スーツのインナーって意外と重要!コート嫌いは着込むべし

朝晩冷え込み、いよいよ冬本番に差し掛かろうとしている今日この頃。

皆さんは防寒対策始めていますか?

まだコートは早いけど、スーツだけでは寒いなんて方、インナーをきちんとしたものに変えるだけで格段に防寒できますよ。

体温をあげるなら脇をあたためる

ピチッとしたインナーにシャツを重ねると動き辛いという理由で長袖のインナーが苦手という男性の方、案外多いんですよね。

そんな方には半ぞでタイプのインナーがおすすめ。

脇を温めると体温が上がる、温存できるためしっかり脇までカバーされた半袖が◎

また、半袖丈なら寒暖差によるムレを解消し、シャツに汗染みができるという問題も解決してくれます。

インナーは丈の長いものを選びましょう

インナーにも種類によって着丈があります。

その中でも冬に着用するインナーはできるだけ丈の長い物がお勧めです。

スーツのパンツにしっかりインできる腰あたりまであるインナーだと動いたはずみでインナーが外に出る心配もなく体温を逃さないからです。

またインナーがベルトあたりにもたついてしまうと、ジャケットなしで過ごしていると時は特にだらしない印象になります。

そのため、寒さ対策だけではなく、身嗜みという面でも長めを選ぶと良いです。

Vネックを選ぶと使いやすい

冬場は重ね着も増えタートルネックやVニットなど様々な衣服を身につけると思います。

そのためUネックに比べVネックをチョイスすると首回りがすっきりするため息苦しくないです。

さらにトップスやシャツからインナーが見えることも防ぐ事ができるため、ワイシャツのボタンを2つ以上外している時でも見える心配はありません。

素材にこだわる

肌に直接触れるインナーだからこそ、素材にこだわりましょう。

ゴワゴワとした肌触りが苦手な方や肌が敏感な方にはコットン素材がおすすめ。

保温性、吸収性も高いだけでなく肌触りがよく”着ている感”とコットンならではの”優しい温かさ”を感じる事ができるため◎です。

防寒力を重視したい方におすすめなのが化繊100%のインナー。

スポーツウエアにも使われている素材で体へのフィット感がとっても良いのが特徴です。

しっかりと密着してくれるからこそ、体温を逃さず、冷たい風を入れない最適な素材なんです。

まとめ

今回は寒い冬を乗り切る、スーツ着用時におすすめなインナーの特徴をピックアップしてご紹介しました。

いかがでしたか?

見えないインナーでも、素材感やデザインを配慮するだけで快適に過ごせますよ。

是非皆さんも参考にしてみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。