ビジネスシーンやフォーマルにも◎スーツの上から羽織れる「チェスターコート」の着こなし術 

チェスターコート

引用元https://zozo.jp/shop/urbanresearch/goods-sale/52909568/?did=87307323

チェスターコートとは、丈がやや長めで、クラシカルな印象に見えるのが特徴のコートです。

ビジネスシーンやフォーマルな場面でも着られることも多く、スーツの上に羽織ったり、普段着としても幅広く着こなすことができるため人気を集めています。

今回は、そんな「チェスターコート」をよりカッコよくスマートに着こなす技をご紹介します。

オールブラック

引用元https://www.taidobuy.com/shop/no-18446486.html?c=JPY&skuId=9030624

コーディネートに困ったらオールブラック

オンオフ関係なく使えるチェスターコートですが、カラーの合わせ方次第では子供っぽい印象にもなりなねません。

迷った時に失敗しないコーディネートといえば”オールブラック”です。

上級者は、ジャケットやトップスの素材感だけ変えるとオールブラックでも立体感が出ておしゃれな仕上がりになります。

タートルネック を合わせたシンプルなコーディネートは王道だけど、不動の人気スタイルでおすすめ。

カジュアルにしすぎない

引用元https://www.y-aoyama.jp/products/detail.php?product_id=47144

チェスターコートは色味にもよりますが、カジュアルなブラウンやキャメルな色味が多いですよね。

スーツに合わせるとクラシカルな印象ですが、パーカーやスウェットに合わせるとカジュアルさが際立ってしまいます。

大人っぽい印象に仕上げたい時は、カジュアルなアイテムは1つまでにしましょう。

例えば、パーカーを着る場合は、パンツはスラックス、革靴といったかっちりアイテムを取り入れると◎

レザーアイテムはコーデを引き締めてくれるため、困った時はレザーアイテムを頼りましょう。

アイテムを追加する

引用元https://www.clubd.co.jp/outer/coat/oc1757xl-dnv.html

スーツ×チェスターコートをおしゃれに着こなすポイントとして、アイテムを追加するという技があります。

今の時期ならマフラーやニット帽を合わせるとスーツスタイルにも馴染み、カッコよく仕上がります。

さらにチェスターコートとアイテムの色味を合わせるとどんなスーツと合わせてもまとまりが出るのでおすすめです。

マフラー 等のアイテムのボリューム感が苦手な方にオススメなのが”ブローチ”。

ブローチは好きな箇所に取り付けられる上に、目立ちすぎずワンポイントになるので◎

コートを羽織っても違和感がないスーツ

引用元https://www.ordersuit.info/suit_list/detail.php?id=79099

冬はコートはもちろんスーツの中にも何枚かインナーを着込むため動きにくいと仕事にも支障が出ますよね。

そんなストレスから解放できるスーツの素材がSADAのナチュラルストレッチ素材。

自由な伸縮性と美しい質感を持ち合わせ快適な着心地に優れ、 体の動きにフィットするため、おすすめです。

気になった方は是非チェックしてみてくださいね。

https://www.ordersuit.info/suit_list/detail.php?id=79099

まとめ

引用元https://www.ordersuit.info/suit_list/detail.php?id=79099

ビジネスシーンやフォーマルにも◎スーツの上から羽織れる「チェスターコート」の着こなし術 をご紹介しました。

私服にもビジネスコーデにも使えるコートだから知っておくとONOFFのメリハリがより出ておしゃれを楽しむ事ができますよ。

是非参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。