【スーツ レディース 靴 マナー】コーディネートの要は靴!女性のスーツスタイルで守るべき靴のマナー

一般的におしゃれは足元からと言われていますが、着こなしも靴一つで、格式が高くなったり低くなったりします。
会う方に対して失礼にならないように、場面に合った靴を選びましょう。
今回は、レディーススーツに合わせる靴の選び方についてご紹介します。

スーツに合わせる靴のマナーとは

スーツスタイルは、TPOに合わせて失礼にならない色柄とデザインを選びます。
スーツに関連するコーディネートアイテムにも、ふさわしい物、避けるべき物があります。
コーディネートアイテムで最も目立つ靴は、お洒落の要であるのと同時に、格式の要でもあります。
どれほど良いスーツに身を包んでも、場面にふさわしくない靴を選んでいた場合、周りの方よりも格式が低くなってしまいます。

服装に合った着こなしのルールを知らないということは、かなりのマイナスポイントです。
人はどうしても、視覚から入る情報で他者の価値を判断してしまう傾向にあります。
もちろん逆に、完璧な着こなしが、大幅なプラスポイントになる事もあります。選んだ靴が、場面にふさわしいものか判断できるように、ルールを把握しておきましょう。
スーツに合わせる靴のルールは、決して難しいルールではないので、明日からの着こなしにぜひ役立ててください。
ポイントになるのは、素材、色、形、ヒールの高さ、飾りの有無です。

基本的な考え方は、メンズスーツと同じです。
レディーススーツの歴史はまだ浅く100年程度のため、ビジネスシーンではメンズスーツのルールとほぼ同じとされています。
スーツの生地は色が濃く、無地に近いものほど格式が高く、色が薄く柄が派手になるほどカジュアルな印象になります。
同様に靴も黒で、型押しなどの模様がないものが格式高い場面にふさわしく、色が明るく派手なデザインになるほどカジュアル向きとなります。

この基本ルールに照らし合わせ、場面ごとにふさわしい靴を選びましょう。

リクルートにぺたんこ靴はあり?

リクルートでは、ぺたんこ靴はダメです。
ヒールが無い靴はカジュアルなため、就活にふさわしくありません。
電車やバス移動がある就活では、つい楽なぺたんこ靴を選びたくなってしまうかもしれませんが、ヒールのある靴を選ぶようにしましょう。
大切な場面で、ヒールを低くするのは自分の価値を低くしてしまうのと同じです。
インターンシップでオフィスカジュアルの指定があったとしても、あまりおすすめはできません。

就活にふさわしい靴は、3cmから5cmのヒールがあるものです。

身長がある方は、高くなりすぎることを嫌う傾向がありますが、気にせずに3cmから5cmヒールを選んでください。
スーツスタイルは、適正な着こなしさえしていれば、背が高い方も低い方もスッキリと素敵に見えます。
全体バランスが大切なので、何も心配せずに正しい着こなしを心がけましょう。

就活のヒールは、なるべくかかと部分が床と並行で、履いた時に安定感のあるものを選びます。
かかとの傾斜が強く、履くと前のめりになるような靴は疲れやすくなるので注意しましょう。
体重をかかとの上に乗せて、力を入れなくても背筋を伸ばして立てることをチェックします。
立った状態で、反り身にもならず自然体であれば、歩き方も綺麗になります。

靴の材質は革か合成皮革で、色は黒、デザインはシンプルな物を選びます。
型押しや飾りがあるもの、履き口のカットが凝っている物は避けます。

パンプスに慣れないうちは、脱げやすいためストラップ付きが安心です。
パンプス初心者はストラップがないと、靴が脱げないようにつま先に力が入って疲れやすくなります。
歩き方も不自然になるので、不安な場合はストラップ付きにしてしまいましょう。電車やバス移動、階段も安心です。
就活ではストラップ付きを着用できます。
靴のサイズが合いにくい場合は無理に小さいサイズを履かずに、ワンサイズアップしてストラップ付きで脱げないようにしても良いでしょう。
ストラップのデザインが凝ったもの、ストラップが斜めにつけられているもの、足首に掛けるアンクルストラップなど、華美に見えるものは避けます。
甲ストラップが落ち着いた印象になるためおすすめです。

靴が脱げにくい歩き方

パンプス初心者は、かかとがパカパカしたり、脱げてしまったりすることが多いですが、その原因は歩き方にあります。

履きなれたカジュアル靴やスニーカーと同じ感覚で、歩くときに足の指の付け根を曲げていませんか?
パンプスを履くときは、極力足の指の付け根を曲げないで歩きます
ペタンと靴に足の裏を密着させたまま、ポーンポーンと見えないボールにつま先で触れるように、足裏を固定するイメージで歩きます。
慣れてきたら体重を乗せて、普通に歩いてみましょう。
背筋を伸ばして、綺麗に歩けるようになります。
パンプスは慣れてしまえば、多少ゆるくても、ストラップが無くても脱げなくなります。
そこまで慣れたら、ストラップ無しのパンプスにもチャレンジしてみましょう。

女性でスーツにローファーはあり?

レディーススーツとローファーは、格式が異なるためNGです。

スーツとは、ジャケット、スカート、パンツが同じ生地の物を指します。この上下が同じ生地のスーツは格式が高く、ローファーは靴の中では格式が低い物であるため、ふさわしくありません。

服の格式が高く靴の格式が低いアンバランスなコーディネートになるため、このような合わせ方はしません。
メンズでも、スーツにローファーはNGです。

レディースでローファーが合うコーディネートは、オフィスカジュアルな着こなしです。
この場合は、ジャケットとボトムは異なる生地や色柄で、カジュアルダウンするため問題ありません。メンズでも、ジャケットパンツスタイルではローファーが定番です。

ヒールのあるローファーはOK!

ローファーはカジュアルな靴ですが、ヒールアップビットローファーは、ヒールがあることで格式が上がります。
式典利用も可能になるためビジネスやお祝い事に使えます。
ビットとは、靴の甲に付けられた金属製の飾りを指します。
ローファーの定番デザインです。

華やかさのあるヒールアップビットローファーは、入学式や卒業式で、保護者として参加する場合に良く合います。
入学式にはスーツに合わせてパステルカラーを、卒業式であればブラックを合わせます。
入学、卒業する本人は通常のパンプスがおすすめです。
ビジネスでは、オフィスカジュアルでコーディネートのアクセントとして活用できます。

レディースの靴は、ヒールの有無で格式が変わる点がポイントです。

女性はスーツに靴下は履いていい?

スーツに靴下を履いてはいけません。

スーツは格式が高い衣服で、靴下はカジュアルな衣服に分類されるためです。
レディーススーツに靴下は統一感の無い装いになります。

冠婚葬祭、ビジネス、就活、オフィスカジュアルなど、用途を問わず、スーツスタイルに靴下は合わせません。

メンズスーツでは靴下を履きますが、これはマナーとして肌を見せないことを目的としています。
そのため、靴下はロングホーズと呼ばれるふくらはぎまであるスーツ用の靴下を履きます。
メンズも靴下の格式をスーツに合わせており、カジュアルな靴下を履いている訳ではない点に注意しましょう。

女性も、素肌を見せることはマナー違反になるため、スカートの場合スーツ用靴下とも言えるストッキングを履きます。
肌を見せないためなら、普通の靴下でも良いのではと思うかもしれませんが、普通の靴下を合わせることはできません。
同様にタイツも靴下に分類されるため、格式高い場面では着用しません。

パンツスーツでは、見た目がメンズスーツと似ているため、靴下でも良いと思うかもしれませんが、履き口の浅いパンプスに靴下を合わせると途端にカジュアル感が増してしまい、スーツスタイルの格式と足元の格式がズレてしまいます。

靴下とタイツはカジュアルになるため、スーツスタイルの格式には合わせられないと覚えてしまいましょう。

オフィスカジュアルでも、靴下は避けます。

スーツに合うおすすめのレディース靴を紹介

レディースの靴は素材、色、形で、使える場面を選びます。

格式高めの場面では、素材は革と合成皮革になります。
色は黒で、デザインはシンプルで飾りのないものです。
足を覆う面積が標準のものが格式高めです。
足を覆う部分がブーツのように多い物や、つま先や、かかとが出るものはカジュアルです。

葬儀では布製の靴も着用可能ですが、近年は革が多くなっています。

オフィスカジュアルでは、革以外の素材も使用可能ですが、中でも独特の艶のあるエナメルは避けます。
目立ちすぎるデザインは避けましょう。
一般的なビジネスでは、黒が格式高めなシーンに、茶が通常業務、グレーやパステルカラーなど明るめの靴は、オフィスカジュアルとなります。

靴のデザイン

定番のパンプスでも、爪先の形でいくつかの種類に分かれます。

オープントゥ・・・つま先が開いているカジュアルなデザインです。
ラウンドトゥ・・・つま先がなだらかな曲線の靴で、女性らしい柔らかな印象です。
丸みの強いものから少しシャープなものまで種類があります。
アーモンドトゥ・・・アーモンドのようにつま先が少し尖っています。
ラウンドトゥよりもシャープで、ポインテッドトゥよりも柔らかな印象になります。
オーバルトゥ・・・オーバルとは卵型の意味で、つま先が卵のような丸みを帯びている物を指します。ラウンドトゥの一種です。
スクエアトゥ・・・つま先が角ばったデザインです。メンズライクでクールな印象になります。
オブリークトゥ・・・スクエアトゥに似ていますが、親指の位置がつま先の先端になるデザインです。足の形状が合う方は、非常に履きやすくなります。
ポインテッドトゥ・・・つま先が尖っているシャープな印象のパンプスです。
サイドオープン・・・サイドの革が内側のみか外側のみのデザインです。
夏場は涼しげな印象になります。
足を覆う部分が減るため、カジュアル寄りになりますが、蒸れにくく実用的な面もあるため、夏場のオフィスカジュアルにおすすめです。
セパレートパンプス・・・サイドの革が無く、つま先とかかとが完全に分かれているタイプです。
結婚式など華やかなパーティシーン向きのパンプスです。

Vカットパンプス・・・靴の履き口、足の甲にあたる部分がV字型にカットされたものです。シャープな印象になります。黒のパンプスだと、肌との色の差もはっきりとして、凛とした知的な雰囲気になります。
ヒールアップビットローファー・・・ローファーの一種ですが、ヒールアップされることで、格式も上がります。革自体に型押しなどがないスムースレザーであれば、華やかなお祝い事にも使用できます。
モカパンプス(モカシン)・・・履き口が深く、足の甲を半分程度覆うタイプです。落ち着いた雰囲気になります。
カバードパンプス・・・通常のパンプスよりも履き口が深く、ブーツよりも浅い靴です。

ヒールの種類

ハイヒール・・・ハイヒールとはヒールの高さを示します。
一般的に7cm以上のヒールは、ブーツでもハイヒールに区分されます。
スラリと足が長く見え、颯爽と履きこなす姿はキャリアウーマンの雰囲気そのものです。
ただ、かなり派手に見えるため場面を選びます。
コーンヒール・・・比較的太めのヒールで、かかと側が太く、接地面は少し細くなるしっかりとしたヒールです。安定感もあるため、ビジネスで使いやすいデザインです。
ピンヒール・・・おしゃれな靴の代表格で、ピンのように、細くストレートなヒールが特徴です。見た目が華美になるためビジネスには向きません。
細いヒールの上に体重を乗せて歩くため、5セン程度の高さでも、バランスを取る必要があります。
慣れないと捻挫しやすいので、初心者は避けましょう。
キトゥンヒール・・・ピンヒールを短くしたような、細くて華奢なヒールです。愛らしい雰囲気があります。
チャンキーヒール・・・接地面が太く安定感があります。チャンキーヒールの場合は、ハイヒールであってもバランスを取る心配がなく、姿勢よく立てるため、安心して美脚効果も利用できます。
シンプルな革で、落ち着いたデザインであれば、お祝い事などでも活躍します。5cm程度の落ち着いたデザインはビジネスでも便利です。
フレンチヒール・・・ピンヒールに似ていますが、ピンヒールよりもヒールラインが柔らかになります。かかとに接する部分が広めになっています。華奢な印象と華やかさがあるデザインです。
5cm程度のものは比較的ビジネスでも使いやすくなります。

細めのヒールはパーティ向き、太めのヒールはビジネス向きです。

デザイン別用途一覧

デザイン就活葬儀ビジネス
ラウンド
アーモンド
スクエア
ポインテッド不可不可
サイドオープン不可不可

格式高めの場面では、黒でシンプルなデザイン、ヒールも3cmから5cmで選ぶのがポイントです。
ビジネスでは場面に応じて、シンプルなデザインとオフィスカジュアルなデザインを使い分けましょう。

かっちりめのビジネス向きデザインは、ラウンド、アーモンド、スクエアです。
オフィスカジュアルでは、セパレート、サイドオープン、ポインテッドなど、様々なデザインが比較的自由に着用出来ます。
ブーツのように足全体を覆う物や、つま先やかかとが出る物はビジネスにふさわしくないため避けます。
オフィスカジュアルの幅は、業界や会社の社風によって変わるため、周囲の人に合わせることも大切です。入社直後から2年目くらいまでは、控えめな装いが無難です。

足タイプは3種類

靴はトゥライン(つま先の形状)でデザインの種類が分かれます。
足のタイプも、つま先の形状で3種類に分かれます。

足と靴の相性が良いものを選ぶと窮屈になりにくく、快適な履き心地になります。
まずは、自分の足型タイプを把握しましょう。

ギリシャ型

足の親指よりも、第二指が長いタイプです。
続く第三指、第四指、第五指は順に短くなります。
つま先は、第二指がある中央寄りが先端になるラウンドトゥとの相性が良くなります。

エジプト型

足の親指が最も長く、第二指から第五指までなだらかに短くなります。
足の形状と同じオブリークトゥが負担のないトゥシェイプだと言えます。

現在の日本では、ギリシャ型とエジプト型が多くなっています。

スクエア型

文字通り親指から第五指までが、ほぼ横一線に並ぶ形状です。
若干第五指が短くなります。
足型に近いスクエアトゥが、足に負担をかけません。
革自体が柔らかいものや、足幅がゆったりとした靴であれば、その他のデザインでも履きやすくなります。

足長と足幅

靴は足長と足幅でサイズを決めます。
足長は、かかとの先端から、最も長い指の先端までの長さです。
足幅は、親指の付け根から小指の付け根までの幅です。

靴を選ぶ際に、パカパカしないようにとキツめの靴を履くと、足を傷める場合があるので注意しましょう。

靴は歩行する際に、靴の中で足が動く余裕が必要です。
革製のパンプスは履いていれば伸びると言われていますが、数回履いた程度では伸びません。
伸びる事を前提に靴を選ぶと、一ヶ月程度は痛い思いをすることになります。
また、合成皮革はあまり伸びません。
本革の足幅は多少伸びますが、足長は伸びないため、つま先が当たる靴は避けます。
履いたときに、足全体にフィット感がある、わずかに圧迫感がある程度までがキツさの目安です。
それ以上に窮屈な靴は避けましょう。
また、小指の関節、パンプスの履き口など、面ではなく点で当る場合は、靴が合わないサインです。

ストッキングやタイツの選び方

ストッキングの選び方
ストッキングの厚さを示すデニールは、繊維の太さの単位です。
デニールが大きくなるほど、タイツに近くなりカジュアル感が増します。
スーツスタイルでは、素肌感のある薄いストッキングは避け、程よい厚さのストッキングを選びましょう。

ストッキングのデニールは、20から30デニール前後がおすすめです。
伝線しにくい、伝線しても広がりにくい加工のものが便利です。
かさばるものでもないため、予備はバッグやロッカーに持っていると安心です。
色は肌色に近いベージュを選びましょう。
肌色よりも明るい色は違和感が強くなるため、肌色と同じか、若干濃い色が自然に見えます。

黒いストッキングは、フォーマルシーンの葬儀のみで使用します。
入学式や卒業式でも、肌色のストッキングを履きます。
グレーやカラーのストッキングはカジュアルです。
模様の入っているストッキングもスーツでは避けましょう。

パンツスタイルで、足首から先しか足が見えない場合も肌色のストッキングや、膝まであるストッキングを履きます。

アンクル丈のストッキングは、着席時や膝を曲げるような動作で、ストッキングの履き口が周囲の人に見える場合があります。
パンツスタイルは、動作によって裾が短くなるため、素肌が見えない充分な長さのストッキングを選びましょう。

タイツの選び方
格式の高い場所では、タイツはNGです。就活では寒くてもタイツは避けましょう。インターンシップでは、パンツスタイルなどで防寒するのが無難です。
葬儀でも黒いタイツは本来NGですが、冬場の気温がマイナスになる寒冷地では許容されます。
近年は葬儀の格式も簡略化していますので、体調が悪い場合や妊娠中に気温に合わせて調節することは問題ありません。
シンプルな黒無地のタイツを着用しましょう。

合成皮革と本革どっちが良い?

合成皮革と本革は見た目にはそれほど大きな差はありません。
どちらを選んでも、マナー上は問題ありません。

毎日のビジネスで、履き潰してしまうパターンでは、合成皮革の手入れの楽さや、雨を気にしなくて良い点は心強いでしょう。
大切な会議や冠婚葬祭用には、使用感が強いものは失礼になるため、質の良い本革で特別な一足を用意しておくと安心です。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

女性のスーツスタイルは、スーツと靴のバランスが非常に重要です。
場面に応じてスーツを選ぶように、靴も格式を合わせましょう。
オーダースーツSADAは、個人差の大きい女性のスーツを、型紙から作成するフルオーダーです。
胸やヒップとウエストの差が合わないことによる、太って見えるスーツのお悩みは、採寸して作るフルオーダーで解決します。
一度採寸すれば、次回からはネットで楽々オーダーできます。
お直し無しで、フィットするオーダースーツはバランスも抜群です。
スッキリとスタイルに合ったスーツに、正しいコーディネートで靴を合わせましょう。

まとめ

今回は、コーディネートの要になる靴についてご紹介しました。

ビジネスではオフィスカジュアルが普及したため、それほど靴の格式に厳しくはありません。
社内式典や冠婚葬祭のお祝い事に関しても、比較的自由度が高くなっています。
ただ、就活や葬儀、大切な取引先との会食など、相手に敬意を払うべき場面では、おしゃれよりもマナーを大切にしましょう。
格式高い装いは心を引き締め、落ち着いた気品ある雰囲気になります。
服装は、自分の価値を相手に伝える役割も果たします。
スーツは特に、人生で大切な場面で着用される服です。
場面にふさわしいスーツと、格式に合う靴で颯爽と着こなしましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。