SADAについて

入社式のスーツは何を着ればいい?選び方のポイントを紹介!

厳しい就職活動を乗り越えて採用にいたった場合に、必ず参加するのが企業の「入社式」です。入社式は1度きりの大切な行事ですから、晴れの舞台にふさわしい服装を心がけることが肝心です。しかし、入社式にふさわしいものとはいっても、具体的にどのような服装で参加をすればいいのかわからずに悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

参加する前にきちんと知識を学んでおき、万全の状態で入社式に臨みましょう。ここでは、入社式に着ていくスーツ選びのコツや注意すべきポイントを紹介します。

入社式はフォーマルな服装が基本!

そもそも入社式とは「式典の場」であり、厳格な場にふさわしいフォーマルな装いを意識する必要があります。周りから浮いた服装をしてしまうと、上司や先輩たちに悪い印象を与えてしまう場合があるので注意しましょう。

入社式の服装は「清潔感があること・マナーを守っていること・自己主張が激しくないこと」という3つのポイントを守ることが重要です。入社式に参加している段階ではまだ社会人としての実績がなく、1からのスタートになるでしょう。

1から仕事を覚える立場ですから、入社式では派手だったり個性の強かったりする服装は避けて、謙虚さを印象付けられる装いを心がけることが肝心です。多くの参加者にとって特別な思い出になる入社式の雰囲気を壊さないためにも、服装選びは慎重に行いましょう。

スーツの色や柄選びについて

入社式に着ていくスーツの色は、男女ともに「黒・紺・グレー」の3色から選ぶことが基本です。黒色は堅実さや誠実さを感じさせる色であり、見る人に落ち着いた印象を与えます。紺色は黒色に比べると顔周りが明るく見えて、フレッシュな印象を強調できるでしょう。グレーはややカジュアルな印象が強くなり、あか抜けた印象を与えられます。

ただ、グレーでも明るすぎる色は悪目立ちする可能性があるので避けたほうが無難です。グレーのスーツを選ぶ場合は、濃い色を選ぶといいでしょう。なかには、これらの色のスーツは無難で面白みがないと感じる人もいるかもしれません。確かに周りと異なる色のスーツを選べば、おしゃれに見えたり目立ったりできるでしょう。

ただ、入社式はフォーマルな場であり、個性をアピールする場ではありません。おしゃれは後々仕事に慣れてから楽しむようにして、入社式では周りから浮かないものを選ぶようにしましょう。スーツの柄は、ストライプやチェックなどは避けて、無地を選ぶことが無難です。なかにはシャドウストライプのような目立ちにくい柄もありますが、他の参加者の様子がわからない入社式では避けたほうがいいでしょう。

入社後に先輩や同僚の様子をうかがってから、柄ものを取り入れると安心です。それから、気になる人も多いのが「リクルートスーツを着用しても良いのか」という点です。入社式では初々しさやフレッシュな雰囲気が歓迎されやすいため、リクルートスーツを着用しても問題ありません。入社式に着ていくスーツが決まらない場合は、リクルートスーツを着ていけば無難でしょう。

ただ、就活中に着用していたリクルートスーツを着る場合は、状態の確認が必要です。もしもスーツに汚れやシワが付いていると、清潔感がない印象を与えてしまいます。着用前にきちんと汚れやシワが付いていないかチェックして、きれいな状態に整えておくことが大切です。

シャツやネクタイは何を選べばいい?

スーツだけではなく、シャツやネクタイなども選び方にポイントがあります。まず、シャツに関しては男性・女性のどちらもフォーマルな場にふさわしい「襟付きの白シャツ」を選びましょう。デザインは、ビジネスシーンにおいてスタンダードなレギュラータイプがおすすめです。

ボタンダウンのシャツはおしゃれな印象を与えられますが、やや個性的な印象が強くなるため避けたほうがいいでしょう。(※1)シャツもスーツと同様に、デザイン性の高いものは避けてベーシックなものを選ぶことが基本です。また、フリルの付いたシャツやボタンの装飾に凝ったシャツなどが女性向けで多く見られますが、これらのデザインは選ばないほうが無難です。フリルやボタンの装飾がされたシャツは派手な印象を与えてしまいます。控えめな雰囲気を強調できる、シンプルなデザインを選びましょう。

男性はシャツに合わせるネクタイ選びにも気を配る必要があります。ネクタイの色は白いシャツとの相性が良い、紺色やえんじ色がおすすめです。もしくは、明るい青色や水色などを選んでも、爽やかな印象になるでしょう。柄は無地や悪目立ちしにくい小紋柄がおすすめです。着用するスーツの色により、選ぶべきデザインは異なります。スーツとの相性を考えたうえでネクタイを選ぶことで、バランスの良いコーディネートになるはずです。

細かな部分にも気を配ろう!注意すべきポイントは?

スーツやシャツなどの選び方が完璧であっても、それ以外の細かな部分に配慮が足りなければ、残念な印象になってしまいます。見落としがちなポイントを確認して、頭から足元までスマートな装いを目指しましょう。まず、注目すべきポイントとして挙げられるのは「靴」についてです。

靴は意外と人目に付きやすい部分なので、きちんと手入れの行き届いたものを履くようにしましょう。入社式に履いていく靴の色に明確なルールはありませんが、黒色や茶色といったシックな色が無難です。明るい色の靴を履いていくと、フォーマルな印象から遠のいてしまうので注意しましょう。

それから、「髪型」にも気を配る必要があります。髪を染めている場合は、入社式の厳格な雰囲気から浮かない、暗めの黒色や茶色にしておくことが無難です。男性は誠実な印象を与えられるストレートヘアや、分け目が目立ちにくいスタイルがいいでしょう。

女性は髪が長い場合、ポニーテールやハーフアップにして顔周りをすっきりと見せることがおすすめです。髪が顔にかかっていると、表情が暗く見えてしまいます。髪を結ぶことで、はつらつとした明るい印象に近づけるでしょう。

選び方のコツや注意点をおさえて入社式に参加しよう!

第一印象を決めるうえで、服装は重要な要素です。外見だけで人は判断できませんが、その判断をするための大きな材料になり得ます。入社式では面接や試験がないからといって、気を抜くことは厳禁です。

服装の選び方によっては、自分自身の印象や評価が大きく変わる可能性があります。入社式はこれから新しい環境で活躍するための重要なスタートラインですから、周りに与える印象を考えたうえで服装選びをすることが大切です。紹介したポイントをきちんと頭に入れておくことで、自信を持って入社式に参加しやすくなるでしょう。

このページのトップヘ