SADAについて

知性を感じる男性のスーツコーディネート
折り柄&同色柄で控えめな華やかさを演出

ビジネスパーソンが知的な印象をアピールするのにふさわしいのが、ネイビーのスーツです。もともとネイビーには、「知性的な人」「品格のある人」「信頼できる人」といった印象を相手に与える効果があるとされています。誰でも簡単に知的な雰囲気を出せるのがうれしいですね。

ネイビーのほかにインテレクチュアルな装いとしておすすめなのが、グレーのスーツです。グレーはネイビーと同じく「知性的な人」という印象を与えるだけでなく、「誠実な人」「謙虚な人」といったイメージを生み出す効果があるといわれています。ネイビーと比較してやや控えめに思うときは、Vゾーンを工夫するといいですね。

知性に華やかさをプラスするなら、ストライプやチェックなどの柄を取り入れるのがおすすめです。ただし、あからさまな主張は禁物。光の当たり方などで柄が浮かび上がる折り柄や同色柄を選ぶと、ネイビーやグレー特有の品の良さが生まれます。

営業や接客の好感度を上げるネイビーのシャドーグレンチェックスーツ

折り柄or同系色スーツは、Vゾーンをまとめることで簡単に知性を発揮できるアイテム。そのなかでも取引先の好感度をアップするのに効果を発揮しそうなのが、ネイビーのシャドーグレンチェックスーツです。

ドットor小紋柄のネクタイ×ホワイトの無地シャツ

ネイビースーツにドットのネクタイとホワイトの無地シャツを合わせるのは、もっともベーシックなコーディネートです。ドットの印象が強くなりがちですが、シャドーストライプのスーツなら主張がぶつからずしっかり馴染みます。さらにインパクトを出したい場合は、折り柄感の強い小紋柄を選ぶのも一案。ネイビーのハツラツとしたイメージに加えて、大人の渋さをプラスすることができますよ。

ブルー系のストライプネクタイ×ブルー系のシャツ

スーツとネクタイ、シャツをすべて同系色でまとめるコーディネートです。ポイントは色味に少しずつ変化を持たせること。ネクタイをやや濃く、シャツをやや淡くするとメリハリがつきます。ブルー系のネクタイの代わりに、グリーン系を選択してもいいですね。

ネイビーの無地ネクタイ×パープルのボールドストライプシャツ

英国の雰囲気を強く出したい場合は、パープルのボールドストライプシャツを選んでみてはいかがでしょうか。ボールドストライプとは、輪郭がはっきりした太く色鮮やかなストライプのこと。グレンチェックと組み合わせることで、英国気分が際立ちます。シャツが個性的なので、ネクタイは無地を選ぶのがコツ。派手すぎる印象を和らげることができますよ。

上司&先輩としての風格を嫌味なく表現できるグレーのシャドーストライプスーツ

貫禄や威厳をさりげなく演出するのにおすすめなのが、グレーのシャドーストライプスーツです。重厚になりすぎず、スマートな雰囲気を出すことができます。

太ストライプネクタイタイ×ホワイトのシャツ

華やかな胸元を作るには、主張の強いネクタイを選ぶのがポイント。太いラインのストライプなら、ビジネスパーソンとしての力強さを演出できます。グレーのシャドーストライプスーツと無地のホワイトシャツを合わせれば、ネクタイの個性をしっかりと受け止めてくれますよ。

レッドの無地ネクタイ×ストライプのクレリックシャツ

レッドのネクタイはVゾーンを華やかに彩るのにぴったりのアイテム。「活動的」「情熱」「リーダーシップ」などのイメージを演出できます。ただし、そのままではやや派手な印象になりがち。クレリックシャツとグレーのシャドーストライプスーツでインパクトのある胸元を馴染ませましょう。レッドの代わりに臙脂(えんじ)のネクタイを選ぶと、落ち着いた印象が強くなりますよ。

ネイビーの無地ネクタイ×ブルー系の太ストライプシャツ

グレーのシャドーストライプスーツには、相性のいいネイビーの無地ネクタイを選ぶのもおすすめです。そのままだとVゾーンに華がなくなってしまうので、シャツで遊び心を加えましょう。ブルー系の太いストライプシャツを使えば、ネクタイとスーツの落ち着きとシャツの華やかさをバランスよく合わせることができます。

ビジネスパーソンにとって大切な「知性」をアピールできるコーディネートを紹介しました。もっとも大きなポイントは、スーツに折り柄や同色柄の控えめなものを選択し、Vゾーンで工夫すること。合わせ方次第で華やかさと落ち着きを両立しながら、しっかり知的な雰囲気を醸し出すことができますよ。まずは応用できそうなものから試してみてはいかがでしょうか。

このページのトップヘ