【スーツ 入学式】入学式スーツの着こなし。品格ある装いと式典マナーのアイキャッチ画像
(関連記事)こちらもいかがでしょうか
【スーツ 入学式】入学式スーツの着こなし。品格ある装いと式典マナーのアイキャッチ画像

【スーツ 入学式】入学式スーツの着こなし。品格ある装いと式典マナー

大学や専門学校の入学式を控えている皆さん。これから大学や専門学校に入学するみなさんは、大半が初めてスーツを着ることになりますよね。着て行くスーツはもう選びましたか?まだという方は、ぜひ早めに選んでおきましょう。入学式シーズンが近づくと、選べるスーツのバリエーションが減ってきますよ。自分に合ったスーツを、早めに選んでおきましょう。とはいえ「さあ、スーツを買ってきてね」と言われても、何を選ぶのか、どんなものを選ぶのか、いまいちピンと来ませよんね。学校からも「こんな格好で来てね」と指定されることは滅多にないはず。そう、学生のみなさんは、正しいスタイルで参列できるか「試されて」います。もちろん初めてですから、こうやっていろいろなコラムを調べながらで問題ありません。スーツの「色」「柄」といった基本的な部分から、全体の「コーディネート」や合わせる「小物」についてもしっかりマスターして、新しい学生生活の第一歩を最高のスタイルで踏み出しましょう。今回は、これまでに600万点以上のスーツをお仕立てした「オーダースーツSADA」の現役スタッフが「品格とマナーを守った入学式コーディネート」を詳しく解説します。

高校を卒業すると、学生とはいえ大人の仲間入りです。 大学や専門学校から、入学式の厳しい決まりなどは提示されません。 しかし、それは学生本人に正しい選択ができると信頼されているからこそ。 入学式には、品格とマナーを守った爽やかなコーディネートで参加してみませんか? 今回は、格式で選ぶ入学式コーディネートのご案内です。

入学式のおすすめスーツ

Q.入学式のスーツ、おすすめの色は何? A.ダークカラーがおすすめです。 スーツは濃い色ほど格式が高く、色が明るくなるほどカジュアル寄りになります。 式典のような格式が高い場面では、格式に合わせた濃色のスーツを着用しましょう。
おすすめカラー3色
  • ネイビー(濃紺)
  • チャコールグレー(黒に近い灰色)
ダークカラーでも、ブラウンはカジュアルになるため避けます。 国立はダークカラーメイン、私立、美容系学校などは少し明るめなど、校風で若干の差があります。 入学式を公式配信している学校もあるので、心配な場合は事前に動画配信サイトで調べてみましょう。 入学式におすすめの柄は?
  • 無地
  • シャドーストライプ(織柄)
  • ヘリンボーン(織柄)
  • ピンストライプ(細いシンプルなストライプ)
式典用のスーツは無地が格式で最高位です。 その場合の正式カラーはネイビーとチャコールグレーになります。 しかし、日本の入学式のスーツには独特な柄の傾向があり、2つに分かれます。 入学後の就活を見据えた黒無地か、成人式や学内行事用の柄物です。 黒無地のスーツは日本独特の流行であることを覚えておきましょう。 就活のリクルートスーツとして定着したため入学式でも多用されますが、本来は正式ではありません。 また、体重の増減が少ない方は入学式の黒無地スーツを就活まで使用できますが、体重が変わりやすい方は注意が必要です。 入学後の一人暮らしで体重が増減して、就活の時にはサイズが変わっている場合もあります。 心配な場合は、学内行事や成人式でも使えるような落ち着いた色柄のカラースーツを用意しましょう。 カラースーツは体型が変わらなければ、卒業式、入社式まで使用できます。 Q.黒無地は喪服として使えるの? A.黒無地スーツは喪服としては使えません。 冠婚葬祭でブラックスーツと言う場合は、礼服や喪服の意味となります。 黒無地のスーツは喪服よりも格式が低くなるためマナー違反。 葬儀では極力避けましょう。 とは言え、急に必要になる喪服。 学生の間はギリギリ許容されている現状もあります。 やむを得ない場合は着用しても大丈夫ですが、スーツの黒は色が薄いため周りの方に喪服ではないことが分かります。 入社式までには社会人の身だしなみとして必ず用意するようにしましょう。

入学式で人気の色柄ベスト3

  • ネイビーシャドーストライプ・・・光の反射で浮き上がる生地の織柄がお洒落なシャドーストライプ。 春先の入学式にも合う爽やかなネイビーが人気。 また、シャドーストライプは使いやすく、場面を選ばないためビジネスでも基本の柄です。
  • 黒無地・・・不動の人気。就活対応の黒無地スーツ。 黒は無彩色であるため、コーディネート次第で雰囲気も変わります。 グレーのオッドベストを合わせれば、華やかな成人式スタイルになります。
  • 黒のシャドーストライプ・・・毅然とした印象の黒のシャドーストライプ。 ビジネスで使用される黒のスーツは大半がシャドーストライプかピンストライプです。 着回し力抜群で、成人式や結婚式にも大人気です。

コーディネートのコツ

入学式のある4月は、気温も上がり春の陽気。 シーズンに合わせた爽やかなコーディネートがおすすめです。
  • シャツ・・・レギュラーカラーかワイドカラーの白が正式です。 入学式のスーツは流行りの細身スーツを選ぶ方が多いため、シャツも襟の長さが短めのショートポイントを選びます。 ボタンダウンシャツは、カジュアル寄りであるため避けます。
  • ネクタイ・・・ネイビーやボルドーのストライプが人気です。 春先なので、水色やブルー系のチェックもおすすめ。 細かなドッド柄も格式高めです。 ボルドーカラーに白いドットは黒のスーツに映えます。
  • ・・・黒い紐靴が正式です。 ブラウンを選ぶ場合は、黒っぽく見えるダークブラウンが無難。 靴はデザインで格式が変わります。 つま先に何も飾りが無いプレーントゥか、横に線が入っているストレートチップを。 この2つは同格で、就活にも使えます。 使用しなくても経年劣化する合成皮革は避け、本革を用意すれば2年後の就活も安心です。
  • ベルト・・・黒のピンバックルが正式です。 ベルトは靴と同じ色を使用することが暗黙の了解です。
  • ビジネスバック・・・スーツスタイルに合う黒いバックを持ちます。 トートバッグやリュックは避けましょう。 A4対応の自立するタイプのバックであれば就活でも使用できます。
  • スプリングコート・・・東京よりも北の地域での入学式は、まだ寒い場合もあります。 天候や平均気温を考慮して、コートを用意しておくと安心です。

小物の選びかた

スーツスタイルの小物選びにもちょっとしたルールがあります。 この機会に覚えてしまいましょう。
  • 靴下・・・スーツか靴の色に合わせます。 黒やネイビーの無地が基本です。 肌を見せないようにする目的があるため、ふくらはぎまであるビジネス用のロングホーズを選びます。
  • 肌着・・・日本は、欧米と異なり湿度が高い地域であるため、シャツの下には肌着着用がマナーです。 ビジネス用Vネックの無地肌着を着用します。 最近では、透けにくいようなカラーを採用したものや、縫製部分を目立たなくしたものが人気です。
  • チーフ・・・TVフォールドと呼ばれる、アナウンサーが好んで使用するシンプルな入れ方がおすすめです。 ポケットの幅に合わせて四角くたたみ、1㎝程度ポケットから出します。 白いチーフでアクセントをつけると、思いのほかスーツスタイルがまとまります。
  • アンボタンマナー・・・スーツの前ボタンは上のみ使用し、下のボタンは常に開けて着用します。 2つとも留めてしまわないようにしましょう。 ベストも一番下のボタンだけ開けます。 ベスト着用時は、ジャケットの前ボタンを開けて着用する事も可能です。

特別な日のスーツ

入学式のスーツは、人生初の記念すべきスーツ。 大人の仲間入りとなる成人式と共に、人生の節目で着用される大切なスーツです。 オーダースーツSADAでは、そのような特別なスーツを、お一人ずつ型紙を起こしフルオーダーで丁寧にお作りしています。 さりげなくお洒落な裏地、特別なボタンなど、こだわりぬいたオンリーワンスーツをお作りできるのもオーダーの強み。 記念のスーツを、ご家族で楽しく選びながらご注文頂けます。 さらに、お作りした型紙データは保存され、就活、入社後も継続してご利用いただける上、体型変化のウエストお直しもずっと無料。 アフターサービスも充実しており、安心してご着用頂けます。

まとめ

今回は入学式のスーツについて、格式の視点からご紹介しました。 この格式の基礎を守るだけで、どのような場面でもマナー上安心してスーツを着用できます。 入学式5つのポイント
  • 式典であるため、濃色で柄が薄めのスーツが正式。
  • 靴は黒の紐靴、ベルトは黒のピンバックル。
  • シャツは白のレギュラーカラーかワイドカラーで、ボタンダウンは避ける。
  • ネクタイはお祝いの式典であるため、比較的自由。
  • スーツスタイルに合うバックを持つ。
品格ある装いで爽やかな入学式をお迎えください。

入学式に着て行くスーツカラーは「黒」「ネイビー」「チャコールグレー」のダークカラー3色が一般的です。校風によっても差が出るので、入学する学校の入学式の動画を探してみると良いかもしれません。柄は「無地」「シャドーストライプ」「ヘリンボーン」「ピンストライプ」からチョイス。就活を想定して黒無地を購入する方が多いです。ただし、在学中に体型が変わって着られなくなるケースも多く、入学式は入学式でスーツを用意するのがおすすめ。ちなみに、黒無地は喪服としては一般的に使えないので注意しましょう。ちなみに、昨今の入学式で1番人気のスーツの色柄は「ネイビーシャドーストライプ」です。迷ったらこちらを選択しましょう。その他のアイテムは「白のレギュラーカラーorワイドカラーシャツ」「ネイビーorボルドーのストライプネクタイ」「黒いプレーントゥシューズ」「黒のピンバックル」「黒いビジネスバッグ」が基本のスタイル。揃えておけば、数年後の就活にも使えます。寒い地域では、このタイミングでコートも揃えておくと安心です。当日の靴下は黒で、肌着を着用する点も忘れずに。定番を押さえて、外さないスーツスタイルでバッチリ決めていきましょう!