【オーダースーツ おすすめ】人気の理由は最高コスパ!おすすめオーダースーツを徹底解説。

今、スーツをオーダーで仕立てる人が急増中!
人気の理由はコスパと着心地。
今回は、オーダースーツ初心者も安心な簡単ガイドです。
「オーダーで失敗したくない!」「コスパが良いオーダーって何?」「オーダースーツのおすすめ店はどこ?」そんなお悩みにもズバッとお答えします。

オーダースーツの種類

オーダースーツは4種類。
実は、製法にかなりの差があります。
失敗しないために、まず店舗によって異なるオーダースーツの種類を事前に確認しましょう。

フルオーダー

自分だけの型紙を作るフルオーダーは2種類。
フルハンドメイドとマシーンメイドに分かれます。

フルハンドメイド
オーダースーツの原点。
カッター(裁断士)が作る最高級オーダースーツです。
基本手作業で、1ヵ月から2ヵ月かけてスーツを仕上げます。
採寸結果から型紙を作成、生地を裁断します。
しつけ糸で一度スーツを縫い上げて試着。
試着でのサイズ調整後に本縫いするため、フィット感が抜群です。
しかし、カッターが手作業で作るため高額になります。
目安は20万円から100万円。
着用スケジュールにあわせ、2ヵ月前からの注文が必要です。

マシーンメイド
低価格と製作日数の短縮を可能にした現代的フルオーダー
採寸結果から型紙を作成します。
CAD(自動設計システム)とCAM(自動裁断機)で作られた生地パーツは工場で縫製、納期は1ヶ月程度です。
フルオーダーでありながら迅速な納品、日常使いできる価格設定。
細かな採寸から起こされる、オリジナルパターン快適な着心地はフルオーダーならでは。
一度採寸して型紙パターンを作成すれば、2回目以降のオーダーが容易になります。
オーダースーツSADAは、マシーンメイドのフルオーダーです。

セミオーダー

オーダーを簡略化したセミオーダーは2種類。
セミオーダーは、個人の型紙を作りません

イージーオーダー
基本となる型紙データがあります。採寸結果に最も近いデータを選び修正します。
個人の型紙パターンを作らないため、納期は3週間程度です。
修正の際に、全体バランスの再調整(グレーディング)が可能
この点が、次に説明するパターンオーダーとの差です。

パターンオーダー
オーダーと呼ばれていますが、仕上がりは既製服に近いスーツです。
型紙のパターンが決まっているため、店頭ではゲージ見本で採寸します。
体のサイズを測るのではなく、体に合うゲージを選定し、袖丈や着丈、ウエストなどを修正します。
微調整は数センチが限界で、既製服の補正と同程度の補正しかできません。
また、補正が出来る場所が限られ、補正した部分と全体バランスの再調整(グレーディング)が出来ません
納期は、早いものだと1週間程度です。
ゲージ見本を着用するため、仕上がりイメージが掴みやすい点が便利です。

オーダースーツが選ばれる4つの理由

既製服からオーダースーツへ切り替える人が増えている理由は大きく4つ。

  • 価格・・・既製服と変わらない低価格。
  • シルエット・・・大まかな標準体型ではなく、個人のスタイルに合わせられる。
  • 着心地・・・体に合わせたパターンで、快適なフィット感が得られる。
  • 選ぶ楽しみ・・・スタイルからボタンまで、こだわりの選択ができる。

人気の条件をバランス良く満たすのはマシーンメイドのフルオーダーです。
個人の型紙を作成できるため、シルエットと着心地のクオリティが高い。
フルオーダーを効率良く自動化し、既製服と同等の低価格を実現。
ボタンや裏地などを好みに変えられる自由度がある。
このような理由からマシーンメイドフルオーダーは、満足度の高いオーダーとして知られています。

オーダーの流れを掴む

オーダーする際のポイントを意識するだけでも、後悔のない選択ができます。

  • 採寸・・・できるだけリラックスした普段通りの立ち姿で採寸します。
    採寸を見ようとして下を向いたり、体をねじらないことがポイント。
    正面を向き姿勢良く、採寸が終わるのを待ちます。
    正確な採寸は最重要ポイントです。
  • スタイルを選ぶ・・・イギリス紳士風のブリティッシュスタイル。
    しなやかなラインが特徴のイタリアン。
    実用的で動きやすいアメトラ。
    トレンドを意識したい場合は、スーツに合わせたシャツタイも同時購入がおすすめ。
    コーディネートのアンバランスを防ぎます。
  • スタイルに合う生地を選ぶ・・・ブリティッシュスタイルはハリのあるイギリス生地、イタリアンスタイルは柔らかなイタリア生地を選ぶとシルエットが美しくなります。
  • 裏地・ボタンなど付属を選ぶ・・・付属のボタンや裏地選び。
    色柄のバランスも考えながらオンリーワンの組み合わせを決めます。

失敗しないオーダーのコツ

スーツは使う場面に合わせた格式ルールや、ビジネスでの使用頻度などによって最適な生地が変わります。
スタッフは情報が多いほど、ふさわしい生地を提案できるので、あらかじめどのようなイメージなのかを、メモアプリなどにまとめて置くと安心です。
ビジネスであれば、使用頻度や運転、外回りの有無なども生地選択の目安になります。
結婚式など式典用スーツは特に、格式ルールがあるので詳しく説明しましょう。

Q.オーダースーツで失敗したら泣き寝入り?
A.注文前に返金サービスの有無を確認すると安心です。

オーダースーツSADAでは、全額返金保証サービスがあり1ヵ月以内の返品が可能です。

Q.オーダースーツのメンテナンスは?
A.購入後のアフターサービスも確認しておきましょう。

オーダースーツSADAでは、購入後1カ月以内のお直しが無料です。
更に、ウエストのお直しはずっと無料。
多少の体重変化があっても安心してスーツを使い続ける事ができます。

コスパの裏話

オーダースーツが人気となり、扱う店舗は飛躍的に増えました。
しかし、その価格は様々。
また、同じ3万円のスーツでもコストに差があると、必然的にスーツの質が変わります。
誰もが、同じ金額を払うのであれば、コストが少なくスーツ自体の質が高いオーダーを選びたいもの。
そこで、オーダースーツSADAが取り組んだ事は、徹底的なコストカット
スーツは生地の仕入れから販売されるまでに1次生地卸、2次生地卸、縫製工場など様々な中間企業を経由するため、そのコストがスーツ価格に上乗せされます。
オーダースーツSADAでは、この問題を解決。
生地の仕入れから工場、店舗まで自社グループ一貫体制にすることで、コストを極限まで削減。
驚きの価格を実現しました。
予算を純粋にスーツへ投資できる最高コスパでフルオーダーを楽しむことができます。

まとめ

今回は、失敗しないおすすめオーダースーツのご紹介でした。
ポイントは5つ。

  • 注文する前に、オーダーの種類を確認する。
  • 採寸中はリラックスして姿勢よく。
  • イメージやTPOをスタッフにできるだけ多く伝える。
  • コスパは中間業者が多いほど悪くなる。
  • アフターサービスや返金保証を確認する。

技術の進歩によって身近になったオーダースーツ。
フルオーダーは初回の採寸に時間がかかりますが、2回目からは生地やボタンを選ぶだけ。
既製服と違い、毎回購入時に採寸をしたり、好きな柄やサイズが品切れで取り寄せるという手間もありません。
長いスパンでは、圧倒的に時間のコスパが良い点も特筆すべきメリットです。

快適なスーツを、手軽にフルオーダーできる時代になっています。
オーダースーツSADAのマシーンメイドフルオーダーで、フルオーダーの着心地を体感してください。


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。