春夏スーツを秋冬に着るのはNG?!そんな悩みは「オールシーズンスーツ」で解決

春夏スーツは秋冬に着てはいけないのか。

引用元https://www.landsend.co.jp/pp/JP510122F.html

結論から言うと、着てはいけないということはありません!

しかし、分かる人からみると、夏物だなとバレてしまうため”自己管理ができない””衣替えしていない””だらしがない”という印象を与えてしまうかも知れません。

そもそも春夏スーツと秋冬スーツの違いは、生地の薄さの違いです。

夏物は通気性に優れ、裏地がなく、冬物はウールやカシミヤといった温かい生地感で裏地がしっかりとしています。

「オールシーズンスーツ」とは

引用元https://www.landsend.co.jp/pp/J005197309.html?utm_source=google&utm_medium=paidsearch&utm_campaign=nonbranded&cm_mmc=nonbranded-_-aw-_-google-_-12462243292&gclid=CjwKCAjw7rWKBhAtEiwAJ3CWLAwGifrbe7NJpvdxMVEQzhWOXT-PEKCMDRp2Et0zlYX4A8OEsJOs3hoCYKUQAvD_BwE

「オールシーズンスーツ」とは、名前の通り春夏秋冬、いつでも着られるスーツを指します。

生地が厚すぎず、薄すぎず、全てにおいて真ん中のバランスが取れたスーツが「オールシーズンスーツ」なんです。

そして「オールシーズンスーツ」は無難なカラーリングなものが多いためシチュエーションを選ばず着用できるのが魅力です。

良い意味で”季節感がない”ノーマルなコーディネートができるので、1着持っていると便利です。

どんなスーツがあるか

引用元https://crosset.onward.co.jp/items/JKGOIM0501?cc=874&cid=ds_gg_pla_20201201_001&gclid=CjwKCAjw7rWKBhAtEiwAJ3CWLA9WKFKGRTLc-t2M3qC9AkofZhcB2BTpvpYuQZWYEcSwHQVha1LK3hoCfOYQAvD_BwE

DORMEUIL 「AMADEUS+抗菌撥水 セットアップジャケット」
¥51,920 

こちらのスーツは春夏を中心に着用するスーツですが、防水加工された特殊な裏地を採用しているため風を通しにくいという点で秋冬にも着用できる1着です。

肩パッドは入れずソフトな肩まわりにし、ナチュラルでシンプルな雰囲気を醸し出しながら、全体ラインは綺麗に保つことができるのが魅力。

引用元https://www.landsend.co.jp/pp/J005197309.html?utm_source=google&utm_medium=paidsearch&utm_campaign=nonbranded&cm_mmc=nonbranded-_-aw-_-google-_-12462243292&gclid=CjwKCAjw7rWKBhAtEiwAJ3CWLAwGifrbe7NJpvdxMVEQzhWOXT-PEKCMDRp2Et0zlYX4A8OEsJOs3hoCYKUQAvD_BwE

「メンズ・コメロ・リネンウール・トロピカル・ジャケット」14,900円

麻混ウールを使用した大人っぽい雰囲気でビジネスシーンで活用できるスーツ。

所々散らされた麻の素材がスーツ全体を堅過ぎない洒脱な雰囲気に仕上げてくれるため、大人なスタイリングにとてもマッチします。

引用元https://www.ordersuit.info/sada_suit/

SADA「3シーズン服地」38,280円〜

通年(10ヶ月)着用できるSADAのスリーシーズンコレクション。

SUPER100’Sのウール糸を使用することで独特のしなやかさとドレープ性を保ち、 上品な光沢感を併せ持つ素材を使用してます。

就活やフレッシャーズにもお薦めできるスーツです。

まとめ

引用元https://www.landsend.co.jp/pp/JP507774F.html

春夏スーツを秋冬に着るのはNG?!そんな悩みを解決できる、「オールシーズンスーツ」をご紹介しました。

一年を通して快適に着られるスーツを1着持っておけばいざというときに着られ、手持ちの数を減らすことができるからクローゼットもすっきりさせされて◎

最後の紹介した「SADAのオーダースーツ」はこちらから予約来店可能です。

興味をお持ちの方は、是非足を運んでみてくださいね。

https://www.ordersuit.info/suit_list/detail.php?id=79101

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。