スーツに臭いがつく原因は?スーツの消臭方法と臭い対策を解説!

スーツを1日中着ていると、臭いはどうしてもついてしまうものです。

汗やタバコ、食べ物の臭いなど、気づかないうちにスーツは様々なものを吸い取ってしまっています。

オフィス内などの距離が近い場所で臭いがする人がいたらあまり良い気分はしませんよね?

エチケットとして他人に不快感を与えないために、自分の臭いは気にしておく必要があるでしょう。

そこで今回はスーツの臭いの原因と、臭いを消す方法について解説します。

この記事を読めば、スーツの臭い対策についても分かるので、ぜひ参考にしてください。

スーツの嫌な臭いはどこからくる?

スーツの嫌な臭いはスーツの表面の部分と、スーツの繊維の奥の部分から発生します。

スーツの表面からは、汗や煙を吸った際に出る臭いが付着することが多いです。

スーツの見える部分だけでなく、見えない繊維の奥の部分からも、細菌が繁殖してカビが発生することで臭いが発生します。

表面の臭いはわかりやすいですが、スーツの奥にひっそりと増殖するカビはわかりにくいので、なぜ臭うのかわからない原因となることも。

見えている部分だけでなく、嫌な臭いは見えない位置からも発生するということです。

スーツに臭いがつく原因とは?

スーツが臭くなる原因は、一つとは限りません。

汗をかく、タバコや煙などが発生する環境に長くいるなどの複数の状況が合わさることで嫌な臭いに発展。

ここでは、スーツが臭くなる原因について見ていきます。

原因に挙げられるのは以下の通りです。

  • 汗をかく
  • タバコや煙の臭いが移る
  • 食べ物の臭いがつく
  • カビが発生する

それでは一つずつ解説します。

汗をかく

スーツからする嫌な臭いは汗からくることが多いです。

汗をかくとそこから雑菌が繁殖し、他の臭いと結びつくことで独特の臭いに変化します。

雑菌は皮脂などのエサを食べることでさらに増殖し、独特の嫌な臭いを放つように。

特に素肌に直接ワイシャツなどを着ていると、汗を吸収しやすく臭いが発生する状況が揃ってしまいます。

サラリーマンは営業の外回りなどでスーツを着て移動をする際に、汗をかきやすいものです。

体温を調整しやすいスーツを選ぶなどして、スーツに汗を吸わせない工夫が必要でしょう。

特に夏場は外に出るだけで汗をかくので、スーツが臭くなる原因になりやすいです。

タバコや煙の臭いが移る

タバコは自身で吸うだけでなく、副流煙や喫煙可能な場所に長時間滞在する際にも気をつけないといけません。

喫煙者の近くにいるだけで、スーツにタバコの匂いがついてしまうからです。

また、スーツを着ている際に煙が近くにあれば、タバコと同様臭いが移ってしまいます。

煙を吸ったスーツを放置しておくと、なかなかとれない頑固な臭いとなってしまうかもしれません。

タバコや煙の臭いが汗の臭いと合わさると、さらに臭いが強烈になってしまう可能性があります。

スーツを着用している際にタバコや煙を近くに感じたら臭いが移らないように注意しましょう。

食べ物の臭いがつく

スーツに食べ物をこぼすと、食べ物の臭いと汚れが付着して臭いがつきます。

直接スーツにこぼさなくても、強烈な臭いの放つ食べ物であれば近づいただけで臭いが移る可能性も。

食事をする際はスーツに臭いがつかないよう、ジャケットを裏返しにしておくなど対策が必要です。

特に油物などを食べる場合は臭いが付着しないよう注意しておきましょう。

カビが発生する

スーツが雨で濡れた場合に、放置せずすぐに乾かすようにしないと湿気によりカビが発生します。

また、スーツを着た後の手入れを怠ると、こちらもカビの原因に。

スーツを脱いだ後きちんとハンガーにかけず放置したりしても、スーツが傷み、汚れてカビと臭いの元となります。

スーツを長い間着ない、長期間放置しておく、通気性が良くない場所で長い時間スーツを着続けるのも良くありません。

このように、スーツのメンテナンスを怠ることで臭いの原因となるカビが発生。

スーツをきちんと手入れしないとカビができてスーツの臭いの元となります。

臭くなってしまったスーツの臭いを消すには?

スーツに臭いがついてしまった場合はどう対処したら良いのでしょうか?

スーツの臭いを消すには、早めに臭いに対して対処することが重要です。

特に毎日スーツを着る人は、気をつけていてもスーツに臭いがついてしまうことが多いので、スーツを着た後のメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

この項目では臭くなってしまったスーツの消臭方法を紹介します。

スーツの臭いを消す方法は以下の5つです。

  • 消臭スプレーを使う
  • 浴室に干して蒸気で濡らす
  • スチームアイロンをかける
  • 冷風をあてる
  • クリーニングに出す

それでは一つずつ見ていきましょう。

消臭スプレーを使う

除菌・抗菌効果のある消臭スプレーを使うことで、スーツの臭い消しができます。

スーツにスプレーをかけるだけなので、手軽に行えるのが特徴の消臭方法です。

汗の臭いの元となる細菌の増殖を防ぐことができるので、一定の効果が見込めます。

ただし市販で販売しているスプレーは物によって効果が違うので、商品の効能をよく見てから購入してください。

香料については無香料のものを選ぶのが良いでしょう。

なぜなら香料付きのスプレーを使用するとスーツの嫌な臭いと混ざり合い悪化してしまう場合があるからです。

当然ですが頻繁に使用すると無くなってしまうのでコストがかかることも覚えておきましょう。

あまり手間をかけずにスーツの臭いを消したい、スーツのケアを行いたい方は消臭スプレーの使用がおすすめです。

浴室に干して蒸気で濡らす

シャワーを浴びて蒸気の出ている浴室にスーツを干すことで、スーツの臭い消しが可能です。

スーツに蒸気をあてることで、汗を落とすことができ、臭いが落ちる効果が期待できます。

湯気が立ち上る浴室にスーツを干して、その後風通しの良いところで乾かすようにしましょう。

この際に浴室は蒸気を逃さないために換気はしないようにします。

また、時間がない場合は霧吹きでスーツを濡らして干すことでも同じような効果があるので、覚えておきましょう。

クリーニングに出した時ほどではありませんが、スーツについた臭いを消すことが可能です。

スチームアイロンをかける

浴室に干すのと同様に、スチームアイロンをスーツにかけることで蒸気によって臭いを落とせます。

高温のアイロンをかけることで高い臭い消しの効果が見込めるでしょう。

このときにスーツについている表示でどれだけ温度を出せるかの設定を確認しておき、スーツを傷つけないように注意します。

スチームアイロンならスーツのシワを伸ばすのと合わせて、スーツの消臭が可能です。

冷風をあてる

出張先やホテルなどで適した環境や道具がない場合は、冷風をあて、臭いを飛ばすことで一時的な対処が可能です。

以下のような手順で短時間の間にある程度の臭い消しができます。

  • ドライヤーを冷風にしてスーツにあてる
  • 扇風機の風をあてる

スーツの近くで風をあてるとスーツにダメージを与えてしまう可能性があるので、少し離れた位置から冷風をあてるようにしましょう。

あくまで応急処置ですが、消臭スプレーなどがない場合はスーツに冷風をあてることで臭いを減らすことができます。

クリーニングに出す

お金と手間がかかりますが、クリーニングに出すのが最も効果のある消臭方法です。

上記で挙げた4つの方法は対症療法に値しますが、クリーニングは臭いを根本的に取り除くことができます。

汗を落とすことができる「ウェットクリーニング」で出すようにしましょう。

臭いがひどい時、大事な用事がある時などは、クリーニングに出すことでスーツの臭いの根本的な解決が必要です。

スーツが臭くならないための5つの対策方法

スーツが臭くならないようにするには、前もって臭いがつかないよう対策をしておくことが重要です。

お気に入りのスーツが臭いで着れなくなった、などということにならないよう、事前に対策をしておくことをおすすめします。

スーツに臭いがつく前にできる対策は以下の通りです。

  • ブラッシングをする
  • 汗を吸収するインナーを着用する
  • ジャケットを裏返す
  • 複数のスーツを用意しておく
  • 臭いの原因に近づかない

詳しく見ていきましょう。

ブラッシングをする

スーツを着た後に忘れずにブラッシングをすることで、臭いがひどくなるのを防ぐことができます。

スーツを着たまま放置するとスーツについた汚れやほこりによって臭いが悪化する可能性があるので、ブラッシングで取り除きましょう。

使用するブラシはスーツの生地を傷つけない「天然素材の毛」のブラシを使用することをおすすめします。

普段目につかない場所もほこりが溜まっている場合があるので、ポケットの中なども念入りにブラッシングしておきましょう。

欠かさずブラッシングを行なっていれば、クリーニングの頻度も減り、結果的に節約につながります。

清潔で臭わないスーツを着るためには、ブラッシングをしてスーツを日常的にメンテナンスすることが大事です。

汗を吸収するインナーを着用する

汗を吸収する効果が期待できるインナーを着用することで、臭いを軽減できます。

ワイシャツを直接肌に着用すると、ダイレクトに汗を吸収して、臭いがひどくなる元となってしまうでしょう。

「吸汗速乾性」を謳っている商品であれば、臭いの元となる汗をすぐに乾かしてくれます。

汗をかきやすい状況でスーツを着用する場合は、機能性の高いインナーをスーツの下に着ておくのがおすすめです。

ジャケットを裏返す

食事をする際はジャケットを裏返しにしておくことで、食べ物の臭いを吸わせないようにできます。

特に煙が出るような飲食店ではスーツに煙がつかないよう、ジャケットを裏返しておくのがおすすめです。

スーツを着たまま食事をすると食べ物をスーツにこぼしてしまう可能性があるので、汚れを目につく場所につけない効果も期待できます。

ジャケットの表面に臭いを染み込ませないために、食事中はジャッケットを裏返すようにしましょう。

複数のスーツを用意しておく

スーツを臭くしないために、複数のスーツを用意しておき、日ごとにスーツを替えるようにしましょう。

なぜなら同じスーツを何日も着ていると、汗やタバコによって臭いがひどくなっていくからです。

着用したスーツを一旦休ませることで、臭いが増すのをストップさせることができます。

上記で述べたようにスーツの着用後にブラッシングなどでケアを行うとさらに効果的です。

スーツを長持ちさせるためにも、1日スーツを着たら2日ほど休ませることを推奨します。

また、風通しが良い場所で保管することで、湿気を避けカビを防ぎ、臭いを軽減することが可能です。

同じスーツをずっと着ていると、臭い以外にもスーツの劣化を早めるデメリットがあります。

複数のスーツを用意して、スーツへの臭いとダメージを減らすようにしましょう。

臭いの原因に近づかない

スーツが臭う原因となる場所を避けることが、簡単な対策方法と言えます。

以下のような場所や気候の際にスーツを着て近づかない、または外出を控えることで、スーツに臭いがつく機会は減るでしょう。

  • 喫煙可能な場所
  • 煙の出る飲食店
  • 汚れが落ちにくいものを扱う飲食店
  • 汗の原因となる気温の高い日の外出
  • カビの原因となる雨が降っている日の外出

これらの場所を全て避けて通ることは出来ませんが、避けられる場合は避けることを心がけておけば、臭いの原因を減らすことができます。

スーツの臭いに関するQ&A

次に、スーツの臭いに関する疑問について紹介します。

以下のような疑問について見ていきましょう。

  • 消臭スプレーやスチームアイロンがスーツに与える影響は?
  • スーツを洗う場合はクリーニングに出すべき?自宅でも洗濯できる?
  • クリーニングに出してもスーツの臭いがとれない!
  • スーツの臭いをそのままにしておくとどうなる?

それでは一つずつ紹介します。

Q. 消臭スプレーやスチームアイロンがスーツに与える影響は?

A. 注意して使用しないとスーツの生地にダメージを与えてしまいます。

消臭スプレーはスーツを濡らすことになるので、水洗いができないスーツに対してはダメージになる場合も。

商品の説明をよく読み、問題がないかきちんと確認し、かけすぎには気をつけましょう。

濡らした後にカビなどが発生しないよう、注意も必要です。

スチームアイロンも温度設定には気をつけ、スーツにあった温度でアイロンをかけるようにしましょう。

ドライヤーや扇風機の冷風であればスーツへのダメージは少ないので、スーツの傷みが気になるなら濡らさない方法での消臭がおすすめです。

Q. スーツを洗う場合はクリーニングに出すべき?自宅でも洗濯できる?

A. 基本はクリーニングに出しましょう。ただしスーツが水洗いできる種類であればOKです。

スーツは基本的に自宅で洗濯できません。

水洗いが可能な「ウォッシャブルスーツ」がありますが、そういったスーツでなければ自宅での洗濯は避けた方が良いです。

スーツについた表示に「水洗い可」とあれば自宅で洗濯が可能で、不可であれば洗濯できません。

可能である場合も、スーツの色合いが変化したりしないよう、注意して洗濯を行うようにしましょう。

水洗い不可のスーツを自宅で洗濯してしまうと、以下のようなトラブルが発生する可能性があります。

  • スーツの色合いが変化して見た目が悪くなる
  • スーツにシワができる
  • 型崩れが起きる
  • スーツが縮む
  • スーツの劣化が激しくなる

スーツを劣化させないようにするために、臭いが気になる場合はクリーニングに出すようにしましょう。

Q. クリーニングに出してもスーツの臭いがとれない!

A. 臭いを消したい場合は「ドライクリーニング」ではなく「ウェットクリーニング」に出しましょう。

ドライクリーニングでは、臭いの原因の一つである汗を落とすことができません。

水溶性である汗は、乾かすだけではクリーニングの効果が得にくいためです。

雑菌のエサとなる皮脂も落ちにくいので、値段はドライクリーニングより高くなりますがウェットクリーニングで出すようにしましょう。

Q. スーツの臭いをそのままにしておくとどうなる?

A. 保管している他の衣服にも移ってさらに悪化してしまいます。

臭いのついたスーツをそのまま放置すると、保管したクローゼットの周りの衣服にも移り、臭いの原因に。

湿気によって雑菌はさらに繁殖し、臭いはこびりついてとりづらくなるでしょう。

そうなる前に以下のような手順で臭いを広げないようにすることをおすすめします。

  • スーツを着た後はブラッシングをかけ、きちんと所定の位置に戻す
  • 臭いがついた場合は消臭スプレーやスチームアイロンで対処する
  • 臭いがひどくなる前にクリーニングに出す

スーツの臭いは放っておいても良くなりません。

「臭い」と感じたらすぐに上記の手順で消臭するようにしましょう。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

ここまでスーツの臭いについて解説しました。

スーツを臭わなくするには日常的にメンテナンスを行うのが良いのですが、自分に合わないスーツを着ていると劣化も早く進んでしまいます。

自分の体型にフィットする「オーダースーツ」であれば、快適にスーツを着用することができるでしょう。

お気に入りのスーツとして大事に扱うようになり、臭いがつくことも少なくなります。

しかしオーダースーツを購入する際に気になるのはお値段、オーダースーツは一人一人に合わせたスーツを一から作ることになるので高くなりがちです。

「オーダースーツSADA」では、初回お試し19,800円(税込21,780円)からという圧倒的な低価格でオーダースーツを作ることができます。

その他にも以下のような特徴があります。

  • 自分に最も合った生地を豊富な種類から選択可能
  • オーダースーツが初めての人に嬉しい、最初の生地選びからアフターサービスまで充実のサポート
  • 1ヶ月以内であれば寸法調整が無料
  • ボタンや裏地の色柄などの細かなディティールを無料で選択可能
  • 全額返金保証サービス

初回限定のお試し価格、調整が無料、最初から最後までサポートしてくれる、全額返金保証など、初めてオーダースーツを体験する人に向けたサービスが充実しています。

既成のスーツとは全く異なる着心地のオーダースーツを19,800円(税込21,780円)の低価格、高品質で体験である「オーダースーツSADA」

ぜひ一度来店予約をして体験してみてください。

まとめ

今回は、スーツの臭いの原因、臭いの消臭方法、臭う前にできる対策について紹介しました。

スーツの臭いの原因は主に汗、タバコや煙などをスーツが吸い、それが合わさることで独特の嫌な臭いとなります。

臭いがついてしまった場合は、消臭スプレーやスチームアイロンなどで一時的に対処し、臭いがひどくなる前にクリーニングに出しましょう。

また、スーツを着た後にブラッシングでケアをする、そもそも臭いの原因となる場所に近づかないことも重要です。

スーツの臭いを消すだけなら「ウェットクリーニング」に出すのが最も効果的ですが、高い頻度でのクリーニングはスーツの劣化を早めてしまいます。

自分に合ったスーツを着用して定期的にメンテナンスを行う方が長い目で見ればお金の節約になるので、ぜひこの機会に「オーダースーツ」を試してみてください!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。