夏の出張におすすめのスーツコーデ!好印象を与えるための服装マナーを徹底解説!のアイキャッチ画像
夏の出張におすすめのスーツコーデ!好印象を与えるための服装マナーを徹底解説!のアイキャッチ画像

夏の出張におすすめのスーツコーデ!好印象を与えるための服装マナーを徹底解説!

「クールビズ」という概念が徐々に日本に浸透し、夏場には半袖シャツのビジネスマンが増えてきました。自社での仕事でクールビズを意識した服装は当たり前になりましたが、出張で取引相手に会うときや、実際に商談するというような状況で、クールビズは「マナー違反」とされる場合もあります。ビジネスシーンで信頼を得るには、夏といえどもTPOをわきまえ、ビジネスマンにとってふさわしい服装を心掛ける必要があるでしょう。暑さ対策とフォーマル度のバランスを取ることで、スタイリッシュさ・さわやかさが演出でき、取引先にも信頼のおける人物という印象を与えることが可能です。この記事では、クールビズでもスーツを着るべきタイミングや、スーツを脱いでもよいタイミング、スーツ着用時のマナーを解説します。また、場面に合わせたシャツやジャケットの色、柄などの疑問も一つずつ詳しく紹介します。暑さ対策とビジネスマナーをしっかり意識し、暑い夏も快適かつ充実したビジネスライフを送りましょう。

2005年にクールビズが始まりましたが、どのような服装が好印象を与えるのか悩む方も多いでしょう。服装の規定も会社によるため、混乱する方も少なくありません。特に出張に関しては炎天下での仕事も考えられるため、暑さ対策とマナー対策の両方を考えねばなりません。

この記事では、クールビズのスタイル、どこでジャケットを着ればいいのか、ネクタイをどうすればいいのかなど、夏の出張にすべき服装を詳しく解説します。

夏場の出張時のスーツスタイルはどうしたらいい?

夏場の出張では、暑さ対策とスーツマナーは非常に重要です。取引中であれば、お相手に合わせて服装を考える必要があります。一方で、飛行機や電車などで移動中の場合は、ジャケットを脱ぎ、半袖シャツやネクタイを外すなどの着崩したスタイルで暑さを逃がす必要が出てきます。

その際どこまで着崩すべきなのか、どの場面でジャケットを着ればよいのかなど、疑問に思う方も多いでしょう。ここでは、状況やマナーに合わせてスタイルを解説します。

取引中のスーツのマナー

夏場とはいえ、取引を行う相手の前に出る場合は、スーツを着るようにしましょう。とくにスーツには半袖のシャツはよくないとされています。このようにスーツを着るうえで、色、柄、ボタン、フラップなど細かいマナーがあるため、ひとつずつ確認し、マナーに沿った着こなしができるようにしましょう。

・場面に合わせた色、柄選び

一般的にビジネスシーンではネイビーやグレーが好まれます。色の濃淡が濃いほど落ち着いた印象になり、薄いほどフレッシュな印象を与えます。年齢、TPOに合わせた色選びをしましょう。ビジネスでは黒い無地は避け、ストライプの入った黒を選ぶようにするとよいでしょう。柄に関しては、無地、ストライプ、チェックが定番と言われています。

・ボタンの閉め方

スーツのジャケットは、すべてのボタンを閉めず、一番下のボタンは開けておきます。それ以外では、ボタンの数によって閉め方が変わるため注意が必要です。2つボタンでは下のボタンを開け、ボタンが3つある場合は、一番下のボタンだけを閉めましょう。

・フラップはポケットに入れる

フラップとは、ジャケットに付いている「ポケットの上蓋」の部分です。屋外でポケットにホコリが入らないようにするための役割を果たします。屋外ではフラップは出すように、屋内ではフラップをポケットに入れるようにしましょう。何のためについているかをわかっていれば、出し入れのタイミングを理解できるでしょう。

クールビズで出張に向かうときの着こなし

常にスーツ・ジャケットを着ていては、暑さ対策ができません。移動中の電車や飛行機などでは、ジャケットや上着を脱ぎ、ネクタイを外してカバンに入れて持ち運ぶことをおすすめします。取引先の相手や上司から「クールビズでも大丈夫」という許可があれば、無理に正装せず、会社の規則に準じたクールビズの服装をすると良いでしょう。

半袖のシャツをタックイン(シャツの裾をパンツに入れるスタイル)して、色は落ち着いたシンプルなものを選ぶのが無難でしょう。以下にサイズや色の例、どのような素材が清涼感を与えるのかを以下に記載しますので、参考にしてみてください。

・袖口は広すぎず、胴回りは締まったシルエットに

長袖と半袖では描かれるシルエットが異なります。長袖のように余裕ある袖口が、半袖の場合ではだらしなく見えやすい落とし穴があります。胴回りも引き締めたサイズのものを選ぶと、自分に合ったサイズ感を演出できるでしょう。

・色はシンプルにまとめる

クールビズを考える場合、原色を使ったシャツのカラーは、暑苦しい印象を与えてしまう場合があります。半袖シャツに合わせるならば、ホワイト・ブルー系の色を選ぶと、清涼感が出て好印象に映るでしょう。

・清涼感のある素材

夏場を快適に過ごすため、吸汗性・速乾性の生地のシャツがおすすめです。「COOL MAX」は、クールビズにうってつけの素材を使用したシャツとして、近年高い評価を受けています。また、天然素材でできた「アイスコットン」もおすすめです。肌触りが快適で、肌が荒れる人にも人気の商品です。

取引先によって求められる服装は変わる

たとえばアパレル関係の会社や外資系の会社では、固すぎないビジネスカジュアルが採用されている場合が多いと言えます。そうした場合は、取引相手の服装に合わせて、こちらもカジュアルに寄せると、好印象を与えられるでしょう。

・フォーマルな服装が求められる会社

基本的には「服装は自由」の指定や「カジュアルファッションのアパレルメーカー」以外では、フォーマルな服装が求められるでしょう。最初の取引では特に無難な服装で取引先と会うことがおすすめです。

・カジュアルな服装が求められる会社

「アパレルメーカー」は、服選びのプロです。取引相手も会社の顔として、自分たちの商品と着こなしをアピールしてくる機会もあるでしょう。フォーマルすぎる服装では逆に失礼に当たります。こちらも相応のカジュアルな着こなしをするのがマナーです。

夏場でもジャケットやネクタイは必ず用意しておく

自社でクールビズが許可されていても、他社では許可されていない場合があります。スーツスタイルは、ジャケットとネクタイを基本的には「脱がない・外さない」のがマナーと言えます。

どんな取引先であれ、初対面の場合はかならず上着、ジャケット、ネクタイを着けるようにしましょう。移動中ならば、カバンに閉まっておけるようなバッグを用意することもおすすめです。その際「次回からはクールビズで大丈夫です」と伝えられた場合、ノージャケットノーネクタイのクールビズスタイルで訪問しても問題はないでしょう。

出張時のスーツの持ち運び方

スーツを持ち運ぶ場合、持ち運ぶバッグやシワのできない畳み方を知っておく必要があります。バッグによっては、非常に収納が楽で、シワもできない「ガーメントバッグ」というバッグがおすすめです。ガーメントバッグは数種類のタイプがあるため、自分の持ち歩きやすいタイプを選ぶとよいでしょう。

シワを作らないためにも、畳み方にも工夫が必要です。例として、ハンガーにかけた状態で袖を内側に畳み、二つ折りにして収納するといった方法があります。ここからはバッグの種類、畳み方を紹介していきます。

ガーメントバッグの種類

ガーメントバッグとは、衣類の収納に特化したバッグで、スーツだけでなくドレスや着物を収納できるものもあります。種類は主に以下の3つがあります。

・ボストンバッグタイプ

ボストンバッグタイプは、大容量の収納ができ、スーツを畳むのではなくクルクルと巻いて収納できます。それゆえシワになりにくく、スーツだけでなくさまざまなものを収納可能です。スーツだけでなく、ほかの荷物も一まとめにして持ち運ぶことができるため、ボストンバッグタイプは一つで完結できるという利点があります。

・トートバッグタイプ

トートバッグタイプは、一般的なガーメントバッグの種類です。スーツを二つ折りにするだけの簡単収納ができます。また手提げ、肩から下げるショルダータイプなど、さまざま形状のものがあるため、自分に合った方法を選べるのもポイントです。

・薄型タイプ

薄型タイプは、スーツだけを収納することに特化したタイプで、スーツ単体で持ち運ぶ場合に便利です。こちらも二つ折りにして収納するためシワになりにくく、簡易的なカバーが付いています。また、小物を収納するポケットもあったりとバリエーションが豊富です。

スーツの上着を脱いだ際、シワにならない畳み方

スーツの上着は、畳み方を間違えるとシワができやすくなります。出先でハンガーがない場合なども想定されますので、シワを作りづらい畳み方を覚えておきましょう。

1.まず、上着の内側から両肩に手を入れ、袖・肩の縫い目を合わせて半分に折る。その状態で片手内を側からつまむように持ち替え、もう片方の手は上着全体を裏返す。

2.倒れている上襟を起こし、シワを直して前立てをそろえる。上着を反対側に回し、背中の中心と前立てをそろえる。

3.中心に腕をそえて上着を半分に折り畳み、最後にずれている部分を整えて完成。

持ち運ばず着たまま出張に向かうメリット

まずは、スーツを着たまま出張に向かうメリットを紹介します。メリットは以下のとおりです。

・荷物を減らせる

出張時に荷物を減らせることは、大きなメリットです。持っていくものが多ければ多いほど、荷物の管理や持ち運びにキャパシティを割かずに済みます。また、持っていくものが多いと、それだけスーツもシワになりやすく、それならば着て行ったほうが効率的であると言えるでしょう。

スーツは重たいため、持ち運ぶことそのものがストレスになることが多いので、大きな荷物を一つ減らせるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

・ミーティングや仕事へシームレスに入れる

ミーティングや仕事へ参加する場合、一回一回スーツに着替えていては手間と時間がかかり、効率的ではなくなるでしょう。着替える時間がもったいない場合もあるので、着たまま出張に出かければ、その分のタイムロスを稼ぐことができます。手軽かつ、対応力も高くなるので、これも大きなメリットとなるでしょう。

・着替えなくてもいい

スーツを着たままでいれば、ホテルに着いてから着替える必要もないので、時間がないときに着替えなければならない状況を避けることが可能です。また、ほかの服に着替える必要もないため、コーディネートで悩むということがなくなります。とにかく時短を考えた場合は、メリットと言えます。

スーツを着たまま出張に行くデメリット

スーツを着たまま出張先に向かうと、荷物を減らせたり、着替えの手間が省けたりといったメリットがあります。一方で、以下のデメリットも同時に生じます。

・汚れやすい

着たまま出張に出かける場合、四六時中スーツを着ることになるため、汚れやすくなります。スーツは丸々洗濯できるものではありません。大抵の場合ドライクリーニングをしなくてはならず、1度の洗濯で済まないのも大きなデメリットです。

食事中にソース類をこぼしてしまったとしても、予備のスーツを持ってきていなければ、会議などに汚れたまま出席しなければなりません。当然、見る人からの印象も落ちますし、クリーニングにお金がかかる、現場で新しいスーツを買うなど金銭的にも大きなデメリットとなります。

・シワができやすい

スーツは新品であっても、着ている時間が長ければ長いほどシワだらけになり、くたびれた印象になります。短期の出張ならば、着たままでもよいかもしれません。しかし長期の場合ならば、替えのスーツ、着替えを持っていくことがおすすめです。

・夏場は汗の処理、臭い対策などが大変になる

夏場は汗をかきやすくなり、臭いが気になるのがデメリットになります。制汗剤などでごまかしても、汗の臭いは時間とともに臭ってくるため、カモフラージュも難しくなります。

困ったら社内の人に相談してみよう!

どういった服装をしていいのかわからない場合、社内の人・上司・先輩に聞いてみるとよいでしょう。同じような会社と取引をしたことがある人ならば、その人の言葉を参考に、適切な服装を選べます。独断で着るものを選ぶよりも、同僚に聞いた方が確実であることは間違いないでしょう。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

クールビズと一口で言っても、それぞれの会社で規則はまちまちです。取引中は正装でも、常にジャケットや上着を着ているわけにもいかない季節です。上着を脱ぐタイミングやクールビズの服装には、この記事を参考に考えてみてはいかがでしょうか。

なお「オーダースーツSADA」では、男性・女性問わず、夏にも快適なスーツを取り揃えています。自分だけの最適なアイテムをお求めの方は、ぜひご利用ください。

クールビズと一口で言っても、それぞれの会社で規則は異なります。そのため、スーツを着るべき場面、脱いでもよい場面をしっかりと覚えておくべきでしょう。特にアパレル業界との商談の際には、このようなマナーは心得ておく必要があります。また場合によっては、スーツマナーをしっかり守れているかを見定める方もいます。マナーを守れるか否かで、ビジネスパーソンとしての品格が問われているといっても過言ではありません。半袖シャツにスーツを着たり、フィット感のない着こなしをしたりしていると、相手に良くない印象を与えてしまいます。とはいえ取引中は正装を意識するものの、常に暑い服装をするわけにもいかない季節です。よって移動中やオフの日などは、半袖シャツを着る、汗をしっかり拭き取るなどの暑さ対策をして、不潔な印象を与えないようにしましょう。「スーツSADA」では、風通しの良い速乾性があるシャツやジャケットなどを取りそろえています。この夏は「スーツSADA」で涼しげ、かつさわやかなスーツのコーディネートを演出してみてください。

小笠原 蓮奈