• HOME
  • ブログ
  • 未分類
  • スーツにはさまざまな形がある!シーンや好みに合わせてお気に入りのスーツを着用しよう

スーツにはさまざまな形がある!シーンや好みに合わせてお気に入りのスーツを着用しよう

「スーツってどれも同じ形をしていない?」「ネットの情報が多すぎてどのスーツを選べばいいかわからない」と思われる方は多いでしょう。

しかし、スーツにはさまざまな形があるのです。

特定のシーンに最適なスーツから、個性を活かせるものまであります。

そのため、最近のスーツは仕事のみならず、ファッションとしても成立するのです。

今回は、スーツの形やシーンごとに合ったもの、個性を活かしやすいものなどご紹介しましょう。

ぜひ本記事を参考に、お気に入りのビジネスパートナー(スーツ)を見つけてください。

スーツの基本的な種類

スーツは大きく、「シングルスーツ」「ダブルスーツ」の2つに分けられます。また、ジャケットとスラックスなどがセットになった、いわゆる「スーピース」「スリーピース」もあります。

最近ではスーツのカスタマイズ性が高くなっているので、ファッションの一部ともいえます。

それぞれ特徴が異なるので、ご紹介しましょう。

シングル

シングルスーツは前ボタンの配置が縦一列に揃っている定番のデザインで、知っている方が多いでしょう。

新社会人から会社のお偉いさんまで幅広い年齢層の方でも着こなせるため、スーツ選びに迷ったらシングルを選ぶのがいいでしょう。

ダブル

ダブルスーツは、前ボタンの配置が縦2列になっているデザインを指します。着こなしの難易度が高いため、最近ではあまり見かけなくなりました。

しかし、着こなせればシングルスーツよりもフォーマルな印象を与えられ、仕事ができるビジネスマンと見られるでしょう。

また、ダブルスーツはボタンの数も4つや6つなど、バリュエーションが豊富です。そのため、個性を出しやすく、横に広がる見た目をしていることから、体格のいい方によく似合います。

ツーピース

ツーピースは、ジャケットとパンツの二点がセットになったスーツです。スーツセットの中では最も多く見かけるタイプで、定番といっても過言ではありません。

そのため、紳士服売り場に並んでいるほとんどがツーピースです

定番なツーピースは、人を選ばず着こなせるため多くのビジネスマンが愛用しています。

スリーピース

スリーピースは、ジャケット・パンツ・ベストの三点がセットになったスーツです。スリーピースは明治時代からあるスーツで、日本では『三つ揃え』と呼ばれ、古くから慣れ親しんでいます。

馴染みあるスリーピースですが、ツーピースに比べて着こなしのハードルを高いと感じている方が多いでしょう。

そのため、敬遠されていたり、思ったように着こなせなかったりと、クローゼットの奥に眠らせている方も少なくありません。

しかし、きちんと着こなせばお洒落でかっこいい印象を与えられ、周囲から一際目立つビジネスマンに変身できるでしょう。

スーツのデザインについて知る

スーツは歴史が深く、国によってスタイルが異なります。主要なスーツのスタイルは以下の3つです。

  • プリティッシュスタイル
  • イタリアンスタイル
  • アメリカンスタイル

それぞれ特徴が異なり、見た目を重視したものや機能性を重視したスーツもあります。スーツのデザインを統一するのであれば、国別のスタイルを参考にするといいでしょう。

もちろん、ご自身の好んでいるデザインがあればお気に入りのを選ぶのがベストではあります。スーツの国別のデザインをご紹介しましょう。

紳士なプリティッシュスタイル

プリティッシュスタイルは、スーツの発祥地であるイギリスのスタイルです。固いめの生地で作られており、肩パッドが入っているため、ガッチリとしたシルエットで男らしく忠実な印象を与えられます。

イギリスは、湿気が多くやつれないように固めの素材で作られており、見た目もさることながら実用性も高いのです。

そんなイタリアンスーツは、正面からでも後ろから見てもシルエットがはっきりしておりエレガントな印象も与えます。

爽やかなイタリアンスタイル

イタリアンスタイルは、優しい爽やかな印象を与えます。肩パッドが薄いため、体のラインが強調され、細身でスラットした見栄えに仕上がるのです。

イタリアの気候は乾燥しているため、イギリスと違い柔らかい素材を使ってもスーツがよれません。そんなイタリアンスタイルは、陽気にファッションを楽しみたい方におすすめです。

機能性を重視したアメリカンスタイル

機能性を重視したアメリカンスタイルは、イタリアやイギリスに比べてスーツが大きめに作られています。アメリカは大柄な方が多いため、どのような体型にも合うようスーツがデザインされているのです。

アメリカンスタイルは、ジャケットだけではなくスラックスも太めに作られています。そのため、お仕事で活発に動く方でも快適に過ごせるでしょう。

シルエットが大きくなるため、優しい穏やかな印象を与えてくれます。

スーツの柄によって印象が変わる

柄はスーツ全体の印象に関わるため、個性を表現するためには無視できないポイントでしょう。

最近では、ブランドから市販のものまでさまざまな柄や色のスーツが販売されています。もちろん、オーダーメイドの場合は、柄は無数にあります。

また、デザイン性を重視したものはもちろん、機能性や着心地を求めて作られたものもあるのです。

スーツの柄が与える印象を見ていきましょう。

シャドーストライプの印象は「真面目な人」

一見すると無地に見えるシャドーストライプは、角度や光の当たり具合によって、繊細なストライプが浮き出る生地です。

通常のストライプはスタイリッシュに着こなせるのが魅力的ですが、ストライプの主張が強いため、着る場面を選ぶ必要があります。

その点シャドーストライプは、生地全体に上品な光沢があり、清潔感や忠実な印象を与えられます。

そのため、大事な取引先との商談や、営業での外回りなど、さまざまなビジネスシーンで活躍するのは間違いありません。

ストライプの印象は「仕事ができる人」

ストライプは、知的さやスタイリッシュさを演出してくれるため、仕事ができる人な印象を与えられます。また、ストライプはバリュエーションが多く、ネットには無数に情報があるので、どれを選べばいいかわからず混乱している方もいるでしょう。

以下は、主流なストライプといえるので抑えておきましょう。

  • ピンストライプ
  • シャドーストライプ
  • ペンシルストライプ
  • チョークスストライプ
  • オルタネートストライプ

ピンストライプやシャドーストライプは、主張が控えめなデザインで、「落ち着いた人」「真面目な人」などの印象を与えられます。

ペンシルストライプやチョークストライプは、デザインがはっきりしているため、「自信」や「信頼感」を与えられるでしょう。

オルタネートストライプは、交互に線が交わっている落ち着いたデザインで「余裕のある人」と印象を与えられます。

ストライプはバリエーションが豊富なため、シチュエーションに応じてさまざまなデザインを着こなせると楽しめるでしょう。

ウインドペーンの印象は「親しみやすい人」

ウインドぺーンは、線の色と生地の色の二色構成でデザインされた柄です。清楚でありながらも砕けたデザイン、可愛らしいデザインから「親しみやすさ」を与えてくれます。

ウインドペーン柄は、英国カントリー調の伝統柄でもあり、年代を選ばず着こなせるのも魅力です。上司がウインドペーンを着用していると、部下は親しみやすいでしょう。逆に、部下が着用していると上司から気に入られやすくなるでしょう。

ウインドペーンは、人間関係を円滑にする効果もあるのです。

グレンチェックの印象は「紳士な人」

グレンチェックとは、千鳥格子をブロック状に規則的に並べた柄です。昔に英国王子が愛用したこともあり、別名「プリンス・オブ・ウェールズ・チェック」とも呼ばれています。

英国の伝統的な柄の一つでもあり、親しみやすい印象を持たれることが多いですが、お洒落感や高級感も演出できるのです。

紳士な人と印象を持たれたいのであれば、グレンチェック一択といっても過言ではありません。

シャドーチェックの印象は「上品な人」

シャードーチェックは、一見無地に見えますが、角度や光の具合によってチェックが浮きだって見えるデザインです。

チェックの中でも派手さを感じさせないデザインで、「品の良さ」や「上品な人」という印象を与えてくれます。

スラックスにも種類がある

スラックスにもさまざまな種類があります。季節によっては、暑くて脱ぐこともあるジャケットに比べて、スラックスは外出時に脱ぎません。そのため、スラックスはシーズンを通して人の目につくのです。

ジャケットを着ない場面では、スラックスでビジネスマンとしての印象が左右されるため、スーツを着こなす上で、スラックス選びは欠かせません。

また、裾上げの仕上がりやデザインによって足元の印象も変えられるなど、カスタマイズ性が高いです。スーツ選びに欠かせないスラックスですが、大きく分けて以下の3つで構成されています。

  • タック
  • シルエット
  • 裾上げ

それぞれの特徴を見ていきましょう。

タック

タックとは、装飾や身体に合わせるために布地を織り込んで縫ったひだの部分を指します。タックにも「ノータック」「ワンタック」「ツータック」の3種類あります。それぞれの特徴を解説しましょう。

1,ノータック

ノータックは、名前のとおりタックがないスラックスです。タックがない分、裾幅が細くなりスタイリッシュな印象を与えられます。とくに若年層の間で人気が高いのがノータックです。

2,ワンタック

ワンタックとは、両足に一本ずつタックが入っているスラックスを指します。スラックスの中では、一番バリュエーションが多いため年代問わず愛用されています。

3,ツータック

ツータックとは、両足に2本ずつタックが入っているスラックスを指します。腰回りにゆとりがあるため、動きやすいのが特徴です。

ゆとりがある分、下半身が大きく見えるものの上品な印象を与えられます。

シルエット

シルエットは主に、「ストレート」「テーパード」「ワイド」「スキニー」の4種類あります。それぞれの特徴を解説しましょう。

1,ストレート

ストレートは直線的なシルエットで、シンプルなためビジネスシーンを選ばずに活躍します。

しかし、裾の幅が一定で、サイズを少し間違えると動きにくくなるでしょう。

2,テーパード

テーパードは裾に向けて幅が細くなるため、スタイルがよく見えます。あた、腰回りにゆとりがあるので、快適に動けるのも特徴です。

3,ワイド

ワイドは全体的にゆったりした大きめなデザインです。動きやすく、立ったり座ったりする動作が多いデスクワークの方でも快適に過ごせるでしょう。

4,スキニー

スキニーは脚全体にフィットするデザインです。足が細長く見えるため、テーパードよりもスタイルをよく見せられます。

とくに、20〜30代の方が愛用しており、若年層におすすめしたいタイプです。

裾上げ

裾上げには、「シングル」「ダブル」の2種類あります。裾上げには決まったルールがないため、好みのデザインを選ぶといいでしょう。それぞれの特徴をご紹介します。

1,シングル

シングルは、裾を折り返さない仕上げ方です。街中でよく見るタイプがシングルで、日本では主流なスタイルです。シングルジャケットとの相性がよく、合わせて着ると洗練されたシルエットになります。

2,ダブル

ダブルは、スラックスの裾を4センチ前後折り返したデザインです。足元に重厚感を持たせるため、お洒落な印象を与えます。

また、英国貴族が裾を折り曲げることで、裾の汚れ防止を工夫するために作られたといわれています。そのため、屋外で活動する機会が多い方でも、裾が汚れることは少ないでしょう。

ダブルの裾上げは、ビジネスマンにとって実用的なデザインといえます。

ベント(背中の切れ込み)の種類

ベントは、ジャケットの背中の裾にある切れ込みを指します。どのようなシーンでも美しくスーツを着こなすためには、後ろ姿にも気を抜かないのがポイントです。

そんなベントですが、バリエーションが豊富で、デザイン性を重視したものから、機能性や着心地を求めて作られたものがあります。

そのため、お好みのデザインがすぐに見つかるでしょう。

ベントの種類は、大きく以下の5つに分かれます。

  • センターベント
  • サイドベンツ
  • フックベント
  • ノーベント
  • インバーテッドプリーツ

ベントは、種類が多いことから、スーツをオシャレに着こなしたい方の楽しみの1つといえるでしょう。それぞれの特徴をご紹介します。

1.センターベント

スーツの中心に一本の切れ込みが入っているのがセンターベントで、定番のタイプです。後ろ姿がスッキリしていてスタイルがよく見えるので、多くのビジネスマンが愛用しています。

しかし、腰元が露出しているため、お尻の大きな人や腰に筋肉がついているスポーツマン体系の方が着用すると、下半身が強調されるのでアンバランスになりかねません。

2.サイドベンツ

スーツの中心から両端に一本づつ切れ込みが入っているのがサイドベンツです。切れ込みが2本入っていて下半身にゆとりがあるため、腰回りが大きい方でも難なく着こなせます。

また、身体を動かしたり風が吹いたりすることで、スーツが大きくなびくため、エレガントで大人の印象を与えられるのです。

3.フックベント

スーツの中心に一本の切れ込みが入っていて、切れ込みの根元部分がカギ状になっているのフックベントです。センターベントのアレンジといわれており、主にモーニングコート(礼服)に採用されています。

そんなフックベントは、機能性を重視して作られていないため、ビジネスシーンではあまり見ません。

しかし、ビジネスシーンで見る機会が少ないゆえ、個性を活かせやすいデザインともいえるでしょう。遊びを入れるためにオーダーするビジネスマンもいるのです。

4,ノーベント

スーツに切り込みが入っていないのがノーベントです。ベントは、元々ジャケットに動きやすさを与えるためにありますが、ノーベントは切り込みが入っていないため、機能性に欠けます。

しかし、機能性には欠けるものの、くびれがはっきりするため、オシャレを重視している方が着用しています。

他のビジネススーツのように機能的なメリットはありませんが、シルエットを美しく見せられ、洗練された大人の印象を与えるのです。

5,インバーテッドプリーツ

インバーテッドプリーツとは、トレンチコートの後ろ側に見られるデザインで、切れ目はなく畳んでヒダにしたデザインを指します。

デザイン上通気性がないため、風が強い春や秋に着用する方が多く見受けられます。そんなインバーテッドプリーツですが、落ち着きや安心感のある印象が特徴です。

元々、上流階級貴族を象徴とするデザインなので、会社の役員さんや立場のある方が好んでいます。

襟(ラペル)の形

ラペルとはスーツの下襟(えり)を指します。ラペルはスーツの顔といっても過言ではなく、個性を出せる要素の1つです。

ラペルは一見小さなポイントに見えますが、できるビジネスマンは些細な部分にも気を遣うものです。ビジネスマンとして印象をよくするには、ラペルにも気を遣いましょう。

スーツの顔ともいえるラペルですが、主なタイプは以下の7つです。

  • ノッチドラペル
  • クローバーリーフラペル
  • ピークドラペル
  • セミピークドラペル
  • ローリングダウンラペル
  • ショールカラー
  • フィッシュマウス

それぞれの特徴をご紹介しましょう。

1,ノッチドラペル

ノッチドラペルの襟はV字型に切り込まており、シングルスーツで多く採用されています。定番な形をしているため、ビジネスから冠婚葬祭までシーンを問わず着用可能なデザインです。

店頭で見かけるビジネススーツの多くがノッチドラペルでしょう。ラペルを重要視されない方であれば、定番のノッチドラペルがおすすめです。

2,クローバーリーフラペル

クローバーリーフラペルは、ノッチドラペルの襟から角をとって丸くした形をしています。クローバーの葉を連想する形をしているのが名前の由来です。

角がない襟は優しい印象を与えるので、レディースで主に採用されています。そのため、メンズのクローバーリーフラペルはあまり見かけません。

3,ピークドラペル

ピークドラペルは、襟の先が上側を向いて尖った形をしています。シングルスーツのタキシードで多く見られるデザインですが、フォーマル度の高さから、最近ではビジネススーツのデザインとしても採用されています。

ピークドラペルは華やかな印象を与えますが、見た目のインパクトも強くなるため、目上の方に合う場合は失礼にならないよう、着る場所を選ぶなどの配慮は必要です。

そんなピークドラペルですが、着こなせると、仕事ができるビジネスマンなイメージを与えるでしょう。

4,セミピークドラペル

セミピークドラペルは、剣先が穏やかで丸みががっている形をしています。ピークドラペルに比べて、穏やかな印象があるため、ビジネスシーンや結婚式など、さまざまなシチュエーションで活躍するでしょう。

剣先が尖ったピークドラペルに抵抗がある方は、セミピークドラペルを選ぶのもありです。

5,ローリングダウンラペル

第一ボタンを隠すように襟が折り返されている形をしているのが、ローリングダウンラペルです。第一ボタンを留めると襟の形が崩れてしまうため、第一ボタンを開けて着用する前提で作られています。

第一ボタンが開いたスーツは、爽やかさを演出できますが、少し砕けた印象になるため商談など大切なシーンでの利用は避けましょう。

普段のお仕事で着用する分には、ローリングダウンラペルでも問題ありません。

6,ショールカラー

ショールカラーは、他の下襟に比べて尖がなく、肩から胸元にかけて緩やかなカーブを描いた形をしています。主にタキシードに採用されているデザインですが、コートやガウンにも使われています。

緩やかなカーブを描いた襟は、暖かく紳士的な印象を与えるでしょう。

7,フィッシュマウス

フィッシュマウスは、切れ込みが浅く剣先が横に向いた形をしていて、襟が魚の口のような形をしているのが名前の由来です。

最近では、フィッシュマウスの形をしたスーツはあまり見かけません。そのため、フィッシュマウスのスーツを着用している方は、周りから一際浮いて目立ち、人の印象に残りやすいでしょう。

ラペルの幅にも気を遣おう

ラペルは「レギュラーラペル」「ナローラペル」「ワイドラペル」の3つから幅を選べます。ラペルの幅で相手に与える印象は異なるため、スーツに気を遣っている方には外せない要素です。

レギュラーラペルは、8〜8.5cmの幅で標準タイプです。体型に問わず誰でも似合うため、ラペルの幅に悩んだらレギュラーラペルを選びましょう。

ナローラペルは5〜7.5cmの標準より短めに作られたタイプです。体が細い方に似合う形をしていて、スタイリッシュさを演出できます。

ワイドラペルは8.5〜10cmの幅で、風でなびかないように重さをつける加工を施しているものもあります。体の大きい方に似合う形をしており、ワイルドさを演出できるでしょう。

ラペル選びに悩んだらレギュラーを選ぶのが無難ですが、体型に合わしてナローラペルやワイドラペルを選ぶのも、スーツの楽しみの一つです。

シーンに合わせた種類と着こなし方

シーンに合わせえて正しくスーツを着用すると、職場の人間関係や上司、部下にはもちろん、大切な取引先の相手にも好印象を与えられます。

好みのスーツを選ぶとお仕事のモチベーションが高くなるので、好みのスーツを選ぶのは大切です。しかし、それ以上に大切なのは、シーンに合わせたスーツでしょう。

オシャレで似合っているスーツを着ていたとしても、必ずしも相手に好印象を与えるわけではありません。反面、シーンに合わせたスーツは、その場の雰囲気に馴染めるため少なくともマイナスのイメージは与えないでしょう。

ビジネスシーンでは落ち着いたスーツ

ビジネスシーンでは落ち着いた色やデザインのスーツが無難といえます。飾らないスーツは、相手の信用を得やすい効果があるのです。

そのため、上司や部下から信頼されやすかったり、仕事の幅が広がりやすかったりなど、さまざまメリットがあります。

ただ、中には、「スーツはおしゃれに着こなしたいから、落ち着いたものは選ばない」という方もいるでしょう。

落ち着いたスーツでも、ラペルやベント、鞄や靴などに気を配るとオシャレに再現できるのです。

とくに、スーツを着用されて間もない方は、おしゃれを重視するよりも落ち着いたスーツを選ぶのが無難といえます。

ビジネスシーンでは、落ち着いたスーツを選んでおくと間違いありません。

結婚式では年齢層に合わせたスーツ

結婚式では、参加者の年齢層に合わせたスーツがおすすめです。一人だけ周囲と馴染んでいなければ、主役よりも目立ってしまうでしょう。

20代の結婚式であれば、オシャレを重視したスーツもいいですが、40代、50代の結婚式だと、落ち着いたスーツが無難と言えます。

参加する結婚式の雰囲気や、自分の年齢にあったスーツを着用すれば、主役より目立つことはありません。

大切なご家族、ご友人の結婚式では、周囲や年齢に合わせてスーツを選びましょう。

お葬式では黒色の無地スーツ

日本では常識といえますが、お葬式では黒色の無地スーツを着用しましょう。黒は深い悲しみを表す色で、「喪に服す(故人の死を悼む)」という意味もあるのです。

お葬式で黒色以外のスーツや派手なものは、場を乱すだけでなく、故人にも失礼になります。

お葬式では、いつも以上に身だしなみに気を遣い、黒色の無地スーツを着用しましょう。

スーツを使い分けて着こなそう

スーツには大きく分けて「シングルスーツ」「ダブルスーツ」の2つがあるのはご理解いただけたはずです。それぞれ与える印象が異なれば、適したシーンも違います。

そのため、「シングルスーツ」「ダブルスーツ」の適した着用シーンをご紹介します。

シングルスーツは大切なシーンで

シングルスーツは、お葬式や結婚式など大切なシーンで着用しましょう。定番のタイプといえるシングルスーツは、誰が見ても印象よく見えます。

普段よりも身だしなみに気を遣うシーンではシングルスーツが無難でしょう。

ダブルスーツはプレゼンや商談で

ダブルスーツはプレゼンや商談の際に着用するのがおすすめです。重厚感があるので、見た目のインパクトが強く説得力が増します。

シングルスーツを着用してプレゼンを行なっているときよりも、ダブルスーツを着用している方が言葉に重みが出て説得力が増すのです。

そのため、プレゼンや商談ではダブルスーツの方がいいでしょう。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

オーダースーツ専門店の「オーダースーツSADA」は、多くの著名人からご愛用いただいております。

これまで、お客さまに合うスーツをオーダーしてきたため、ニーズに寄り添いご満足いただけるように最善を尽くします。

カスタマイズ自由なオーダースーツはもちろん、ラインナップも豊富に取り揃えているため、お客さまにピッタシなスーツが見つかること間違いありません。

オーダースーツのご相談や、スーツに関する不明点などございましたら「オーダースーツSADA」までお問い合わせください。

弊社スタッフが親身になってご対応いたします。

まとめ

スーツの形には大きく分けて、定番の「シングルスーツ」と、フォーマルな印象を与えられる「ダブルスーツ」があります。

また、ラペルやベントなど、些細なポイントにも気を遣うと個性を引き出せるのが、スーツの魅力といえるでしょう。

スーツ一つで相手に与える印象は大きく変わるため、オシャンに着こなすのもよし、好みのデザインを選ぶのも自由です。

ぜひ本記事を参考に、お気に入りのスーツを見つけて、活気あふれたビジネスライフを送ってください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。