SADAについて

裏地で変わる!スーツの着心地とオシャレな身だしなみとは

スーツといえばビジネスなシーンでも「見た目」が印象を大きく左右します。表地がスーツの主役なのは当然ですが、実は裏地が変わるだけでも見た目のオシャレさに影響を与えます。相手からは見えないと思われがちなスーツの裏地も隠れた主役ということができます。今回は、スーツの着脱時や、ボタンをはずしているとき、動作の瞬間など、思いがけないタイミングでチラッと見えるスーツの裏地にスポットをあてていきます。

裏地の色なんてどうでもいい?スーツの印象は裏地で変わる!

スーツを着たとき、裏地は常に見えているものではありませんが、裏地一つでもスーツの印象は大きく変わります。一口に裏地といっても色は豊富で、柄にもストライプ、格子柄、チェック、ドットと表地と同じ数だけの種類があります。そのため裏地に注目してみると、同じ色、同じ作りのスーツだったとしても印象がガラッと変わる場合があります。
極端な色で例えると「紺色の表地」に「ベージュの裏地」か「赤い裏地」を合わせるだけでも印象は一気に変わります。ステージに立つときや、パーティーなどでオシャレ着として選べば赤い裏地は華やかで話題にもなるポイントです。しかし、ビジネスマンであれば赤い裏地は身だしなみとして好ましくない職種もあり、ベージュの方が落ち着いたまじめな印象を与えられます。
基本的な合わせ方としては同系色や暗いグレー、ベージュが無難ですが、遊び心として柄入りを選んでみたりするのも幅が広がります。さらに色が人に与える影響にも配慮してみましょう。普段と少し変わってみたいと思ったときは、違う雰囲気の色で裏地を選んでみると、ふとした瞬間の行動に変化が現れ、アクセントを加味できます。

裏地の生地で着心地に違いってある?

裏地はなんのためにあると思いますか。裏地の主な役割は「摩擦を軽くする」ことです。これによって着脱がしやすくなり、ダメージを軽減させスーツが痛むのを防いでくれます。
裏地に使われている生地で主流のものは「ポリエステル」と「キュプラ」と呼ばれる種類です。合成繊維、天然繊維、再生繊維など、繊維だけでも種類が分かれ、そのなかでもポリエステルは合成繊維、キュプラは天然繊維を溶かした原料で作られている再生繊維です。肌触りや吸湿性、通気性などの着心地に関してはシルクやアルパカが上回りますが、オーダースーツや高級スーツで使われるもので、なかなか主流であるとはいえません。
裏地の種類によって特徴が変わります。キュプラは原料に天然繊維を使っているのが強みで、ポリエステルに比べて吸湿性、通気性、静電気のおこりにくさすべてが勝ります。ポリエステルはしわになりにくく乾きやすさがダントツです。さらにポリエステルは合成繊維の強みとして丈夫な素材であり、そのため家庭で丸洗いできるスーツではほとんどがポリエステル裏地になっています。質感にも違いがあり、肌触りに吸いつくような心地良さがあるのはキュプラ、一方さらさらした肌触りが好きな方はポリエステルが好みかもしれません。

裏地がないスーツってある?

スーツは基本的に裏地がついています。裏地をまったく使わず見返しのみのジャケットはありますが、オフィスカジュアルやレディースといった柔らかい印象のジャケットになるでしょう。完全にカジュアルな印象になるため、裏地のないスーツは見かけません。これは裏地があることで肩パッドを隠し、生地が重なっていることで丈夫になり、かっちりしたイメージを与えられるからです。
基本スタイルのスーツは「総裏」と呼ばれる「全体的に裏地がついているもの」が主流です。しかし総裏は保温性も高く、どの種類の裏地を使用しても夏は熱がこもってしまいます。そのため「半裏」と呼ばれる「前身頃、背裏の一部に裏地がついているもの」が夏用ジャケットに使われます。これは裏地を取り払うことで通気性を上げ、暑い日でも過ごしやすくするためのものです。表地も丈夫で目の粗い生地や薄めの生地の場合が多く、まれにシャツが透けるのが注意点です。
加えて半裏と総裏の中間「背抜き」と呼ばれるものもあります。背中の部分の裏地がないため通気性が良く、総裏が苦手という方にはおすすめですが、裏地のない部分は多少シャツが透けやすくなります。
パンツの裏地は特に動きが大きいため摩擦を軽減する役割や透けることを防いでくれます。できれば良く着るスーツでは裏地があった方が安心でしょう。

裏地があるからスーツが苦手な人はどうすればいい?

なかには裏地が苦手、スーツを着るのが苦手という人もいるでしょう。そんなときはまず「自分は裏地、スーツのどこが苦手なのか」を考えてみると解決できるかもしれません。苦手だからスーツを着ない職場を選んだはずなのに、取引先や外出時にスーツを着なくてはならなくなったという場合は、ストレスなく快適に過ごすためには何が苦手で、どんなものなら良いのかを自分なりに考察してみましょう。どんなスーツがほしいのか店員に相談するときにも真意を正確にくみ取ってもらえます。なにより自分に合ったスーツが見つかるかもしれませんし、ファッションの幅もより広がるでしょう。
例えば、裏地はカサカサして苦手、蒸れるから苦手という場合、理由は裏地の素材がポリエステルか、総裏仕立てのスーツかもしれません。夏や秋にジャケットを着るのが苦手というときも半裏や背抜きを試してみると良いですし、多少カジュアルなスーツが許されるのであればニット素材を使ったジャケットのスーツなどもあります。ニットであれば裏地のまったくないタイプもあり、カジュアルなため楽に過ごせるようになるでしょう。
スーツを着ると暑い・寒いと感じる場合は、裏地の生地の厚さに注目して薄いか肉厚かを見てみましょう。薄めの生地であれば裏地からみて表地が透け、肉厚であれば触り心地でわかります。肉厚さが感じられればより保温効果があるので冬に着るようにしましょう。

裏地を選ぶのもスーツの楽しみ!

スーツは長時間着用したときのストレスの違いも大切です。かっちりとしているからこそ着たときに堅苦しい感じがして過ごしにくいということもあるでしょう。しかしそれを解消してくれるのが「直接触れる裏地」の役割でもあります。自分に合った生地の種類や裏地の仕立ての違いがわかれば、いままでスーツのここが苦手だった!という悩みが解消でき、普段の生活もグッと楽しくなるはずです。
裏地の色や種類、裏地の仕立て方でスーツの着心地は変わります。単調になりがちなスーツファッションだからこそ、裏地を選ぶ楽しみも広がります。ネクタイだけじゃなく、スーツの裏地からスーツ選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

このページのトップヘ