ノータックってどんなスラックス?特徴や着用のポイントは? | TOPICS(更新情報) | オーダースーツSADAは19,800円~ | 東京・大阪・福岡

ノータックってどんなスラックス?特徴や着用のポイントは?

  • パンツ
  • ビジネスシーンに欠かせないスーツファッションですが、サイズはもちろん色や形にもさまざまな種類があります。その中でも、スラックスはタックと呼ばれる部分があり、そのタックの数によってノータック、ワンタックという呼び名で分けられています。聞き慣れない人も多いかもしれない言葉ですが、ここではその中のノータックスラックスとはどういうものなのかを詳しくご紹介していきます。

    ノータックのスラックスとは?

    タックというのはズボンの前側にある畳まれた部分のことで、語源は「押し込む、挟み込む」という意味の英単語「tuck」です。内側に畳まれているものをインタック、外側に畳まれているものをアウトタックといい、タック部分はウエストから伸びるひだ状になっています。ノータックというのはそのひだ状の部分がないことをいい、タックが左右の足に1本ずつ入っているものはワンタック、2本ずつ入っているものはツータックと呼ばれます。タックの一番の役割はズボンの腰回りにゆとりを持たせ動きやすくすることです。タック部分は女子学生の制服によくあるプリーツスカートのように生地が畳まれて縫われているので、体の動きに合わせて生地が広がります。そのため足の曲げ伸ばしなどもスムーズにできるのです。タックの数が多いほど、ズボンにできるゆとり部分が大きくなります。 
    ノータックスラックスとはタックが入っていないスーツ用のズボンのことです。スラックスは「緩い」という意味の英単語「slack」からきている言葉で、本来はゆったりしたズボンのことを指しましたが、現在はスーツのズボンを指すのが一般的です。もともとノータックというのもカジュアルパンツのデザインでしたが、スーツのズボンにも取り入れられるようになりました。また、ノータックスラックスにはウエストの位置が低くなっているデザインのものが多くなっています。これは、腰回りとヒップ回りの長さの差が小さくなることで動きやすくするためです。ウエストが低い位置にあることは、ベルトをした時などにウエスト部分にシワが寄るのを防ぐ働きもしてくれます。

     

    ノータックスラックスが与える印象

    タックにはズボンの腰回りをゆったりさせる以外にも大切な役割があります。それは、ズボンを履いた立ち姿を上品に見せるということです。ズボンの足の部分に余裕を持たせようとすると、どうしてもウエスト部分がだぼついてしまいます。そこでタックを前側に入れることで、歩くときは動きやすく動かずに立っているときは縦長のひだが立体感を作り出し、見た目にもエレガントな印象を与えてくれるのです。つまり、タックが入っているのは実用性とファッション性の両方の意味を兼ね備えているのです。 
    一方、ノータックスラックスは、あえて生地に余裕を作らず体の線にぴったり沿うようなデザインになっているので見た目はカジュアルな印象です。また、タックを入れていないことで、自然と裾幅もタックの入っているものに比べると細くなり全体的に細身に見え、このスリムなシルエットは着る人を若々しく見せてくれます。さらに、ノータックスラックスのように足にフィットするデザインには足を長く見せてくれる効果もあります。これは、ゆったりしたズボンに比べて足の横幅が狭いので、比率的に縦の長さが長く見えるようになるためです。通常、スーツ用のスラックスはテーパードというズボンの裾の方に近づくほど先細りしていくデザインが多いですが、この先細りの度合いを少なくしたパイプド・ステムという形だと、より一層の足長効果が期待できます。

     

    ノータックを選ぶべき人

    ノータックスラックスはタックがない分、生地が体にフィットするデザインなので細身の人や細く見せたい人にはおすすめです。ただ、タイトなノータックスラックスは動きにくくなりやすく、体型によってはヒップが強調されて見た目にもバランスが悪くなってしまうこともあります。スタイリッシュに見せようとして体型に合っていないものを着るのは逆効果です。標準的な体型の人や細身でもヒップが大きめの人はワンタック、さらに大きめ体型の人はツータックを選ぶとゆったりと着られて動きやすいですし、着こなしも上手に見えます。 
    ノータックのデザインはウエストが低い位置にあることが多いため履き慣れていない人は苦手に思うかもしれません。ノータックスラックスを選びたいときには、履きにくくないか、体型とスラックスの形が合っているかを実際に試着してしっかりチェックしましょう。例えば履いてみたときに横のポケットが前後に引っ張られて開いてしまうのは体型に合っていない証拠です。その際はワンサイズ上のものか、タックの入っているものから選ぶのが無難でしょう。動きにくいスーツを選ぶと仕事に支障がでることもあります。履いたときに太ももが張ってしゃがめないようなものを選ばないように気を付けましょう。

     

    ノータックスラックスはスーツに合うもの?

    ノータックはタックの入っているものに比べると細身でカジュアルな印象なので、スーツファッションに合うのか気になる人もいるかもしれません。タックが入っているとエレガントな印象になるため、フォーマルなビジネスの場で使われるスーツファッションにはワンタックのスラックスが多いです。しかし、細身の人の場合はタックが入っていると、かえって腰回りに生地が余ってだぶつき不格好になってしまうこともあります。その場合は、ノータックスラックスを選んだ方がすっきりとした印象を与えることができます。また、スーツをおしゃれに着こなしたい人、特に若い人の間ではモッズスーツといった細身のシルエットを特徴とするスーツも人気です。ノータックのスラックスはそんな細身のスーツに合わせるのにも向いています。 
    さらに、ノータックスラックスはフォーマルになりすぎないことでスーツ以外のジャケットに合わせるなど、プライベートのファッションにも取り入れることができるのがポイントです。自分に合ったものを見つければビジネスシーンだけでなくいろいろなシーンで活躍してくれそうですね。

     

    着用に向いているシーン

    ノータックスラックスはすっきりとしたシルエットで若々しく見えることから人気があり、ワンタック同様スーツ用スラックスの定番になっています。比較的カジュアルな印象ではありますが、ビジネス用として普段使いするのに問題はありません。むしろその人の体型に合っているものなら、細身のシルエットは見る人にもスタイリッシュな印象を与えてくれるでしょう。 
    ただ、冠婚葬祭などフォーマルなシーンではタックの入っているものが上品な印象のため好まれることも多いです。また、体にぴったりするデザインなので、立ったり座ったり動き回ったりする必要のある場面にはあまり向いていません。生地に余裕がないので、タックが入っているものよりも動きにくくなるからです。そのためノータックスラックスはあまり動く必要のないデスクワークなどのシーンに向いているデザインだといえるでしょう。

     

    ノータックスラックスを着こなそう!

    ノータックスラックスはスリムなシルエットが最大の特徴で、着る人に若々しくスタイリッシュな印象を与えてくれます。フォーマルになりすぎないデザインなので、ビジネスシーンだけではなくプライベートファッションでも活用できるのも大きなポイントです。体にぴったりする形のため着る人の体型を選ぶデザインではありますが、うまく着こなせばいつものスーツスタイルのおしゃれ度がアップすること請け合いです。これから新しくスーツの購入を検討している人は、ぜひこのノータックスラックスも候補に加えてみてください。