【スーツ 収納 アイディア】知って得するスーツの収納術!スーツ保管の決定版のアイキャッチ画像
(関連記事)こちらもいかがでしょうか

【スーツ 収納 アイディア】知って得するスーツの収納術!スーツ保管の決定版

スーツの正しい保管方法をご存知ですか? スーツはカジュアルな服と違い、正しく収納しないとシワや型崩れ、変色、虫食いの原因を作ってしまいます。 保管中のトラブルは、スーツが着用できなくなるケースもあります。 正しく保管して、極力リスクを回避しましょう。 今回は、大切なスーツを傷めずに保管する方法についてご紹介します。

スーツを収納する際に押さえておくべきポイント

 /></figure> スーツを収納する際のポイントは、スーツにとって避けなければならない<strong>リスクを知る</strong>ことです。 <strong>・シワ</strong> スーツはシワになりやすい服です。
専用ハンガーに掛けずに収納するとシワになりやすい傾向があります。 <strong>・シミ</strong> スーツに汚れが残っていると保管中にシミが定着し、手入れをしても落ちにくくなります。
スーツに残っている汚れと防虫カバーやハンガーの成分が反応し変色することもあります。 <strong>・型くずれ</strong> 適正なサイズのハンガーを使用しないと、肩を中心に型くずれを起こしやすくなります。
スーツは、手間を掛けて肩周りの<a href=シルエットを作るため、歪んでしまうとカッコ良さが半減してしまいます。大切に扱いましょう。 ・虫食い 保管中の最大の敵は衣類の虫による虫食いと言えます。 スーツが、たった1つの虫食いで着られなくなってしまうこともあります。 ・紛失 スーツ着数が多いと、ジャケットパンツの組み合わせが分からなくなったり、パンツを紛失してしまうこともあります。 似た柄の、別のスーツを組み合わせて着ていた(組み間違い)という失敗もあり得るため注意しましょう。

やってはいけないスーツの収納方法

 /></figure> スーツの管理になれていないと、ウッカリやってしまいがちな保管方法があります。
参考までに9つほど上げてみました。
心当たりはありませんか? <strong>・購入時のお持ち帰りカバーに入れたまま保管</strong> お持ち帰りカバーの再利用は避けた方が無難です。
実は、お持ち帰りカバーは帰路の雨や汚れからスーツを守るため、<a href=通気性が良くない素材が使われている場合があります。 このカバーに入れたまま保管してしまうと、カバー内に湿気がこもり、スーツがカビたり、虫食いになったりする可能性が高まります。 ・汚れを落としていない 使用したスーツをそのまま収納することは危険です。 汚れは、シミ、変色、虫食いの原因になります。 特に汗が染み込んでいると、生地が固くなり着心地も悪くなります。 ポケットに物を入れたまま保管 ハンカチやボールペン、重さのあるものをポケットに入れたまま収納すると型くずれの原因になります。 ・クリーニングハンガーで保管 クリーニングの持ち帰り用に使われている細いハンガーは、スーツの肩が傷みます。 肩へのフィット感が変わってしまうこともあるため避けましょう。 ・クリーニングのビニールを付けたまま スーツのカバー替わりにビニールを掛けたままにしておくと、湿気がこもってしまいます。 クリーニングの溶剤の成分も抜けにくくなるため取り外しましょう。 ・防虫剤無しor使いすぎ 防虫剤を使用しないと虫食いの危険性が高まります。 防虫剤は使用量を守り、併用が禁止されている種類を同時に使用しないようにしましょう。 ・保管場所に湿気がある スーツのウールは湿気を吸う性質があるため、カビやすくなります。湿気があると虫食いの虫も活発になるため危険です。 ・クローゼットがギュウギュウ クローゼットが窮屈だと、圧迫されたスーツにシワや型くずれのリスクが上がります。 密着したスーツの間には、防虫剤の効果も入りにくくなるため、虫食いになる場合があります。 ・クローゼットやスーツにホコリが溜まっている クローゼット内を掃除せずに使用を続けると、ホコリが溜まります。 ホコリは衣類の虫が餌として食べるため、結果として虫食いのリスクが上がります。 また、ホコリは変色の原因にもなります。 どれか一つでも該当する項目がある場合は、早めに改善しましょう!

スーツを綺麗に長持ちさせるための収納方法

 /></figure> スーツを綺麗に長持ちさせるポイントは4つです。 <strong>・長期収納前の水洗いクリーニング</strong> 通常のドライクリーニングでは、皮脂汚れなどの油性の汚れしか落とせません。
着用中の汗や雨などの水溶性の汚れは、水洗いクリーニングを指定して落としましょう。
収納前に、水洗いクリーニングすることで保管中のリスクが減ります。 <strong>・保管用ハンガー</strong> スーツ用の木製で厚みのあるハンガーを使用します。
その際に肩幅に合うサイズを選びましょう。
スーツの肩幅よりも3センチ程小さい物が向いています。
ハンガーにスーツを掛けて、スーツの上からハンガーに触れ、肩の<a href=袖付けのラインとほぼ同じか少し内側にハンガーがあれば適正です。 肩幅の長さを測る場合は手持ちのハンガーにスーツを掛け、背中側を自分に向け、肩先にある左の縫製ラインから右の縫製ラインまでを直線で測ります。メンズのMサイズハンガーの目安は42㎝から44㎝程度になります。 ・防虫剤 通常のクローゼットでは、置くタイプや掛けるタイプの防虫剤で防虫できます。 防虫剤の効果は上から下へ流れるガスのため、置き場所に注意しましょう。 ウォークインクローゼットのような広いスペースで保管する場合はスーツを包み込む防虫カバーがおすすめです。 ・湿気対策 湿気がこもりやすいクローゼットの場合は、除湿機や除湿剤を使用します。 除湿剤を使わない場合は、天気の良い湿度が低い日にクローゼットを開けたままにして換気しましょう。

クリーニングから収納への流れ

スーツはポケットの中の物を取り出し、ボタンが緩んでいないか、裾がほつれていないか、ポケットが破れていないかなどをチェックして、クリーニングに出します。 クリーニングから戻ってきたスーツのビニールをとり、部屋に掛けて溶剤の臭いを抜きます。 持ち帰りハンガーから保管用ハンガーに掛け替えて、防虫剤か防虫カバーを利用して収納しましょう。

クリーニングのタイミング

クリーニングのタイミングは収納前が基本です。 スーツの傷み具合もチェックしてからクリーニングに出す習慣を身につけておきましょう。 保管中のリスクを減らすだけでなく、次に着用するときのボタンや裾のトラブルも避けられます。 買い替えが必要だった場合も余裕をもって準備することが可能になります。

クローゼットにスーツを収納する場合のポイント

 /></figure> 収納する際に便利なアイディアをご紹介します。 <strong>・スーツを着用シーズンで分ける</strong> 春夏と秋冬、冠婚葬祭用でそれぞれまとめて掛けておきましょう。
スペースが取れない場合は、ハンガーにシーズンを書いたラベルシールなどを貼っておくと便利です。 <strong>・組み合わせをチェック</strong> ビジネスで使用着数が多い場合は、組み合わせの間違いに注意しましょう。 <a href=ジャケットとパンツの組み合わせが分かるように、ポケットの内側に付けられた製品表示タグに購入日や目印のマークなどを書いておくと安心です。 似た柄のスーツで見分けがつかなくなった場合も製品表示タグを比較すると記載内容でセットが分かる場合があります。 ・スーツとカジュアルエリアを分ける クローゼットがある程度広い場合は、防虫剤の効果も希薄になります。 虫食いになりやすいスーツ、ブラックフォーマル(礼服・喪服)、ウールカシミアのコートは、包むタイプの防虫カバーで対策しましょう。 カジュアルな衣服とスーツ系でエリアを分けるのもおすすめです。 カジュアルな衣服は洗濯後室外に干すタイミングで、虫食いの原因になる虫が紛れ込む場合があります。 白い洗濯物を好む虫(カツオブシムシ)もいるため注意しましょう。 気づかずに一緒に収納してしまうと、保管中に虫食いになる危険性があります。 虫が活発な春から秋は、室内干しや浴室乾燥機、衣類乾燥機などを活用しましょう。

スーツを壁にかけて収納するポイント

 /></figure><h3>壁を活用する</h3> 毎日使っているスーツは汚れているため、保管用クローゼットに入れない方が安心です。
臭い移りや、虫食いの原因になる虫などの持ち込み防止ができます。
毎日使うスーツやコートは、壁などを活用して一時保管スペースを作りましょう。
玄関にコート掛けのスペースだけでも作っておくと、部屋に汚れを持ち込まずに済むため安心です。
一日着用したスーツは、生地の変色原因になる排気ガスを吸収していたり、花粉やホコリが付いています。
ブラッシングでホコリや汚れを取りながら、一時保管スペースを利用してローテーションします。<h3>一時保管スペース</h3> <strong>・簡易ラック</strong>・・・部屋の一角にスーツとシャツを数着掛けられる簡易ラックを置き管理します。着用したスーツの湿気も抜きやすいため便利です。 <strong>・壁に洋服掛けを増設</strong>・・・壁に洋服掛けを増設する場合、ネジで固定するタイプや、壁に抜けにくい針を刺すタイプなどがあります。壁に傷を付けたくない場合は、据え置き型スモールラックなどを活用しましょう。 <strong>・クローゼット</strong>・・・クローゼットが複数ある場合は、保管用と日常用で使い分けましょう。  一時保管スペースでは、<a href=ジャケットはジャケット用ハンガーに、パンツパンツ用ハンガーに掛けて保管するとブラッシングのお手入れもしやすくなります。パンツハンガーは裾やウエストを挟むタイプを使うと、ハンガーに二つ折りで掛ける時につくシワも防止できます。

日焼けに注意

一時保管スペースを作る場合は、スーツに日光が当たらない場所を選びましょう。 日当たりの良い窓際や、部屋の奥でも朝日や西日が当たる場所は避けます。 部屋の照明が蛍光灯の場合も注意しましょう。 微量の紫外線が出ているため、肩や周りが変色します。 LED照明は、紫外線を含まないため心配ありません。

スーツをケースに収納する場合のポイント

 /></figure> スペース的にハンガーを使用できない場合は、シワになりにくいたたみ方で保管します。<h3>スーツのたたみ方(自宅収納)</h3> 1.<a href=パンツの前ボタンやフックを外し、ファスナーは開けます。 2.パンツの裾を揃えて持ち上げると、前ボタンのある部分が内側に入るので、そのまま横置きします。ウエスト回りとプレスラインを整えて二つ折りにします。 3.ジャケットは前ボタンを外して置きます。 4.を立てます。 5.前身ごろのボタンがある方を下に、ボタンない方を上に重ねます。 6.パンツを肩から胸の範囲に横置きします。 7.左の先を持ち右肩に向けて折ります。 8.右の先を左肩に向けて折ります。 9.が交差した上にジャケットの裾をのせます。 スーツをたたむ前には、ポケットに物が入っていないかチェックしましょう。 型くずれを防ぐには、スーツは二つ折りまでが安心です。 肩から胸に芯が入っているためです。 たたんだスーツは、そのまま他の衣類を重ねると重みで肩が潰れてしまいます。 スーツが二つ折りで入るサイズの箱に一着ずつ保管しましょう。 スーツの発送に使われるような薄いダンボール箱は、スーツに負担をかけずに積み重ねられるため便利です。 丁度良い薄型の箱が手に入らない場合は、スーツを四つ折りにしたサイズでも大丈夫です。 一着ごとに箱に入れることで型くずれが防止できます。

移動中のスーツの収納ポイント

 /></figure> スーツを持ち運ぶ時はガーメントバッグが基本ですが、荷物を増やせない場合は、たたんでスーツケースに入れましょう。<h3>スーツのたたみ方(スーツケース)</h3> 1.<a href=パンツは自宅収納と同様にたたみ、三つ折りか四つ折りでコンパクトにします。 2.ジャケットはハンガーに掛けてを立てます。 3.ジャケットをハンガーから外して肩に両手を入れます。 4.手を合わせる様に背中合わせにします。 5.左手で内側から右の肩を摘み、片手でジャケットを持ちます。 6.右手でスーツの前身頃を持ちひっくり返すように左の前身ごろに重ねます。 7.の付け根(アームホール)がズレないように整えます。 8.ジャケットを二つ折りにして、間にパンツを挟みます。 スーツケースの中で、他の荷物に潰されない場所に入れます。 専用のケースに入れてからスーツケースに入れる方法もあります。 液漏れする可能性のある小物などは、密封して離れた場所に入れます。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

 /></figure> オーダースーツSADAでは、<a href=フルオーダースーツがお手頃な価格で仕立てられます。 フルオーダーとは、自分だけの型紙でフィット感抜群のスーツを仕立てる、本来のオーダー方法です。

不要なスーツを下取りに出す

大切なスーツを収納するクローゼットは清潔を保つことが重要です。 定期的にクローゼットを整理しましょう。 その際に不要になったスーツは、オーダースーツSADAへお持ちください。 オーダースーツSADAでは、不要になったスーツを下取りして、オーダースーツの割引チケットと交換しています。 下取りは、虫食いになってしまったスーツでもOKです。 使用できないスーツはリサイクル原料へ、まだ使用できるスーツは、スーツを必要としている方への支援事業に役立てています。 オーダースーツSADAの下取り割引チケットは、交換当日に使う事も可能です。 クローゼットはスッキリ、スーツはリサイクル、新調するスーツは割引になる下取りサービスを、ぜひ、ご利用ください。 下取りに関する詳しい情報はホームページからご覧いただけます。