「ジャケパン」×「夏」で涼しくスタイリッシュ!着こなし方やアイテム選びのポイントを解説のアイキャッチ画像
「ジャケパン」×「夏」で涼しくスタイリッシュ!着こなし方やアイテム選びのポイントを解説のアイキャッチ画像

「ジャケパン」×「夏」で涼しくスタイリッシュ!着こなし方やアイテム選びのポイントを解説

夏は暑さや湿気を感じやすいため、軽くて通気性の良い服装を着こなしたいですよね。
その中でもメンズファッションの代表格である「ジャケットとパンツ」のコーディネート、通称「ジャケパン」は夏でもスタイリッシュで快適な着こなしを楽しめる注目のスタイルとなっています。
しかし季節や場面によって異なるジャケパンスタイルには注意も必要なので、素材や色、柄の選び方、そしてアクセサリーの取り入れ方で爽やかさや清涼感を演出することも大切です。
また夏のジャケットは、軽くて通気性の良い素材を選ぶのがおすすめで、代表的な素材としては、麻やリネン、コットン素材が挙げられます。
夏らしさを演出できるジャケットの色味は明るめの色や淡い色がおすすめです。
夏の陽射しに映える色合いは、爽やかさや清涼感も演出することができますね。
パンツは軽い素材のものを選び、シルエットはタイトすぎずゆとりがあるものがおすすめです。
薄手のネクタイやポケットチーフ、アクセサリーや時計などを取り入れると、上品な印象を与えることができます。
シンプルで清潔感のあるものを取り入れてみましょう。
今回の記事ではジャケパンスタイルの着こなし方を解説していきます。

ジャケパンってどんなスタイル?

「ジャケパン」とは、ジャケットとパンツを組み合わせたスタイルのことで、比較的フォーマルな装いになります。
ジャケットはスーツの上着と同じように、胸ポケットやフラップポケット、袖口ボタンなどが付いたものを着用します。
素材はウールが一般的ですが、夏場には麻やコットン素材もありますので、色んな素材を着こなしたいですね。
色は黒や紺、グレーなどの落ち着いた色が多く選ばれますが、明るめの色や柄物のタイプもあるので、シーンや季節に応じて選びましょう。
合わせるパンツはジャケットと同じ生地で作られたものが基本です。

シルエットはスーツのようにタイトなものからややゆとりのあるものまでありますが、全体的にすっきりとした印象になるように選ぶのがベターですね。
色はジャケットと同じ色か、少し明るめの色を選ぶのが一般的です。
ジャケットとスラックスなどのパンツを合わせたスタイルはビジネスシーンやパーティーなどのフォーマルな場面での着用が一般的ですが、カジュアルなアレンジも楽しめます。
例えばジャケットにデニムパンツを合わせたり、パンツにスニーカーを合わせたりするとカジュアルな雰囲気になります。

ジャケパンスタイルが与える印象

ジャケパンスタイルは比較的フォーマルな装いのため、知的で落ち着きのある印象を与えます。
またスーツよりも軽やかで柔らかな印象を与えるため、堅苦しくなりすぎず適度な華やかさも感じられます。
ビジネスシーンでは信頼性や専門性をアピールすることができるため、社交的な場面でも好印象を与えることができます。
一方、カジュアルなアレンジをすることでより親しみやすく、アクティブな印象を与えることもできますね。
シーンや着用する人の雰囲気に合わせてアレンジすることで、幅広い印象を与えることができます。

さらに、ジャケパンスタイルはそのバリエーションの豊富さから、様々なシーンに合わせてアレンジすることができます。
例えば、夏場には薄手のジャケットやカジュアルなデザインのパンツを合わせることで、爽やかで軽やかな印象を与えることができます。
カジュアルなアレンジをすることで、より親しみやすくアクティブな印象を与えることができます。

靴選びも重要です。革靴やローファーなどのシューズを合わせることで、フォーマルにまとめることができます。
一方、スニーカーやカジュアルなシューズを合わせると、カジュアルで快活な印象を演出することができるでしょう。

またアクセサリーを取り入れることで、雰囲気や印象を変えることができます。
例えばネクタイやポケットチーフを合わせることで、よりフォーマルな印象を与えることができますし、華美な時計やブレスレットを合わせることで、よりカジュアルな印象を演出することができますね。

夏のジャケパンは素材が大切

夏にジャケパンを着る場合は、素材選びが非常に重要です。
夏は暑さが強いため、ジャケットやパンツの素材は通気性がよく、軽いものが適していますよね。
代表的な素材としては、リネンやコットン、麻などがありますが、これらの素材は通気性が良く吸湿性にも優れているため、汗をかいても快適に過ごすことができます。
シワになりやすいというデメリットもありますが、夏のジャケパンスタイルでは、程よいシワ感が自然なカジュアルさを演出してくれる一面もあります。

ジャケパンのスタイリングは小物選びも重要なポイントです。
例えばネクタイやポケットチーフ、靴など夏らしい素材やカラーを選んでコーディネートにアクセントをつけることができます。
ネクタイは光沢感のあるシルク素材、ポケットチーフは麻のタイプを選ぶと夏らしさがプラスされるでしょう。

夏のジャケパンスタイルでは、シャツやTシャツのインナー選びもポイントですね。
夏は暑いため汗を多くかきますが、通気性の高い素材を選ぶことで快適に過ごすことができます。
吸水速乾の機能性の高い生地を使用しているインナーを選択しましょう。

さらに、アウターを脱いだ時の印象も考慮する必要がありますね。
ジャケパンスタイルでは、ジャケットを脱いだときのパンツとインナーのバランスが大切です。
夏場はジャケットを脱いでも映えるシャツを選ぶことで、印象をキープすることができます。
夏のジャケパンスタイルは素材や小物の選び方、アウターとインナーのバランス、そして体型に合ったサイズ感やシルエットの選び方など、細部にわたるこだわりが求められます。

ジャケパンの色や柄で夏らしさを演出

ビジネスシーンでも季節感は大事にしたいポイントですよね。
夏らしいジャケパンの色は、明るめの色や淡い色がおすすめです。
代表的な色としては白やベージュ、ライトグレー、ライトブルー、パステルカラーなどが挙げられます。
これらの色は夏の陽射しに映える色合いであり、爽やかさや清涼感を演出することができます。

また、夏らしい柄としては、ストライプやチェック柄が挙げられます。
特に淡い色合いで縞やチェックが入ったものは爽やかな印象を与えるため、夏にはぴったりです。
ただし色や柄を選ぶ際には、場面や着用者の雰囲気に合わせることも大切です。
カジュアルな場面ではビビッドカラーのジャケットや花柄のシャツなども楽しめますが、フォーマルな場面では適度に落ち着いた色合いのジャケットや柄を選ぶことが大切です。
ビジネスシーンではライトグレーやライトブルーのカラー、柄は細いストライプを選択することで夏らしさを演出しながら知的で紳士的な印象にまとまります。
カジュアルシーンではパステルカラーを取り入れて、普段できないコーディネートを組むことも夏の楽しさのひとつです。
パステルカラーのチェック柄は陽気な雰囲気を演出できます。

ジャケパンスタイルは合わせ方によって印象が大きく変わるため、バランス感覚も重要です。
例えば、ジャケットが明るめの色の場合はパンツやシャツは落ち着いた色合いにすることで、全体的なバランスを取ることができます。
またシャツの色や柄によっても印象が変わるため、ジャケットとの相性を考慮しながら合わせることが大切です。

夏のジャケパンに合わせるアイテム

ジャケット

主役のジャケットは夏らしさを感じられる素材や柄を選びましょう。
明るいカラーや爽やかな柄がおすすめです。
また、ジャケットだけではなくブレザーもジャケパンスタイルの定番です。
アメトラ要素を取り入れることで新鮮な着こなしを楽しめます。

パンツ

パンツはスラックスやチノパンがおすすめです。
スラックス合わせのジャケパンスタイルはフォーマル感が強く、チノパン合わせのジャケパンスタイルはカジュアルな着こなしに。
シーンに合わせて使い分けることで、夏のジャケパンスタイルを攻略できます。

インナー

シャツやポロシャツ、Tシャツなどがおすすめです。
カジュアルな場合はTシャツやポロシャツ、フォーマルな場合はドレスシャツが適していますね。
素材は薄手で通気性の良いものを選ぶようにしましょう。
吸水速乾のタイプや防菌加工がされているインナーも多く存在しています。

暑い夏はジャケットを脱ぐ機会が多いことを考慮して、サイズがきちんとあったインナー選びをしましょう。
シャツとパンツのスタイルでもピシッと決まることでいい男度がアップします。

夏のジャケパンスタイルに合わせる靴としては、ローファー、ドライビングシューズ、スリッポン、エスパドリーユなどがおすすめです。
軽やかな足元は軽快な印象を与えてくれるでしょう。
カジュアルな場合はスニーカーも合わせることができます。

フォーマルさが重視される場合は、革の紐靴を合わせましょう。
もちろんジャケパンスタイルとの相性はバッチリです。

ジャケパンスタイルで気を付けたいポイント

ジャケパンスタイルを着こなす上で気を付けたいポイントをご紹介していきます。

サイズ

スーツと同じくジャケパンスタイルでも、適正なサイズのものを選ぶことが重要です。

ジャケットは肩のラインが合いウエストが拳ひとつ分のゆとりがあるもの、パンツは適度なフィット感で丈が適切なものを選びましょう。
サイズは着こなしの中でも一番重要な要素です。
既製品でサイズが合わないと悩みがある方はオーダーメイドでスーツを制作することをおすすめします。

色の組み合わせ

ジャケットとパンツの色の組み合わせには注意が必要です。
柄同士を合わせるコーディネートは難易度が高く、ごちゃごちゃした印象を与えてしまいかねません。
同系色でまとめたり、柄のアイテムはひとつに絞るなど、統一感のあるコーディネートを意識しましょう。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

オーダースーツSADAの店舗写真

オーダースーツSADAのおすすめポイント


・本格フルオーダーのスーツを圧倒的な低価格で提供
・初回お試し価格で(税込)21,780円~
※2022年9月20日時点の価格です。価格は変更になることがあります。
・全身20箇所以上の丁寧なサイズ採寸
・専門スタッフがトレンドからスーツマナーまでご案内
・色・柄・ブランド、100種類以上の選べる豊富な生地素材

オーダースーツを初めて作るような方、特殊な体形で既製品のスーツでお悩みがある方などどんな方でもご満足いただけるようにスタッフが生地選びから完全サポート!
丁寧なサイズ採寸で一人一人に合わせたパターンを作成し、最先端のマシーンメイドで本格フルオーダーを実現しています。
オーダーならではの動きやすさ、シルエットの美しさを実感していただけるのはオーダースーツSADAの魅力。

「ジャケパンスタイルをどう着こなして良いかわからない」という方にも専門スタッフが丁寧にコーディネートさせて頂きます。

ぜひ、お気軽にご相談、ご来店ご予約をお待ちしております。

夏のジャケパンスタイルは通気性の良い素材を選び、明るめの色や淡い色、爽やかな柄を取り入れることがポイントです。
リネンやコットン、麻などの素材は通気性が良く、吸湿性にも優れているため暑い季節でも快適に過ごすことができます。
また、軽やかで柔らかい質感の素材はカジュアルさやリラックス感を演出してくれます。
色や柄に関しては明るめの色や淡い色、ストライプやチェック柄が夏にぴったりですね。
また、花柄やトロピカル柄など、季節感を感じさせる柄もおすすめです。
ただし、場面や着用者の雰囲気に合わせて選ぶことが大切であり、カジュアルな場面ではビビッドカラーや花柄も楽しめますが、フォーマルな場面では適度に落ち着いた色合いや柄を選ぶことが適切です。

夏のジャケパンスタイルはオフィスカジュアルやビジネスシーン、フォーマルなパーティーなど、様々な場面で活躍する装いです。
素材や色、柄を選ぶことで着こなしの幅が広がり、自分らしいスタイルを楽しむことができます。
ジャケットやパンツを組み合わせることで、ワードローブの幅も広がりますね。
暑い夏でも快適でおしゃれなジャケパンスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

千地 淳子