ネクタイの収納はどうしよう?保管方法についてご紹介

ネクタイの収納はどうしよう?
保管方法についてご紹介

ネクタイの本数がたくさんある場合は、収納方法にも悩まされます。ネクタイの保管方法について知っておけば、きれいに収納できることに加えて、着用するときにも取り出しやすいというメリットにもつながるでしょう。この記事では、ネクタイの収納方法についてくつか取り上げ、それぞれのメリット・デメリットについても解説していきます。

スーツを着用する人はネクタイをどう保管している?

普段からスーツを着用している人には、ネクタイは欠かせないアイテムのひとつです。ネクタイの保管する方法としては、「丸める」「平置きする」「吊るす」などの方法が挙げられます。これらの収納方法について、詳しく見ていきましょう。

#折り目に注意!ネクタイの2つ折り
ネクタイを簡単に、しかもコンパクトに収納しようと考えたとき、単純にネクタイを2つ折りにするという保管方法を選択する可能性があります。ネクタイにしっかりと折り目をつけて2つ折りにして保管すると、2つ折りにしたときのシワがついてしまう恐れがあるでしょう。そのため、ネクタイを2つ折りにするのであれば、折り目となる部分を軽くたたむことがポイントです。

#手持ちのネクタイが少ない人に!平置きはネクタイへのダメージを最小限にできる
ネクタイの本数が少ない人や収納スペースが広く確保できる場合は、平置きの収納が最適です。ネクタイを2つ折りにして平置きに収納することで、ネクタイの生地に重みが均等にかかります。加えて、ネクタイを平置きするときにカバーをつけることで、ネクタイへのほこりの付着や侵入を防ぐことができます。お気に入りのネクタイを長持ちさせたいときには、平置きの収納も検討してみましょう。

#コンパクトに収納するなら!吊るすのもおすすめ
収納スペースがあまりない場合には、ネクタイを吊るしてコンパクトに収納しても良いでしょう。専用のハンガーやフックを使って、ネクタイをひとつひとつ吊るしていきます。すると、コンパクトに収納できるようになるだけでなく、ネクタイの重みでシワが伸びるというメリットもあります。

#整理整頓!手持ちのネクタイをたくさん持っているなら丸めて保管も
手持ちのネクタイの本数が多い場合には、収納にも苦労します。ケースやタンス、クローゼットの引き出しなどにネクタイを丸めて保管すれば、見た目もきれいに収納できるでしょう。ネクタイを丸める手間はかかりますが、手持ちのすべてのネクタイを整理整頓できるため、保管方法によってはインテリアにもなります。

丸めて保管する!メリットとデメリットは?

手持ちのネクタイが多い人にとっては、丸めて保管するという収納方法は比較的省スペースで管理できるため、非常に魅力的といえます。ネクタイを丸めて収納するときのメリット・デメリットに加えて、収納のコツを押さえておきましょう。

#取り出しやすい!ネクタイを丸めて保管するメリット
ネクタイを丸めて収納しておくと、自分が持っているネクタイの色や柄をひと目で確認することに役立ちます。そのため、ネクタイを丸めてきれいに収納できていれば、忙しい朝でも自分のファッションに合わせて着用したいネクタイを楽々と取り出すことができるでしょう。
また、ネクタイを丸めて保管するときには、収納ケースなどを用いて整理整頓することがポイントです。加えて、ネクタイを並べる際には、色の種類別に順番に並べて収納しておくと、より選びやすく見た目にも美しいというメリットがあります。たとえば、市販の木製のネクタイ用収納ケースや入れ物のふたが透明なボックスなどを使用して収納すると、より美しく保管することが可能です。そのため、自宅のインテリアとして活かすこともできるでしょう。インテリアとして手持ちのネクタイを飾りたいなら、収納ケースのデザインや素材などにもこだわることが大切です。

#しわになる?ネクタイを丸めて収納するデメリットとは
ネクタイを丸めて収納すると、しわやこすれの原因となる可能性があります。ネクタイを限られたスペースに丸めて収納しようと思うあまり、小さく丸めすぎてしまうと、ネクタイにしわがついてしまうだけでなく、型崩れの原因にもなりかねません。また、収納スペースに無理やり押し込まれたネクタイを取り出すときに、ネクタイの大剣がケースとこすれてしまう恐れもあります。
そのため、ネクタイを丸めて収納するときには、ゆとりを持ってネクタイを丸めることがポイントです。強い力を込めてネクタイを丸めなければ、しわや型崩れを起こすこともあまりないでしょう。

取り出しやすい平置き!メリットとデメリットを紹介

手持ちのネクタイの本数が比較的少なく、かつネクタイの収納時に生地に与えるダメージを抑えたいなら、平置きの収納方法も検討してみましょう。

#お気に入りのネクタイを長持ちさせたい人には!平置きの収納方法が最適
ネクタイを複数持っている人というでも、デザインや色などが特別気に入っているネクタイがあるでしょう。お気に入りのネクタイを大切に保管して長持ちさせたいなら、平置きの収納方法が最適です。ネクタイを平置きにして収納することの最大のメリットとしては、生地が傷みにくいという点にあります。ネクタイを平置きするときには2つ折りにして収納するため、ネクタイにかかる重みが均等になります。そのため、ネクタイの生地にかかるダメージを最小限に抑えることができるといわれているのです。
また、ネクタイをカバーなどで保護しておくと、ほこりなどが生地に付着するのを防いでくれます。加えて、ネクタイを長持ちさせたいなら、防虫剤や除湿剤なども一緒に入れておくなどの工夫をすると良いでしょう。

#デメリットも?ネクタイを重ねてしまうとしわの原因に
ネクタイを2つ折りにして収納している場合でも、長時間そのままにしていると生地にしわがついてしまいます。また、収納するときに、2つ折りのネクタイを重ねてしまうと、上のネクタイの重みで、下にあるネクタイの折りじわがひどくなってしまう可能性もあります。そのため、ネクタイを平置きにして収納するときには、重ねないようにすることがポイントです。
また、ネクタイを重ねないためには、ネクタイを立てて収納したり、斜めに並べて収納したりするなど、保管方法を工夫すると良いでしょう。これらの収納を行う場合、クリアケースや不織布ケースなどのアイテムを活用してみると、ほこりを防ぐだけでなく、ネクタイにかかる重みも軽減することができます。ネクタイの生地に負担をかけない収納方法を実践していくと、ネクタイを美しく保管することにも役立つといえます。

しわ予防に!吊るして保管する方法のメリットとデメリット

どんなに高級なスーツを着ていても、ネクタイにしわがあると、格好良い着こなしをしているとはいえません。ネクタイのしわは、保管方法を工夫することでも防ぐことができます。ネクタイを吊るすという収納方法は、非常に簡単であるため、普段から忙しい人でも取り組みやすいといえるでしょう。

#コンパクトに収納したいなら!吊るして保管がベスト
ネクタイを収納するために、広いスペースを確保するのが難しいということはよくあります。収納スペースの確保が困難な場合には、ネクタイを吊るしてコンパクトに収納しましょう。ネクタイを省スペースで収納するときには、ネクタイ用のハンガーを使うと簡単に収納ができます。ネクタイ用のハンガーをうまく活用すれば、ネクタイの本数が多い場合でも楽に保管することが可能です。ネクタイ用のハンガーはさまざまな種類が販売されているため、用途や手持ちのネクタイの本数に応じてアイテムを選んでみると良いでしょう。
加えて、ネクタイを吊るして保管すると、しわの予防にもなります。ネクタイを1日中つけていると、結び目にしわが寄ってしまうのも無理はありません。ネクタイのしわを取り除くためには、風通しの良い場所に吊るして保管しておくのが最適ともいわれています。しわを解消するために方法として、ネクタイを吊るして保管するという選択肢もあると心得ておきましょう。

#生地が伸びる?吊るす収納にもデメリットはある
ネクタイを吊るして保管していると、重みで生地が伸びてしまいます。そのため、使用頻度が低いネクタイの場合、長期間かけて吊るして収納することはあまりおすすめしません。特に、ネクタイをかけている部分が伸びやすくなるという点は、吊るす収納のデメリットといえるでしょう。
また、ネクタイを吊るして収納するという保管方法は、ネクタイをそのまま空気中にさらすことになります。ネクタイをカバーなどで保護していなければ、生地にほこりがついてしまうというデメリットにつながるでしょう。ほこりが付着すると生地が傷むのを早めてしまうため、ネクタイの保管方法だけでなく、吊るしておく期間も考慮することが大切です。
加えて、ネクタイはシルク素材のものばかりではありません。ニットやウールなどの素材のネクタイは、吊るす収納には適していないという特徴があります。ニットタイなどの伸びやすい素材のネクタイを保管する場合には、吊るす収納は控えた方が無難といえるでしょう。

ネクタイはお手入れしてから収納しよう

ネクタイにはいくつかの収納方法が挙げられますが、1日中着用していたネクタイを外してすぐに収納してしまうのは正しい保管方法とはいえません。ネクタイを着用した後はきちんとお手入れをしてから正しい方法で収納すると、ネクタイをより長持ちさせるのにも役立ちます。

#ネクタイは干してから収納しよう
ネクタイを外したら、1日干すことを習慣化しましょう。1日中着用したネクタイは、汗を含んでいます。そのため、収納する前には1日吊るして風通しの良い日陰に干しておき、ネクタイが含んだ湿気を飛ばしておくことがポイントです。

#においが気になるときには!除菌・消臭スプレーの活用も
特に、暑さが厳しい夏にはネクタイを着用している首元にもたくさんの汗をかいてしまいます。汗を吸ったネクタイをそのまま使い続けていると、どうしてもにおいが気になるものです。ただ、においが気になるからといって、ネクタイを着用するたびに洗濯してしまうと、生地を傷めてしまう可能性があります。
ネクタイのにおいが気になるときには、除菌・消臭スプレーで気になるにおいを取り除くと良いでしょう。ただ、スプレーの使い方を間違えてしまうと、生地を傷めてしまいます。加えて、生地にスプレーのシミができてしまう場合もあるでしょう。ネクタイに除菌・消臭スプレーを吹きかけようか迷ったときには、1日吊るして陰干しして様子を見ることがおすすめです。

#生地を傷めないために!ネクタイの保管では除湿剤を入れておこう
ネクタイはシルク素材を用いて作られているものが多い傾向です。そのため、ネクタイの多くがほこりや湿気に弱いという特性があることから、長期間空気にさらしていると生地の傷みを早めてしまうといわれています。したがって、ネクタイを保管するときには、ふたがついている入れ物やクローゼットのなかに入れるのはもちろんのこと、除湿剤を入れるなどして湿気を防ぐ工夫をしたうえで収納すると良いでしょう。

ネクタイを長く着用したいなら!収納方法に注意

お気に入りのネクタイを長期間に渡って着用したいなら、ケアや保管方法にも気を配ることが重要です。今回、ネクタイを収納する方法として、「丸める」「平置き」「吊るす」という3つの保管方法について紹介しました。ただ、どの収納方法にもメリットとデメリットがあります。そのため、どの収納方法を選ぶかで迷ったら、手持ちのネクタイの本数や、収納スペースのサイズなども考慮しながら管理の仕方について検討していくと良いでしょう。加えて、ネクタイを簡単に管理するためのケースやハンガーなどのアイテムも、収納方法に応じて使用してみることがポイントです。これらのアイテムをうまく活用すると、ネクタイを整理整頓して収納できるだけでなく、取り出しやすいというメリットにもつながるといえます。
また、ネクタイを着用するときには、「しわがないかどうか」や「気になるにおいはないか」などの点にも気をつけることが大切です。これらの問題は、ネクタイを着用した後に正しいケアをきちんと行っているかどうかで、ある程度解消することができるといわれています。ネクタイを着用した後は、生地が汗を吸っているため、湿気を含んでいる状態です。そのため、風通しの良い日陰で1日干したり、必要に応じて除菌・消臭スプレーを活用して気になるにおいを防いだりするなどの工夫が必要になります。ネクタイの収納方法やケア方法に注意しながら、毎日の着こなしを楽しみましょう。