カジュアルなイメージが強い「ポロシャツ」はビジネスシーンでも使えるのか。

カジュアルなイメージの強いポロシャツですが、最近のビジネスウエアのカジュアル化により、ポロシャツはクールビズアイテムのひとつとして浸透しています。

そこで今回はビジネスシーンにふさわしいきちんと感が出る「ポロシャツ」を選ぶポイントをピックアップしてご紹介します。

前開きタイプ

引用元 https://www.orlebarbrown.jp/terry-towelling-navy-towelling-resort-polo-shirt/11183874.html?affil=thggpsad&switchcurrency=JPY&shippingcountry=JP&variation=12894075&gclid=Cj0KCQjwg7KJBhDyARIsAHrAXaHKc-F3YLuUgLfto8bq70bLLob1kXluBaU2BPvL76K-0e5btQs_TasaAoVzEALw_wcB&gclsrc=aw.ds

ドレスシャツ感覚で着られる前開きタイプのぽろしゃつは、スラックスに合わせるだけでスマートなビジネスコーデに仕上がります。

ボタンダウンタイプなら襟元が崩れにくいのも嬉しいポイントで、ビジネスシーンでもOKなきちんと感を演出してくれます。

引用元 https://www.orlebarbrown.jp/sebastian-tailored-capri/12897225.html?autocomplete=productsuggestion

ボタンを全部締めるとよりかっちり感が出ますが、素材感も雰囲気を変えるポイントの一つです。

よりビジネスシーンで使える雰囲気を出すには厚めの生地やリネン素材をチョイスすると良いです。

シンプルなデザイン

引用元 https://www.orlebarbrown.jp/terry-towelling-white-towelling-resort-polo-shirt/10983995.html?autocomplete=productsuggestion

ビジネスシーンにおいて華美なデザインはNG。

落ち着きのある色や柄を選ベばどんなシチュエーションでも使用することができます。

引用元 https://bananarepublic.gap.co.jp/browse/product.do?pid=690891056&vid=1&tid=bjpl000004&kwid=1&ap=7&gclid=Cj0KCQjwg7KJBhDyARIsAHrAXaFiQdWA3CefjhxXtU2YhVFwqJDiJLlGxNJZ78DshordMlN_mDl1hGMaAruPEALw_wcB&gclsrc=aw.ds

淡い色、シックな色(ネイビー、ブラック、グレー)が良いとされますが、夏場の暑苦しい雰囲気を避けたい場合は、デニムカラーをチョイスするのがおすすめ。

涼しげにみえるだけでなく、好青年のような爽やかな印象に見えるので印象もとっても良いです。

台襟付き

引用元 https://bananarepublic.gap.co.jp/browse/product.do?pid=690995006&rrec=true&mlink=5050,12413545,BRproduct1_rr_3&clink=12413545

ポロシャツスタイルをビシッと決めるなら、襟元のかっちり感が重要!

スーツのワイシャツのように、台襟付きのポロシャツをチョイスすると良いです。

引用元 https://bananarepublic.gap.co.jp/browse/product.do?pid=690995006&rrec=true&mlink=5050,12413545,BRproduct1_rr_3&clink=12413545

長めの襟であれば、ジャケットを羽織った際にもフワッと浮くことなくかっちり感を強調できます。

プライベートでもコーディネートしやすいデザインだから1枚持っていると便利です。

まとめ

引用元 https://bananarepublic.gap.co.jp/browse/product.do?pid=699282026&rrec=true&mlink=5050,12413545,BRproduct2_rr_1&clink=12413545

今回はビジネスシーンにふさわしいきちんと感が出る「ポロシャツ」を選ぶポイントをピックアップしてご紹介しました。

洗濯機で簡単に洗えて、お手入れも簡単なポロシャツは、夏場の必須ビジネスウエアですよね。

是非ご紹介したポイントを取り入れてきっちり感のあるポロシャツコーデをしてみてはいかがですか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。