• HOME
  • ブログ
  • 未分類
  • スーツは普段着として着られるのか?その答えとなるカジュアルスーツの魅力を解説します。

スーツは普段着として着られるのか?その答えとなるカジュアルスーツの魅力を解説します。

あなたはいつスーツを着ますか?

スーツを着るのはビジネスや冠婚葬祭など改まった場所であることが多いと思います。しかし、実は普段着としていつでも着られるスーツがあります。

この記事では普段着として着られるスーツの特徴から、着こなしポイントや買い方まで、スーツを普段着として着たいメンズのための情報をお伝えします。

スーツは仕事だけじゃない?

街に出て、道行く人を見てみましょう。

平日の朝であれば、スーツを着た人を多く見かけると思います。スーツ姿がバシっと決まっていて、みなさんかっこいいですよね。これから仕事に向かうぞ!という気合がスーツからも伝わってきます。

そんな人の中に、やけにカジュアルなスーツ姿の人がいます。ネクタイをしていないのは当たり前で、ジャケットにパンツを合わせたスタイルの人がいたり、寒い季節であればジャケットの中にタートルネックを合わせたスタイルの人もいます。靴はローファーを履いていたり、中にはスニーカーの人もいるかもしれません。

この人たちは本当にオフィスに向かうのでしょうか?

最近はクールビズやウォームビズの推奨でカジュアルなスーツ姿でオフィスに向かう人も増えました。しかし、あまりにもカジュアルな装いの人は普段着としてスーツを着ている人かもしれません。

普段着にスーツは流用していい?

普段着にできるスーツと、できないスーツがある!?

家に帰ってきたあなたはこう思うかもしれません。

「いつも仕事で使っているこのビジネススーツのジャケットを、普段履いているパンツを合わせればカッコよく着こなせるのか!」

しかし、実際に着てみるとすぐに違和感に気付くと思います。スーツのジャケットだけが明らかに浮いて見えます。あるいは朝寝ぼけてスーツのパンツと間違えて、普段着のパンツを履いた人のようにも見えます。

普段着にできるスーツとは?

それでは普段着にできるスーツとはどんなスーツでしょうか?普段仕事で着ているスーツを着たあなたはこう思うかもしれません。

「ビジネススーツでも明るい色なら普段着として使えるのでは?」

「ストライプなど柄が入ったビジネススーツならパンツスタイルにも合うのでは?」

残念ながらいずれも違います。普段着に使えるのはいわゆるカジュアルスーツと呼ばれているスーツです。

カジュアルスーツの特徴と魅力

ビジネススーツが普段着に使えないことがよく分かったあなたはこう思うでしょう。

「カジュアルスーツって何だ?」

カジュアルスーツは、同じスーツという意味ではビジネススーツと似ている部分もありますが、実は異なる点が多くあります。

カジュアルスーツの特徴1〜生地が違う〜

カジュアルスーツの特徴は大きく分けて三つあります。一つ目の特徴は生地です。

一般的にビジネススーツはウーステッドという糸を使った生地で作ります。これに対してカジュアルスーツはウーレンという糸を使った生地で作ります。

「いきなりウーステッドとか、ウーレンって言われても分からない…。」

という人も安心して下さい。まず、生地について簡単に説明します。

ウーステッドは日本語では梳毛(そもう)といいます。梳毛とは羊の毛を梳(くしけず)って作られる糸で、細いことが特徴です。ウーレンは日本語では紡毛(ぼうもう)といいます。ウーレンは櫛る時に落ちる短い毛を紡いで作るため、太いことが特徴です。

これらの糸で生地を作ると生地の特徴にも違いが出ます。ウーステッドで作った生地は薄く、表面がツルツルしています。また、織り目が付きやすく、しわになりにくいという特徴もあります。反対にウーレンで作った生地は厚く、表面が毛羽立っています。

このような特徴があるため、一般的にビジネススーツはウーステッドを使い、カジュアルスーツはウーレンを使います。寒い時期によく見るツイードやフランネルといった生地もウーレンの一種です。この他にもカジュアルスーツはリネン(麻)やコットン(綿)で作られることもあり、生地の選択の幅が広いのが特徴です。

カジュアルスーツの特徴2〜形状が違う〜

二つ目の特徴は形状です。

ビジネススーツを着た人を思い浮かべて下さい。上半身、それも肩の辺りを見るとやけに立体的になっていることに気付きませんか?これは肩パッドが入っているためです。カジュアルスーツは肩パッドがないため、着心地が軽くなったり、カジュアルな印象を与えたりといった特徴があります。

ポケットの形状も異なります。

ビジネススーツのポケットは生地(表地)の内側に縫い付けられており、そしてフタが付いているフラップポケットと呼ばれる形状です。これに対してカジュアルスーツのポケットは生地(表地)の外側に縫い付けられているアウターポケットと呼ばれる形状です。アウターポケットにはフタはなく、フラップポケットよりカジュアルな印象を与えます。

カジュアルスーツの特徴3〜色・柄が違う〜

三つ目の特徴は色・柄です。

ビジネススーツでよく使われる色はダークネイビー、チャコールグレー、ライトグレーなどです。ビジネススーツは着る人の印象を決めます。ダークネイビーは真面目さや信頼感、チャコールグレーは品格や洗練、ライトグレーは慎重さや冷静さをイメージさせる効果があります。これらの色はビジネスをする時に相手に与える印象を考えた上で使われています。

一方、カジュアルスーツには様々な色があります。

ビジネススーツでも採用されているネイビーやグレーをはじめ、明るい色だとライトブルー、グリーン、ライトパープルなどもあります。落ち着いた色のビジネススーツを着ると気分が引き締まりますが、明るい色のカジュアルスーツを着ると気分が晴れやかになります。

柄もビジネススーツとカジュアルスーツでは異なります。

ビジネススーツではストライプやウインドウペーンなど色と同様に落ち着いた柄が多いです。これに対してカジュアルスーツの柄は、一部グレンチェックやウインドウペーンはありますが基本的に無地が多いです。無地だと合わせるシャツやパンツの幅が広がるので、普段着として着るのに適しています。

カジュアルスーツの魅力1〜同じ服を長く着られる〜

カジュアルスーツの特徴が分かったところで、次は魅力を二つ紹介します。

ビジネススーツもそうですが、カジュアルスーツの一つ目の魅力は長く着られることです。

カジュアルスーツ、ましてやオーダースーツとなると作る時にデザインやオプションを真剣に選びますよね?そうやって作ったスーツは世界に一着しかないあなたのスーツです。せっかく作ったスーツなので、長く着たいと思いませんか?カジュアルスーツならメンテナンスをこまめに行えば、長く着ることが出来ます。

カジュアルスーツの魅力2〜年齢を選ばない〜

二つ目の魅力は着る人の年齢を選ばないことです。

カジュアルスーツは若い人から年配の人まで、幅広い年齢層の人がファッションとして取り入れています。それはなぜか?着る人の年齢を選ばない点が理由として挙げられます。

20代など若いころはスニーカーやデニムと合わせるなど、思い切ったカジュアルダウンもできます。少し落ち着いてくる30代や40代ではタートルネックやカットソーにスラックスを合わせるのも良いです。さらに50代以降ではビジネススーツに近い雰囲気のカジュアルスーツを選べば、威厳とオシャレを両立させることができます。

このようにカジュアルスーツは着る年齢に合わせてアイテムを変えることで、いつまでも楽しめます。それぞれの年代にしか出せない着こなしができるので、年を取ることが楽しくなります。

普段着に使えるカジュアルスーツはこんな人におすすめ

カジュアルスーツを普段着として使う時にピッタリなタイプの人がいます。

これから三つのタイプを紹介します。当てはまる項目が多ければ、あなたはカジュアルスーツを着るのがベストかもしれません。

コーディネートを考えるのが面倒な人

普段着る服は本当に様々ですよね?色、形、流行り…など普段着を選ぶ要素は本当にたくさんあります。

「ビジネススーツならシャツとネクタイを選ぶだけなのに、普段着は面倒だなぁ。」

と思ったことはありませんか?カジュアルスーツだと悩む必要がありません。

ジャケットが数着あれば、それに合わせる靴やパンツなどを変えるだけでコーディネートが完成します。優秀なビジネスマンほど、選択するエネルギーを仕事に使うためにその他のことは極力選択しないようにしたい、という人もいるほどです。カジュアルスーツを普段着にすれば、服を選択するエネルギーが減って仕事のパフォーマンスが上がるかもしれません。

服を多く持ちたくない人

一つ目と重複する部分がありますが、服を多く持ちたくない人にもカジュアルスーツがおすすめです。

最近はミニマリストといって、服に限らず必要最低限の物しか持たない、というライフスタイルが注目されるようになりました。日本は豊かな国なので、本当に多くの物にあふれています。あなたのクローゼットの中も多くの服であふれかえっていませんか?その中でこれだけは必要だ!と思える服は何着ありますか?

不要なものをなくしていけば、本当に必要なものだけが残ります。カジュアルスーツなら、ジャケットと合わせるアイテムをそれぞれ数点ほど持っていれば事足ります。カジュアルスーツを普段着にすれば収納スペースも、そしてあなたの身も心も軽くなるかもしれません。

海外のスーツの着こなしに憧れる人

「カジュアルスーツ 海外 着こなし」というキーワードで画像検索をしたことはありますか?

もし、したことがなければ是非一度やってみて下さい。

海外の人が、カッコよくカジュアルスーツを着こなしている写真がたくさん表示されます。セットアップのホワイトのカジュアルスーツを着て、肌が見えるほどボタンを開けてシャツを着ている人。同じくセットアップのネイビーのカジュアルスーツを着て、パンツをアンクル丈にして革靴を履いている人。

スタイルは人それぞれですが、みんながカジュアルスーツを楽しんでいるように見えます。そしてみんなカッコいいです。人は憧れる人がいると、その人に近付くように努力をするという性質があります。あなたも憧れのカジュアルスーツを着て、自分がなりたい自分になってみませんか?

普段着に使えるカジュアルスーツの選び方

カジュアルスーツのことが少し分かってきたので、選び方について学んでいきましょう。

カジュアルスーツのスタイルは大きく分けて、二つあります。

セットアップスタイル

セットアップスタイルとは上下セットのカジュアルスーツを着るスタイルです。

カジュアルスーツもビジネススーツと同様に、上下セットで作られているものがあります。セットアップスタイルの良いところは、ジャケットとパンツのバランスが元々取れていることと、パンツを選ぶ手間が省けることです。

しかし、素材や形が違うとはいえ、上下同じスタイルになります。そのため、せっかくカジュアルスーツを着るのに後述のジャケパンスタイルに比べると、ややビジネススーツに近い雰囲気になってしまいます。

ジャケパンスタイル

ジャケパンスタイルはジャケットにスラックスやチノパンといった、ジャケットとセットではないパンツを合わせるスタイルです。

着る場所を選びますが、デニムを合わせるのも、このジャケパンスタイルになります。ジャケパンスタイルの良いところは、組み合わせの自由度が大きいということです。同じジャケットでも合わせるパンツによって、全体の雰囲気は大きく変わります。

しかし、このスタイルはコーディネートを考えるのが面倒な人や、服を多く持ちたくない人には向きません。この辺りのさじ加減は、個人の好みかもしれません。

普段着でも使えるカジュアルスーツの着こなしポイント

一言でカジュアルスーツを普段着にすると言っても、場面によって着こなしポイントは変わります。ここではカジュアル感を出せる場面と、ややフォーマル感が求められる場面に分けて、着こなしポイントを解説します。

ドライブやデートなど、カジュアル感を出せる場面

まずはドライブやデートなど、カジュアル感を出せる場面の着こなしポイントです。

カジュアル感を出せる場面では、ジャケパンスタイルにチャレンジしてみましょう。ジャケットは落ち着いたネイビーやグレーが無難ですが、センスに自信のある人はライトブルーやライトパープルなど、明るい色にチャレンジしても良いかもしれません。パンツはカーキ色のチノパンを合わせ、ジャケットのインナーには白で無地のカットソーを合わせても良いでしょう。これだけで爽やかな印象を演出できます。

靴は革靴を選ぶと足元をビシッと引き締めてくれます。さらにカジュアルダウンしたい人はチノパンをデニムに、カットソーをTシャツに、靴をスニーカーにすればよりカジュアルな印象になります。ドレスコードはありませんので、あなたの思う通りの着こなしで自分を表現してOKです。

ホテルやレストランなど、ややフォーマル感を求められる場面

次はホテルやレストランなど、ややフォーマル感を求められる場面の着こなしポイントです。

例えばレストランを予約すると「スマートカジュアルでお越しください。」とドレスコードが指定される場合があります。「カジュアル」という言葉が入っているものの、ドライブやデートに行く時よりはややフォーマル寄りの服装になります。

ジャケットは定番のネイビーやグレーなど、落ち着いた色が無難です。そしてインナーには必ず襟がついたシャツを着るようにしましょう。ジャケットに合わせるシャツには様々な柄がありますが、無地が無難です。そしてパンツはスラックスが良いでしょう。パンツも派手な色は避けて、落ち着いた印象を与えられる色を選びましょう。また、靴は必ず革靴を選ぶようにしましょう。少し落ち着きすぎているなと感じたら、ポケットチーフでアクセントを付けるのもOKです。

ジャケパンスタイルではなくセットアップスタイルにすれば、ややフォーマル寄りのコーディネートにすることもできます。ドレスコードを理解するには経験が必要です。自信がない場合は、セットアップを選ぶと良いでしょう。

スマートカジュアルの場合は、同席する相手や、その場にいる他の人への配慮が必要です。間違ってもデニム(特にダメージジーンズ)やTシャツやスニーカーを選んで肩身の狭い思いをしないよう、気を付けましょう。

カジュアルスーツをオーダーしよう

ここまで読んでくれたあなたは、かなりカジュアルスーツについて詳しくなっていると思います。知識をインプットしたなら、次は実際にカジュアルスーツを着てアウトプットしてみましょう。

体に合うカジュアルスーツを探すのではなく、オーダーすることを考えよう

カジュアルスーツを着る上で一番大切なのは、体にピッタリとフィットしたスーツを着ることです。するとあなたはこう思うかもしれません。

「スーツ量販店に行って、ピッタリのスーツを探すぞ!」

しかし、残念ながらスーツ量販店にあなたの体にピッタリのカジュアルスーツはほとんど売っていません。

人の体の形は、人の数だけあります。スーツ量販店で売っているカジュアルスーツは様々な年齢、様々な体型に合うようにある程度幅を持たせて作られています。また、そのサイズは身長とウエストのみで決められています。身長に合わせて服を買ったら、肩周りが窮屈だったり、袖が少し短かったりした経験が一度はあると思います。

オーダーすれば、全てがあなたの体にピッタリとフィットした、世界に一着だけのカジュアルスーツを作ることができます。

オンラインオーダーは避けよう

最近はカジュアルスーツをオーダーできるお店が増えてきました。また、オーダーの自由さと採寸の手間を省くことを両立したオンラインオーダーができるお店もあります。しかし、手軽さがある反面、あなたが採寸に責任を持つことになります。

オーダースーツのお店で採寸をするのは専門的な訓練を積んだプロです。気軽に採寸を頼めるプロがいる人を除いて、オンラインオーダーはおすすめできません。

また、採寸のためのスマートフォンアプリを用意しているお店もあります。素人が測るよりは採寸の信頼度は格段に上がります。

しかし、採寸で必要なことは体の寸法を正確に測ることだけではありません。肩周りはゆったり、ウエストは少しタイトに、などあなたの希望を数値化することも採寸で必要なことです。これらの細かい要望を正確に聞いてくれるのは、やはり専門的な訓練を積んだプロだけです。

「オンラインオーダーは避けよう」と言いましたが、一つだけオンラインオーダーの活用方法があります。

それは、プロに採寸してもらった数値を基に、追加でカジュアルスーツをオーダーする場合です。採寸時と体型が変わっていないことが前提になりますが、一度信頼できるプロに採寸してもらった数値であれば、オンラインオーダーを利用しても問題ないでしょう。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

カジュアルスーツを作るなら「オーダースーツSADA」がおすすめです。

カジュアルスーツを作る時に採寸が大切であることは述べました。実際にカジュアルスーツを作るときにはどんな人が採寸してくれるのでしょうか?

「オーダースーツSADA」ではスタイリストと呼ばれる専門の訓練を積んだプロが丁寧に採寸してくれます。未経験から採寸ができるようになるまでは3年ほどかかるそうです。もちろん、ここはゆったり、ここはタイトに、などあなたの要望も詳しく聞いてくれます。「初めてでよく分からない」という人でも、スタイリストが相談に乗ってくれるので安心して下さい。

もちろんカジュアルスーツの生地も取り扱っています。必ずあなたの納得のいく一着が作れます。

まとめ

今回は普段着として使えるカジュアルスーツの魅力から着こなしポイントまで、知識としてインプットするだけでなく実際にアウトプットできる内容を解説しました。最後まで読んでくれたあなたなら、きっと自分だけのカジュアルスーツ作ることができます。そして、周りの友人より、少しおしゃれにカジュアルスーツを着こなせるはずです。

2022年も後半に突入しました。今年も街では流行のスタイルに身を包んだ人が、多くいることでしょう。秋に向けて人気のある流行スタイルとは別の、あなただけのスタイルを楽しんでみませんか?2022年があなたにとって良いカジュアルスーツデビューの年になることを祈っています。

それではまた、お会いしましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。