クールビズ前後において衣替えの最適なタイミングとは?のアイキャッチ画像
クールビズ前後において衣替えの最適なタイミングとは?のアイキャッチ画像

クールビズ前後において衣替えの最適なタイミングとは?

普段からスーツを着る機会が多い方にとって、衣替えのタイミングについて悩む人も多いのではないでしょうか。
「衣替えのタイミングがわからない」
「オフシーズンの服はどう保管したらいいのだろうか」
「クールビズ中の衣替えのタイミングに悩む」
など、衣替えに関する疑問を持っている方もいるでしょう。
ここでは、
スーツの衣替え時期
オフシーズンの服を保管する方法
気温変化の激しい季節のお役立ちアイテム
など、クールビズと衣替えについて解説していきます。

基本的にスーツの衣替えはいつ?

スーツには、シーズンによってタイプの違うものが販売されており、主に

  • 春夏用
  • 秋冬用
  • オールシーズン用

の3種類が一般的です。それぞれ、裏地やスーツ生地に違いがあり、季節に合ったスーツを選ぶことが必要になります。

春夏用スーツは3月〜5月

春夏用スーツが着用される時期は「3月〜5月」が一般的です。この期間の間で徐々に衣替えを行っていくことで、気温の変化が激しい日にも対応していくことができるようになります。春から夏にかけて、主に4月などは寒暖差が激しい日も出てくるため、注意しながら衣替えを行っていきましょう

地域やその年の気候によって温度の違いが出てくる場合もあります。そういったときに衣替えのタイミングがわからないという方は、日中の気温が20℃を目安にするとわかりやすいです。20℃を超える日が続いた場合には春夏用のスーツに衣替えしても問題ないでしょう

秋冬用スーツは9月〜11月

秋冬用スーツは10月を中心とした「9月〜11月」に着用されることが一般的です。春と同様に、秋も気温の温度差が激しいシーズンとなります。10月の平均気温は春夏用スーツに衣替えをする4月と同じくらいの気温ですが、1日の気温の下がり幅が大きいため、10月を目安に衣替えをするのがおすすめです。

夏から秋にかけては、朝晩は肌寒く、日中は暑いと感じる日も多くなります。肌寒さを感じたら徐々に秋冬用に切り替えていくようにしましょう。

クールビズと衣替え

ここではクールビズの注意点などを解説していきます。

クールビズとは

高温多湿のじめっとした日本の夏を、冷房を使わずに軽装で乗り切ろうという取り組みのことをクールビズといいます。

環境省の呼びかけで、2005年〜2020年の5月1日〜9月30日をクールビズ実施期間として定めていました。しかし、2021年から環境省によるクールビズ実施期間の呼びかけが廃止され、各自の判断で服装の調整を行うことになっています。

これはクールビズをするな!といったことではなく、期間を設けずに個人や企業の判断で快適な服装で過ごしましょうといったような期間を廃止する意味合いが強いものになっています。

クールビズの注意点

クールビズのスタイルをする際には注意点も多くあるため、注意しなければなりません。ここでは注意しなければならない代表的なポイントを紹介していきます。

清潔感のある服装

クールビズは涼しくて快適に過ごせる服装なのかが重要になってきます。しかし、涼しければなんでもいいというわけではなく、仕事にふさわしい服装ということが大切です。

クールビズではノーネクタイ、ノージャケットが多くなります。基本的にトップスはシャツやポロシャツ、パンツはスラックスやチノパンといったスタイルが一般的です。

トップスの素材としては、麻が使用されているものであれば涼し気な印象を与えることができるため、クールビズのスタイルにはぴったりのアイテムとなっています。

素材に加えて、シワになりにくい形状記憶素材が取り入れられた物を選んだりするのもおすすめです。ジャケットを着ない分、シャツのシワなども目立ってしまうため、シワで清潔感が失われないように十分に注意しましょう。

露出を抑えた服装

男性、女性ともに言えることですが、肌の出しすぎはNGです。肌を出し過ぎた服装では、だらしなく見えてしまったり、相手に不快感を与えてしまうことにも繋がってしまいます。

男性の場合、ラフすぎるハーフパンツやタンクトップ、女性の場合もキャミソールやノースリーブ、ミニスカートなどはNGです。

おすすめのスタイルとしては、男性はシャツにスラックス、女性の場合は七分袖のシャツに丈の短いパンツスタイルなどがすっきりとしたスタイルに仕上がるのでおすすめとなります。

上記の点を踏まえて、極端に肌が見える服装はマナー違反になるので避けましょう。

TPOに合った服装

営業職などは、取引先と接する機会が多くなるので、より服装に注意する必要があります。

クールビズでは、シャツとパンツといったスタイルが一般的になりますが、クライアント先に訪問する際は長袖シャツにジャケット、ネクタイを着用することがマナーです。クライアント側から「ノーネクタイで大丈夫ですよ」などの提案がない場合は、ジャケットとネクタイを用意しておくようにしましょう。

社内の常識だけで判断するのではなく、クライアントのことを考えたコーディネートを心がけることが重要です。

オフシーズンの服はどうしたらいい?

衣替えの際に、オフシーズンになったスーツをどのように保管したらいいのかと悩む人も多いのではないでしょうか。雑な保管をしてしまうと、スーツを傷めてしまったり、カビが生えて着用できないといったことにもなりかねません。

そうならないためにも、オフシーズンで着用しなくなったスーツの保管方法を解説していきます。

①クリーニングに出す

衣替えによって長い期間着る機会がないときは、クリーニングに出してから保管するようにしましょう。

スーツに施されるクリーニングの手法は「ドライクリーニング」と「ウェットクリーニング」の2つがありますが、長期間保管する場合には「ドライクリーニング」がおすすめです。水を使わずに有機溶剤を使用したクリーニングのため、水洗いによる縮みや色落ち、型崩れなどのリスクが少ないことが大きなメリットといえます。

ドライクリーニングは油性の汚れには強いですが、汗や食べ物のシミなどといった水溶性の汚れは落ちにくいといったデメリットもあるため、どちらがいいのかは汚れの付き具合で決めるようにしましょう。

②クリーニング後のビニールを外す

クリーニングが終わったスーツには、必ずビニール袋がかかっていますが、このビニールは必ず外して保管するようにしましょう。

「ほこりや汚れが付かないからそのまま保管してもいいんじゃないか?」と、ビニールを外さずにそのままの状態で保管する人も多いのではないでしょうか。しかし、ビニールは通気性が悪く、湿気が溜まりやすくなっています。そのままの状態で保管してしまうと、カビの原因になったり、臭いがこもってしまうことにも繋がりかねません。

クリーニングから戻ってきた際は、すぐにビニールを外し、ジャケット専用のハンガーに掛けなおすことを心がけましょう。

③不織布カバーをかぶせる

スーツを長期間保管する場合は、不織布のスーツカバーに入れて保管することがおすすめです。

ビニールを外したものの、何もカバーをかぶせなければジャケットの襟部分や肩部分にほこりが溜まってしまいます。そういったことを避けるためにも、通気性のいい不織布のカバーを活用しましょう。不織布のカバーは、通気性がよく、湿気を溜めにくい性質を持っているため、カビや臭いを防ぐのにはおすすめです。

ホームセンターやスーツ量販店で簡単に手に入るので、長期保管する際は活用してみましょう。

④防虫剤、除湿剤を活用する

スーツを保管する場合、クローゼットで保管する場合がほとんどですが、その際に防虫剤や除湿剤は欠かすことができないアイテムのひとつです。

防虫剤は虫を寄せ付けないため、虫食いを防ぐことができ、除湿剤はカビの原因となる湿気を取り除くことができます。クローゼットは閉鎖的な空間ということもあって、不織布の通気性の良さだけではカビ対策は万全とは言えません。除湿剤を入れておくだけで、通気性の悪さを補うことができるので、スーツの保管の際には必ず入れておくようにしましょう。

また、定期的にクローゼットを開けっ放しにして、空気の入れ替えを行うことも効果的です。スーツの保管に自信がない場合は、保管サービスが付いた宅配クリーニングもあるので利用してみるのもいいでしょう。

⑤陰干しを定期的に行う

スーツは、基本的にクローゼットで保管することが一般的です。オフシーズン中の着なくなったスーツを、長い期間クローゼットにしまっていると湿気でカビてしまう可能性があります。そのため、除湿剤などを活用している方も多いですが、除湿剤だけでは湿気を完全に取り除くことはできません。

1ヵ月に1度ほど、クローゼットから出し、風通しのいい場所で陰干しをするようにしましょう。日に当たってしまうと生地の劣化に繋がってしまうので、必ず陰干しすることがポイントです。

一気に衣替えしなくても大丈夫

クールビスの期間になったからといって一気に衣替えを行う必要はありません。

5月1日からクールビズ期間として取り入れる企業もありますが、5月はまだ気温の温度差が激しい時期でもあるため、パンツだけ、ジャケットだけといったようにアイテムごとに衣替えを行うことがおすすめです。

梅雨時期になるとオフィスで除湿が行われることがあります。除湿が行われると、肌寒くなることも予想できるため、オフィス勤務の方は注意が必要です。

クールビズの期間になったからといって、上着をすべて片づける必要がないことを覚えておきましょう。

また、秋ごろになると日中でも肌寒く感じることが多くなります。急に夏仕様のクールビズから秋冬用に衣替えをするのではなく、徐々に衣替えをしていくことがおすすめです。

急な気温変化でもOKなお役立ちアイテム

季節の変わり目は急な気温変化に悩まされることが多く、快適に過ごしたいと多くの方が思うはずです。

ここでは急な気温の変化でも快適に過ごせるためのアイテムを紹介します。

オールシーズンスーツ

まずは、季節関係なく着用することができるオールシーズンスーツです。

季節の変わり目は気温が安定せずに、肌寒さを感じたり、汗ばむ陽気に悩まされることも多いです。そのため、多くの方が何を着たらいいのか悩んでしまいます。

そんな時に活躍するのがオールシーズンスーツです。10月初旬や3月初旬などといった季節の変わり目時期には昼夜の寒暖差が大きく、着用するスーツに迷ってしまうことも多くあります。

オールシーズンスーツで使われている生地は、春夏用スーツと秋冬用スーツの中間ほどの厚みをもった生地が使われていることが多いです。そのため、季節の変わり目には快適に過ごせるような生地感になっています。

また、オールシーズンスーツは1年を通して着用されることを想定して作られているため、生地の色柄もベーシックな物が多く、シーン問わず着用することが可能です。色柄や生地感でも汎用性が高いことから1着は持っておきたいタイプのスーツといえるでしょう。

吸水速乾インナー

スーツを着る際に、多くの方がワイシャツの下にインナーを着るのではないでしょうか。インナーのなかでも、気温変化に対応できるインナーが「吸水速乾インナー」です。

クールビズ期間は、昼夜の気温差が激しいこともあって、服装選びに困ってしまうことも多くあります。しかし、吸水速乾インナーであれば、昼間の暑い時間帯やジメジメとした梅雨時期でも、さらさらとした状態で快適に過ごすことができることが大きな魅力です。

ベスト

気温の変化が激しいシーズンには、ベストもおすすめです。

ベストは上品さを演出でき、体を立体的に見せる視覚的なメリットが大きな魅力といえます。しかし、ベストは視覚的なメリットだけでなく、防寒対策としても活躍するアイテムのひとつです。気温の温度差が激しい時期にはベストを着ておくだけで、朝や夜の肌寒さを和らげることができます。季節の変わり目などに取り入れてみましょう。

冬用のスーツだと暑いけど、夏用のスーツだと少し肌寒い、という夏の終わりから秋にかけての時期に活躍するアイテムです。

大切なのはTPOに合わせた服装にすること

クールビズやオフィスカジュアルに明確な決まりはなく、人によっては毎日の服装に悩んでしまう事があるかもしれません。

オーダースーツ専門店である「オーダースーツSADA」なら、自分に合ったスーツを作ることはもちろん、コーディネートや汗をかく夏の時期のスーツのお手入れまでご案内させて頂きます。

「ワンランク上のスーツを着用して周囲と差を付けたい」「いつもコーディネートの組み合わせに悩んでしまう」そんな方は、一度お問合せください。 経験と知識が豊富なスタッフが、親身になってご対応いたします。

この記事ではクールビズや衣替えについて解説してきました。

クールビズは、電気代の削減や健康的なビジネス生活を送るという面で、大切な意味合いを持っています。しかし、クールビズだからといって自分の好きなスタイルにしていいというわけではありません。

大切なことは「相手のことを考えて適切な服装にする」ということです。自社で問題がなくても、取引先や顧客が不愉快に感じてしまう場合も考えられます。ラフすぎる服装や季節外れの服装、肌の露出が多い服装などは避けるようにしましょう。クールビズでのマナーをしっかりと守ったうえで、快適に過ごせる服装がベストです。

クライアントとのトラブルを避けるうえでも、企業や訪問先のルールをしっかりと把握してTPOに合ったスタイリングが重要になります。

山畠 光優
投稿日
最終更新日

tags