新社会人にぴったり!スーツ選びのコツをレクチャー!

新社会人にぴったり!
スーツ選びのコツをレクチャー!

来春からいよいよ社会人になるにあたって、さまざまな不安や心配がある方もいるのではないでしょうか?たとえば、社会人としてのマナーや身だしなみについてはどのようにしたら良いのかなど、社会人になる前の段階ではなかなか理解するのが難しいものです。特に社会人に必須なのがスーツであり、どのようなものを準備したら良いのかわからない方もいるでしょう。そのような疑問を解決するため、今回は新たに社会に羽ばたく新社会人がどのようなスーツを準備したら良いのかについてご紹介しましょう。

就活用のスーツをそのまま使ってもいいの?

新社会人としてスーツを準備するとき、まず考えることは「就職活動用のスーツをそのまま使えるのかどうか」ということではないでしょうか。就活のためにすでに1着、もしくは2着以上のスーツを購入していた場合、それらをそのまま社会人になっても使いたいと思う方もいるでしょう。しかし、就活においてよく用いられるような黒色無地のスーツは、実はビジネス向きではないのです。ビジネスマンのマナーとしては、ラインなども入っていない黒色のスーツは仕事用として着るべきではありません。そのようなスーツは喪服を連想させてしまうため、ビジネスの場においては好まれないのです。そのため、就活用のスーツを使い回すのではなく、新社会人になるにあたり新たにビジネススーツを用意する必要があります。
それでは、どのようなスーツを用意したら良いのでしょうか。色や柄、サイズなど検討すべき点は数多くあります。また、いつまでに準備をするのが良いのでしょう?入社までにはビジネス用のスーツを準備しておくべきなのでしょうか。順を追って確認していきましょう。

入社式のスーツはビジネススーツじゃないとダメ?

では、どの時点でビジネス用のスーツを用意しておくべきなのでしょうか。まず社会人として初めてスーツを着る機会として入社式が挙げられますが、入社式の時点でビジネススーツを用意しておくべきなのでしょうか。入社式の場合、スーツの色としては濃紺、グレー、黒のいずれかが適しています。そのため、入社式時点では就活用であった黒いスーツを着用していても問題ありません。ただし、入社後すぐにスーツを着る機会がある場合には、直前に焦ることがないよう入社前の時点で1〜2着は用意しておくべきでしょう。

#入社式は清潔感を大切に
上記のように、入社式の時点では就活用のスーツを着用していて構いません。就活用のスーツか、もしくはグレー・紺色の無地のものを選びましょう。ただし、この時点で最も気にしておかなければならないのは社会人としての清潔感があるかどうかです。このような場に身だしなみを整えて臨むことができるかどうか、ということが大切になります。社会人としての心構えができていることを示し、学生気分ではないことをアピールできます。しっかりと自分の身体に合ったスーツに、パリッとアイロンがかかったシャツを合わせていきましょう。また、シャツについては白色のものを選びましょう。入社式のようなフォーマルな場では、白色のシャツで、シワが入っていたり、えりが汚れていたりしないようなものを準備してください。ネクタイはあまり派手なものは好まれません。ネイビー色などを選ぶのが良いです。
加えて、身だしなみをより整えるために、ベルトと靴の色は同色で整えるのがベターです。この点については、社会人として働き始めた後においても気にしておくべきポイントとなります。髪型も清潔感のあるスタイルに整えてから入社式に臨みましょう。

#就活用のスーツが使えるのは研修期間まで
入社式に加えて、研修期間については就活用のスーツを使用していて問題ありません。研修期間中にリクルートスーツを着ていると、一目で新人であると認知してもらえます。また、研修期間であれば接客や営業を行うこともありませんので、本来はビジネス向きではないような就活用のスーツを着用していても構わないのです。しかし、その後実際に実務を行い、社内・社外問わず社会人と接するとなると、やはり就活用のスーツは適切ではありません。入社式までにビジネススーツを用意していなかった場合でも、研修期間中には準備を進めておくようにしましょう。

スーツにかけるべき予算

また、入社にあたり新たにスーツを買う場合、スーツ1着あたりの予算は2~3万円ほどになります。スーツの値段は非常に幅広く、手軽に購入できるものから非常に高価なものまで多岐にわたります。ショッピングモールなどでしたら1万円を下回るような手頃なものが手に入りますし、生地や色柄にこだわるとしたら5万円、10万円を上回るようなものまであります。その中でも、新社会人としてはまずは2~3万円ほどのものを1着以上、できれば最低2着は購入しているのが良いです。品質にこだわるのでしたら2〜3万円を上回るような価格のものを購入してもよいですが、会社の給料を受け取っていない時点でそのような買い物をしてしまうと、新社会人にとっては大きな負担になってしまうかもしれません。新社会人が購入すべきスーツとしては、十分な価格であるといえます。
加えて、スーツは実は消耗品なのです。まずは手頃なスーツを購入しておきましょう。数年後にはスーツを購入することになりますので、上質なものはその時点で購入すれば問題ありません。

#2パンツスーツがおすすめ また、スーツにおいて傷みやすいのはジャケットではなくパンツです。そのため、購入するとしたら2パンツスーツの方がおすすめです。パンツについてもローテーションできるように備えておきましょう。

新社会人に向いたスーツの色

それでは、新社会人になるにあたりどのような色のスーツを購入したら良いでしょうか。スーツにもさまざまな色がありますが、新社会人向きのスーツの色として最もおすすめなのは濃紺系のスーツです。新たにスーツを1〜2着準備する場合、1着は濃紺色のものを購入しておくのが良いでしょう。柄については、新社会人に最もよく用いられるのは濃紺の無地のスーツです。信頼感、若々しさ、そして清潔感をアピールすることができます。濃紺系のスーツの中にも少し白が混ざったようなものや、限りなく黒に近いもの、少し明るめのものなどさまざまです。その中でも、試着やスタッフとの相談を通じて最も自分にあった色調のものを選ぶようにしましょう。
また、セカンドスーツの色としてはチャコールグレーのものが定番です。濃紺系のスーツが若々しさなどを表すことができていたのに対し、チャコールグレー系のスーツは落ち着きや柔らかさをアピールすることができます。濃紺系のスーツと併せて1着もっておくのがベストです。そのほか、ネイビー系のものも問題ありません。自分にはどのような色合い、色調のものが似合うのか、試着などを通してよく検討してから選ぶようにしましょう。

#ストライプ入りのものも
また、無地の濃紺色のスーツなどが新社会人としては無難ですが、そのほかブラックシャドーストライプやネイビーシャドーストライプのものもよく好まれます。先ほど紹介しましたように、黒色の無地のスーツはあまりビジネスの場においては使われませんので、黒色のスーツについてはストライプなどラインが入っているようなものをおすすめします。試着などをしながらどのようなスーツが自分に似合うのか、検討してみましょう。

#ツヤがあるものはあまり好まれない
もう1つ注意しておくべき点としては、新社会人の段階ではあまりツヤのあるスーツは好まれません。ちゃらちゃらしたような、学生気分がぬけていないような印象を与えてしまう可能性があります。新社会人としては、生地は少しおとなしめのあまりツヤが出ていないようなものをまずは準備するようにしましょう。

スーツ選びで最も重視すべきこと

ここまで新社会人向けのスーツの価格、色について紹介してきました。スーツの色もビジネスマナーとして非常に重要ですし、そのほかスーツの柄やデザインなど、気にしておくべきポイントはいくつもあります。しかし、スーツを購入するにあたり最も重視すべきなのは、色・柄・デザインではなく、スーツのサイズ感です。しっかりと身体にフィットするようなスーツを購入する必要があります。サイズがしっかりと合っているかによってシルエットや着心地が大きく変わります。体に合っていないとしまりのないシルエットになってしまい、印象もあまり良くありません。シルエットが与える印象の違いは思いのほか大きいものです。まずは、スーツがしっかりと身体に合っているかどうかを必ず確認するようにしましょう。

#フィット感のポイントは、肩にあっているかどうか
では、どのようにして自分の身体に合ったスーツを探したら良いのでしょうか。まず見るべきポイントとして挙げられるのは、肩にフィットしているかどうかです。少し余裕があって大きいと感じたり、窮屈に感じたりするようであればサイズが合っていない可能性が高いです。その場合はサイズを変更するようにしましょう。
また、袖や裾の長さもしっかりと調節するようにしてください。袖が長すぎたり、裾を引きずってしまうような状態だったりすると、だらっとした印象を与えてしまいます。そのような点にも気をつかいながら準備を進めましょう。袖や裾の調整には日数がかかることもありますので、そのことも考慮した上でスーツを購入するタイミングを選ぶことが大切です。

新社会人のシャツやネクタイを購入するポイント

そして、スーツに合わせるシャツやネクタイ、時計にも注意を払うようにしましょう。濃紺のスーツに合わせるとしたら、シャツは白のものが最も良く合います。シャツは平日5日分を購入し、社会人生活に備えておきます。また、ネクタイもできれば5本以上は用意しておくのが良いです。また、時計については主張が激しくないような、シンプルなものにすることをおすすめします。

#シャツは白をメインで
シャツはスーツの色に合わせて購入するべきです。濃紺のスーツを準備する場合は、白のものが最もよく合います。また、カラーシャツを選ぶ場合にはブルーのものなどがおすすめです。清潔感があり、印象も良いです。また、ストライブのものも準備してもよいですが、あまり派手すぎるものは避けるようにしましょう。
まず新社会人でしたら1週間分のシャツを用意し、その後スーツを買い足したりする中でシャツも合わせて数を増やしていくのが良いです。追加で購入したスーツに合わせてカラーシャツやライン入りのものなどを用意し、少しずつさまざまな着まわしができるようにしましょう。それらについては入社後先輩たちがどのようなシャツを着ているのかを見ながら、どのようなものを購入するべきなのか、この職場にはどのようなシャツが適しているのかを判断していきましょう。

#ネクタイにも注意を
また、ネクタイを購入するときにも、スーツに合ったものを購入するよう注意しましょう。上質なネクタイであってもスーツと合っていなかったら印象はあまり良くありません。購入するスーツの色にもよりますが、濃紺、グレー系のスーツに合わせやすいネクタイの色は紺色、グレー、ボルドー色です。柄は小さめのもので悪目立ちすることがないようにしましょう。何より、スーツと合っているかということが大切ですので、ネクタイを探すときにも実際にスーツと合わせてみることをおすすめします。
そして、本数としては少なくても3本、できれば5本以上は準備しておくようにしましょう。ネクタイによる印象の違いは非常に大きいです。所有しているスーツの数が少なくバリエーションがない新社会人としては、ネクタイを変えることによって自分のみせ方、印象を変えることができます。スーツに合わせて購入した紺、グレー、ボルドー系のネクタイに加えて、バリエーションを増やすためにもブルー系、赤色系のものも持っておくと良いのではないでしょうか。そのようなネクタイを、場面に合わせて使い分けるようにしましょう。そして、ネクタイをいかして自分の印象を変えられるように備えておきましょう。

#時計はシンプルなビジネス向きのものを
また、時計についてもオフィシャルな場で使用することができるものを準備しておきましょう。まず、時計のベルトはブレスレットタイプか皮のものがオススメです。実は、時計はベルトが与える印象も非常に大きいのです。カジュアルすぎる印象を与えないように注意しましょう。
形については円形のものが好まれます。形としてはベーシックなものになりますので、どのようなスーツにも合わせやすいです。新たにスーツを購入した後でも使い続けられるようなものを選ぶと良いでしょう。
表示については、デジタル表示のものよりアナログ表示のものが好まれます。アナログ表示のものの方がスーツに合っていますし、落ち着いた印象を与えることができます。最近はデジタル表示のものも増えてきていますが、自身にぴったりのお気に入りの時計でない限り、アナログ表示のものの方がふさわしいです。

靴やベルトなどの小物はどうすべき?

加えて、新社会人になるにあたり揃えるべきものとしては靴やベルトが挙げられます。少なくとも靴は2足、ベルトは1本以上準備しておくようにしましょう。また、靴下、インナー、ハンカチもシャツに合わせてそれぞれ5日分は準備しておくようにしましょう。週の途中に洗濯をするにしても、万が一のときに備えて少し余裕をもって多めに準備しておくことがおすすめです。

#靴は黒色の紐靴を
靴については、まず黒色のものを準備するのが無難です。黒色が最もスーツに合わせやすいことなどが理由として挙げられます。茶系のものも悪くはないのですが、茶系の靴に合わせて茶色のカバンやベルトなども必要になってきます。新社会人のうちに出費が大きくなってしまうと負担になりますので、まずは合わせやすい黒色がいいのではないでしょうか。
また、靴を長持ちさせるためには、1日履いたらそのあと2日ほど休ませる必要があります。雨が降った場合なども考えると3〜4足は欲しいところですが、まずは最低2足は揃えておき、働き始めてから少しずつ増やしていきローテーションできるようにしましょう。
また、最初にローファーを購入してしまう新社会人も見られますが、最初は紐靴の方が良いです。ローファーは脱ぎ履きなどが非常に楽なのですが、スーツに合わせるにはカジュアルすぎる面があります。新社会人のうちは紐靴を準備しておくのが無難です。

#ベルトと靴の色は統一する
また、ベルトの色は靴に合わせて黒色にしておくのが良いです。靴、ベルト、カバンは同じ色にしておくことで統一感が出ます。同じ質感の革で揃えるとコーディネートとして統一されている印象を与えます。茶色のものなどにも惹かれるかもしれませんが、それは年数を重ねたのち、茶系の靴やカバンと合わせて購入するのが良いです。

#一週間をローテーションさせられるように
そして、シャツに合わせてハンカチ、靴下、インナーも5日間ローテーションさせられるようにしましょう。万が一の場合にも備えてプラス1ずつ予備を備えておくとより良いのではないでしょうか。特に靴下やハンカチについては、自身が購入したスーツに合うよう、それぞれどのようなものを購入すべきか検討してみましょう。

新社会人がスーツを購入する際の注意点

そのようなスーツをはじめとする新社会人に必要なものは、早めに買い揃えておくことが大切です。入社直前の時期になってしまうとスーツの種類が限られてしまったり、お店が混雑してしまっていたりします。特に3月中旬以降は込み合いますので、スーツも売れてしまい品揃えも減ってしまいますし、店員に相談するチャンスも少なくなってしまいます。そのような状況を避けるためにも、前もって早めに行動するようにしましょう。

#購入は2月〜3月上旬までに
スーツの購入は、店が混雑する3月中旬以降を避け、なるべく3月上旬までに済ませておきましょう。店が混んでいないときのほうが、スーツから小物まで品揃えが豊富ですし、店員にしっかりと相談をしながらスーツを選んでいくことができます。年末から年始にかけて、そして年明けから2月にかけてがちょうど狙い目です。自分に合ったスーツに出会うためにも、早めの行動をおすすめします。

#入社までに揃えられなかった場合は、研修期間中に準備を
もし、さまざまな事情によってスーツを準備できなかった、というときには、入社式から研修期間にかけては就活用のスーツでも問題ありません。しかし、やはり就活用のスーツはビジネス向きではありませんので、研修期間中には2〜3着用意しておくようにしましょう。そして、研修終了後に接客・営業を行うときに備えておくようにしましょう。その際には、研修でお世話になっている先輩方にどのようなスーツを準備するべきか相談しながらだとより良い選択ができます。積極的に社会人の先輩たちに話を聞いてみてください。

オーダースーツにするのもあり!

また、自分の身体にフィットするスーツを準備するために、オーダースーツを注文するのも1つの手です。オーダースーツとは、既製品のスーツとは異なりそれぞれの身体に合わせてサイズ調整を行なっていくようなスーツのことを指します。オーダースーツについては、SADAでもリーズナブルなものが豊富に揃っています。自分に合ったものをオーダーできるため、長く使い続けられるというメリットもあります。この機会に、これからも愛用し続けられるようなスーツを見つけてみませんか?

#SADAで自分にあったオーダースーツを
SADAでは身体の20数カ所を採寸し、その結果をもとにサイズだけでジャケット300通り、スラックス250通りある基本パターンより、適切なものをセレクトします。そして、その基本パターンの20カ所を超える採寸結果をもとに伸縮させてお客様ひとりひとりの身体にフィットさせていきます。そこに猫背や出尻、O脚などの体型補正を選択付加していきます。それにより、ひとりひとりに合ったオリジナルのオーダースーツができあがるのです。オーダースーツだと既製品では体験できないようなフィット感を得られるのがポイントです。

#オーダースーツ、初回は1万9800円から
また、SADAでは初回限定としてオーダースーツを1万9800円から受け付けています。SADAは企業ミッションとして「オーダースーツの着心地と楽しさで、日本のビジネスシーンを明るく元気にする!」を掲げており、その目標を実現するため低価格ながら高品質なスーツの提供を行っている点が評価されています。ぜひこの機会に一度オーダースーツを検討してみましょう。

ビジネススーツで社会人の仲間入り!

ここまで新社会人になるにあたって、どのような準備をするべきなのかをご紹介してきました。社会に出る新たな一歩を飾るためにも、ビジネスマナーに沿った自分に合うようなスーツを準備するようにしましょう。ポイントとしては、スーツ店が混み合う3月中旬を避け、なるべく早めにスーツを購入しておくのが良いです。また、色柄についてもツヤが抑えられている濃紺無地のスーツやチャコールグレーのものがおすすめです。同じスーツを毎日着続けるとスーツの傷みが早いですので、2着以上は準備しておくようにしましょう。
また、スーツ選びにおいて最も大切なのがフィット感なので、オーダースーツを購入するのも1つの手です。消耗品であるスーツですが、身体にフィットしたオーダースーツの方が持ちが良いという特徴もあります。しっかりフィットしたスーツでシルエットも大切にしながら、長年に渡り愛用できるようなスーツに出会うことも可能です。
加えて、シャツや靴、ネクタイなども忘れないように早めに準備する必要があります。それらの色についても、スーツに合ったものを購入するのが良いです。しっかりとした備えをして、万全の体制でビジネスマンになりましょう!まずは自分に合ったスーツを揃え、身だしなみを整えることが、社会人の仲間入りをするための第一歩です。