スーツの寿命はどのくらい?長持ちさせる方法をおさえて劣化を防ごう!

「スーツに寿命ってあるの」と思われる方は多いでしょう。

結論、スーツには寿命があります。

寿命がきたスーツは生地が劣化するので、周囲からの印象は良くないでしょう。

もしかすると、あなたのスーツにも寿命がきていて、周囲からあまり良くない目で見られているかもしれません。

そのため、スーツの寿命をおさえておきましょう。

もし寿命がきていた場合は、買い替えを検討しても良いでしょう。

今回は、スーツの寿命や買い替えのタイミングをご紹介します。

スーツの寿命はどれくらい?

スーツの寿命は夏用と冬用で異なります。夏用と冬用はそれぞれ違う生地で作られているため、寿命が異なるのです。

スーツの寿命を夏用と冬用で分けてご紹介します。

夏用スーツの寿命

夏用スーツの寿命は3年といわれています。夏用は風を通しやすいように、ウールやコットンの素材を使われているため、生地が薄く傷みやすいです。

また、通気性を確保する設計になっており、生地が粗く織り込まれているのも、寿命が早い原因といえます。

一見デメリットが多いように見えますが、夏に涼しさを加えるためには薄い生地を使ったり、粗く織り込んだりは欠かせないのです。

冬用スーツの寿命

冬用スーツの寿命は4年といわれています。冬用は風を通しにくいように、カシミアやポリエステルの素材を使われているため、生地が分厚く夏用よりも寿命が長いです。

また、風邪を通さないように生地が細かく織り込まれているので、スーツが傷むのを防いでくれます。

買い替えのタイミングはいつごろ?

スーツの買い替えのタイミングは、生地が伸びてしまったり、やつれてしまったりなどが買い替えのタイミングといえます。

しかし、スーツの買い替えタイミングは他にもさまざまです。もし買い替えのサインが出ていれば、新しいスーツの購入を前向きに検討されると良いでしょう。

スーツの買い替えのタイミングは、本記事の続きでご紹介します。

買い替えのサイン

スーツの買い替えのサインが出たら、すぐに変えるのが好ましいです。買い替えのサインが少ししか出ていない場合は、「少しくらい大丈夫だろう」と思われがちですが、NGな考え方です。少しのサインでも放置しておくと、スーツが傷む原因になりかねません。

生地が傷んでいると破れやすくなるので、ものに引っ掛かるとスーツに穴が空いてしまうでしょう。

そのため、買い替えのサインが出たら放置せずにすぐ変えましょう。スーツの買い替えサインを9個ご紹介します。

1,生地がテカる

生地がテカっている場合は買い替えのタイミングです。スーツに摩擦がかかったり長い間着用していると、生地にテカリが発生します。

通常の生地の場合、表面が凸凹しているため、光が反射することはありません。

しかしスーツを長い間着用していると、些細な摩擦が重なり表面の凹凸がなくなります。凸凹がなくなると、光を反射せずスーツ表面にテカリが発生するのです。

スーツの腰回りにテカリがある方をみたことはありませんか。摩擦でスーツ表面の凸凹が消えてできたテカリなのです。

スーツのテカリは遠くからでも汚れて見えるので、すぐに買い替えましょう。

金銭的に買い替えが難しい方は、ブラッシングをすると良いでしょう。ブラッシングには、テカリを防ぐ効果があります。

ブラッシングで解消しない場合は、スーツを買い替えるしかないでしょう。

2,アイロンしてもシワが取れない

アイロンしてもシワが取れない場合は、スーツの替え時です。本来シワはアイロンで取れますが、スーツの織物繊維の糸がよれて、シワが元に戻らないケースがあります。

通常は、ハンガーにかけておくだけでシワは伸びますが、スーツの糸がよれてくると、シワが徐々に消えなくなります。

アイロンしてもシワが取れない場合は、スーツを買い替えましょう。

3,スーツの型崩れ

スーツの一部が不自然に膨らんでいる場合は、型崩れを起こしています。型崩れは、ヒザやヒジなど曲げる動作が加わる箇所で発生しやすいです。曲げる動作をとった際、スーツに圧力がかかるため、型崩れを起こします。

型崩れが起きてスーツの一部が膨らむと治せないので、買い替えましょう。

4,スーツのほつれ

スーツを正しく保管していても、数年単位で使っていると、ジャケットのボタンや糸がほつれてきます。一度ほつれると、連鎖してスーツがよれてしまうでしょう。

ほつれが軽度であれば修復は可能ですが、ほつれている部分が多いと治すのが難しいです。

パンツであれば、サイドポケットにほつれが出やすく、ポリエステル製の生地であれば、毛玉ができやすいです。

スーツがほつれていたり、毛玉が付いていたりすると見栄えが良くないので、買い替えましょう。

買い替える際は、毛玉が発生しにくい生地や、よれに強い素材を選ぶのが無難です。

生地の種類がわからない場合は、店舗スタッフに確認すると良いでしょう。

5,体型に合わなくなった

体重の増減や骨格の成長で、スーツが体型に合わなくなった場合も買い替えのタイミングです。体型に合っていないスーツは周囲に違和感を与えるでしょう。

体型に少し合わない程度であれば、お直しで済む場合もあります。

しかし、スーツがピチピチだったり、ブカブカだったりするとお直しが効かないです。

スーツが体型に合わず、シルエットが崩れている場合は買い替えましょう。

6,デザインが古くなる

スーツのデザインが、周りの世代や環境に合わなくなったら買い替えを検討してもいいでしょう。

購入した当時は流行りのスーツだったとしても、時代が変わるとトレンドから外れる可能性があります。

だからといって、必ずしも買い替えが必要なわけではありません。

年季の入ったスーツに魅力も感じる方はいるでしょう。もしくわ、昔から使っているお気に入りのスーツを着用している方が、お仕事が捗る方もいます。

そのため、こだわりがなければ、デザインが古くなったスーツは買い替えましょう。

7,ファスナーの機能が低下

パンツのファスナーが固くて上げ下げしにくいなど、機能が低下してきても買い替えのタイミングです。また、首元のボタンやホックが付けにくかったり、外しにくかったりした場合でも買い替えのタイミングといえます。

ただし、場合によっては買い替えなくても済むのです。

店舗によってはファスナーのお直しをしてくれるからです。

そのため、一部の機能が低下しているだけであれば、お直しを依頼しましょう。ボタンからホック、ファスナーまで全ての機能が低下しているのであれば、お直しが難しい可能性があるので、買い替えを検討すると良いでしょう。

8,スーツが破れる

スーツが破れたら買い替えるのは当然と思われるでしょうが、お直しで破れを修復する方もいるのです。お直しで修復は可能ですが、完全に元通りに戻るわけではありません。

お直しでは、破れた箇所は修復できますが、跡が残ります。

修復跡が残ったスーツは、見栄えが良いといえないので、破れたら買い替えると良いでしょう。

9,生地が変色

スーツの生地は、太陽の光を浴び続けると変色します。一度変色すると元に戻すのは難しいため、買い替えのタイミングといえます。

また、汗がスーツに染み込むのも変色の原因です。ジャケットは脇や首元が変色しやすく、パンツであれば、股や太ももが変色しやすいです。

そのため、お仕事が終わって帰宅した際には、染み込んだ汗をスチームで乾燥させるなど、しっかりケアしましょう。

ケアしても変色が目立つ場合は、スーツを買い替えましょう。

スーツの寿命を早めてしまう原因

衣類全般にいえることですが、長年同じスーツを着用していると、劣化は防げません。

しかし、普段の行いによってはスーツの寿命を早めてしまうのです。

スーツの寿命を早める原因は、雑に扱うのはもちろんですが、普段の何気ない行動でも劣化していくのです。

もし該当するものがあれば、今日からでも止めてください。

せっかくのスーツは、できる限り長持ちさせたいはずです。

スーツの寿命を早めてしまう原因を4つご紹介します。

ぜひ、ポイントをおさえてください。

1,手入れをしていない

毎日の手入れを怠るとスーツの寿命を縮めてしまいます。お仕事から帰ってきてスーツを椅子にかけるのではなく、ハンガーにかけましょう。

椅子は形的にスーツがかけやすいですが、ハンガーと違い整った形をしていないため、スーツの型崩れの原因になります。型崩れを起こすと、スーツの見栄えが悪くなり、印象が良くありません。

また、汗をかいたスーツは湿気が溜まっているので、タオルで軽く叩くなどして湿気を取り除きましょう。湿気が溜まっているとニオイやカビの原因になりかねません。

お仕事終わりは疲れているので、スーツを椅子にかけるなど雑に扱いがちですが、手入れを怠らないのが、スーツを長持ちさせる秘訣です。

2,長い時間着用している

スーツを長い時間着用するのも寿命を縮める原因です。スーツを着用しながら歩いたり椅子に座ったりなどの些細な動作でも、積み重なると生地に負担がかかりシワやほつれの原因になります。

スーツは一日着用しただけでも大きな負担がかかるのです。スーツを着用した後は、最低でも2〜3日はハンガーにかけて保管しておきましょう。

スーツの負担が和らぎ、長持ちしてくれます。

また、スーツを必要としない場面ではハンガーにかけるなど、日頃から負担を減らすよう心がけましょう。

3,クリーニング頻度が多い

スーツをクリーニングに出す頻度が多いと、生地がくたびれます。生地にもよりますが、ウールであればクリーニングによってもとから付着している油分が取れてしまうのです。

油分が取れると、生地がくたびれたり汚れがつきやすくなったりします。

そのため、スーツを頻繁にクリーニングに出すのではなく、目安とされている頻度で出しましょう。

クリーニングの目安頻度は、冬用はシーズンごとに1回で十分です。汗をかきやすい夏場であれば、2週間に1回程度が目安です。

頻度を守ってクリーニングに出す分には問題ありません。

4,高温でアイロンをかける

スーツは、高温でアイロンをかけると繊維が潰れる可能性があります。繊維が潰れるともつれの原因になるため、スーツの持ちが悪くなるのです。

スーツに適したアイロンの温度は以下を参考にしてください。

  • 線や麻…180〜200度
  • ウール…140〜160度
  • ナイロンやポリエステル…110〜130度

上記の目安でアイロンをする分には問題ありません。シワを素早く取るために高温でアイロンをかけるのはNGです。

4,素足でパンツを履く

朝の出勤前で急いでいる時に、素足でパンツを履く方は多いでしょう。素足でパンツを履くと、裾の糸が引っかかりやつれる原因になります。

裾に使われている糸は、外から縫い目を隠すために細い糸で作られているのです。そのため、素足でパンツを履くたびに、肌と糸が引っかかり裾にダメージを与えます。

そのため、パンツを履く際は、靴下を履いてから裾に足を通しましょう。靴下は滑りやすいので、裾の糸にひっかりにくく、ダメージを抑えられます。

これからは、朝の出勤前で急いでいる時でも、靴下を履いてから裾にゆっくり足を通しましょう。

スーツを長持ちさせる方法

スーツを長持ちさせる方法を知れば、本来の寿命より長く着用できる可能性があります。

スーツを長持ちさせる方法を行っていないのであれば、今日からでもやりましょう。

普段の些細な行動で、スーツの寿命は変わるのです。

スーツを長持ちさせる方法を3つご紹介します。

1,適切に保管する

スーツをハンガーにかけてタンスに保管する際は、通気性を確保しましょう。スーツのすぐ横に衣類がかけられていると、通気性が悪くカビの発生原因になります。

また、スーツと衣類が擦れて、生地が傷むでしょう。

スーツをタンスに保管する場合は、衣類と間隔を空けて収納してください。スーツにカビが生えたり、衣類同士が擦れて傷んだりするのを防いでくれます。

2,サイズにあったハンガーを使う

ハンバーはスーツのサイズに合ったものを用意しましょう。サイズに合っていないハンガーに、スーツをかけると型崩れを起こしかねません。

たとえば、小さいハンガーに大きめのスーツをかけると、肩が内側によれてしまい型崩れを起こします。そのため、スーツはサイズに合ったハンガーにかけましょう。

また、奥行きがあるハンガーもおすすめです。奥行きのあるハンガーは、スーツに立体感をもたらすため、フォルムを崩さず保管できます。

ハンガーのサイズ次第で、スーツを長持ちさせられるのです。

3,ブラッシングをする

スーツは目に見えなくても、小さな汚れが付着しています。汚れを放置するとカビやニオイの発生原因になるため、ブラッシングで汚れや皮脂を取り除いきましょう。とくに、汚れがつきやすい箇所は重点的にブラッシングすると安心です。

ただし、汚れを取りたいからといって、力を加えてブラッシングすると、生地に傷が入る可能性があります。ジャケット・パンツともに、ゆっくり撫でるようなイメージでブラッシングすると、汚れも落ちてスーツに傷もつきません。

ブラッシングは手間がかかりますが、スーツの見栄えを良くして寿命を伸ばすためには欠かせないのです。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

「オーダースーツSADA」では、どんな体型にもお似合いなオーダースーツを提供いたします。

SADAのオーダースーツは、体格が大きい方から細身の方まで、スタイリッシュに着こなせます。

プロアスリートの個性的な体でも、フルオーダーのスーツならジャストフィット間違いありません。

スーツをオーダーするか検討されている方は、ぜひ「オーダースーツSADA」までご相談ください。

経験豊富なスタッフが、お客様のニーズに寄り添い、ご満足いただけるオーダースーツを提供いたします。

まとめ

スーツの寿命は夏用と冬用で異なりますが、3〜4年です。

しかし、寿命を早めてしまう行動をとっていると3年も経たずに、スーツが傷んでしまうでしょう。

そのため、日頃からスーツのお手入れをして、寿命を長持ちさせましょう。

お気に入りのスーツは、1日でも長く着用したいものです。

ぜひ本記事を参考にして、スーツの寿命を伸ばしてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。