パンツを選ぶときに重要なタックとは?種類と選ぶポイントを紹介

パンツを選ぶときに重要なタックとは?
種類と選ぶポイントを紹介

スーツをスマートに着こなすうえで、重要になるのがパンツの選び方です。スーツ用のパンツやスラックスには「タック」というものがあり、種類によってコーディネートの印象を左右する大切な要素になります。一体、タックとはどのようなものなのでしょうか。ここでは、タックの概要や、いくつかの種類のなかから自分に合ったデザインを選ぶポイントについて紹介します。

タックとは一体?

タックとは、パンツの前側にある生地を畳んだヒダのことです。通常、このヒダはウエスト部分から、下方向に向かって入っています。パンツにタックが入っていると、ウエストや腰回りにゆとりが生じやすくなります。そのため、タックはゆとりのある着心地を望む人にぴったりのデザインなのです。
なお、タックが内側に向かって畳まれているものは「インタック」、外側に向かって折り畳まれているものは「アウトタック」と呼ばれています。インタックはヒダの広がりが少なく、スマートなラインを演出してくれるのが特徴です。一方、アウトタックはインタックに比べてヒダが広がりやすく、見た目や履き心地がゆったりとしているのが特徴として挙げられます。なお、既製品のパンツはアウトタックが多い傾向です。好みのシルエットや着心地などを加味したうえで、インタックとアウトタックのどちらを選ぶべきか決めると良いでしょう。
また、タックはパンツの前側部分に位置するため、人目に付きやすいという特徴があります。タックはコーディネートに影響を与える大きな要素になるため、いわば装飾の1つといえるのです。タックをコーディネートにうまく取り入れると、スーツスタイルのおしゃれの幅がぐんと広がります。

タックの種類は3つある

タックと一口にいってもさまざまな種類があり、それぞれ着心地やシルエットも大きく異なります。きちんとタックの種類を把握しておくことが、ワンランク上の着こなしを目指すうえで大切です。タックは主に、以下の3つの種類が存在します。

1つ目は「ノータック」です。ノータックとは、その名の通りタックが入っていないパンツを指します。タックがないぶん、シンプルですっきりとした印象を与えられます。ノータックのパンツは、ヒップからふとももにかけてのシルエットが細く、比較的ウエスト位置が低い傾向にあるのが特徴です。細身の人やスマートな着こなしを目指す人、スーツ姿のままあまり動き回らない人などに向いています。
2つ目には「ワンタック」という種類が挙げられます。ワンタックはパンツの左右に1本ずつ、タックが入っているもののことです。クラシカルなスーツに多く用いられるデザインで、上品な雰囲気を演出できます。また、タックが入っているため着心地や動きやすさに優れているのが特徴です。仕事中に歩いたり座ったりなどの動作が多い人にも向いています。
3つ目は「ツータック」と呼ばれるものです。ツータックは、パンツの左右に2本ずつタックが入ったデザインです。ノータックやワンタックに比べてシルエットにゆとりがあり、着用時に窮屈さを感じにくいという特徴があります。そのため、動きやすさを重視する人や、体型ががっちりしている人などにおすすめのデザインです。

タックパンツにこだわるメリット

人によっては、「パンツなんてどれを履いても同じ」だと考える人もいるかもしれません。しかし、タックパンツにこだわることで、さまざまなメリットを得られます。
まず、タックパンツのメリットとして挙げられるのが「スーツでも動きやすくなる」という点です。パンツは立っているときと座っているときとでは、着用感に差が生じるケースが少なくありません。立っているときはちょうど良いと思っても、座ってみるとふともも周りやヒップ周りが圧迫され、窮屈さを感じる場合があるのです。こうしたポイントを考慮すると、パンツは歩いたり座ったりしたときに窮屈にならないよう、ある程度のゆとりが必要になります。
しかし、適度なゆとりは必要ではあるものの、逆にゆとりがありすぎると、生地が余ってシルエットが美しく見えない原因につながります。こうした着心地やシルエットの問題を解消するのに役立つのが、タックなのです。タックは歩いたり座ったりしたときに適度に広がるため、着心地にゆとりが生まれます。また、タックなら生地が余っている印象を与えにくく、すっきりとした立ち姿を叶えられるのです。
それから、「おしゃれの1つとして楽しめる」のもメリットです。タックは上品な印象があり、洗練された雰囲気を演出できます。それに、タックにはいくつかの種類があるため、その日の気分やシーンに合わせて、さまざまな着こなしを楽しめるのです。
さらに、「スマートな印象を与えられる」のも、タックパンツの魅力です。どんなにすてきなデザインのパンツでも、サイズが小さく見た目が窮屈そうだと、スマートな印象から遠ざかってしまいます。タックが入っていると適度なゆとりが生まれ、美しく洗練された着こなしに近づけるのです。

タックパンツを選ぶポイント

タックパンツを選ぶ際は、いくつかのポイントを意識するのが重要です。きちんとポイントを把握したうえでパンツ選びをすると、自分の魅力を最大限に引き出す1着を探しやすくなります。

1つ目のポイントは「自分の体型に合わせて選ぶ」ということです。人によって体型はさまざまであり、似合うタックパンツも異なります。一般的に、体型が細身な人はノータック、標準的な人ならワンタックを選ぶと良いといわれています。体型が太めの人は、シルエットにゆとりのあるツータックを選ぶのがおすすめです。
2つ目は「ウエストの位置に合わせて選ぶ」という点です。ウエスト回りはコーディネートの印象を左右する、重要な部分といえます。具体的には、ハイウエストで着用するのならエレガントな印象にするためにタックを入れたり、ローライズにするのならノータックにしたりすると良いでしょう。
3つ目は「悩んだときはノータックかワンタックを選ぶ」のがポイントとして挙げられます。ノータックやワンタックはシルエットがすっきりしていて、どんなコーディネートにも合わせやすい万能なデザインが魅力です。一方、ツータックはシルエットにゆとりがあるぶん、広がって見えやすかったり、コーディネートのバランスを考えるのが難しくなったりする場合があります。そのため、体型が太めなどの特別な理由がなければ、どのタックパンツにするか悩んだ場合、ノータックもしくはワンタックを選ぶのが無難だとされているのです。

選ぶときの注意点は?

タックパンツを選ぶ際はデザイン性や機能性を考慮するのはもちろん、何よりも重視したいのが「サイズ感」です。体型に合っていないパンツを着用すると、生地が余ってシルエットがだぼついてしまったり、締まりがなくだらしない印象を与えてしまったりする可能性があります。反対に、きついサイズのパンツを着用するのも、動きにくくなってしまう原因につながるため要注意です。体型にフィットするパンツを選ぶことで、スタイリッシュな着こなしと動きやすさの両立を叶えられます。

パンツを選ぶときにはタックにこだわろう!

ビジネスマンにとってスーツは毎日着用することの多いアイテムだからこそ、こだわりを持って選びたいと考える人も多いものです。特に、パンツはタック次第で、着心地やフィット感が大きく変わるアイテムといえます。美しいシルエットや着心地の良さを追求するのであれば、パンツを選ぶ際、タックに注目するのがおすすめです。
また、タックにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴も異なるため、きちんと選び方のポイントを把握しておくのが肝心です。タックの特徴と体型を照らし合わせたうえで、自分にぴったりのアイテムを選びましょう。