失敗しない、細身のスーツの選び方

細身スーツとは、自分の体にフィットしたぴちっとしたシルエットを特徴としたスーツを指します。

体のラインが出るからこそ、程よいフィット感が大切になり、自分のサイズに合っていないとしわになりやすかったりと失敗しやすいのが現実です。

そこで今回は失敗しない、細身のスーツの選び方をピックアップしてご紹介します。

背中、お腹周りのシルエットを意識する。

サイズがきつ過ぎると、背中周りにシワができてはち切れそうに見えてしまいます。

そのため、試着する際にはジャケットを着用したらボタンを閉めて腕を前後に動かしてみましょう。

そこで胸あたりのラペルが立ち上がらないものならOKです!

普段からお仕事中に動くという方は、体とジャケットの間にこぶし一つ分のスペースが空く程度のサイズだと、より安心です!

着丈の長さ

着丈の長さにも注意しましょう。

着丈の長さ=後ろ姿です。

細身のジャケットは着丈が短くなる傾向にありますが、ビジネスシーンで好まれる着丈はお尻がやや隠れるか、お尻の真ん中くらいまでの長さです。

短すぎるとアンバランスで窮屈な印象に、長すぎても胴長な貧相な印象になってしまうため、そのあたりに注意するのがポイント。

裾の長さ

細身のスラックスを選ぶ時は裾の長さが重要なポイントです。

綺麗に着こなすことのできる長さは、裾が靴の甲に少しかかる程度。

短く靴下が見える長さも個性的ではありますが、ビジネスシーンではあまりいい印象とは言えません。

くるぶしより少し長めを目安に裾丈を意識するとすっきりとスタイリッシュに着こなすことができますよ。

細身のスーツをカッコよく着こなすワザ

細身のスーツをカッコよく着こなす技として、

全体の小物はシンプルにまとめる、靴はスタイリッシュな革靴にするというポイントがあります。

細身のスーツは、ダークな色や暗めのブラウンにすると全体が引き締まりスタイリッシュさが引き立ちます。

そのため、小物も同様にダークカラーで統一しておくと、まとまりがでて◎

靴においては、足元にボリュームを出してしまうと、全体のバランスが悪くなってしまうため、細身のスーツの良いところを生かすためにも、革靴などのすっきりとした落ち着いた靴をチョイスすると良いです。

さらに言えばつま先がシュッとしたデザインであればより脚長効果も期待できるため、よりカッコよくスーツを着こなすことができますよ。

失敗しないスーツといえばオーダースーツ

絶対に失敗しないと言えるスーツの選び方といえはオーダースーツ。

細かいところまで採寸を行い、ぴったりマッチするサイズ感でスーツを作ることができるため、上であげた失敗はまずしません。

実際に完成したスーツを着用し、お直しが必要になった場合でもきちんと対応してくれるため、安心です。

まとめ

失敗しない、細身のスーツの選び方をご紹介しました。

細身のスーツはスタイリッシュに見せてくれるだけでなく、清潔感、誠実さといったビジネスシーンで良い印象を与えてくれます。

皆さんもこの注意点を参考に失敗しないスーツ選びをしてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。