SADAについて

これでバッチリ!入学式のスーツとコーディネートのポイント

高校までは制服があったけれど、一般的に大学は私服です。だからこそ、入学式にはどんな格好をしていけばいいのかというのは頭を悩ませるポイントとなるでしょう。指定の服装がない場合には、入学式は男性も女性もほとんどの人がスーツで出席します。とはいえ、どんなスーツを選べばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、入学式用のスーツの選び方とコーディネートする際に知っておきたいいくつかのポイントについて詳しく解説します。

なぜ入学式ではスーツがいいの?

入学式にスーツを着用したほうが良い理由はいくつかあります。まず挙げられるのは、いくら服装が自由だといっても入学式は正式な式典だということです。そのような場では、それなりの服装をするほうが場に適しています。入学式でカジュアルな私服の人も見かけますが、かなり目立ってしまうでしょう。また、スーツは1着持っていれば大学生活のさまざまな場面で着る機会があります。

たとえば、学生生活であれば学会における発表会がありますし、卒業式でも着ることができるでしょう。それ以外の場では、スーツ着用が必須のアルバイトなどをすることになるかもしれません。成人式でもスーツを着ることができます。これらのことを考えても、この機会にスーツを用意しておくのがおすすめです。また、できればそのスーツは汎用性の高いものにしておいたほうが後々便利でしょう。

スーツはどんなものを選べばいいの?

では、具体的にはどのようなスーツを選べば良いのでしょうか。就職活動の際にも使用することを考えると、色はネイビーやグレー、黒にしたほうが良いでしょう。ただし、黒というのは本来、冠婚葬祭用の色です。黒のスーツを選ぶ際には、明るめのネクタイなどで華やかさを演出することが大切です。ネイビーやチャコールグレーのスーツも、リクルートスーツとして着用することができます。

女性の場合にはこれらの色に加えて、ベージュ色のスーツも人気です。スーツの柄は無地か地味なストライプにすると良いでしょう。女性の場合にはスカートかパンツスーツにするか迷いどころですが、入学式であれ就職活動であれ、どちらのスタイルであっても問題ありません。3点セットで購入するのもおすすめです。

また、スーツを選ぶ際に気をつけるべきポイントは、身体にフィットしたものを選ぶということです。スーツが身体にフィットしているかどうかを見極めるポイントは、ジャケットの肩の部分です。もしも肩の部分が少し大きいと感じたり、逆に窮屈だと感じたりする場合にはサイズを変更しましょう。購入する際には必ず試着をし、試着室の鏡で着用した姿をしっかりチェックすることが大切です。

チェックする場所としては、後ろ襟のほかに、後ろ首から背中にかけてシワができていないかどうか、そで丈、着丈、胸まわりが挙げられます。そのほか、男性やパンツスーツを選んだ女性の場合には、パンツのシワやズボン丈も確認しておくべきポイントです。

ネクタイやシャツでおしゃれを楽しもう!

汎用性の高いスーツを選ぶと、どうしても少し地味になりがちです。せっかくの入学式なのだからもっとおしゃれを楽しみたいという人は、シャツやネクタイに気を配りましょう。男性のコーディネートの場合には、スーツとシャツは無地でネクタイを柄物にするという方法と、スーツとネクタイを無地にして、シャツを柄物にするという方法があります。どちらかといえば、ネクタイを柄物にするほうが無難です。ネクタイの柄はドット柄や斜めのストライプが定番ですが、小花模様も春らしさから人気があります。

スーツの下に着るシャツは白や水色、ピンクなどの淡い色にすると良いでしょう。ネクタイの色に悩んでいるという人はブルー系がおすすめです。ブルーはどんな場面でも使えますし、好感度の高い色です。また、ボタンダウンシャツはカジュアルな印象を与えます。若々しさもあるので入学式で着用しても問題ありませんが、フォーマルさを大切にしたい場合には避けたほうが無難です。

女性の場合には、一般的には白のブラウスが人気ですが、ピンクや水色のような色のついたシャツでも問題ありません。レースやフリルがついたブラウスでちょっとしたおしゃれを楽しむのもおすすめです。ワンポイントで首にスカーフを巻くとエレガントな印象を与えます。

ポケットチーフで華やかさを演出!

スーツの襟元を華やかにする方法として人気なのが、ポケットチーフです。ポケットチーフは麻かシルクのものが定番です。ポケットチーフの折り方としてまず挙げられるのが「TVホールド」です。この折り方は、ハンカチーフを正方形に折ったあと三つ折にし、ポケットの深さに合わせます。また、正方形にしたハンカチーフの両端を折って三角の部分がポケットから見えるようにした「トライアングラー」も人気です。

これらの折り方はビジネスからフォーマル、パーティまでさまざまな場面で使用できますので、覚えておいて損はないでしょう。入学式だけでなく、結婚式やパーティといった華やかな場面でおすすめなのが「スリーピークス」です。この折り方は、まずハンカチーフを三角に折り、少しずつ頂点をずらしながらさらに3回三角形をつくっていきます。

最後に、ポケットに合わせて下部を折ったら完成です。ポケットチーフにまで気を配っている人は少ない傾向にあるので、おしゃれさをアピールしたい人は試してみることをおすすめします。(※1)

靴や鞄にも気を配ろう

スーツがシンプルなものであればあるほど、重要なポイントとなってくるのが靴や鞄といった小物類です。靴はおしゃれさも大切ですが、それ以上に履き心地に気をつけましょう。自分の足に合っていないものを選んでしまうと辛い思いをすることになります。

男性であれば、革靴は黒か茶色のものがおすすめです。デザインはシンプルな「ストレートチップ」か「プレーントゥ」のものが合わせやすいでしょう。おしゃれに決めたい人は「ウイングチップ」もドレッシーな印象を与えます。

女性の場合には、黒のパンプスにするとどんなスーツにもよく合うでしょう。ヒールにしたい場合には、3~5cmのものが歩きやすく、足もきれいに見えます。また、ベルトの色と靴とを合わせるのがスーツのスタイリングの基本です。

鞄はリュックサックのようなものは避けましょう。就職活動の際にも使用することを考えて、A4サイズの書類が入るものがおすすめです。

あまり目立ち過ぎないことも大切!

せっかくの入学式なのだからおしゃれを楽しみたいという人も多いでしょうが、実際には多くの新入生が就活生のような格好をしています。あまり周囲とかけ離れた格好をしてしまうと浮いてしまいますし、入学式後に周りの学生たちと溶け込みにくくなってしまうかもしれません。

多くの大学では、ホームページなどで入学式の様子や写真を掲載しています。そういったものを参考にし、実際の入学式の様子や雰囲気がどんなものなのかを調べておくと安心です。入学式は新しく始まる大学生活の第一歩です。その門出がより良いものとなるよう、スーツ選びに気を配りましょう。

このページのトップヘ