スーツのストライプ柄は難しい?ストライプスーツの上手な着こなし方を徹底解説!のアイキャッチ画像
スーツのストライプ柄は難しい?ストライプスーツの上手な着こなし方を徹底解説!のアイキャッチ画像

スーツのストライプ柄は難しい?ストライプスーツの上手な着こなし方を徹底解説!

初めてスーツを買う人にとって、どんなスーツを選べばいいのか、ポイントが分からず悩んでいる方が多いのではないでしょうか。スーツを選ぶ時の基準は、人それぞれ違うものです。価格重視で選ぶ方もいれば、見た目のデザイン重視で選ぶ方もいるでしょう。そのため、既製品の種類も多く取り揃えられています。既製品では物足りず、さらに個性を出しこだわりたい方向けには、オーダースーツもおすすめです。昔よりも手軽にオーダースーツを作れる時代になったため、色や柄、デザインにこだわってみてはいかがでしょうか。ちなみに、多くの方から人気を集めている柄が存在します。それは「ストライプ柄」です。ストライプはビジネスシーンでは定番になりつつある柄ではありますが、「ストライプ柄は着こなしが難しそう」「どんなストライプスーツを選んだらいいかわからない」とコーディネートに悩んでしまう人もいます。そこで今回は、ポイントさえ押さえれば誰でも似合うストライプの魅力や着こなし方をはじめ、おすすめのスーツコーディネートなどを解説していきます。ストライプ柄のスーツを持っていない方は、きっと一着は持っていたいと思えるはず。ぜひ、本記事を参考に、新しいコーディネートに挑戦してみてはいかがでしょうか。

スーツの購入を考えたとき、スーツを選ぶポイントはなんですか?

人によってスーツを選ぶ時の基準は違うものです。価格重視で選ぶ方もいれば、デザイン重視で選ぶ方もいます。スーツを選ぶ際のポイントは人によって大きく違うため、さまざまなこだわりをもったスーツが販売されています。

スーツ購入で誰しもが気にするであろうスーツの柄ですが、多くの方から人気を集めている柄が存在します。それは「ストライプ柄」です。ストライプはビジネスシーンでは定番になりつつある柄ではありますが、いまだにストライプに抵抗感を持ってしまう方がいるのも事実です。

抵抗をもってしまう要因は

「ストライプ柄は着こなしが難しそう」

「どんなストライプスーツを選んだらいいかわからない」

と考える人も少なくないからです。そのような方たちのために、この記事ではストライプの魅力や着こなし方を中心にストライプスーツに関することを解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。それでは見ていきましょう。

ストライプスーツの魅力

まずはストライプ柄の魅力を紹介します。ストライプ柄にどのような印象を持っていますか?

スーツのストライプ柄の人気は、年々増加してきており、ラインの「太さ」「色」「形状」によって人に与える印象は大きく変わってきます。そんなストライプスーツにはどのような魅力があるのでしょうか。

「ストライプの違いがわからない」

「ストライプスーツの魅力ってなに?」

という方のためにストライプスーツの特徴や魅力などを紹介していきます。

ストライプスーツの特徴

ストライプスーツとは、簡単に説明すると縦縞の模様が書かれているスーツのことを指します。ストライプ柄の特徴としては縦縞が挙げられますが、ラインの太さやライン同士の間隔、色などによって相手に与える印象は大きく変わります。

ストライプ柄はラインの色や太さに関係なく、共通して「スマート」「誠実」「信頼感」といった印象を与えることができます。さらに、色や太さによって相手に与える印象が大きく変わってくるのが特徴です。

「太さ」は相手の印象が大きく変わる典型的なポイントのひとつです。それでは「太さ」について見ていきましょう。

ストライプのラインが太い場合、相手に与える印象としては、「力強さ」「信頼感」「安心感」など、力強い印象を与えることができます。30代以降の中堅クラスの役職についている方に向いている柄です。

逆にラインが細い場合に相手に与える印象は、「繊細さ」「スマートさ」「スタイリッシュさ」など、さわやかなイメージを与えることができます。ラインが細いスーツに関しては、若々しさなど、フレッシュな印象を与えるので、20代のビジネスマンの方や新社会人の方に向いている柄です。

自分の年齢、相手に与えたい印象、TPOによってタイプが違うスーツを選べるので、自分に合ったストライプ柄を見つけるのもストライプスーツならではの楽しみ方です。

ストライプスーツの魅力

ストライプスーツは、派手なチェック柄とは大きく異なり、落ち着いた知的なイメージを与えることが可能です。そんなストライプスーツですが、魅力を挙げると、スーツ、シャツ、ネクタイなどといった関連するアイテムで、さまざまな組み合わせを楽しめる点が挙げられます。

スーツ自体にストライプの柄が付いているので、シャツやネクタイなどの関連アイテムに無地の物を選ぶのか、または柄付きの物を選ぶのかなど、自由に選択が可能になります。選択の幅が何通りにも広がるので、自分好みの組み合わせに出来るところがストライプ柄スーツのおもしろい点です。

無地のスーツとは違って、スーツ自体に存在感があるため、控え目なコーディネートをしたり、遊び心を持たせた派手目なコーディネートをしたりと、自由に組み合わせができます。この自由さこそ、ストライプスーツの魅力とも言えます。

ストライプスーツはメンズだけでなく、レディースにも人気があるので、性別問わず、1着は持っておきたいスーツのひとつです。

ストライプスーツが与える印象とは?種類別にご紹介

普段、柄物のスーツを着ることがない方の中には、ストライプに対してハードルが高いと考えてしまう方もいるのではないでしょうか。また、ストライプと言っても、数種類のタイプが存在しているので、何を選んだらいいのか困ってしまう方も多いと思います。

スーツの生地が無地の場合は、無難なスーツなので特に不安はないでしょう。しかし、ストライプスーツとなると相手にどんな印象を与えるのかと心配になる人も多いのではないでしょうか。ましてや、ストライプスーツを着たことがない人は余計、気になってしまうところだと思います。

そんな方のためにこの記事では、一般的な5つのストライプ柄の特徴や、タイプによって与える印象の違いなどを紹介していきます。

ピンストライプ

細かいドットを縦に並べたタイプのストライプ柄です。ピンストライプはストライプ柄のなかでも比較的、控えめな柄となっており、落ち着いた印象が特徴的です。派手さはなく、落ち着いた雰囲気のあるピンストライプは、ビジネスシーンに最も向いている柄と言えます。

イギリスでは、ダークネイビーのピンストライプスーツに対しての評価が非常に高いです。ダークネイビーのピンストライプには風格があり、ビジネスシーンに最も向いているスーツだと言われています。

ストライプの間隔が空きすぎるとカジュアルな印象を持たれやすいので、スーツ選びには注意が必要です。

ペンシルストライプ

ペンシルストライプは名前の通り、鉛筆で線を書いたような細いラインが特徴のストライプ柄です。ライン自体はピンストライプよりも、しっかりとしたラインで知的な印象を与えることができるストライプになっています。

ペンシルストライプの柄はネイビーやグレーなどのスーツ色によく合うため、「スーツ色×ストライプ色」の組み合わせを変更して、好みに合わせて使用されることが多いです。

チョークストライプ

こちらもペンシルストライプと同様、名前通りのチョークで線を引いたような柄のストライプです。

線の特徴としては、太くて輪郭がぼやけているのが挙げられます。ペンシルストライプのラインは細くはっきりとしたラインでしたが、チョークストライプは太くぼやけたような印象が強い柄です。

上品さや力強さを与えられる柄となっているので、30代後半以降の年代から人気を集めています。ロンドンでは金融街に勤めるビジネスマンが好んで着るため、「バンカーストライプ」とも言われています。

シャドーストライプ

少し変わったストライプ柄がこのシャドーストライプです。

シャドーストライプは他のストライプ柄と違って、光の加減で柄が浮かび上がるようなデザインになっています。見た目は無地のスーツに見えるのですが、見る角度によって柄が浮かび上がってくる変わったスーツです。

無地のように控えめに着たい場面や、個性のあるアイテムとも一緒に着用できるので、バリエーション豊かな点が多くの人から好まれています。

上品さや高級感のある印象を与えることができるので、結婚式やパーティーなどのイベントごとに向いているスーツです。

オルタネートストライプ

オルタネートストライプの特徴は、色や形状の違う2種類のラインが交互に施された柄が特徴です。2種類のラインを使用しているため、高級感のある華やかな見た目になっています。

主張が強く、華やかなイメージがあるため、カジュアルシーンで好んで着用されています。Vゾーンのコーディネートに対して、センスが必要になってくるのでスーツ上級者に向いている柄と言えるでしょう。スーツ色はグレーやネイビーといった落ち着いた色がおすすめです。

ストライプスーツの着こなし方

ストライプスーツは無地のスーツと違って柄が施されているので、シャツやネクタイとの組み合わせなど多くの点に注意が必要です。せっかくオシャレなスーツ情報を調べて購入しても、着こなしがうまくいかないと宝の持ち腐れになってしまいます。

そうならないためにも、ストライプスーツの着こなしをマスターして、他の方と差を広げましょう。それではストライプスーツの着こなし方を解説していきます。

着こなしパターン

柄物の着こなしに慣れていない人だと、どういった着こなしをしていいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

柄物であるストライプスーツの着こなし方法にはいくつかパターンが存在します。こうでなければ絶対ダメ!というものはありませんが、これから挙げる方法であれば、まとまりのあるコーディネートが可能です。

おすすめの着こなしパターンをいくつか紹介していきますので参考にしてください。

一無地二柄

スーツ、シャツ、ネクタイの3アイテムのうち、1つを無地の物を使用して、他の2アイテムを柄物にするコーディネートの方法です。

今回はスーツが、ストライプ柄での紹介なので、スーツが柄物になります。他の2アイテムであるシャツかネクタイのどちらかを無地にするパターンです。柄物が隣り合わないようにすることでバランスの取れた、まとまりのあるスタイルにすることが可能になります。

二無地一柄

上記の一無地二柄とは違い、スーツ、シャツ、ネクタイの3アイテムのうち、2つを無地の物で、他の1アイテムを柄物にするパターンです。

失敗が少なく、誰にでも簡単にコーディネートができるスタイルとなっています。組み合わせが比較的簡単なのでスーツ初心者の方におすすめの方法です。

柄オン柄

スーツにおけるVゾーンは、コーディネートによって、相手への印象を大きく変える箇所でもあります。そのこともあって、Vゾーンの組み合わせに困るという方もいるのではないでしょうか。

そこで柄と柄を合わせる、柄オン柄という組み合わせがおすすめです。しかし、なんでもかんでも柄物を合わせればいいというわけではありません。色の組み合わせや柄の相性など、コーディネートをするにあたって、コツも必要になってくる点に注意が必要です。

柄の種類、もしくは柄の大きさなどで統一してコーディネートをすると、全体的な統一感が出て、まとまりやすいのでおすすめです。

スーツ色

ストライプスーツに限らず、スーツには多くの色が存在します。数多く存在する色の中で、特にストライプ柄におすすめの色としては「グレー」か「ネイビー」です。

両色ともビジネススーツとしての定番色になっているので、失敗しづらいというメリットが挙げられます。スーツの色自体が落ち着いた色のため、ストライプ柄に派手な色を使用してもそこまで気になりません。

スーツの色は濃さによって、相手に与える印象なども大きく変わってきます。また、スーツの色の濃さだけではなく、ストライプの形状によっても印象が大きく変わるので、「スーツの色の濃さ」と「ストライプの形状」によって何通りもの組み合わせが可能です。

スーツの組み合わせでおしゃれを楽しみたい方にとっては、選択肢が多いことは非常に嬉しい点です。

ビジネスシーンでのストライプスーツ

ストライプスーツはビジネスシーンではテッパンと言えるほど、王道のスタイルです。職種によって、ストライプの形状やスーツの色など、合う合わないがあるのでしっかりとポイントを抑えてコーディネートしていくことが重要になります。

ただし、ビジネスシーンだからといってどんなストライプでもいいというわけではありません。TPOを意識した組み合わせが必要になりますので、就職活動などでストライプスーツを着る場合には注意が必要です。

ストライプのラインが細いと、スマートで清潔感のあるさわやかな印象をあたえることができます。反対に太い場合だとカジュアル感が強くなってしまうので、就職活動では不利になってしまう場合がある点に注意が必要です。

結婚式でのストライプスーツ

近頃、ビジネススーツとして多くの人から支持を集めているストライプスーツですが、結婚式でストライプ柄のスーツを着てもいいのでしょうか。

数年前までの結婚式ではブラックスーツが主流だった時代がありました。しかし、近年の結婚式ではドレスコードの幅が広がり、ストライプスーツで参列する方も非常に増えてきております。

結婚式に参列するマナーとして、主役の新郎新婦よりも目立ってはいけないというルールが存在します。このルールを意識するのであれば、無地のスーツが無難です。しかし、無地では遊び心がなく、落ち着きすぎてしまっていると考える人もいるのではないでしょうか。

そのような方にはピンストライプやシャドーストライプなど、控え目なストライプ柄がおすすめです。ピンストライプやシャドウストライプであれば、派手すぎるということもなく、控え目なデザインとなっているため、新郎新婦よりも目立ってしまうということはありません。

ストライプスーツを選択する際には、会場の雰囲気はどういった雰囲気なのか、新郎新婦とはどのような関係なのか、などをしっかりと確認してスーツ選びを行いましょう。

ストライプスーツに合うシャツやネクタイはどれ?

ストライプスーツにはどのようなシャツやネクタイが合うのでしょうか。今持っているシャツやネクタイで代用ができるのであれば、それに越したことはありません。

どのようなシャツ、ネクタイが合うのか、順番に解説していきますので見ていきましょう。

シャツ

ストライプスーツに合わせるシャツは無地がおすすめです。スーツにはストライプの柄が入っているため、無地のシャツを合わせることによって非常にバランスの取れたコーディネートにすることができます。

もちろん、ストライプ柄の入ったスーツに、柄物のシャツを合わせてもいいのですが、適切なものを合わせられないと柄同士が喧嘩してしまうことになってしまいます。そうなってしまうとガチャガチャとした見た目になってしまい、せっかくのストライプスーツが台無しになってしまうので注意が必要です。

無地のシャツの色は白か薄いブルーがおすすめです。柄付きのスーツのため、さわやかな色のシャツにしておけば清潔感も出て、相手に好印象を与えることができます。

ネクタイ

ストライプスーツの時のネクタイは、柄物がおすすめです。特に柄物の中でもドット柄は、ストライプとの相性がいいため、バランスの取れたコーディネートにすることができます。ドットの大きさにも多くの種類があるのですが、ドットのサイズが大きくなりすぎてしまうと、カジュアルな要素を多く含んだライトな印象を与えてしまうので、ドットのサイズが大きくなりすぎないようにする必要があります。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

ここ数年、オーダースーツを販売しているお店が続々とオープンしてきました。数多くあるオーダースーツのお店の中でも、幅広い世代から根強い人気を集めているお店が「オーダースーツSADA」です。

オーダースーツSADAの創業は大正時代でとても歴史のある会社です。オーダースーツ業界で1番の店舗数を誇っており、着実に店舗数を増やしてきた実績があります。そこまで店舗数を増やしてこれたのには理由があります。

また、作成工程にも特徴があり、自動設計や自動裁断システムを用いた自社工場を保有し、ほとんどの工程を自社で行っている点が強みです。生地の仕入れからスーツ作成まで自社で完結させることで、価格を抑えることができ、スーツ購入者に還元できるようになっています。

世間一般では「オーダースーツはハードルが高い」と思われがちですが、スーツのプロであるスタッフと相談しながらオーダースーツを作れるので、初心者にもたいへんおすすめです。

オーダースーツの作成の仕方には

・パターンオーダー

・イージーオーダー

・フルオーダー

の3種類が存在しており、各々によって作成の工程が違うことが特徴に挙げられます。

オーダースーツSADAのスーツ作成方法はフルオーダーとなっています。フルオーダーは自分にぴったりのスーツを作ることが可能なため、一般的に価格が高くなる傾向にあります。価格が高いというイメージで、フルオーダースーツの作成を敬遠してしまう方が非常に多いのも事実です。

しかし、オーダースーツSADAでは既製のスーツと変わらない値段で、フルオーダースーツの作成ができ、非常にコストパフォーマンスに優れていると幅広い世代から人気になっています。

また、スーツ購入者にとって嬉しいサービスも用意されています。それは、返金システムが用意されており、作成したオーダースーツに満足できない場合は全額返金サービスしてくれるありがたいサービスなどが存在します。そういったサービスのおかげで、オーダースーツを作ったことのない方からの注文が増え続けています。オーダースーツを作ることに慣れている方はもちろん、オーダースーツ初心者の方にも優しいお店となっています。

まとめ

この記事では、ストライプスーツについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

ストライプスーツの着こなし方やストライプ柄のタイプによって、与える印象に大きな違いがあると知らなかったという方も多かったのではないでしょうか。相手に与えたい印象などを一度、一覧にして確認しておくのもいいことです。

ストライプスーツを着る際には、コツなども必要になってきますが、初心者の方でも簡単にコーディネートできる方法なども紹介しました。TPOを意識したスーツを着ることで、相手からの印象は全く違うものになります。自分に合うスーツを着用して、おしゃれ度で周りの方と差をつけましょう。

オーダースーツSADAでは自分に合うストライプスーツを作成することが可能なため、初めてスーツを買う方はもちろん、スーツ購入のベテラン者でも満足できるスーツの作成が可能です。

オーダースーツSADAで自分に合ったストライプスーツを見つけてみてください。

いかがでしたでしょうか。今回は、ポイントさえ押さえれば誰でも似合うストライプの魅力や着こなし方をはじめ、おすすめのストライプスーツのコーディネートなどを解説してきました。ストライプはラインの「太さ」「色」「形状」によって与える印象に大きな違いがあります。この違いを知っておくと、着用するシーンによってストライプスーツを使い分けることができます。また、同じストライプでも雰囲気の違う数着を着回しすると、よりおしゃれを楽しむことができ、周りからも一目置かれるかもしれません。ストライプスーツを着る際には、コツなども必要になってきますが、初心者の方でも簡単にコーディネートできる方法なども紹介しました。本記事を参考に、自分に合うスーツを見つけて、おしゃれで周りの方と差をつけましょう。自分に合うストライプスーツを作成したい方や、誠実で知的なコーディネートを目指したい方には、オーダースーツも検討してみてはいかがでしょうか。オーダースーツSADAでは、専門のスタッフがしっかりサポートするため、フルオーダーの楽しさ、快適さ、フィット感はもちろんのこと、着回しの相談や着こなしに関しての些細なお悩みにも親身にお答え致します。オーダースーツSADAでその魅力を体験してみてはいかがでしょう。

投稿日
最終更新日

tags