暑い夏でも快適に着用できるメンズ夏用スーツとは?機能性や着こなしのポイントを含めて解説します!のアイキャッチ画像
暑い夏でも快適に着用できるメンズ夏用スーツとは?機能性や着こなしのポイントを含めて解説します!のアイキャッチ画像

暑い夏でも快適に着用できるメンズ夏用スーツとは?機能性や着こなしのポイントを含めて解説します!

夏の時期になると日頃スーツを着用して仕事をされている方は、生地が汗で肌に張り付いたり、通気性が悪くて暑苦しかったりと、様々なお悩みを持っている方も多くいらっしゃると思います。
ですが、夏場でも商談などのビジネスシーンでスーツを着用するという時もあり、避けては通れないですよね。そんな快適にスーツを着用したいという方におすすめなのが夏用スーツです。
夏用のスーツは暑さを軽減してくれる様々な特徴があり、例えば暑い季節に適した生地や、快適に着用できる機能性など色々な魅力を持っているんですよ。
近年では暑さが長く続くことが多く、涼しくなるまで夏用スーツで仕事をされている方も増えてきています。そのため、夏用スーツの需要は増え続けているようです。
「夏用のスーツはもう持ってる」という方でも、生地の持つ特徴や機能性などに詳しい方はそこまで多くはないのではないでしょうか。
この記事では、夏用スーツの特徴や機能性についてご紹介していきます。また、記事の最後に着こなし方のポイントもご紹介させていただくので、夏用スーツを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

夏用スーツの特徴とは?

スーツは主に春夏用・秋冬用・オールシーズン用の3種類に分けられており、夏用スーツは春夏用のスーツとして販売されていることが多いです。
そして秋冬用やオールシーズンのスーツと比較すると、パンツも含めて薄くて軽い生地で通気性が良いという特徴があります。
薄くて軽い生地を使用することで涼しさを感じられるようになっているんですね。
また、夏用スーツには背中部分の裏地が付いていない「背抜き」と呼ばれるタイプが多いです。
こうすることで湿気が溜まりにくくなり、風通しがとても良くなります。また、背抜き加工はジャケットを軽くし、羽織りやすくしてくれるというメリットもあるんですよ。

これらの特徴があることで、暑い夏でも快適に過ごせる工夫が施されているんですね。

夏用スーツはいつから着るのが一般的?

「夏用スーツだから夏しか着られないの?」と思われる方も多いと思いますが、夏用スーツに厳密には着用期間がなく、一般的に春夏の4月〜9月頃に着用することが目安とされています。
ただ近年では9月を過ぎても暑さが続くため、涼しくなるまでは夏用スーツを着用していても問題ありません。

夏用スーツの着用期間に迷うという方は気温を基準に使い分けてみるといいでしょう。20度以上なら夏用スーツ、それ以下なら冬用のスーツを着用するのがおすすめです。
また同じスーツを1年中着用していると消耗が激しくなってしまうので、長く着用するためにも季節ごとにスーツを替えるといいでしょう。

夏用スーツに使われている素材

夏用スーツには涼しさを感じられるように薄くて軽い生地が使用されており、代表的な生地の素材としてはコットン・リネン・サマーウールが使用されています。

天然素材であるコットンやリネンは吸湿性に優れているので、夏でも蒸れずに快適に過ごすことができますよ。しかし注意点として、リネン単体ではシワになりやすくカジュアルなイメージが強いという特徴もある為、ビジネス用ならばウールを選択した方が無難です。

生地の織り方としては、夏用スーツは縦の糸と横の糸を1本ずつ交互に組み込んで織られた「平織り」と呼ばれる通気性の良い生地が適しています。
この織り方では糸間の隙間が大きいため、とても通気性に優れています。平織りの代表的な生地としてはトロピカルやフレスコがあり、トロピカルは通気性が良くシワに強い、フレスコは強いシャリ感とハリコシがあり通気性が良くシワに強いという特徴がありますよ。

夏用スーツには様々な素材を用いて作られているスーツが多いですが、次は機能面について解説させていただきます。

夏用スーツのこだわりたい機能性

夏用スーツには優れた機能性があるので、今回は代表的な機能を3つほどご紹介させていただきます。

ウォッシャブル機能

ウォッシャブル機能はご自宅の洗濯機で丸洗いすることができるという機能です。そのため、この機能があるスーツはクリーニングにだす手間やお金を節約することができ、スーツをいつでも清潔に保つということができますよ。
シワになりにくく、糸もほつれにくいという仕様になっている為安心して洗濯することができます。

抗菌・消臭機能

スーツが汗で湿ったままの状態だと雑菌が繁殖し、菌の臭いが発生するようになってしまいます。夏場は特に汗のニオイが目立つので抗菌・消臭機能のあるスーツを選ぶといいでしょう。しかし完全に消臭できるという機能ではないので、日頃のケアと合わせて質を保つようにするとスーツを長く着用することができます。
美しく着こなすためにも夏場のスーツのケアは欠かせませんね。

吸水速乾性機能

この機能のあるスーツは汗や湿気を素早く吸い取り、直ぐに乾かす事ができます。水分が蒸発するときの気化熱で涼しさを感じさせ、快適に過ごすことができるように工夫されていますよ。

近年ではCOOLMAXと呼ばれる新素材のスーツも増えてきており、この素材は綿素材よりも5倍の速さで汗を吸収・蒸散し、体の快適な湿度を保持することで体温を下げることができるんです。速乾性に優れており、夏場でも長時間涼しさを感じることができる素材なんですよ。
このような新素材のスーツも夏用スーツを選ぶ時に検討されてもいいかもしれませんね。

夏用スーツに合わせるアイテム

夏用スーツに合わせるアイテムはワイシャツの色やサイズを意識してみましょう。夏場はジャケットを脱ぐことが多いので、身体に合ったサイズのもので夏ならではの爽やかな印象のものを選ぶと良いでしょう。

そして、気を付けなければいけないのが夏場であってもジャケットを羽織る際は、長袖シャツを選ぶということです。なぜなら、スーツのジャケットを羽織る際は下に長袖シャツを着用することがマナーとされているからです。長袖のものは暑いのではないかと思われるかもしれませんが、最近では接触冷間や吸汗速乾の長袖シャツも増えてきているので、快適に着用することができますよ。

色については白や清涼感のあるサックスブルーなどの色味を選ぶと爽やかな印象を与えることができます。
柄を取り入れたい方は白ベースのストライプ柄を選ぶと、清涼感ある印象を与えることができますよ。ここで注意したいポイントは、柄の強さは遠くから見たときに無地に見える程度のものを選ぶという点です。

着こなすアイテムに迷ってしまった場合は、白やブルーを基調に考えるといいでしょう。スーツスタイルの基本の組み合わせなら印象を崩すことなく着こなせますよ。
また、ノーネクタイの場合はボタンダウンのシャツを選ぶのもいいでしょう。
しっかりと衿が立つボタンダウンはノーネクタイスタイルにピッタリなアイテムなんですよ。

ワイシャツの注意点

そして、夏場にはインナーにも注意が必要です。夏場は暑いのでシャツの第一ボタンを外す機会が多くなりますよね。その時にインナーが見えてしまうとだらしのない印象になってしまいます。それだけでなく、汗で生地が透けやすくなるという点にも気を付けなければいけません。

ワイシャツの下に着用するインナーは、襟の形がV字型や深いU字型のベージュ色か白のものにしましょう。ボタンを外してもインナーが見えにくく、白のワイシャツでも透けて見えにくくなるのでおすすめです。

夏用スーツを着こなすために

夏用スーツを着こなすために素材選びが重要とお話してきましたが、合わせてスーツの色や柄に注目してみてください。
暑苦しい印象を避けるために特に色選びには注意してください。夏場は色で印象を簡単に操作する事ができます。

そこでおすすめの色は、涼しげな印象を与えることができるネイビーやブルー、などの青系の色のスーツがいいでしょう。ワイシャツと同様にスーツ自体に青を取り入れると爽やかな印象は格段に向上します。

また、柄については白いラインのチェック柄やストライプ柄などを選ぶと、より軽快な印象を与えることができます。注意点としては明るすぎる色はカジュアルな印象を与えることがあるので着用シーンには注意しなければいけません。

それでは実際に、どのようなコーディネートがあるのかカラー別にいくつかご紹介させていただきます。

ネイビースーツ

ネイビーは夏場の定番色です。組み合わせとしては、無地のネイビースーツとシンプルな白シャツに青系のネクタイで涼しげな印象を与えることができます。

ポイントは同系色のアイテムでまとめることです。スーツスタイルの基本的な組み合わせなので、どんなシーンでも着用することができます。その他アイテムのシューズとベルトはブラックのもので揃えましょう。
このコーディネートは新社会人の方でも真似しやすいシンプルで夏らしいコーデでもありますよ。

グレースーツ

大人の落ち着いた雰囲気を出したい方にはグレースーツが非常におすすめです。組み合わせとしては、白いワイシャツを合わせましょう。先ほど同系色でまとめると良いとお話ししましたが、全体的な色味が暗くならないようにすることもポイントです。ネクタイはペイズリー柄などが良いですね。また、シューズとベルトはブラウンのもので揃えましょう。

グレーとブラウンで大人の雰囲気を出しつつ、ネクタイでアクセントの強弱を調整しやすい組み合わせとなっています。

ブルースーツ

ブルースーツは着こなしが難しいと思われがちですが、ネイビーと同色系のため他のシャツなどのアイテムと合わせやすい色でもあります。
組み合わせとして無地のブルースーツに白のシャツ、青系の色味のネクタイを合わせることで爽快感のあるコーディネートに仕上がりますよ。
寒色を多く取り入れているので夏場での印象はとてもよく、知的な印象も与えてくれるのです。
ブルースーツは柄が強いネクタイでも合わせやすく、夏のシーズンでしか味わえないものでもあるのでとてもおすすめですね。

夏用スーツがNGのシーンは?

夏用スーツを着用することがNGという場面は基本的にありません。
ただスーツの着用にあたって夏場では、ジャケットを着用する際は長袖のワイシャツを着用することの他に、もう1つ気を付けなければいけないことがあります。

それは、社外の方との商談や取引などのフォーマルなビジネスシーンで着用する場合です。
基本的にはビジネスの場では社外との取引きや商談の際は、相手側からクールビズスタイルでも構わない時を除いて、男性はジャケットとネクタイを着用する必要があります。
自社で夏場のクールビズに取り組んでいても他の企業ではそうでない場合がありますし、営業や新規営業などでは相手に信頼感や安心感を与えるためにも夏場でもスーツとネクタイは着用しておいたほうが無難でしょう。

TPOに合わせて、夏用スーツやネクタイなどを用意することが美しく着こなすための第一歩です。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

オーダースーツSADAのおすすめポイント



・本格フルオーダーのスーツを圧倒的な低価格で提供
・初回お試し価格で(税込)21,780円~
※2022年9月20日時点の価格です。価格は変更になることがあります。
・全身20箇所以上の丁寧なサイズ採寸
・専門スタッフがトレンドからスーツマナーまでご案内
・色・柄・ブランド、100種類以上の選べる豊富な生地素材

オーダースーツを初めて作るような方、特殊な体形で既製品のスーツでお悩みがある方などどんな方でもご満足いただけるようにスタッフが生地選びから完全サポート!

丁寧なサイズ採寸で一人一人に合わせたパターンを作成し、最先端のマシーンメイドで本格フルオーダーを実現しています。
オーダーならではの動きやすさ、シルエットの美しさを実感していただけるのはオーダースーツSADAの魅力。

自分にピッタリ合うサイズ感のスーツの着心地を体験してみませんか?

ぜひ、お気軽にご相談、ご来店ご予約をお待ちしております。

いかがでしたか?夏ならではの特徴や機能性があることを知っていただけたかと思います。
暑い季節で特に活躍する生地の質感や色味など、涼しさや爽快さを感じることができる種類のアイテムは色々とあるんです。
これらのアイテムをビジネスシーンに取り入れることで、暑い夏でも快適に仕事をこなす事ができますね。
ジャケットは通気性の良い生地や背抜き加工が施されているジャケットを選び、暑苦しさを軽減しましょう。また、ウォッシャブル・吸汗速乾性・防菌・消臭機能など夏ならではの悩みに沿った機能が搭載されているもので、長く着用できるものがおすすめですよ。

そして暑い季節を乗り切るためには素材選びも重要ですが、何よりもスーツは自分の身体に合ったサイズのものを着用するという事が一番大切です。
快適に着用するために、オーダーメイドスーツを着用するという選択もおすすめです。お店のスタッフと相談しながら決め、快適な夏用スーツを手に入れましょう。
ポイントを押さえて、購入される際に参考にしてみてくださいね。

千地 淳子