オーダースーツSADA 神戸三宮店のカバー画像
女性就活生の方必見!パンツスーツとスカートスーツ与える第一印象の違いのアイキャッチ画像 女性就活生の方必見!パンツスーツとスカートスーツ与える第一印象の違いのアイキャッチ画像

女性就活生の方必見!パンツスーツとスカートスーツ与える第一印象の違い

I.N様

投稿日
最終更新日
この記事の内容は、
2022年10月2日当時のものです。
公開から1年以上経過しています。
(655日)

就職活動でパンツスーツを着るか、スカートスーツを着るかで悩む方も多いのではないでしょうか。パンツスーツとスカートスーツは、それぞれ与える印象が異なります。そのため、双方の魅力や視覚情報から得られる印象について把握しておくと、就職活動を有利に進められるでしょう。この記事では、パンツスーツとスカートスーツの印象の違いや、メリットデメリット、スーツ着用時のマナーについても解説します。

オーダースーツSADA

神戸三宮店

黒のレディースパンツスーツは、ベーシックでどんなシーンにも対応できる、大人女性必携のアイテムです。

ベーシックパンツスーツスタイルに合わせるインナーによってガラッと雰囲気が変わります。

パンツスーツとスカートスーツ

女性は、パンツスーツとスカートスーツどちらかを選択することができます。結論からしてどちらが良いという決まりはありません。

そのため、その職種や業界が企業が求める人物像にマッチした印象を与えるスーツを着用すると良いでしょう。

パンツは主にアクティブな印象を与える「動」、対してスカートはやわらかい印象を与える「静」と、相手に与える印象が対になっています。

また、近年ファッションは、視覚情報を通じて自己を主張する大切な要素となっています。すなわち、自分がスタイルアップして見えるスーツ、身に着けると自信が持てるスーツを選ぶのがポイントです。

そのほか、実際に身に着けた時とスーツ単体で見た時の印象も案外違って見えるものなので、試着の際には気に入ったものをいくつか着用してみるのが良いでしょう。なお、パンツスーツとスカートスーツを各1着ずつ用意しておくことで、与えたい印象によって使いわけたり、季節ごとに着まわしができるためおすすめです。

パンツスーツが与える印象

パンツスーツが相手に与える印象としてよく上げられるのが、動きやすさです。

パンツスーツすなわち「ズボン」は一般的に、運動をする際に適した恰好という認識があるため、活発で明るい性格が連想されやすい傾向にあるでしょう。また、スカートスーツが与える柔らかな印象に比べ、パンツスーツはカチッと改まった雰囲気にもなります。そこで、活発な性格やフットワークの軽さをアピールしたい時には、面接官も見た目からイメージしやすいでしょう。

さらに、しっかり働くような人材を求めている企業に勤めたい就活生の方には、面接の際にパンツスーツを着用するのが有効的だといえます。

パンツスーツの良い点と悪い点

パンツスーツには「動きやすい」「保温性に優れている」などのメリットがあります。ここでは、パンツスーツならではのメリットや日常生活で気をつけたいポイントについて解説します。

良い点

パンツスーツは、機能性に優れており動きやすいため、無駄な動作を省き、体力を温存できます。これによって、面接での集中力があがり、自分本来のポテンシャルをより高く発揮することできるでしょう。また、スカートスーツに比べてレディースのパンツスーツは保温性が高く、冬季の自立神経の乱れや風邪などのリスクが下がるというメリットもあります。

悪い点

パンツスーツには、スカートスーツに比べてしわになりやすいというデメリットがあります。なお、立ったり座ったりする動作だけでも痕がつきやすいので、帰宅後はなるべく早めにスーツを脱ぎ、ハンガーに掛ける習慣をつけましょう。また、しわが目立つようであればアイロン掛けやクリーニングを利用して、毎日清潔感を保てるように心掛けることが大切です。

スカートスーツが与える印象

女性らしい印象を与えるスカートスーツからアピールしやすい人間性と所作が美しくなることで得られる利点について。

スカートスーツは「女性らしさ」を与えることができ、共感性が高くやわらかな印象を持たれやすくなります。共感性の高さや、親しみやすさなどが求められる職業などの面接には、「女性らしくて優しい」人間性をアピールしやすいスカートスーツがおすすめです。

さらに、スカートを履くと所作に気を遣う場面が多くなるので、立ち振る舞いも自然と美しくなり、マナーがしっかりしている印象を与えることができるという利点もあります。

スカートスーツの良い点と悪い点

スカートスーツを着用することで得られるメリットに加えて、気をつけたい部分もしっかり押さえておくようにしましょう。

良い点

スカートスーツは、太ももやヒップラインをカバーしてくれるので、体形を綺麗に見せてくれる効果があります。また、夏は通気性がよく涼しいといった点や、座るときに足を揃えたりと綺麗な所作が自然に身につくというメリットがあります。

悪い点

スカートスーツは、パンツスーツと比べて動きにくさや足元の寒さを遮断できず全身が冷えやすいことがデメリットです。また、パンストが伝線してしまうというリスクもあるので、手間とコストがかかる場合もあります。

スーツを着用する時のマナー

スーツを着用するうえで一番大切なことは「清潔感」です。着用時のマナーを守り、好印象を狙いましょう。

シルエット

ジャケットの肩幅は、サイズが合っていないと不格好な印象になるので、ジャストサイズのものを選びましょう。なお、見た目だけではなく着心地も大切になってくるので、試着した際に腕を回してみて、可動域を確認する方法がおすすめです。さらに、ウエスト部分は体のラインに合わせて程よくシェイプされたデザインを選ぶことでスタイルアップしてシルエットがより綺麗に見えます。

インナー

ブラウスの色は、清潔感重視の白をおすすめします。また、襟の形によっても印象が異なります。シャツカラーは、真面目で上品なイメージにし、さらに、選ぶ時のコツとしてインナーと首の間に指1本分のゆとりができるものが締め付けを感じずらいのでおすすめです。

また、第一ボタンがなく、襟をジャケットの外に出して着るタイプのスキッパーカラーは、顔が明るく見え、活発な印象を与えてくれます。これらは、働きたい企業の面接に合わせて使い分けると良いでしょう。

ジャケット

女性用就活スーツのジャケットの丈は、スカートの場合ヒップラインのトップに来るものです。パンツスーツは少しゆとりがあり体形にフィットするものを選びましょう。

なお、ジャケットのボタンは、2つあるものが一般的です。また、着用時には、ボタンを2つとも留めるのがマナーです。

袖丈は手のくるぶしが隠れる程度のものを選び、インナーがジャケットの袖から見えないように注意しましょう。インナーブラウスは、ジャケットより襟が小さいものを選び、スキッパーカラーの場合はジャケットの襟から出すよう着用するのがマナーです。

パンツ

パンツの丈は、パンプスのヒールの高さに合わせましょう。立った時にに裾がヒールに1㎝から2㎝かかる程度が良いでしょう。座った時にくるぶしが裾で隠れる丈が理想です。そして、パンツスーツを着用する際には、ストッキングの着用とベルトの着用(ベルトは落ち着いた色が理想)なので忘れないように注意しましょう。また、パンツスーツには、形が2種類あり、膝からくるぶしにかけて裾がまっすぐなストレートタイプと裾が広がっているフレアタイプがあります。なお、フレアタイプは裾の広がりが目立つものだとカジュアルな印象を与えてしまうので注意が必要です。

スカート

スカートの丈は、長すぎると動きづらいうえに重たい印象を与えてしまいます。さらに、座った時に短くなりすぎてしまうと印象が悪くなってしまうので、試着する際に着丈をしっかり確認するのが重要です。基本的にスカートの丈は、膝の真ん中にかかる程度の長さ、座った時に膝上5㎝程の長さがマナーになります。就活には、真面目で落ち着いた印象のあるタイトスカートや台形スカートがおすすめです。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

オーダースーツSADAでは、「生地」「サイズ」「シルエット」などメイン部分から、ポケットや裏地ボタンの位置など細かな部分まで自分の理想の一着を作ることができます。さらに、経験豊富なスタッフがアシストしているので知識に不安のある方でも安心して利用することができます。

リクルートスーツは、その人の内面の魅力を引き出すことがメインとされているので清潔感重視のシンプルなデザインが一般的です。オーダースーツSADAでは、個人個人に合わせた型紙の制作に加え体形のクセやご要望に合わせた「1㎜単位」の補正が行えるのも魅力の一つ。

人の第一印象が決まる時間は、約3秒と言われており、「視覚情報」が決め手の9割とされています。そのことによって、自身がスタイルアップして見えるスーツを纏うことで、より洗練された印象を与えられることにプラスして履歴書の内容や口頭による人間性のアピールにより一層説得力が生まれるでしょう。「オーダースーツSADA」は、低コストでスーツをフルオーダーすることが可能なのです。就活生の方や新社会人の方におすすめです。公式ホームページより簡単にご予約ができるので、ぜひ企業に向けて最高の自分をアピールするためにオーダースーツSADAにフルオーダーご注文してみてはいかがでしょうか。

シングルスーツ 2ボタン

生地素材
  • ブラック
  • ウール100%
  • ナチュラルストレッチ
  • 7-6541 フォルテ
裏地
  • レディース専用 軽量裏地
ボタン
  • C釦 No.58
オプションその他
  • pp加工
担当スタイリスト 赤塚/宮島