春夏と秋冬の生地の違い | 店舗ブログ | オーダースーツSADA|フルオーダーのスーツが19,800円 全国55店舗

blog

調布パルコ店 店舗ブログ

TOP>店舗ブログ>春夏と秋冬の生地の違い

2020年1月20日(月)

春夏と秋冬の生地の違い

こんにちは✨

春夏生地と秋冬生地の違いについてご紹介致します^^

まず、大きく分けて平織りと綾織の2種類の織り方がございます。

平織とは・・・最も単純な織り組織で経(タテ)糸と緯(ヨコ)糸が一回ずつ浮沈を繰り返す織り方です。糸と糸の間に隙間ができるので通気性が良いのが特徴です。主に、夏物に使用されることが多いです。

綾織とは・・・経糸が緯糸の2本分浮き沈みを繰り返す、斜めに線が浮き上がって見える織り方。織り密度が高くなるので冬物として使用される事が多く、耐久性や保温性に優れています。経糸が多く表面に浮き出るので春夏の生地よりもツヤが出やすいのが特徴です。

 

 

★お客様へお願い★

スーツをお仕立ての際、デザイン決めや採寸に40分~1時間程お時間がかかります。

大変恐れいりますが、閉店1時間前まで(PM7:30)のご来店をお願い致しております。

また、修理にお持ちになる際はクリーニングに出してからお願い致します。

汚れによってはプレスをしてしまいますと(熱を加えると)落ちなくなる汚れもございます。

長くきれいにお召し頂くためにもよろしくお願い致します。

☆ORDERSUIT SADA 調布パルコショールーム☆

【住所】 〒182-0026東京都調布市小島町1-38-1調布パルコ4階

【℡】 042-444-7614

【定休日】 無休(調布パルコに準ずる)

【営業時間】 10:00~20:30 金曜日のみ10:00~21:00

 

 

 

 

店舗詳細