ります
革靴に付着した汚れを取り除いた後で、いよいよ新しいクリームを靴に塗っていきましょう。無色のクリームと革靴の色に合わせた有色のクリームを使用しますが、普段のお手入れでは無色のクリームのみで十分です。色付きのクリームは、革に擦れが目立つようになってきた時に使うようにしましょう。ペネトレイトブラシに少量のクリームを取り、革靴に塗り込みます。ブラシを円状にくるくると回転させるように塗ると、ムラなく均等に塗ることができます。コバの部分なども忘れずにしましょう。

5. 豚毛ブラシでクリームを伸ばします
クリームを革靴に塗り終わったら、次に全体にクリームを満遍なく伸ばすために、材質の硬い豚毛ブラシを使用します。コバ、穴飾り、履きシワなど革靴の隅々までクリームを行き渡らせ、全体に薄く均一にクリームを馴染ませます。この工程でしっかりとブラッシングすることにより、自然なツヤを出すことができます。ただし、強くブラッシングすると革の表面を傷つけてしまうので、優しくするようにしましょう。

6. 余分なクリームを落として、完了
全体を塗り終えたら、再び馬毛ブラシに取り替えて、クリームを塗った状態の革靴を素早くブラッシングします。力を入れて強くブラッシングするのではなく、ササっと靴の表面の余分なクリームを取り払います。そして、グローブクロスに待ち変えて、クリームの取り残しがないように革靴をふきます。余計な油分を全部拭き取ったら、靴磨きは完了です。

革靴を磨く前に!揃えるべきアイテム

革靴の磨き方をご紹介させて頂いた後で、次に靴磨きのために必要なアイテムをご紹介します。

#準備に使う道具
・シューキーパー
革靴のシワを伸ばし、クリームを満遍なく塗るために使用します。また、靴磨きのためだけではなく、普段の収納でも型崩れを防ぐために必要なアイテムです。シューキーパーを入れて保管した場合とない場合は、革靴の寿命に大きな変化が出ます。シューキーパーの素材には主に、プラスチック製と木製がありますが、木製のものの方がしっかりと靴の中の湿気を取ってくれるので木製をお勧めします。更に、シューキーパーには、ネジ式とバネ式の2つのタイプがありますが、バネ式ではバネの強さが調整できず靴を痛めてしまう可能性があるので、靴の大きさによって調整できるネジ式がいいでしょう。

#クリーニングに使う道具
・クロス
靴のクリームを塗ったり、磨き込んだりするのに必要なのがクロスです。素材は、綿100%のものが柔らかく、デリケートな革靴の表面を磨くのに最適です。

・クリーナー
革靴を磨く時に、ブラッシングだけでは落とせない汚れや、表面に堆積した古いクリームやワックスなどを取り除くのに便利なのがクリーナーです。クリーナーを使うことで、革靴に付着した余分な油分や汚れ、カビなどを取ることができます。

・馬毛ブラシ
革靴にクリームを塗る前にホコリを払うのには、毛が柔らかくよくしなる馬毛ブラシが最適です。また、仕上げにツヤを出すためのブラッシングにも効果的です。馬毛ブラシには、馬の尻尾の毛を利用した「尾毛」と馬のたてがみの毛を利用した「たてがみ」の2種類があります。尾毛はより弾力があり、たてがみはより柔らかくしなやかであるという特徴をそれぞれ持ち、ご自身の触った感触で選ぶと良いでしょう。

#クリーム塗りに使う道具
・豚毛ブラシ
革靴の表面の隅々までクリームを行き渡らせるのに使用するのが豚毛ブラシです。馬毛ブラシと比較して、硬さとコシのある豚毛ブラシはクリームを塗るだけでなく、革靴の縫い目やコバなどの細かい部分まで入り込んで、ホコリをかき出す際にも便利です。ただし、コシがあるものを選ぶのが基本ですが、毛が固すぎるものを革靴に使用すると、ご自身の大切な革靴を傷つけてしまう恐れがあるので、ブラシ選びの際には注意が必要です。

・乳化性クリーム
革に栄養を与え、保湿・保護をし、さらに紫外線による劣化を防ぐ効果を靴に与えるのが、靴クリームです。靴クリームには使用用途に応じて、乳化性・油性・カラー・無色の4タイプに分かれます。その中でも、水、油、蝋で作られた乳化性クリームは万能クリームと呼ばれており、革に栄養を与えると同時に自然なツヤを出し発色を良くしてくれるので、まずは乳化性クリームを手に入れましょう。また、乳化性クリームには水分が含まれているので、クリームが革に素早く浸透します。

・ペネトレイトブラシ
靴にクリームを塗りこむのに便利なのが、ペネトレイトブラシです。先端がコンパクトなペネトレイトブラシは、クリームを伸ばしやすく隅々にまで行き渡らせることが可能です。布を使ってクリームを塗るのと比較して、クリームの塗りすぎを避けることができ、また指が入らない革の縫い目やコバなどの細部までクリームを塗ることができ、満遍なく均一に塗りこむことが可能です。

・グローブクロス
ご自身の革靴にクリームを塗り終えた後に、ブラッシングだけでは取り除けなかった余分なクリームを落とすために便利なのがグローブクロスです。グローブ型なので手にはめて、楽にそして綺麗にクリームを拭き取ることができます。

汚れが付着していてはケアできない!靴のクリーニングを

革靴磨きの全体のプロセスについてざっくりとご紹介しましたが、ここでは靴のクリーニングのプロセスについてより細かく説明します。

1. 革靴にシューキーパーを入れる
まず準備段階として、革靴にシューキーパーを入れます。革靴についたシワを綺麗に伸ばした状態で、クリームを塗ることで、シワのついた部分まで満遍なくクリームを行き渡らせることができます。また、靴磨きを行う際には靴紐を外して行います。一度紐を外して、靴を磨いた後に紐を結び直すのは手間ですが、靴紐部分は人目によくつく部分なので、綺麗に磨くためには手間を惜しまず行いましょう。

2. 馬毛ブラシでホコリを取り除く
次に、ブラシを使って靴の表面についたホコリを取り除きます。ここでは、柔らかい馬毛ブラシで靴全体をブラッシングします。縫い目や革の重なっている隙間、シューキーパーで伸ばしたシワ、コバの部分も忘れずにブラシをかけましょう。

3. リムーバーで革靴についた汚れを落とす
革靴についたホコリをブラシで落としたら、次にリムーバーを用いて更に細かく汚れを落としていきます。革靴のお手入れを普段から行っていると、古いクリームやワックスが靴の表面に堆積し、そこにホコリが付着して汚れとなります。その革靴の表面にこびりついた汚れを落とすために、リムーバーを使用します。指に巻いたクロスに少量のリムーバーを付けて、革靴の表面に優しく押し当てていきます。革はとてもデリケートなので、強くこすったりせずに優しく塗り当てていきましょう。

4. 手順3の汚れ落としを2回繰り返す
1回目のリムーバーによる汚れ落としで、革の表面の汚れが取れて革の毛穴が開くので、2回目で革の内側の汚れを取り除きます。より効果的に革靴を手入れするために、リムーバーの汚れ落としは2回行うようにしましょう。

クリームで革に栄養補給

続いて、クリームで革に栄養補給するプロセスを詳述していきます。

1. クリームをブラシにとる
まず乳化性クリームをペネトレイトブラシに取ります。クリームの量は、米粒2〜3粒程度使用します。量が多くても、革に染み込まないので少量で十分です。また、革にクリームを塗り過ぎてしまうとシミになってしまうこともあるので注意しましょう。クリームの塗布は、布で行うこともできますが、革の継ぎ目やコバなどの隙間にまで指を入れることは難しいので、ペネトレイトブラシを使用しましょう。

2. クリームを靴全体につける
クリームをペネトレイトブラシにつけたら、つま先やかかとなどの革の硬い部分から、履きジワのついた柔らかい部分といった順序で、クリームを革靴全体につけていきます。円を描くように、少しずつクリームを伸ばしながら塗っていくのが、ムラなく均一に塗るためのポイントです。また、靴とソールの隙間や飾り穴などの細かい部分も忘れずにつけていきましょう。

3. 豚毛ブラシでクリームをのばす
クリームを革靴の表面につけ終わったら、今度は豚毛ブラシを手にとって、クリームを靴全体に伸ばしていきます。またこの工程は、伸ばすと同時に余分なクリームを取り除く役割も担っています。硬さとコシのある豚毛ブラシにより、ベタつきのあるクリームに力負けしないで伸ばすことができます。塗ったクリームが乾かないうちにブラッシングを行いましょう。また、豚毛ブラシでクリームを伸ばす際、ブラシを大きく動かすことにより、クリームだけで革の表面にツヤを出すことができます。

4. グローブクロスで余分なクリームを取る
ブラシでクリームを伸ばし終わったら、最後にグローブクロスを使って、靴全体をふき余分なクリームを取り除き、表面を磨き上げれば終了です。

鏡面磨きでシューズにツヤを!

クリームを靴に塗り終えたら、最後にシューズにツヤを与えていきましょう。シューズにツヤを与えるためのテクニックとして、鏡面磨きというものがあります。靴磨きの仕上げとして、油性のワックスを使い鏡面磨きにより、つま先やかかと部分をピカピカに磨き上げていきます。このテクニックを施すことにより、靴の光沢のトーンが変化し、革の色に深みが出ます。この際に使用するのが油性ワックスです。まず、油性ワックスを少量布に取り、つま先部分に円を描く要領で塗ります。
次に、柔らかい馬毛ブラシを利用して、ブラッシングします。革の毛穴にワックスを埋め込んでいくようなイメージで、優しくブラシをかけていきます。その後、水を1滴、ワックスを塗った部分に垂らし、布でワックスをならしていきます。この工程は、水分を用いてワックスを平らにするために必要で、ここでも円を描くように行うのがポイントです。この作業を5〜6回繰り返すと、指に引っかかるような感じが出てきて、磨いている部分にロウがのり、ピカピカのつま先になります。ただし、この鏡面磨きには革の通気性を損なうというデメリットもありますので、やり過ぎには注意しましょう。

靴磨きの頻度や注意点

続いて、靴磨きの頻度と注意点についてご紹介します。まず、靴磨きの頻度についてですが、どのような製法の革靴でも紹介したようなお手入れを毎日行う必要はありません。お手入れをしすぎてしまうと、革に含まれる油分が多くなりすぎてしまい、靴が型崩れを起こしたり、クリーナーなどによって革の表面に過度な負担がかかってしまったりします。従って、目安として8〜10回程度履いたら、1回靴を磨くのをお勧めします。
ただし、その間革靴を履いたらその後ほったらかしにしておいて良いという訳ではありません。必ず革靴を履いた後は、靴に付着した土やホコリを軽くブラッシングしたり、シューキーパーを入れて保管したりすることにより、お気に入りの革靴を長く使用することができます。また、革靴は履き始めたその日からホコリや細かい傷がつくので、新しいうちから手入れを始めて継続していくことが非常に大切です。

毎日革靴を履く人は2足用意して

ビジネスパーソンの多くは、毎日の出勤に革靴を履くでしょう。そのような環境において、毎日同じ革靴を履いてしまうと、靴に過剰な負担がかかりすぐに傷んでしまいます。革靴を長持ちさせるためには、適度な休息が必要です。そこで、最低2足の革靴を所有し、それらを交互に履いて靴の傷みを軽減するのをおすすめします。それによって、それぞれの靴の寿命も延び、経済的にもメリットが生まれます。
一方で、2足以上の革靴をローテーションして使うことにより、ヒールやソールへの負担も軽くなりますが、それでもヒールやソールがすり減ってしまったら、修理に出すか思い切って靴を買い換えましょう。ヒールやソールの減り具合は人の目につきやすく、見栄え的にもだらしなく見えるので、特に注意が必要です。
また、必ずしも雨に強くない革靴を雨の日に着用して濡れてしまった場合、シミができたり、型崩れが起こったりする可能性があるので、雨の日には防水・撥水スプレーをふりかけるか、雨の日専用のレインシューズを着用するのが良いでしょう。濡れた革靴をそのまま放置しているとシミや表面のひび割れが出たりしてしまうので、きちんと水分を拭き取り、風通しの良い場所で乾燥させるなど適切なアフターケアを行いましょう。

革靴はデリケート!メンテナンスを忘れずに

革靴は、非常にデリケートなものです。しかし、普段から適切なメンテナンスを忘れずに行えば、購入したてのような綺麗な状態を保ち、靴の寿命を延ばすことも可能です。そのために、今回紹介した正しい靴磨きの手順と必要な道具を用いて、日頃から革靴のメンテナンスを行っていきましょう。靴磨きは、慣れるまでは多少時間がかかってしまいますが、繰り返し行うことで要領をつかみ、短時間で行うことが可能になります。そして、何よりも靴磨きを続けることでお気に入りの革靴により一層の愛着が湧きます。毎日の革靴の着用後の簡単なお手入れと適切な保管、定期的な靴磨きを習慣化して、継続的に革靴の手入れを続けることが大切です。革靴は使い込むごとに味わいが出ていくものなので、ぜひメンテナンスを忘れないようにしましょう。