グレーのワイシャツが与える印象や着こなし方のポイントまとめ | TOPICS(更新情報) | オーダースーツSADAは19,800円~ | 東京・大阪・福岡

グレーのワイシャツが与える印象や着こなし方のポイントまとめ

  • その他
  • ワイシャツの定番といえば、白をイメージする人が多いでしょう。しかし、グレーのワイシャツを好んで着る人も多いです。グレーのワイシャツは白のワイシャツにはない魅力がたくさんあります。グレーのワイシャツは人にどのような印象を与えるのでしょうか。また、どのように着こなせば良いのでしょうか。ここではグレーのワイシャツについて様々な観点でまとめています。

    グレーのワイシャツの特徴や与える印象

    グレーのワイシャツには色々な良い面があります。まず挙げられるのが、ほかのカラーと合わせやすい点です。グレーは自己主張が比較的小さい色ですので、どのような色と合わせても大きな違和感にはなりません。色を合わせるのが難しいと思ったらグレーと組みあわせてみるのがおすすめです。全身を同系統の色でまとめることが多いスーツスタイルにおいて、グレーのワイシャツは適しています。グレーは余計な色を足さないので、統一感を表現することができるでしょう。 
    シックで大人な雰囲気を演出したいときも、グレーのワイシャツは向いています。グレーのシャツで色味を抑えることで、コーディネートが上品な仕上がりになります。グレーは知的な雰囲気を与える効果も期待できますので、落ち着いた印象を与えたいときにも役立つでしょう。グレーシャツを着こなすことができれば、いつもよりも上品なあなたになれるはずです。

     

    着用してもいいシーンって?

    面接や転職活動ではどのような色のワイシャツが適しているのでしょうか。基本的には白のワイシャツを選ぶのが無難です。これらの場では何より清潔感が重要視されるので、白のワイシャツであれば間違いありません。白のワイシャツはどのような人であっても一定の好印象を得ることができるでしょう。 
    しかし、白のワイシャツがあまり好きでは無い人もいるかもしれません。少しこだわりを出したいときには、グレーのワイシャツがおすすめです。グレーのワイシャツは、ビジネスシーンやフォーマルシーンでも着用することができます。ストライプやピングなどに比べると、派手さには欠けますが、むしろそこが良いところです。ビジネスシーンであまり冒険し過ぎるのは考えものなので、グレーぐらいがちょうど良いでしょう。 
    グレーのワイシャツは知的で落ち着いた印象を与えることが期待でき、ほぼ万能の色といわれています。さまざまな色のスーツやネクタイと合わせやすいメリットもあります。濃いグレーのシャツを着れば、ややワイルドな雰囲気にすることもできます。 
    ただし、面接など誰かに自分を評価してもらうようなシーンではあまりふさわしくないかもしれません。ビジネスシーンでグレーのワイシャツを着るのは問題ありませんが、面接で着用するのは避けるようにしましょう。

     

    グレーのワイシャツの着こなし方の基本

    黒と白の中間色であるグレーはいろいろなカラーと合わせることができるオールマイティな色です。季節を問わず着ることができるのもうれしいポイントで、とても使いやすい色と言えるでしょう。 
    グレーのワイシャツを着こなすときにまず気をつけることはジャストサイズかどうかです。グレーは大人っぽい印象を与えるのに長けた色ですので、きっちりとしたサイズでなければなりません。せっかくグレーのワイシャツを着ていても、サイズが合っておらず、だらっとしていると大人っぽい雰囲気を出すことができません。だらっと着るのがオシャレな場合もありますが、グレーのワイシャツのときはサイズ感を大事にしましょう。上品さが損なわれないように、細身のシルエットを目指すのがセオリーです。 
    グレーはさまざまな色と合わせやすいと説明しましたが、特に相性の良い色はあります。それは黒や白のモノトーン系とブルーに代表される寒色系です。これらの色とグレーは相性抜群ですので、コーディネートの際は意識するようにしましょう。グレーのワイシャツはシンプルな着こなしこそが本道ですので、派手になり過ぎないように気をつけるのがポイントです。

     

    グレーに合うネクタイの色は?

    グレーのワイシャツを着る際には、スタイルによって適したネクタイがあります。たとえば、スーツとグレーのワイシャツを合わせる場合は全身を同系色でまとめるのがおすすめです。同系色である黒が特に無難と言えるでしょう。ワイシャツと同じく、ネクタイも同じグレー色でまとめると地味ではありますが、きっちりとした雰囲気を出すことができます。シャープでエレガントに決めたいならこれでいきましょう。 
    グレーのワイシャツに赤や黄色のネクタイが入り込むと、とても大きな違和感を与えてしまいます。グレーは色調が弱い傾向があるので、強い色を取り入れると、その特徴が色濃くでます。ただ、結婚式やパーティーに出席するなら、青やピンク系統で決めるのも悪くはないでしょう。ピンクはあまり主張し過ぎない薄目のものを選ぶとさりげないオシャレさを感じさせます。カジュアルな場であれば、少しの白の入ったネクタイをつけることでグレー地のシャツを引き立てることも可能です。ストライプのネクタイを合わせると遊び心が協調されたスタイルとなります。周りと差をつけたい場合には色味にアクセントをつけるのがポイントです。 
    グレーのジャケットとネクタイを合わせる時も基本は同じです。ジャケットの色に合わせて、ネクタイを選ぶようにしましょう。

     

    グレーのワイシャツを着るときのおすすめコーデ

    グレーのワイシャツでオシャレに決めるには、コーディネートに気を配りましょう。 
    まず、ブラックパンツと合わせるコーデです。ブラックとグレーの組み合わせですので、モノトーンな雰囲気になります。洗練された飾らない雰囲気がカッコいいです。落ち着いた服装が好きなら試してみてください。時計や小物も黒系統で統一するとよりシックな雰囲気になります。 
    次に、デニムパンツと合わせるコーデです。デニムパンツとグレーのワイシャツを組み合わせるとワイルドさを強調できます。ブラックパンツと合わせるとモード系になりやすいので、もっとカジュアルに決めたいならデニムパンツを採用するようにしましょう。細身のデニムパンツと合わせると中性的な雰囲気になりますので個性をだしたいときには有効です。 
    グレーのワイシャツの上にニットセーターを合わせるコーデもとてもオシャレです。ニットセーターのインナーは襟付きシャツがセオリーといわれていますが、色を合わせるのは少し難易度が高いかもしれません。色の選択を間違うと、ちぐはくな印象を与えることになります。グレーのワイシャツを着る際にはグレーやモノトーンで合わせると違和感なく決まります。色味を強調したいときはネイビーのセーターを選ぶようにしましょう。 
    最後に、グレーのスーツとのコーデです。グレーのワイシャツにあえてグレーのスーツを合わせることで洗練された上品な雰囲気を演出できます。ネクタイやベルトを黒にすれば全体的にメリハリがでますのでビシッと決めたいときにおすすめです。

     

    ワイシャツをグレーにするならポイントを押さえよう!

    グレーのワイシャツを着用する際は、基本的に同系統の色で合わせて統一感を出すのがセオリーです。知的で大人っぽい雰囲気を目指すようにしましょう。だらっとしたサイズだとビシッと決まりませんので、サイズはぴったり感が重要です。 
    周りと差をつけたいときにはピンクやブルーなどを取り入れるのも良いでしょう。結婚式やパーティーなどでチャレンジしてみてください。グレーは色調の弱い色ですので、あまり色の濃いものと合わせる必要はありません。たとえば、ピンクを選んだ際には少し薄目の色のほうがセンスを感じさせます。 
    グレーのワイシャツは、どのようなスタイルでも合わせやすいと言えます。しかし、それに甘えるのではなく、着こなしやネクタイの合わせ方はしっかりと押さえるようにしましょう。