SADAについて

社会人なら知っておきたい!スーツの衣替えの時期とは

仕事の種類によっては年間を通してスーツを着用しているという人も少なくありません。しかし、季節によって気候が異なるため、その時期に合わせたスーツの着用が必要となってきます。そこで、スーツの適した衣替えの時期についてご説明します。

衣替えに適した時期はいつ?スーツの種類とは?

衣替えとは気温や気候などが異なる季節に合わせて着るものを替えることです。着用するものを替えることで少しでも快適に過ごすことがきるようにということを目的に行われます。

ただし一般的には衣替えにおいてスーツごとの着用時期は学生の制服と異なります。地域にもよりますが学生の制服は全国的には10~5月と、6~11月とで分けられています。

しかし、スーツの場合は大きく分けると春夏用と秋冬用の2種類があり、春夏用は4~9月、秋冬用は10~3月に着用することが一般的です。ほかにも夏の特に蒸し暑い時期に対応した盛夏用スーツや真冬に特化して作られたスーツ、年間を通しても着用しやすいオールシーズンスーツもあります。さらに3つのシーズンをまたいで着るスリーシーズンスーツなどもあるのです。

春夏用スーツの特徴とは?

春夏用として着用されるスーツは暖かい春から暑い夏にかけて着用しやすいように涼しさを考慮して作られています。たとえば、後ろ身頃の裏地が上半分のみしかない「背抜き」がされている点が特徴です。

素材はスーツ素材の定番であるウールやポリエステル、肌ざわりを良くするシルクなどが主に使われています。他にも通気性や吸汗性のよいコットン、吸湿性に優れていてサラリとした肌ざわりを持つリネン素材などもあります。さらに、シワになりやすくカジュアル感が出やすいコットンやリネンに、ハリや光沢感のあるモヘア素材をあわせて使用して、きちんと感を出したスーツもあるのです。スーツによっては機能性をより向上させた商品もあります。

たとえば汗ばむ季節に対応する通気性や吸汗性、速乾機能などに優れた素材を使用しているスーツです。また、いつでも清潔に着用することができるように家庭で洗うことが可能となっていたりするスーツもあります。

秋冬用スーツの特徴とは?

秋冬用スーツは、涼しさを考慮して作られた春夏用とは異なり、暖かさを感じて着用できるように保温性に考慮して作られています。たとえば生地がきめ細かく織られていたり、背中側全ての生地に裏地が付いた「総裏」となっていたりしているのです。 これにより外からの冷気を遮断し、温まった体温を外に逃さないようにしています。

また、それによって軽量感のある春夏用に比べると秋冬用スーツは厚さを持ち、重量感を感じさせる点も特徴です。 素材は主にウールや綿、ポリエステルなどを使用していることが一般的です。

そのほかにも肌ざわりが良く光沢感を持つものもあります。保温や保湿に優れたカシミアや暖かさを感じさせるアンゴラなども使用されることがあります。フラノとも呼ばれる保湿性に優れたフランネルが使用されているスーツは結婚式の2次会などでも着用できるフォーマル感のあるスーツです。フランネルは綾織りのウール製の生地を湿らせて圧縮させる縮絨(しゅくじゅう)と呼ばれる作業が行われ起毛加工したものをいいます。フランネルの中でも厚手のものは「メルトン」、薄いものは「サキソニー」と呼ばれます。さらにフォーマル感が高いスーツでは斜め45度に畝(うね)が入っているダイアゴナなどが使われている場合もあります。


オールシーズンスーツやスリーシーズンスーツの特徴とは?

スリーシーズンスーツとは夏を中心にして春や秋も着用できるような3つの季節をまたがって使用することができるスーツを意味します。そしてオールシーズンスーツは、さらに幅広い気候や気温に対応させて1年中でも着用可能としているスーツです。

スリーシーズンスーツもオールシーズンスーツも幅広い季節に対応できるように素材や裏地の造り、生地の質が選ばれて作られています。たとえばジャケットの背部は裏地のない背抜きにすることで暑い日でも着心地がよくなっています。一方ではその分、生地の密度を高くして重厚感を持たせたうえで寒い日にも対応できるようにしたりもするのです。

季節外れの急な天候の変化に対応しやすかったり、いつでも着ることができたりといったメリットがあります。一般的にはそれぞれの季節に特化して作られているスーツに比べるとスリーシーズンスーツやオールシーズンスーツでは夏は暑さを感じやすく、冬は寒く感じやすくなるという傾向もあります。このため、季節の影響を受けにくく空調の整った室内での仕事が多い人に向いているスーツと言われているのです。


いつから始める?衣替えの準備時期

一般的にスーツは春夏用が4月から、秋冬用は10月から着用し始めます。このため、春夏用スーツはその前の月となる3月から、秋冬用スーツは9月から準備をすることが必要です。ただしスーツの衣替えの時期に正確な決まりがあるわけではありません。

5月ごろまで肌寒く感じる年もあれば、10月に入っても蒸し暑く感じるときもあるため、その年の天候などに合わせて衣替えの時期を選ぶことが大切です。春夏用であれば3~5月ごろ、秋冬用ならば9~11月ごろが目安となります。場合によっては気候の急な変化に対応できるようにオールシーズンスーツやスリーシーズンスーツと併行して使用するといった工夫も必要です。

またオーダースーツSADAでは、作成に約1カ月ほどお時間を頂いております。
シーズンに遅れないスムーズな衣替えを行えるようにするためには、使用時期を見越して余裕を持って早めのオーダーをお勧めいたします。


大切なスーツを長持ちさせる衣替えの際のお手入れと保管方法

 

オールシーズンスーツ以外の場合には、衣替えにより新たな季節に対応したスーツを着用し始めることで、それ以前に着ていたスーツは長い間、収納されることとなります。毎日のブラシによるお手入れなど日常的なケアも大切ですが、衣替えの後の収納は特に放置する期間が長くなるため、正しくメンテナンスをすることが重要です。

特にデリケートな生地を使用しているものは細かなチェックとケアが必要となります。着用シーズンが終わったスーツはクリーニングなどに出して汚れを十分に落としておきます。それと同時に、目立った傷みや虫食いなどがないかを確認し、必要があれば補修をしておくことも大切です。クリーニングから戻ってきたら風通しを良くするために必ず袋から出しておきます。湿気が充分に取れたら専用の保管用カバーをかけてホコリなどが付着しないようにして保管します。

衣替えで可能となる!より快適なスーツ生活

年間を通してスーツを着る人にとっては特に暑さや寒さといった気温や気候の変化に対応したスーツであるかは毎日の生活に大きな影響を与えることがあります。スーツには着用の目安となる季節に応じた素材や造りがなされたいくつかの種類があります。自分の生活に合った種類を選び、それぞれのスーツの特徴や気候に合ったスーツを上手に衣替えして、快適な生活を目指すとよいでしょう。

このページのトップヘ