スーツのズボン専用ハンガー!特徴や使い方まとめ | TOPICS(更新情報) | オーダースーツSADAは19,800円~ | 東京・大阪・福岡

スーツのズボン専用ハンガー!特徴や使い方まとめ

  • パンツ
  • スーツのズボンは、普通のハンガーで保管してしまっている人も多いのではないでしょうか。スーツのズボンは保管方法を間違えるとシワや型くずれを起こすのです。スーツは仕事やフォーマルな場で使用する場合が多いので、美しく保ちたいものですよね。スーツのズボンを保管するのであれば、専用ハンガーを使ったほうが綺麗に保管できます。この記事では、スーツのズボン専用ハンガーの特徴について説明します。

    スーツに使えるズボン用ハンガーの特徴とは?

    ズボン専用ハンガーとは、ズボンをきれいに保管するために作られた専用のハンガーです。その形状には、さまざまな種類があります。クリップで吊るすタイプやバーに掛けるタイプです。クリップで吊るすタイプは、服に傷つけることがないようにスポンジやラバーがクリップに使われ、跡が付きにくい仕様になっています。バータイプは、ズボンをかけるタイプですが、バーには滑り止めが付いていて落ちにくい工夫がされているのです。また、バーにかけた際に折りジワがつきにくいように、バーが太めに設定されているハンガーもあります。 
    また、連装タイプのズボン用ハンガーもあります。連装タイプは、ひとつのハンガーに複数枚のズボンを吊るすことができるものです。ものによっては、3枚~4枚のズボンを吊るすことができます。幅を取らないので、クローゼットや収納スペースが限られている場合には、収納スペースの節約にもなるでしょう。そして、幅広のタイプのハンガーはスカート用としても使えます。セットで購入した場合、家族で一緒に使うこともできるのでとても便利です。年に数回程度しか使うことがない礼服などは、幅広タイプの連装ハンガーを利用して、家族分をまとめて収納することもできます。

     

    一般的なハンガーだとNGな理由

    「スーツのズボンに専用のハンガーなんて必要?」そう思うビジネスマンも多いのではないでしょうか。仕事や大事な場面で使うスーツだからこそ、きちんと保管をしていつもきれいな状態を保ちたいですよね。一般的なハンガーを使用すると、ズボンをきれいに保てない場合が多いのです。一般的なハンガーでスーツを保管すると、シワになりやすく型くずれを起こすことになります。スーツのシワが一度付くとなかなか元に戻せません。そして、何より清潔感が損なわれてしまうのです。また、一般的なハンガーを使用するとずり落ちてしまうこともあります。そうすると、スーツのズボンはシワだらけになってしまうでしょう。 
    また、スーツと同一のハンガーを使うと、掛けるときや取り出すときに煩わしいというデメリットがあります。朝スーツを着るときには、最初にシャツを着てズボンを取り出しますよね。その後、ジャケットを羽織るでしょう。そうすると、ジャケットがハンガーにかかった状態でズボンを取り出すので、取り出しにくくなってしまいます。特に、毎日スーツを着て会社に行く場合には、専用のハンガーを使うと取り出しやすく、忙しい朝もスムーズに身支度ができます。

     

    ズボン用ハンガーを使うメリット

    ズボン用ハンガーは、簡単できれいにズボンを保管するために作られたハンガーで、使うのに大きなメリットがあります。ズボン用ハンガーを使うメリットは、3つあります。 
    1つ目は、ズボンがシワになりにくいことです。ズボン専用ハンガーは、シワにならないようにクリップやバーが工夫されています。クリップはズボンを挟むのに適した力がかかるようになっていて、バータイプはバーにかけたときに折りジワが付かないようになっています。 
    2つ目は、ズボンがずれ落ちにくいことです。バーの部分もずり落ちにくいようにラバーがついていたりするので「朝着るときにずり落ちていてシワシワになってしまった」という事態も回避することができます。一般的なハンガーだと、ズボンをかけるように設計されていないので、どうしてもずり落ちやすくなってしまうのです。 
    3つ目は、ズボン用ハンガーはかさばらないので保管がしやすくなっていることです。ズボン専用のハンガーはスリムなタイプが多く、かさばりません。クローゼットの中もスッキリして、見た目にもきれいに保管することができます。

     

    ズボン用ハンガーを選ぶときのポイント

    ズボン用ハンガーには、店舗で売っているものやネットで販売されているものまで、探すといろいろな種類がありますし、価格もさまざまです。だからこそ、どんなズボン用ハンガーを選んだらいいのか迷わないように、選び方のポイントを知っておきましょう。 
    まず、大切なことは裾全体を挟むことができるかどうかです。裾を挟むと、その重さでシワも伸ばせます。裾全体を挟むことができなければ、シワができたりずり落ちてしまったりする心配もあるのです。また、クリップタイプだとズボンの長さ分の高さがある収納スペースが必要になるので、クローゼットの高さが低い場合には、バータイプを選ぶようにしましょう。バータイプはズボンを折った状態で吊るして保管ができるので、高さがなくてもズボンを綺麗に収納できます。 
    次に、挟む部分にスポンジが付いているかどうかです。スーツは跡やシワが付きやすいので、跡が付かない仕様になっているかということが大切です。そして、しっかりと挟む力があるかどうかも重要です。強すぎると跡が付いてしまい、逆に弱すぎると落ちてしまいます。適度な力で挟み、跡が付きにくいタイプのハンガーを選ぶようにすると失敗しないでしょう。

     

    ズボン用ハンガーを使うときのポイント

    ズボン用のハンガーを選ぶことができたら、次は使い方です。誤った使い方をすれば、せっかくいいハンガーを購入しても、きれいなズボンの状態を維持できません。 
    ズボン用ハンガーを使うときは、まずセンタープレスライン、もしくはサイドの縫い目に沿ってズボンをまっすぐに伸ばしましょう。ここできちんと伸ばすことによって、翌日に着用したときに美しいラインが現れるかどうかが決まります。そして、裾を水平にし、シワが寄らないように吊るしましょう。クリップタイプであれば、裾の端部分を挟むようにクリップを調整するとバランス良く吊るすことができます。また、ウエスト部分を上に吊るす人も多いですが、ウエスト部分は厚みがあり湿気もこもりやすいので、裾部分を上にして吊るす方法がおすすめです。裾部分を上にすれば、ウエスト部分の重みでシワも伸ばすことができます。 
    手間に感じる人もいるかもしれませんが、慣れてしまえばとても簡単です。きちんとズボン用ハンガーを使用すれば、きれいにズボンを保管することができるので、コツを掴んで収納できるようにしましょう。

     

    スーツを綺麗に保管したいのなら専用ハンガーを!

    仕事が終わりクタクタの状態で帰ってくると、きちんとスーツをしまう余裕がないかもしれません。そんなときこそ、ズボン専用ハンガーの出番です。ズボン専用ハンガーであれば、しまうときも着るときもスムーズです。疲れて帰ってきた夜も、準備で忙しい朝も、時間や手間を削減することが可能です。 
    そして、何よりスーツのズボンをきれいな状態に保つことができます。デスクワークや車の運転などで、スーツのズボンには気づかないうちに多くのシワができています。毎回クリーニングに出せば、パリッとしたスーツを着ることができますが、忙しくて暇がない人もいるでしょうし、経済面においても現実的ではありません。ハンガーを専用のもの変えるという少しの手間を加えることで、シワを伸ばして簡単に毎日きれいなスーツを着ることができるのです。きれいなスーツを毎朝着ることができれば、仕事へのモチベーションも上がるはずです。使いやすいのが良い、かつきれいに保管したいのであれば、ズボン専用のハンガーを利用しましょう。

     

    スーツを綺麗に保管したいのなら専用ハンガーを!

    仕事が終わりクタクタの状態で帰ってくると、きちんとスーツをしまう余裕がないかもしれません。そんなときこそ、ズボン専用ハンガーの出番です。ズボン専用ハンガーであれば、しまうときも着るときもスムーズです。疲れて帰ってきた夜も、準備で忙しい朝も、時間や手間を削減することが可能です。 
    そして、何よりスーツのズボンをきれいな状態に保つことができます。デスクワークや車の運転などで、スーツのズボンには気づかないうちに多くのシワができています。毎回クリーニングに出せば、パリッとしたスーツを着ることができますが、忙しくて暇がない人もいるでしょうし、経済面においても現実的ではありません。ハンガーを専用のもの変えるという少しの手間を加えることで、シワを伸ばして簡単に毎日きれいなスーツを着ることができるのです。きれいなスーツを毎朝着ることができれば、仕事へのモチベーションも上がるはずです。使いやすいのが良い、かつきれいに保管したいのであれば、ズボン専用のハンガーを利用しましょう。