大学の入学式で着るスーツはどのようなものがいいのか?選び方のポイントやマナーを徹底解説!のアイキャッチ画像
大学の入学式で着るスーツはどのようなものがいいのか?選び方のポイントやマナーを徹底解説!のアイキャッチ画像

大学の入学式で着るスーツはどのようなものがいいのか?選び方のポイントやマナーを徹底解説!

大学に入学して最初に行われる行事として入学式があります。入学式は新入生が主役になる式のため、しっかりとした服装で参加したいと思うことは自然なことです。

入学式にはスーツで参加、とイメージする方も多いのではないでしょうか。しかし、スーツに慣れていない方にとってはどのようなスーツで参加したらいいのかわからないという方も少なくないはずです。

「どんなスーツを着たらいいのだろうか」

「スーツ選びのポイントを知りたい」

「スーツを着るときのマナー違反ってどんなものがあるのだろうか」

スーツの着用に慣れていない学生にとっては疑問に思うことも多いはずです。

そこでこの記事では、入学式を控えた学生のためにスーツの選び方やスーツを着る際のマナー、着こなすポイントを解説していきます。

大学の入学式で着るスーツの選び方

高校を卒業して、大学に入学する方にとってはスーツという服装は着慣れない服装の一つともいえます。そして大学の入学式で着用するスーツを選ぶ際にどういったものがいいのかわからないという方が多いです。

ここでは、入学式に着るスーツの選び方を紹介します。

大学の入学式で着用するスーツは、リクルートスーツと同じ選び方で問題ありません。リクルートスーツは、これといって指定された色はありませんが、黒やネイビー、グレーなどが定番とされています。

黒のスーツは、冠婚葬祭などに着用されることが多いですが、最近ではビジネスシーンやリクルートなどで幅広く利用されることが多くなりました。

また、ネイビーは多くの場面で活躍してくれるカラーとなっており、シーンを問わず着用することができるためおすすめです。

スーツを選ぶ際にどういった柄を選択するのかも非常に重要になります。

入学式で着用するスーツとして、最も無難な柄は「無地」です。無地はシンプルでネクタイやシャツなど他のアイテムとバランスが取りやすいことがメリットとして挙げられます。無地のスーツは、着用するシーンを選ばないため、入学式はもちろん、成人式や就職活動でも活用できる対応力の高さを備えています。

無地と違って、華やかさがある「チェック」や「ストライプ」もおしゃれでオススメではありますが、柄のデザインやスーツの色によっては悪い印象を与えてしまう可能性があるため、注意が必要です。

どうしても柄もののデザインを選びたいときは、目立ちすぎないシャドー系のストライプを選ぶといいでしょう。

サイズ感

スーツの着用では、サイズ感も重要です。

スーツは、大きすぎるとだらしなく見えてしまうので、ぴったりのサイズを選ぶようにしましょう。

例えば学生服の場合、男女ともに入学式から卒業まで一着の学生服を着用することが多く、そのため、少し大き目なサイズを購入するケースがほとんどです。しかし、スーツの場合はあらかじめ大きなサイズを購入するといったことはないのでサイズ選びには注意が必要となります。

サイズ選びで重要な要素は

  • 肩幅(肩幅を1㎝ほどつまめるのが最適サイズ)
  • 袖丈(シャツの袖がジャケットの袖から1~1.5㎝出るのが最適サイズ)
  • 胴幅(手のひら一つ分入るのが最適サイズ)
  • 着丈(お尻の半分が隠れるのが最適サイズ)
  • 裾丈(パンツの裾が靴に少しかかる程度が最適サイズ)

の5つです。

スーツ購入の際は必ず試着が可能なので、上記の5カ所のポイントをしっかりと意識してサイズ選びを行いましょう。

入学式以外でも着る予定があるなら黒一択?

スーツは決して安いものではないため、成人式や就職活動など多くの場面で活躍させたいと思うことは自然なことです。入学式で着用する際に無難な黒しか選択できないかといわれると実はそうでもありません。

後々、リクルートスーツとして使用したい場合は、ネイビーがおすすめです。

ネイビーは、爽やかな印象や若々しさを表現できるカラーとなっているため、新入生らしいフレッシュさを演出することができます。また、ネイビーはリクルートスーツの定番色ということもあって誠実さを表現しつつ、就職活動やビジネスシーンにも活躍できるため非常におすすめです。

入学式はもちろんのこと、就職活動やビジネスシーンでは、黒以外のスーツも業界によっては問題ないため、「黒でないとNG」と選択肢を狭めないようにしましょう。

覚えておきたいスーツのマナー【メンズ編】

スーツを着用する際に気を付けなければならないマナーが存在し、そのマナーを知らないと相手を不快にさせてしまうことも考えられます。しっかりとマナーを理解して、スーツを着こなすスタイルを身に付けましょう。

メンズスーツ着用の際の代表的なマナーを3つ紹介します。

ジャケットの一番下のボタンは閉めない

ジャケットの一番下のボタンは基本的に留めません。このマナーを「アンボタンマナー」といい、ジャケットを着る際の常識として覚えておきましょう。

ジャケットによっては、2つボタンのタイプや3つボタンのタイプが存在します。ボタンの数が違っても一番下のボタンを留めないというマナーは変わりません。

マナーというよりは、スーツスタイルを綺麗に見せるためといった要素が大きいです。

座るときはジャケットのボタンを外す

よくテレビなどで、ジャケットのボタンを外して座っている方を見かけることも多いのではないでしょうか。

ボタンを外すといった行為はマナー違反だと感じる方も多いと思いますが、座る際にボタンを外すことはマナー違反にはなりません。ジャケットは立った状態の姿勢を基準にして作られています。そのため、ボタンを留めたまま座ってしまうと余計なシワが入ってしまい、見た目が良くありません。

シワが入ったジャケットは相手に対してだらしない印象を与えてしまうので気をつけるようにしましょう。

ポケットにものを入れすぎない

スーツにはポケットが付いていますが、これらは今までの長い歴史のなかで様々な変化を遂げて、今のような状態になりました。

基本はポケットをひとつの機能と考えるよりも、デザインとして考えるようにしましょう。そのため、ポケットにはなるべく物を入れないようにすることが大切です。ポケットが膨らみすぎていると、スタイルのバランスが崩れて、不格好な見た目になってしまいます。不格好な見た目を避けるためにもポケットには極力、物を入れないことが重要です。

覚えておきたいスーツのマナー【レディース編】

メンズスーツを着用する際にマナーがあるのと同じようにレディーススーツにもマナーが存在します。メンズスーツと同じように代表的なマナーを3つ紹介していきますので見ていきましょう。

ボタンは全て留める

レディースにもメンズと同じようにボタンに関するマナーがありますが、レディースでは「全てのボタンを留める」というメンズとは違ったマナーがあります。

レディーススーツの場合は、全てのボタンを留めた方が美しいシルエットになるため、メンズスーツのようなアンボタンマナーを気にする必要はありません。よって1番下のボタンを外すのはメンズの場合だけとなります。

ボタンが開いているとだらしない印象を与えてしまうので、購入の際はあらかじめボタンを留めることを想定してサイズ選びを行いましょう。

スカート丈には気を付ける

スーツスタイルでスカートを取り入れる場合も出てきます。そんな時にスカートの長さには注意が必要です。立っている時は膝が半分隠れるほどの長さ、着席時には膝上10㎝以内が目安になります。

スーツのデザインなどによっては長さが変わる場合もありますが、着席時の長さを意識して選ぶようにしてください。短すぎると肌の露出が多くなってしまい、目のやり場に困ってしまい相手を困惑させてしまう場合もあります。相手に対して失礼にならないような長さを選びましょう。

夏でも時期に合ったジャケットを着用する

大事な商談や会議などではジャケットを着用しないといけない場面も出てきます。そういったシーンでは、夏ならではのジャケットを着用して、きちんとした印象を与えるようにしましょう。

レディースの場合、メンズにはないレディース特有の七分袖のスーツがあるので、夏用のスーツスタイルといった意味では幅広い選択ができるようになっています。七分袖のスタイルがNGでなければ、涼し気な印象を与える七分袖を活用するようにしましょう。

メンズスーツをスタイル良く着こなすポイント

大学の入学式は一生に一度。入学式ではフォーマルなスタイルが求められますが、カッコよさや大人っぽさを演出したい男子学生も多いです。そこで入学式でのメンズスーツ着こなしポイントを紹介します。

スーツの色を意識する

スーツの色によって与える印象は変わってきます。

ブラックスーツの場合、真面目な印象を与えることができるのであまり色を使わずにシンプルに着こなすのがポイントです。モノトーンで合わせると大人な印象を表現できます。

ネイビースーツは、誠実さや爽やかな印象を与えることができるので、他の方と差をつけて華やかに見せたいという方にはぴったりです。どんなシャツやネクタイにも合わせやすいので、人気のカラーとなっています。

グレースーツは、落ち着いた大人な印象を与えることができます。入学式で着る方はそこまで多くはありませんが、マナー違反というわけではないので、大人な印象を表現したい方にはおすすめのスーツです。

シャツの色によって印象が変わる

スーツの色と同じく、シャツの色も印象を大きく変える要因の一つとなります。

白のシャツはスーツの色に関わらず、どんな方にも合うカラーのため、使い勝手がよく、多くの人から親しまれているカラーとなっています

印象を変えたいという場合には水色やグレーなどの色も人気です。白とは違う爽やかさを演出できるため、他に人とは違ったシャツを着たいという方にはおすすめとなっています。

ネクタイでワンポイントを

ネクタイは多くの柄や色があるので、どれを選択したらいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

入学式を控えた学生には、爽やかな印象を表現できる青系統のネクタイがおすすめです。ピンクやパープルなどの明るい色もおすすめではありますが、スーツの色との相性もあるのでコーディネートには注意が必要になります。

柄は、ストライプやドットがどんなスーツにも合わせやすいため、幅広く人気です。

レディーススーツを華やかに着こなすポイント

メンズと同様にフォーマルなスタイルを求められますが、自分らしくおしゃれにかわいく着飾りたいと思う女子学生も多いです。

ここでは、大学の入学式でおすすめできる華やかな着こなしポイントを紹介します。

アクセサリーをつける

大学の入学式では、ベーシックなスーツが基本となりますが、手を加えることで個性を出しつつ、おしゃれを楽しみたいものです。そこで活躍するのがアクセサリーです。

アクセサリーはファッションに花を持たせることができ、フォーマルなスタイルを丁度良く崩してくれる役割があります。入学式ではカジュアルすぎるものや派手すぎるものは浮いてしまう可能性もあるので注意が必要ですが、うまく活用できればおしゃれスタイルにすることが可能です。

ピアスやイヤリングなども、ネックレスとのカラーを合わせると全体的なバランスをよくしながらおしゃれに見せることができます。

ヘアスタイルを意識する

ヘアスタイルも入学式でおしゃれに見せる重要な要素といえます。

ミディアムヘアやロングヘアの場合は、後ろで結ぶことで顔周りをすっきりさせることができます。また、髪を巻いたり、ゆるくふわっとさせるゆるふわヘアをすることで、女性らしさを演出しつつ、垢ぬけた印象を表現できるのでおすすめです。

ヘアスタイルを工夫するだけで、与える印象を大きく変えることができるので積極的にヘアアレンジを行いましょう。

インナーのカラーやスタイルをアレンジする

スーツの下に着るインナーはあまり見えないからといって手を抜いてはいけません。胸元の部分や襟の部分はジャケットを着ていても見える部分なため、女性らしさを演出できるデザインがおすすめです。

白のベーシックなインナーでも問題はありませんが、前面にリボンが付いたものやフリルの付いたものはスーツとも相性がよく、女性らしさを表現できるので取り入れる価値はあるといえます。

スーツの購入は入学式直前で間に合う?

大学の入学式に着用するスーツは、いつ頃購入したらいいのでしょうか。

基本的にはスーツの新作は、スーツの需要が高まる1月末〜2月にかけて販売されるのが一般的です。新作のスーツをチェックしたい場合はその時期に足を運んでみるのがいいでしょう。

しかし、1月末〜2月の時期は大学の一般入試が続いている場合もあります。進学先が決まらないと、スーツを選ぶ余裕がないという方も多いので、そういった場合は、大学の進学が決定した3月上旬頃、つまり一般的な混雑が過ぎた後でも問題ありません。

ただ、スーツには裾上げなどのお直しがある場合も考えられます。お直しをしていたら間に合わなかったという事態を避けるためにも、やはり1月末頃から余裕を持って探していくほうがいいでしょう。

初めてのスーツ選びに悩んだらオーダースーツがおすすめ

スーツ量販店では多くのスーツが販売されています。種類も多く、どんなスーツを選んだらいいのか迷うほどです。

初めてのスーツ購入に迷ったら、オーダースーツがおすすめです。オーダースーツは自分のこだわりを表現でき、自分の好きなように作成することができます。また、サイズ感も自分に合ったサイズで作成できることもあって長く愛用できるスーツを作ることが可能です。

一般的にオーダースーツを作成するには、1ヵ月前後の期間がかかってしまう場合があります。オーダースーツを作成する場合は、期間に余裕を持って作成するようにしましょう。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

オーダースーツには、大きく分けると「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3種類の作成方法があります。このなかで1番こだわったスーツを作ることができるフルオーダーは、一般的に価格が高くなる傾向にあります。

オーダースーツSADAの作成方法は、フルオーダーでありながら既製品のスーツと変わらない価格帯の19,800円(税込21,780円)〜で作成が可能です。(2022年10月時点での価格です。価格は予告なく変更になる場合があります。)

そんなコスパの良さの秘密は、自動設計や自動裁断システムを用いた自社工場を保有し、生地の仕入れからスーツ作成まで自社で完結させることで、価格を抑えることができる点にあります。

初めてのオーダースーツはもちろん、初めてのスーツを購入する際には、オーダースーツSADAで作成してみてはいかがでしょうか。