社会人なら知っておきたい、裾上げの知識

裾上げとは

裾上げとはスカートやズボンなどの裾を切ったり折ったりして縫い直し、丈を短くすること。

皆さんは、試着しずに買ったお洋服や、親から譲り受けたスーツなどもう少し丈が短かったらちょうどいいのになと感じることありませんか?

そこで知っておきたいのが「裾上げ」の知識。

丈感や名称を知っておくだけでも、店頭で「裾上げ」をしてもらう際にも伝えやすいです。

スーツの裾の長さ(クッション)

スーツの裾の長さ(クッション)はたるみ具合で分かれます。

①ワンクッション

スーツの裾が靴の甲に当たり、折り目が1つ出来る長さがワンクッションと言います。

清潔感があり歩いていても靴下が見えない長さ、これが標準の長さになります。

ビジネスからフォーマルまで幅広く使えるため、一般的なスーツはこの長さになる様に設計されています。

②ハーフクッション

裾の前部分が靴に当たり、わずかに余裕ができる長さをハーフクッションを言います。

ワンクッションよりも足元がすっきりするためスタイリッシュな印象になるので多くの方に好まれています。

特に細身のスーツと相性がいいためよく用いられます。

③ノークッション

裾が靴の甲に当たらない長さをノークッションと言います。

3つの中でも一番短く、カジュアルな雰囲気になります。

ビジネスでも取り入れられていますが、少しカジュアルな印象になるので、固めのビジネスシーンやフォーマルには向きません。

シングルとダブル

裾上げをお店でお願いした時に「シングル・ダブル」というワードを聞いたことありませんか?

簡単に言えば、シングルとは裾に折り返しがないもののことで、ダブルとは折り返しがあるもののことを言います。

シングルは足元がすっきりとして、ややフォーマルな印象なので幅広いシーンで使えるのが特徴です。

反対に裾に折り返しがあるダブル仕上げは、シングル仕上げに比べてカジュアルな印象やスポーティーな印象になります。

裾上げテープって知ってる?

引用元https://www.monotaro.com/p/5828/2735/?utm_id=g_pla&utm_medium=cpc&utm_source=Adwords&utm_campaign=246-833-4061_6466659573&utm_content=77481174876&utm_term=_380604224319__aud-368712506548:pla-876575642787&gclid=CjwKCAjw2bmLBhBREiwAZ6ugoza9g76iIhJ7eKARTeuYKY0J_guUfMg8DzyD7RprWSEwRJSoY-BsaBoC5cYQAvD_BwE

裾上げテープとは、針や糸・ミシンをわざわざ用意しなくても簡単に調節できるテープを指します。

テープにも様々な種類があり、両面や片面、そして防水テープなどあります。

両面テープは初心者さんにもおすすめで、面からテープが見えないのが特徴です。

簡単に裾上げに持っていけないけど、直したい方や、毎回丈感を調節したい方にお勧めです。

裾上げテープにはカラーバリエーションもあるため、スーツのカラーにあったテープを使用する様にしましょう。

オーダースーツ

裾上げを行なってくれる店舗に持っていくのも、自分で裾上げに挑戦するのも良いですが、オーダースーツなら、裾上げまでもしっかりと行なってくれて楽チン!

失敗しないだけでなく、自分に合った丈感を提案してくれるため良い状態をキープできます。

スーツに関する困ったことが合ったときに相談できたり、メンテナンスを正しく行なってもらえるのは「オーダースーツ」の特権です。

https://www.ordersuit.info/

まとめ

知っておくと得する、裾上げの知識をご紹介しました。

裾の長さ(クッション)の違いやビジネスシーンで推奨される丈感などを知っておくだけで、今後スーツを選ぶ際に役立てられます。

是非皆さんも参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。