• HOME
  • ブログ
  • 未分類
  • ぽっちゃり体型の女性がスーツを選ぶ際はポイントをおさえよう!おすすめコーデもご紹介

ぽっちゃり体型の女性がスーツを選ぶ際はポイントをおさえよう!おすすめコーデもご紹介

「40代で太っているからスーツが似合わない」などとお悩みの女性もいるでしょう。

40代でぽっちゃり体型の女性でも、スーツの着こなしポイントを抑えれば、華のあるスタイルに決められます。

スーツのデザインによっては、着痩せ効果を狙えるからです。

また、ポイントをおさえれば、セットアップのようなおしゃれコーデも、ファッションとして楽しめます。

ぽっちゃりしているからといって、スーツのコーディネートを諦めるのは勿体ないです。

今回は、ぽっちゃり体型の女性がスーツを選ぶ際におさえるべきポイントや、おすすめコーデをご紹介します。

本記事を参考に、ぽっちゃり体型の女性もスーツを着こなして、女性としての魅力を上げましょう。

40代女性に着てほしいおすすめのスーツ

レディーススーツの選び方は、年代によって異なります。40代女性には、大人の落ち着いた印象を与えるスーツを選びましょう。

また、年齢を重ねると体のラインが変わりやすくなります。忙しくて運動する暇がなく、ぽっちゃり体型に悩む女性も多いのではないでしょうか。ぽっちゃり体型の40代女性におすすめなスーツの選び方は、以下の4つです。

・体形に合ったサイズ感

・場に相応しい色

・生活に合った機能性

・体型カバーができるデザイン

それでは、順に解説していきます。

体型に合ったサイズ感

スーツの着用時間は、ビジネスならば一日の大半、式典ならば半日以上と、シーンによって幅があります。40代となると、体力の衰えを感じたり、健康面の不安を覚えたりするため、自分の体をいたわることが大切です。体に負担が少ない、体型に合ったスーツを選びましょう。

スーツは肩幅から合わせる

スーツのサイズは普段着とは異なり、部位ごとに体に合っているか確認します。とくに肩幅は重要なポイントです。ジャケットを軽く羽織ってみて、肩を動かしたときに、ゆるくもきつくもない大きさが最適です。

ぽっちゃり体型をカバーするため、あえてオーバーサイズのスーツを着用している人もいるでしょう。しかし、ダボダボしすぎるため、かえって見栄えが良くありません。ポイントは、ジャストサイズで選ぶことです。ボタンを留めた状態で、座ったり手を上げたりして、腕を動かした際の可動性も併せてチェックしてください。

シワができないか確認する

ボタンを閉めたとき、スーツのくびれ部分にシワがよると見栄えがよくありません。また、バスト周りに横シワができる場合、肩や胸、腕のサイズが合っていない可能性があります。

違うサイズやデザインと比較して、後ろ姿もあわせ、着用イメージを確認しましょう。ぽっちゃりした女性の場合は、ボタンを閉めた際、腰回りがキツすぎないかもチェックしてください。

場に相応しい色

40代になると、20代・30代に比べて、家族・親戚の行事もあわせ、公私ともにスーツを着る機会がぐっと増えるでしょう。冠婚葬祭はもちろん、仕事上ではキャリアに相応しい装いが求められます。大人の女性として、TPOをわきまえた選び方が大切です。

フォーマルな場には定番色を選ぶ

レディーススーツの定番色として、黒やチャコールグレー、ネイビーがあり、総じて落ち着いた雰囲気です。黒のスーツは汎用性があり、きっちりした印象をもたせます。お葬式やお子さんの卒業式など、かしこまった場面ではとくに重宝するため、1セットは用意しておくと便利です。

チャコールグレーは黒に近いため、クラシカルな品の良さが表現できます。ネイビーは、黒ほど重い印象を与えません。比較的フォーマルな場面でも使いやすく、誠実で知的なイメージです。

着用シーンで使い分ける

入学式に参列するママさんの場合は、白やライトグレー、ベージュなど明るい色のスーツが人気です。親しみやすく、優しい雰囲気があります。

ただし、明るい色は膨張して見えるので注意が必要です。ぽっちゃり体型の人が引き締め効果を狙うなら、濃い目のネイビーやグレーといった、暗い色調のスーツがいいでしょう。

デザインは、細かい縦のストライプが入ったものがおすすめです。体の縦ラインを強調し、スタイルをよく見せる効果があります。

生活に合った機能性

スーツの着用場面は、季節を問わず、ビジネスから冠婚葬祭までさまざまです。とくにスーツを多用する人は、生活や仕事のスタイルに合った機能性を備えているかが、スーツを選ぶ際の重要ポイントです。

自宅で手入れ可能か

40代の女性は、家庭を持っている人が多いのではないでしょうか。家庭も仕事も忙しいため、スーツをクリーニングに出す時間が惜しいですよね。少しでも時間の節約をしたい人には、自宅でお手入れができるスーツがおすすめです。

大人の女性として、シワのよったスーツを身に着けることは、落ち着いたイメージを損ないます。自宅で洗えてシワになりにくい素材であれば、クリーニングに出す時間もお金も節約できるでしょう。

ウォッシャブル(※)、シワ防止、防臭防菌効果など、清潔感を保てる機能は大変便利です。

(ウォッシャブル=洗濯をしても大丈夫な生地。色落ちしたり生地が縮みにくかったりする)

体への負担を軽減できるか

仕事上、移動する機会が多くて動きやすさを重視する人には、ストレッチ性のあるスーツがおすすめです。春や夏の暑い日に、吸汗速乾、接触冷感、UVカット機能があれば、体の負担も軽減できます。

汗をかきやすい人は、蒸れにくく熱を逃がすタイプの素材を選びましょう。ぽっちゃり体型の人に配慮した股ズレ防止仕様のスーツもあります。

体型をカバーできるデザイン

年齢を重ねると、若いころよりも一定の体型を保つことが難しくなります。スーツのイメージは、体のラインに沿った細身のスタイルですが、中には体型カバーに優れたデザインもあります。

たとえばノーカラージャケットには、顔周りをすっきりさせ、小顔に見せる効果があります。色とあわせて、フォーマルやカジュアルの場面ごとに使い分けてみましょう。

ワイドパンツ・ガウチョパンツですっきりと見せる

スーツの中には、ワイドパンツ・ガウチョパンツといった幅広のボトムスと合わせたデザインもあります。全体的にゆったりとした形のため、下半身にボリュームが集中したり、もたつき感が出て、合わせにくい印象があるかもしれません。

しかし、着丈を自分の体に合わせて調節すると、すっきりして見えます。足のラインや長さが強調されにくいため、体型カバーに効果的です。

着丈がややもたつく場合、長さは足の甲ギリギリで、Aラインシルエット(※)がおすすめです。

(※Aラインシルエット=上半身が細く、下半身にボリュームがあるシルエット)

テーパードパンツで下半身をカバーする

テーパードパンツも体型カバーに効果があります。幅広のボトムスが苦手で、下半身がぽっちゃりした女性におすすめです。ウエストや腰回りにタックが入っており、ゆったりとしています。中央にプレスラインの入ったデザインは、足長効果が期待できるでしょう。

40代女性のスーツ着用時に体型をカバーするポイントを紹介!

スーツを着る際に着痩せして見えるコツや、体型をカバーするポイントをご紹介します。取り入れる際の前提として、体型カバーを重視するあまり、TPOを無視したコーディネートにならないよう注意してください。40代の大人の女性として、落ち着きや清潔感を忘れないことが大切です。

シャツやカットソーで体型カバー

スーツの印象は、中に着るシャツやカットソーによって大きく変わります。スーツがダークカラーならば、白系統で顔周りが明るくなります。淡い色調のスーツなら、ダークカラーで合わせるとメリハリが出ます。

また、ジャケットを脱いだときの見え方も重要です。二の腕が気になるぽっちゃり体型の女性には、袖がゆったりした形のブラウスがおすすめです。お腹周りを隠したい場合は、オーバーブラウスを選ぶと、体型をカバーできます。

夏場はジャケットを脱ぎ着しやすいインナーを選び、清潔感を保ちましょう。

抜け感を出して着痩せする

着痩せするには、肌を見せて抜け感を出すのが効果的です。ジャケットの袖を少し折り返したり、足首を見せたり、Vネックでデコルテを出す方法があります。ワンピースなどもこなれた抜け感があるため、大人の女性としてのかっこよさを演出できるでしょう。

ただし、かしこまった場面ではカジュアルになるリスクもあります。TPOとのバランスを考えて取り入れてください。

インナーで体のラインを整える

夏になると、ジャケットを脱ぐ機会も増え、体のラインが気になる女性は多いでしょう。ぽっちゃり体型で、下腹や背中のたるみが気になる人は、補正下着の活用がおすすめです。メッシュ生地など、締め付けが少なく、蒸れを抑えられる素材もあります。

年齢を重ねると、女性特有の体調の変化から、汗をかきやすくなる人もいます。インナーで汗対策をすれば、季節を通して快適に過ごせるでしょう。

このスーツはNG?ぽっちゃり女性が選ばない方がいいスーツとは?

40代になると、若い頃よりもフォーマルな着こなしが求められるシーンが増えます。たとえば、子どもの入学や卒業などの学校行事、冠婚葬祭などが挙げられます。

とくにぽっちゃり体型の女性がシルエットに合っていないスーツを選んでしまうと、周囲から一際目立つ存在になりかねません。

ぽっちゃり体型の女性が選ばない方が良いスーツを押さえて、身なりにあった着こなしをしましょう。

ぽっちゃり体型の女性が選ばない方がいいスーツは、大きく以下の2つです。

  • サイズ感が合っていないスーツ
  • 色が暖色系のスーツ

それぞれ順にご紹介します。

サイズ感が合っていないスーツ

ぽっちゃり体型の女性が選ばない方がいい1つ目のスーツは、サイズ感が合っていないものです。体のラインを隠すために、オーバーサイズのスーツを選ぶ女性もいます。ダボダボすぎるスーツは、不格好な身なりになります。

とはいえ、ピッタリすぎるスーツも、ぽっちゃり体型の女性にはおすすめしません。ピッタリすぎるスーツは、体のラインを強調します。お腹やお尻のシルエットが強調されてしまうと、周囲からの視線を集めてしまう可能性があります。

中には、「スーツはピッタリ感がないと似合わない」と思う人もいるでしょう。しかし、それは間違いです。スーツを着こなせているかどうかは、「体型に合っているかどうか」です。

そのため、スーツを選ぶ際は、キツくもなく緩くもない体型に合ったサイズをチョイスしましょう。サイズを選ぶ際は、肩幅を基準に調整していくのを忘れないでください。

色が膨張色のスーツ

ぽっちゃり体型の女性が選ばない方がいい2つ目のスーツは、膨張色のデザインです。膨張色とは、ベージュのような淡い色のことで、体が膨張して見える効果があります。体にあったサイズのスーツを着用していても、膨張されて普段よりもぽっちゃりして見えるのです。

そのため、ぽっちゃり体型の女性は、黒やネイビーなどの収縮色のスーツを選びましょう。収縮色とはその名のとおり、体が引き締まって見える色です。収縮色のスーツをぽっちゃり体型の女性が着用すると、スッキリした印象を与えられます。加えて、インナーも同系色にするとさらに着痩せ効果が高まります。

とはいえ、ジャケットもシャツも同じ色だと重たい印象になるでしょう。ジャケットが黒の場合は、シャツをグレーにするなどして、メリハリをつけるのがポイントです。

スーツの色を好みで選ぶのも大切ですが、スッキリした印象を与えるなら、収縮色のデザインを選びましょう。

40代のぽっちゃり女性が痩せてみえるスーツの選び方とは?

スーツの選び方を間違えると、お腹やお尻が強調されるため、普段よりもぽっちゃりした見た目になります。ぽっちゃり体型の女性は、とくにスーツの選び方を抑えておきましょう。正しいスーツの選び方を抑えると、着痩せ効果を狙えたり、印象がアップしたりします。

スーツを選ぶ際のポイントは以下の3つです。

  • パンツの丈
  • ジャケットの丈
  • 小物を組み合わせる

それでは順にご紹介します。

パンツの丈は長すぎないのがポイント

ぽっちゃり体型の女性がパンツスーツを選ぶ際に抑えるべきポイントは、「丈の長さ」です。くるぶしが若干見える程度の丈がおすすめです。

丈が長すぎると、着せられた感が出てしまいます。逆に、丈が短すぎてもアンバランスなスタイルになります。

着痩せ効果を狙うために、ハイウエストのパンツでコーディネートしても、丈が適した長さでなければ、格好悪くなります。

くるぶしが若干見える程度のパンツ丈でコーディネートすると、アンバランスにならずにばっちり決められます。

ジャケットの丈は長めがおすすめ

ぽっちゃり体型の女性がジャケットを選ぶ際、長めの丈を選びましょう。お尻のラインを上から覆うように隠せます。丈が長すぎてもいけません。体型に合った着こなしができずに、格好悪く見えてしまうでしょう。

また、短すぎるジャケットもNGです。お尻が強調されてしまうため、横から見ると凸凹した見た目になります。

丈が長めのジャケットでコーディネートするとお尻を隠せるため、スッキリした着こなしができます。

小物で体型にメリハリを作る

スーツに小物を組み合わせると、体型にメリハリが出るため、顔まわりをスッキリさせる効果が期待できます。ポイントは、1箇所に小物を身につけることです。小物を付けすぎるとくどさが出てしまうため、見栄えが悪くなってしまうでしょう。

使いやすい小物は、コサージュやブローチなどが挙げられます。1箇所に身につけるだけでも、華やかさを演出できるため、女性としての美しさを引き立ててくれるでしょう。

スーツに小物を組み合わせると、顔まわりをスッキリさせたり、華やかさを演出できたりします。

着痩せ効果を狙おう!おすすめのコーディネート

スーツには色やデザインなど、さまざまな種類があります。中でもぽっちゃり体型の女性におすすめできるコーディネートは、「着痩せ効果が期待できる」ものです。着用しているだけで、シルエットがスッキリします。

着痩せ効果を狙うおすすめのコーディネートは、以下の5つです。

  • ブラックスーツ
  • ハイウエストのスカート
  • パンツスーツ
  • ワイドパンツ
  • テーパードパンツ

順にご紹介します。

ブラックスーツ

着痩せ効果を狙う、ぽっちゃり体型の女性におすすめのコーディネートは、ブラックスーツです。ブラックスーツは、収縮色にあたります。スッキリしたシルエットになるため、ぽっこり出たお腹も気にならないかもしれません。

ブラックスーツはスッキリした見た目になりますが、着こなし方によっては、40代の女性でもリクルートスーツに見えてしまう可能性があります。ノーカラー(襟なし)でコーディネートすると、リクルートスーツとはほど遠い大人な着こなしができます。

また、顔まわりを細くみせたいぽっちゃり体型の女性にもノーカラーがおすすめです。顔や首周りがごわつかないため、全体的にスッキリして見えます。

ブラックスーツでジャケットは襟なしのデザインを選ぶと、ビジネスや結婚式に参列する際などでも、ぽっちゃり体型を隠せます。

ブラックスーツは収縮色にあたるため、40代のぽっちゃりした女性にもおすすめのコーディネートです。

ハイウエストのスカート

40代のぽっちゃり体型の女性がスカートでコーディネートするなら、ハイウエストがおすすめです。腰の位置が高くなるため、脚長効果を期待できたり、お尻のラインを隠せたりします。

身長が標準以下のぽっちゃり体型の人は、Aラインスカートが良いでしょう。腰から足にかけてワイドに広がっていくため、足を細く見せられます。

ジャケットと組み合わせる場合は、フレアスカートと組み合わせて華やかさを演出するのもありです。

パンツスーツ

40代のぽっちゃりした女性にもおすすめできる、2つ目のコーディネートはパンツスーツです。パンツスーツとは、ジャケットとズボンがセットになったスタイルです。腰から足元まである裾は、ぽっちゃりした脚を隠してくれます。

スカートだと膝あたりから足元まで露出するため、スタイルに自信がない人だと着用しにくいと感じる人が多いでしょう。そんな人でもパンツスーツを着用すれば、自信を持って人前に出られます。

コーディネートする際は、ガウチョパンツのボトムスと合わせるのがおすすめです。ぽっちゃりした体型を、さらにカバーできます。

しかし、一点注意が必要です。ガウチョパンツは、ボリュームがあるため、ごわついた印象になりやすいです。体型を隠したいあまり、オーバーサイズのパンツを選んだり、もたつき感がでたりするようなデザインは避けましょう。下半身のボリュームが多すぎると、前から見ても後ろから見てもアンバランスになりかねません。

パンツを選ぶ際は、縦のラインがしっかり入ったデザインを選びましょう。縦のラインが強調されて、着痩せ効果があります。

パンツスーツはスカートとは違い、足首まで体型を隠せるため、40代のぽっちゃり女性にもおすすめなコーディネートです。

ワイドパンツ

40代のぽっちゃりした女性にもおすすめできる、3つ目のコーディネートはワイドパンツです。ワイドパンツとはその名のとおり、横に広がったデザインのズボンです。

横に広がったデザインのパンツは、ぽっちゃり体型を隠せるだけでなく、動きやすさも兼ね備えています。通勤で移動距離が多い女性はもちろん、営業で外回りが多い人にもおすすめできます。

ワイドパンツのおすすめなデザインは、ベルトがおへその部分にあるものです。脚が長く見えるため、さらに着痩せ効果を実感できるでしょう。

ぽっちゃりした女性は、職種問わずワイドパンツを1着は持っておきたいです。

テーパードパンツ

40代のぽっちゃりした女性にもおすすめできる、4つ目のコーディネートはテーパードパンツです。腰回りにタックが入っているため、「ウエストには余裕があるけど、太ももがきつい」などと感じる人でも、締め付け感なく着こなせます。

太ももや腰回りなど、1箇所でもきついと仕事に集中できなかったり、余計なストレスがかかったりするでしょう。

腰回りにタックが入ったテーパードパンツは、着心地の悪さを感じずにコーディネートできます。

小物を使ってワンポイント!

小物を使うと見た目にメリハリがつくため、スッキリした印象を与えられます。とはいえ、デザインを選ばずに小物を身につけてしまうと、周囲から浮いてしまう可能性があります。40代になってくると、派手すぎるデザインは、周囲から「年齢にあっていない」と思われる可能性があるからです。

40代のぽっちゃり体型の女性にもおすすめできる小物は、以下の6つです。

  • コサージュ
  • ヘアアクセサリー
  • 真珠のアクセサリー
  • ネックレス
  • 靴・パンプス
  • バッグ

順にご紹介します。

コサージュ

コサージュは、ぽっちゃり体型の40代女性にもおすすめできます。コサージュとは、花柄のアクセサリーです。起源は19世紀のフランスから始まります。人を祝福する際に、見栄えをよくしたり、盛大に祝ったりするために、衣類に花を装飾したことが始まりといわれています。

スーツにコサージュを飾るだけで、女性としての魅力が引き出されるため、フォーマルさの中に爽やかさを演出できます。とくにパーティーや結婚式などのお祝い行事で身につけたい小物です。

つける位置は鎖骨あたりがおすすめです。鎖骨あたりにつけると、コサージュに視線が集まりやすいといわれています。

また、ダークスーツにコサージュを組み合わせる場合は、桜を想像させるような淡い色彩のものとコーディネートするのがおすすめです。爽やかさがアップするため、お祝いにはピッタリなスタイルに決まります。

コサージュは、女性の魅力を格上げして爽やかさを演出するため、40代のぽっちゃり女性にもおすすめの小物です。

ヘアアクセサリー

スーツだけでなく、髪の毛にも小物をつけてこなれた感を出したいぽっちゃり体型の女性には、ヘアアクセサリーもおすすめです。ヘアアクセサリーの種類によって、印象が異なります。

ロングヘアの女性には、女性らしい爽やかさを感じるバレッタがおすすめです。こなれた感を出しつつ髪の毛をまとめられます。お辞儀の際に髪が乱れてしまうと見栄えが良くありませんが、バレッタなら髪が崩れないため安心できます。

ヘアアクセサリーは爽やかさをプラスするだけに収まらず、お辞儀をした際に髪が乱れる心配もいりません。

真珠のアクセサリー

真珠のアクセサリーは、冠婚葬祭で重宝します。上品で女性としての魅力に磨きがかかること間違いありません。派手さをおさえたい場合は、手首に真珠のアクセサリーをつけるといいでしょう。デザインにこだわっていないスーツでも、バッチリ決められます。

ものによっては、アジャスターがついているアクセサリーもあります。シーンごとに長さを調節して、上品な装いを楽しめます。

ネックレス

40代のぽっちゃり体型の女性には、ネックレスもおすすめです。首周りに爽やかさや可愛らしさをプラスできるため、魅力のある女性に見られるでしょう。

ただし、派手すぎるネックレスは避けましょう。フォーマルさが求められるビジネスシーンでは、身なりが相応しくないと判断されてしまい、上司や取引先の相手に失礼を与えかねません。

たとえば商談中、取引先の担当者は「あなたのネックレスが気になって仕事の話どころではなかった」というケースが考えられます。

派手なネックレスは、プライベートでは問題ありませんが、ビジネスシーンでは、立場や年齢をわきまえてシンプルなネックレスを選びましょう。

パンプス

40代のぽっちゃり体型の女性には、パンプスもおすすめです。色合いによって、可愛らしさや爽やかさなど、異なる印象を与えられます。海を想像させるような淡いブルーであれば爽やかに、薄いピンクであれば女性としての美しさを引き立ててくれます。

パンプスを選ぶ際は、プレーンなデザインを選びましょう。飾りのあるパンプスはNGです。ビジネスシーンでは足元をよく見られるため、派手すぎると「場に相応しくない」と判断されてしまい、評価が下がってしまうケースがあるでしょう。

また、サンダルやミュールなども避けた方がいいです。階段の上り下りの際に生じる音が大きいため、注意される可能性があります。

そのため、オフィスではパンプスを履くのがマナーといえるでしょう。ヒールは3cm以上必要といわれています。5〜7cmくらいの高さですと脚が美しく見えて、スタイルアップ効果もあります。

しっかりとかかと部分に体重が乗る歩きやすいパンプスを選ぶことで、ぽっちゃり体型の女性でも足が疲れにくくなります。

バッグ

ビジネス用のバッグは、A4サイズの書類が入る大きさが適切です。仕事で使う書類はA4サイズがほとんどですから、バッグが大きすぎても小さすぎても使いにくいでしょう。色は黒や茶色などを選ぶと、まとまり感ができます。

ただし、プライベートで使うような、「カジュアルバッグ」は、スーツとは合いません。ちぐはぐな見た目になるため、違和感があるでしょう。

また、ブランドもののバッグも、人目に留まりやすく派手な印象を与えるので仕事では控えた方が良いです。とくに、ブランドのロゴマークが大きく入っているようなバッグは避けましょう。ロゴが小さく目立たないデザインであれば問題ありません。

バッグをビジネスシーンで使う場合は、A4サイズの大きさを選ぶと便利です。

体型が気になる方にはオーダースーツもおすすめ

レディーススーツを選ぶときはサイズ感が重要です。

ぽっちゃりした女性もそうでない人も、レディーススーツを選ぶうえで一番大切なポイントはサイズ感です。

ぽっちゃりした体型で自信がない女性は、大きめのサイズのレディーススーツを選びがちですが、サイズが大きいスーツはシルエットがダブついてしまい全体的に大きく見えてしまいます。

レディーススーツが小さすぎるとボディーラインが出過ぎてしまうため太って見えます。

体の部位ごとにフィットしたレディーススーツを選ぶのが理想です。

オーダースーツのメリット

オーダースーツのメリットといわれても、思いつかない人は多いでしょう。オーダースーツのメリットはさまざまですが、今回は以下の3つをご紹介します。

  • 着心地が良い
  • 好みに合わせて生地やデザインを選べる
  • 見栄えが良い

メリットを順に見ていきましょう。

着心地が良い

オーダースーツは、自分の体型にばっちり決まるジャケットやパンツを購入できます。スーツの中でも着心地の良さは重要なポイントです。私服と違いスーツは、2〜3着程度で着回す人が多いでしょう。ジャケットに関しては季節にもよりますが、2日連続で同じものを着用するときもあるでしょう。

着心地が良くなければ、移動している最中に違和感を感じてしまいます。そのため、日頃の仕事に集中できなくなったり、着心地の悪さからストレスを感じてしまったりするでしょう。

着心地が悪いと、着用する頻度も自然と下がります。着用する前提で購入したはずなのに、使用頻度が低いと金銭面で損した気分にもなるでしょう。

また、既製品のスーツで自分の体型にあったものを探すのは時間がかかります。体型は人それぞれ異なるからです。とくに、ぽっちゃりしすぎていたり細すぎたりなど、体型に特徴のある人が自分にピッタリなスーツを探すのは、さらに時間がかかるでしょう。

しかし、オーダースーツはどうでしょうか。自分の肩幅やヒップ、ウエストやバストなどを事細かく測った上で、ピッタリなスーツをオーダーしてくれます。当然着心地が良いです。さらには、体型にあったスーツを探す時間や手間も省けます。

スーツを選ぶ際に着心地を重要視している人は、オーダースーツ一択といっても過言ではありません。

好みに合わせて生地やデザインを選べる

オーダースーツは、サイズのみならず、生地やデザインなどを好みで選べます。そのため、オーダースーツは他にはない自分だけのスーツが完成するのです。

朝の出勤時、満員電車の中で、皆似たようなスーツを着用している光景を見たことはありませか。デザインにこれといった特徴がなく、個性をあまり感じられません。場合によってはスーツのデザインに飽きてしまい、仕事のモチベーションが下がるケースもあるでしょう。

しかし、時間をかけて、一から生地やデザインを選んだオーダースーツは、飽きることなく毎日でも着用できます。出来上がったスーツを見た際には、気分が高揚すること間違いありません。

既製品のスーツのデザインが好みではない人や、スーツにこだわりを持ちたい人には、オーダースーツがおすすめです。

見栄えが良い

オーダースーツは、プロのアドバイスを受けたうえでデザインや生地などを選べるため、上品な見栄えに決められます。ビジネスシーンでは、「相手に好印象を与えられるか」がとくに重要です。

好印象は普段からの仕草や口調などでも左右されますが、一番はその人の見た目でしょう。

たとえば、何の変哲もないスーツで見た目から好印象を与えるのは難しいです。サイズがあっていないスーツを着用するならば、だらしなく見えてしまうため、マイナス評価になるでしょう。

オーダースーツ専門店は、スーツのプロといっても過言ではありません。その人にあった着こなし方などをアドバイスしてくれます。そのため、誰が見ても好印象な見た目になること間違いなしです。

スーツをオーダーする際には、「どのシーンで着用するか」を考えておきましょう。おしゃれなスーツでも、シーンによっては相応しくないデザインもあります。

シーンをわきまえつつ、スーツのデザインや生地を選ぶと、誰から見ても好印象でばっちり決まるでしょう。

40代のぽっちゃり体型の女性にはオーダースーツがおすすめ

オーダースーツは、とくにぽっちゃり体型の女性におすすめです。体型に特徴があると、スーツを選ぶのが難しくなります。スーツ販売店で売られているスーツは、平均体型のものが多い傾向にあるからです。

「せっかくスーツを買いに行ったのに体型に合うものがなかった」となれば、労力や時間が無駄になってしまうでしょう。

オーダースーツなら、ぽっちゃり体型の女性でもばっちり決められるスーツを購入できます。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

「オーダースーツSADA」とは、自分の体型に合ったスーツを作れるオーダースーツ専門店です。

「お腹がぽっこり出ているからスーツが似合わない」「お尻が出ている人にも似合うスーツを探している」などとお悩みがあれば、オーダースーツSADAまでお問合せください。

お客様の気になるポイントを詳細にお伺いすることで、ぽっちゃり体型の女性でも着こなせるスーツをオーダーします。

まとめ

40代でぽっちゃりした女性でも、スーツの着こなしポイントを抑えれば、好印象なスタイルに決まります。

ジャケットの丈の長さで着痩せ効果を狙ったり、ワイドパンツでお尻を隠したりなど工夫を施すと、体型に悩んでいる人でもスーツは着こなせるのです。

スーツを着こなしたい人は、オーダースーツを選ぶと間違いありません。

次からスーツを購入する際は、本記事を参考に、自分の体型にピッタリなものを選んでください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。