スーツのたたみ方を解説!外でもできるシワがつかないたたみ方やシワがついた時の対処法ものアイキャッチ画像
(関連記事)こちらもいかがでしょうか

スーツのたたみ方を解説!外でもできるシワがつかないたたみ方やシワがついた時の対処法も

出張や冠婚葬祭のイベント、急な里帰りなどで、スーツを持ち運んだ経験がある方は多いのではないでしょうか。特に夏場の暑い時期は、移動中にスーツのジャケットを脱いで過ごすことも多いでしょう。その際、スーツを適当にたたんで運んでしまうと、深いシワがついて再び着用する際にだらしない印象になってしまいます。シワのついたスーツは清潔感がなく見えるため、相手に不快な思いをさせるでしょう。スーツの適切なたたみ方や、シワをつけないための予防策を実践すれば、持ち運んでもシワがつきにくくなります。シワをつけず持ち運ぶために、スーツ用バックを利用するのも効果的でしょう。また、シワがついてしまっても、適切な対処法を行えばシワを取り除くことが可能です。この記事では、シワがつきにくいスーツのたたみ方やスーツにシワがつかないようにするための予防策、シワがついてしまった時の具体的な対処法について解説します。特にスーツのたたみ方については、10秒でできる「かさばらないスーツのたたみ方」と、1分でできる「シワにならないスーツのたたみ方」の2種類があり、シーンに応じて使い分けることで役立ちます。ぜひこの記事を読んで、2つのたたみ方をマスターしてみてください。

出張や友人の結婚式など、スーツを持ち運ぶ機会があります。外が暑かったり、移動中だと上着を脱いで過ごすことも多いでしょう。 そんな時に、意外と知らないのがスーツのたたみ方です。 スーツは、シワが入らないようにたたむ必要があります。ただ、適当に上着をたたんでしまうと、スーツにシワがつき、相手の印象が悪くなります。 今回は、スーツのたたみ方を解説します。たたみ方以外にも、シワが入らない予防策や、シワが入った時にできる対処法なども解説します。 スーツのたたみ方は、慣れてくると1分でたたむことが可能です。出先でシワが入って困っている方は、ぜひ参考にしてください。

スーツはたたみ方がとても重要?

スーツはたたみ方が重要です。 スーツは少しでも適当にたたんでしまうと、シワの原因にもなります。 特に上着は、移動中に脱ぎ着するシーンも多いです。たたみ方を知ると、シワがつきにくくなり、きれいなスーツが保たれます。 上着には、2種類のたたみ方があります。

・10秒でできる「からばらないスーツのたたみ方」

・1分でできる「シワにならないスーツのたたみ方」

かさばらない方法は、移動中に便利です。たたんだ後は、自分の腕にかけたり、バッグの中に入れます。シワになりにくいたたみ方法は、ホテルや自宅に便利なたたみ方です。スーツをきれいにたたむことで、スーツが長持ちします。ぜひ、2つともマスターしてください。

かさばらないスーツのジャケットのたたみ方

かさばらないスーツのたたみ方は、下記のようになります。

1.上を立てる

2.ラペルと端と端を持って、スーツの内側が表になるように裏返す。

この時、肩パッドを押し込み、を整えます。

3.ラペル端と前端を持ち、長方になるようを整えます。

4.片方のを整えたら、反対側もを整えます。

長方に整えることで、スーツケースやバッグに入れやすくなります。 ジャケットを裏返す理由は、表地に傷や汚れがつかないようにするためです。傷や汚れは、すぐには取れません。移動中やバッグにジャケットをいれてる時は、裏返すことを和す内容にしましょう。

シワがつきにくいスーツのたたみ方

しわがつきにくいたたみ方は、自宅や出張先のホテルなど、広いスペースがある時に向いています。 シワがつきにくいスーツのたたみ方は、下記の通りです。

1.ボタンを全て閉める

ボタンは全て閉めましょう。ボタンを閉めることでたたみやすくなり、シワがつきにくいです。

2.背中部分が表になるように裏返す

背中部分が表になるようにひっくり返します。

3.肩部分を折る

片方の肩の中心で折りましょう。

4.を折る

次にを折ります。は、肩パッドを起点とし、外側のラインに合わせます。また、ジャケットのセンター部分からがはみ出ないようしましょう。

5.反対部分も2?4と同じようにする

6.ジャケットを2つ折りにする

ジャケットを2つ折りにします。

7.ジャケットを正面にひっくり返し完成

ジャケットを正面にひっくり返して完成です。

パンツやスカートのたたみ方

パンツやスカートのたたみ方はそれぞれ異なるため、別々に紹介します。パンツやスカートをたたんだ後は、ジャケットの間にいれることで傷や汚れを防止できます。 スーツケースやバッグなど、スペースが限られている時に有効です。

パンツのたたみ方

1.パンツボタンファスナーを全て外す

パンツボタンファスナーを外す理由は、2つ折りした時に、シワが入らないようにするためです。

2.パンツ中央の折れと折れを合わせて、2つ折り

ズボンのたたみ方は、股を中心として2つ折りにする方が多いです。パンツの場合、片足の中央に線があります。その線ともう片足の中央の線を合わせて、2つ折りにすることでシワなくたたむことができます。

3.半分に折る

パンツを2つ折りにしたら、を整えてパンツの上部と裾を合わせて半分に折ります。

4.もう一回半分に折る

もう一回半分に折って完成です。2回半分に折ることで、たたんだジャケットの間に収まります。パンツをたたむ時は、3つ折りでも大丈夫です。

スカートのたたみ方

スカートのたたみ方は、長方を目指してたたみます。たたみ方は、下記の順になります。

1.スカートを広げる

まずは、たたみやすいようにスカートを広げましょう。

2.3分の1ずつたたむ

スカートの端からおよそ3分の1ずつ、中央に重ねましょう。たたんだ後は、長方になるようにを整えます。

3.半分に折る

スーツ用のスカートを、半分に折ります。カジュアルなスカートの場合、収納スペースを広げるためスカートを丸めて収納する方もいます。しかし、スカートの生地を痛める可能性があるため、丸めないようにしましょう。

4.さらに半分折る

さらに半分おり、完成です。3つ折りにすることで、たたんだジャケットの間に、スカートを収納できます。ジャケットとスカートを1つにまとめることで、持ち運びも楽になります。

スーツにシワがつかないための予防策

スーツにシワがあると、相手にだらしない印象を与えてしまいます。シワがつかないようにしているもののスーツを長く着用すると、どうしてもシワがついてしまうものです。シワがつかないようにするには、いくつか予防策があります。

・シワに強いスーツを持つ

・自宅やホテルについたらハンガーにかける

・スーツを数着持っていく

それぞれ解説します。

シワに強いスーツを持つ

スーツは生地によってシワのつき具合が変化します。一般的に綿シルクなどの天然素材を使った生地は、シワになりやすいといわれています。 ウールポリエステルなどを使った生地は、シワになりにくい生地です。ただ、ポリエステルを使った生地には、安かろう悪かろうのイメージを持っている方もいるでしょう。しかし、近年では、各社「シワになりにくいスーツ」として、ポリエステルが入った高級生地も登場しています。 シワがつきにくいスーツを持っておくと、毎日の手入れも簡単になります。

自宅やホテルに着いたらハンガーにかける

自宅やホテルに着いたらハンガーにかけることも、シワ防止になります。スーツをハンガーにかけた後は、ブラッシングをしましょう。そうすることで、ほこりや汚れが落ち、スーツが長持ちします。 ハンガーはワイヤーハンガーではなく、木製のハンガーを使いましょう。木製のハンガーを使うことで、スーツの型崩れを防ぐことができます。 木製のハンガーは通販で購入でき、5本組3,000円台で購入可能です。仕事でスーツを着る機会が多い方は、持っておいて損はありません。

スーツを数着持っていく

スーツ <a href=ジャケット" width="839" height="1258">
スーツは1日着たら1日休ませるのが、シワを作らないコツです。 連日、同じスーツを着ていると、シワのが定着し取れなくなってしまいます。2泊3日や長期出張の場合、最低でも2着スーツを持っていきましょう。 荷物が多くなる場合は、ガーメントバッグやスーツカバーを使い、シワにならないように持ち運びます。

もしシワがついてしまったときの対処法

どんなに気をつけていても、スーツにシワはついてしまいます。シワになる原因は、生地の繊維が歪むことで起こります。 シワがついてしまった場合、アイロンでシワを取るのですが、出張先ではアイロンが使えないこともあります。ここでは、アイロンが使える時と使えないときの2つの対処法を紹介します。

アイロンが使える時

スーツのシワを取る時は、アイロンのスチーム機能を使います。方法は、下記になります。

1.アイロンをスーツから少し浮かす

2.シワ部分にスチームをかける

3.スチームをかけた後、日陰で干す

スーツには、動物や天然素材を使った生地が多く、吸水性があります。アイロンのスチーム機能を使うことで、生地が水分を吸水し、生地が元に戻ります。 もし、シワがなくならない場合は、当て布をしてアイロンをかけましょう。当て布をしないとスーツが焦げる可能性があります。大切なスーツを長く使うためにも、当て布は必ずしましょう。

アイロンを使わない方法

アイロンが使えない場合は、入浴後のお風呂場にスーツを干しましょう。入浴後のお風呂場は湿気が多く、スーツの生地が水分を吸収しやすい環境です。つまり、アイロンのスチーム機能が再現されます。 湿気が多いと、スーツがカビ臭くなったり、濡れてしまうため、お風呂場の換気扇は常に回しておきましょう。

シワがどうしても取れない場合はクリーニングに出す

「自宅のアイロンを試したけど、シワが取れない」 シワがついたまま放置したり、長年同じスーツを使っていると、シワのが定着してしまい取れなくなる場合があります。 どうしても取れないシワは、クリーニングに出しましょう。 スーツのシワは、生地の歪みです。クリーニングでは自宅のアイロンよりも高い温度でプレスするため、シワが直る可能性があります。しかし、絶対にシワがなくなるわけではありません。 どうしても、シワをつけたくない方は、日頃の手入れをしっかり行い、スーツを長持ちさせましょう。

たたんだスーツの携帯におすすめのバッグ

スーツはシワにならないよう、たたんだ後は、丁寧に運ぶ必要があります。しかし、手で持つとどうしてもがくずれしまい、シワになります。 シワにならないよう持ち運ぶには、スーツ用のバッグがおすすめです。おすすめのバッグは下記になります。

・ガーメントバッグ

・スーツカバー

・スーツケース

それぞれの特徴を解説します。

ガーメントバッグ

ガーメントバッグとは、スーツを持ち運ぶために使われるものでスーツバッグともいわれています。 ガーメントバッグの魅力は、種類が豊富なことです。1泊用のコンパクトなガーメントバッグもあれば、スーツが2着入る大型のガーメントバッグもあります。種類が豊富なため、自分に合うガーメントバッグが選べます。 ナイロンを使ったガーメントバッグは、水が染み込みづらい素材です。そのため、多少の雨の中でもスーツを守ってくれます。ただ、防水ではないため、雨に濡れすぎないように注意しましょう。

スーツカバー

スーツを購入した時についてくることが多い、スーツカバーもおすすめです。 スーツカバーはガーメントバッグより軽く、スーツを持ち運ぶことができます。スーツカバーは1着しか入れることができません。長期出張がある場合は、大きめのガーメントバッグを使うといいでしょう。 また、スーツカバーは防水性がなく雨が降った場合、スーツが濡れることもあります。

スーツケース

スーツケースは、ハードな作りの旅行用バッグです。 スーツケースのメリットは、盗難対策ができることです。ガーメントバッグやスーツカバーは軽く、盗難される可能性があります。スーツケースには鍵がついており、中身を開けられる心配がありません。また、荷物をたくさん入れられるため、スーツの収納する場所も確保でき、シワになりにくいです。 しかし、荷物が大きくなってしまうのがデメリットです。移動中も、スーツケースを引っ張る必要があるため、長時間の移動だと疲れてしまいます。荷物をできるだけ少なくしたい方には不向きです。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

スーツは、シワが入らないようにする必要があります。たたみ方も重要ですが、自分に合ったサイズで着ることもスーツには必要です。 オーダースーツSADAは、全国に50店舗を展開するフルオーダースーツ専門店です。オーダースーツSADAでは、自分の体型に合ったサイズのスーツを19,800円(税込21,780円)で提供しています。 通常フルオーダースーツは、とても高価です。しかし、オーダースーツSADAは、工場直販でスーツを仕立てています。つまり、流通コストを下げることで、低価格で提供できるのです。 注文から出来上がりまで、約1ヶ月かかります。もう少し早く納品して欲しい方のために、スピード納品を受け付けています(有料)。スピード納品では、通常1ヶ月かかるところを、最短2週間で納品します。 店舗ではスーツに詳しい専門スタッフが、採寸から生地選び、注文まで丁寧に接客し、初めての方でも、安心して注文可能です。 オーダースーツSADAでは、来店予約があります。予約をして来店していただくと、待ち時間0分ですぐに案内可能です。もちろん、予約なしの来店も歓迎しています。 オーダースーツについて少しでも疑問を感じましたら、オーダースーツSADAへ気軽にお問い合わせください。

出張などのビジネスシーンや冠婚葬祭などのフォーマルなシーンで、スーツにシワがあると清潔感がなくなり、他人から見てもだらしない印象になってしまいます。しかし、スーツにシワはつきものであり、特に持ち運びした際にシワをつけてしまいがちです。そのため、シワにならないスーツのたたみ方を覚えて実践する必要があります。スーツのたたみ方には2種類あり、ひとつは「かさばらないスーツのたたみ方」です。手順通りにたたむことで長方形に整えられ、自分の腕にかけたりスーツケースやバックに入れたりしやすくなるため、移動中に便利なたたみ方といえるでしょう。もうひとつのたたみ方は、「シワにならないスーツのたたみ方」です。このたたみ方は広めのスペースが必要なため、自宅や出張先のホテルなどでたたむ際に適しています。たたみ方以外にも、スーツにシワをつけないための予防策や、シワの取り除き方についても日頃から実践しておくといざという時に困らずに済みます。スーツにシワ対策としてはたたみ方も大切ですが、スーツのサイズが自分に合っていることも重要です。オーダースーツであれば、自分にピッタリのサイズのスーツを注文できます。シワになりにくい素材を選べば、対策をうっかり忘れてしまってもそこまでの劣化はしないでしょう。持ち運びしやすく自分に合ったスーツを作るためにも、ぜひオーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」でスーツを作ってみてください。