商品情報

新成人、新入社員、就職活動者の方むけ リクルートスーツ
リクルートスーツをオーダーで仕立てる!オーダースーツは敷居が高いと思われがちですが、直営の縫製工場という生産背景を活かし、リーズナブルなプライスでオーダースーツを作ることが可能です。
  • お好きな生地が選べる

    オーソドックスな、黒・無地、濃紺・無地、 チャコールグレー・無地など、リクルートにふさわしい生地をご用意しています。

  • 信頼の採寸技術

    店舗でご注文頂けば、専門スタッフがあなたの体型に合わせて採寸します。

    採寸は店頭で

  • リクルートにふさわしいスタイルをご提案

    採寸寸法を基にリクルートにふさわしいスタイルをご提案し、仕立てていきます。

    無料で裏地とボタンも選べます

リクルートスーツを作るにあたって

リクルートスーツとは就職活動中に着用することを目的としたスーツです。
リクルート スーツは就職活動をはじめとして成人式や冠婚葬祭などでも着用するケースも多いようです。
高等学校を卒業して学生服を着なくなり就職活動を行う際に初めてスーツを 着る人も多いと思います。
流行を追いすぎないオーソドックスなスーツを選ぶことがリクルートスーツの秘訣です。
リクルートスーツはどんなデザインがいいの?色柄は?ポイントはどこ?など着こなしについて紹介していきます。

色柄

ベーシックな黒・濃紺・グレーが最適です。お薦めは濃紺です。日本人の顔色は紺と相性がよく年配の方も多く着られています。面接官も年配の方が多いはずですから安心感があり印象がよく映るでしょう。黒はほこりや白い汚れが目立ちやすいので面接前にはエチケットブラシで手入れをすると良いでしょう。柄はオーソドックスな無地が間違いありません。ストライプやチェックなどは入社後に社内の雰囲気で購入すると良いと思います。

デザイン

2釦スーツ、3釦スーツどちらでも良いでしょう。問題は社会人の仲間入りをするのに相応しい格好で あるかです。若いからといってピタピタの細身スーツにしてしまうと面接官の印象が悪くなることもあります。見た目だけではなく重視するのは「中身」ですので、あまり外見ばかり気にせずシンプルなスーツで清潔感を演出しましょう。
サイズに関しては大きかったり小さかったりしないよう販売員と相談しながら購入するのがベストです。デザインは衿が細すぎたり、上着の腰ポケットが斜めになっていたり流行を追わないこと、裏地が派手だったりネクタイが派手であったりYシャツにデザインがあるなど目立ちすぎないことを注意して、着やすいスーツを選びましょう。

その他のポイント

簡単ではありますが、上記のポイントを参考にスーツを購入する良いと思います。ここでもう一つポイントを紹介致します。選ぶスーツも重要ですが、「着方」も印象を左右する重要な要素となります。意識して清潔感をアップしましょう。


① 上着前釦の一番下の釦は留めない。(2釦スーツであれば一番上のみ留めます。)
② Yシャツは白無地。首廻りと裄丈のサイズの合ったものを選ぶ。Yシャツの台衿釦は必ず締める。
③ ネクタイは正しく結びのど仏までしっかり締める。(派手でないもの自分らしい色を選択。)
④ ベルトと靴の色は一緒に。(就職活動は基本、黒)会社訪問前に靴が汚れていないかのチェック。
⑤ 靴下の色はスーツに色に合わせるか靴の色に合わせる。
⑥ 鞄は最低でもA4のファイルが入り、地面に置いたときに倒れないのもが便利。


上記の内容を意識することで清潔感や安心感を与え、面接の身だしなみは整うでしょう。


SADAのおススメリクルートスタイル
このページのトップヘ