スーツで使用されるインポート生地とは?インポートのアレコレを徹底解説!のアイキャッチ画像
(関連記事)こちらもいかがでしょうか
スーツで使用されるインポート生地とは?インポートのアレコレを徹底解説!のアイキャッチ画像

スーツで使用されるインポート生地とは?インポートのアレコレを徹底解説!

最近、インポート生地を使ったスーツが増えてきているのはご存じでしょうか?そして、それらのインポート生地が価格高騰の影響を多大に受けているという事実があります。

「インポート生地って聞いたことがあるけど詳しくはわからない」

「スーツは生地によって値段が違うけどどこが違うのだろうか」

「現在、いろいろな価格が高騰してるけどスーツには影響あるのかな」

など、インポート生地やスーツ生地に関する疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、価格高騰によってスーツにどういった影響があるのか、インポート生地の魅力などを解説していきます。

価格高騰によってスーツ業界が受けたダメージ

昨今の価格高騰は多くの品物にまで影響を受けているのが実情です。スーツも例外ではなく、スーツ素材の高騰により全く関係ない話では無くなってきています。

そこでここでは、価格高騰の背景やスーツ業界が受けたダメージなどを解説していきます。

価格高騰の背景

価格高騰の背景にはさまざまな要因が重なって引き起こされており、スーツの価格高騰も逃れられない状況となっています。価格高騰の背景にはどんな理由があるのか、いくつか紹介していきますので見ていきましょう。

綿の生産量減少

世界では年間で26,172,678トン(2020年〜2021年)もの綿が生産されており、中でもインド、中国、アメリカが多く、世界での流通量の多くを占めています。日本は綿を生産していないため、海外の綿に頼るしかありません。そんななか、綿の収穫量予想が下方修正されたことによって、相場が押し上げられていることが要因のひとつとして挙げられます。

②石油価格や物価の高騰による影響

現在、軍事侵略などによる国際的な混乱や物価の高騰などによる影響で石油や原油の価格も高騰しています。それに加え、日本は危機的な円安に陥っています(2022年11月現在)。それらによって輸送コストの上昇や工場でのエネルギーとなる石油の高騰は深刻な状況です。

③中国の特定地域で作られる綿の使用を中止

中国の北西部に位置する新疆(しんきょう)ウイグル自治区で作られる綿、いわゆる新疆綿を使用しない動きが大手アパレル企業をはじめとする衣類業界で見られるようになりました。

新疆綿は、新疆ウイグル自治区で作られており、しなやかで滑らかな肌触りが特徴の綿です。安価にもかかわらず高品質な超長繊維綿で世界でも有名なギザ綿、ピマ綿、と並んで世界三大コットンと呼ばれています。

この新疆綿が強制労働で作られたと疑われており、人権やモラルの観点から抗議する目的で使用中止されているといった状況です。綿の生産量は中国だけで1/4を占めており、日本も多くを中国からの輸入に頼っていたこともあって、影響はたいへん大きいとされています。

スーツ業界が受けたダメージ

価格高騰の背景にはさまざまな要因がありましたが、いくつもの要因が重なることで重大な物価の上昇を招いています。この状況は、スーツ業界にも大きな影響を及ぼしており、業界全体で受けたダメージは大きいです。

大手スーツ量販店をはじめとする、スーツ販売店では低価格で提供し続けていくことが困難になり、各社値上げに踏み切る決断をしました。さまざまな要因が重なったことで起きる価格高騰は、スーツやジャケット、シャツなどの販売価格を上げざるを得ない状況に陥らせます。スーツスタイルでは欠かすことができないアイテムばかりのため、スーツ業界にとって大きなダメージといえるでしょう。

また、2019年から世界的に大流行しているコロナウイルスもスーツ業界に大きなダメージを与えています。コロナウイルスによって会社への出社や出張などがなくなり、スーツを着用する機会が大幅に少なくなったことでスーツを購入する方が減少しました。価格高騰と合わさることで、スーツ業界は大きなダメージを負っています。

価格高騰のしわ寄せはスーツ自体だけではない

2022年に入って日用品をはじめ、食料品や光熱費に至るまで、多くのジャンルで値上げが相次いでいるなかで衣類関係も例外ではなく、スーツ業界においても大きな影響を受けています。しかし、影響を受けているのはスーツだけではなく、スーツを着る機会が多い方にとっては、一度は利用したことがあるクリーニング業界も価格高騰の波を大きく受けている業界の一つです。

クリーニング業界は、原油を多く使用する業界でもあります。例を挙げると、クリーニング工場では、アイロンをかける機械やプレス機などは多くの蒸気を必要としており、必要な蒸気はボイラーで作られています。ボイラーの燃料は、価格が高騰している重油が使用されることがほとんどです。

また、洗濯に使うドライクリーニング溶剤や返却の際に渡されるハンガー、衣類などを包むビニール包装材、集配者の燃料に至るまでさまざまなところで原油と密接に関わりあっています。

原油の価格高騰をはじめ、多数の価格高騰などによって、スーツだけが影響を受けているのではなく、関係する業界にもしわ寄せが来ていることを理解することが大切です。

価格が上がってもスーツにはこだわりたい

スーツの価格が上がっても、できることならスーツにはこだわりたいと思う方も多いのではないでしょうか。スーツをこだわることによって得られるメリットをいくつか紹介していきます。

人の印象は見た目が5割以上を占める

メラビアンの法則という言葉を聞いたことがありますか?

「人は外見ではなく、中身だ」と、よくいわれていますが、決して間違いというわけではありません。しかし、メラビアンの法則によると人の第一印象は「視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%」で決まるといわれています。

ビジネスでの人間関係やプライベートでの恋愛、コミュニティ内など、人間関係を構築していくには第一印象が非常に大切な要素といえるでしょう。第一印象がその人の好感度や評価を大きく変えるといっても過言ではありません。

例えば、「シワのないスーツに身を包み、綺麗で清潔な人」と「シワだらけのヨレヨレのスーツを着ている人」とでは大きく印象が変わります。前者の方はきちんとしていて誠実に仕事をこなしてくれそうと感じるはずです。しかし、後者の方は自分のスタイルにこだわりを持てない人が仕事をきちんとこなしてくれるのだろうか、と不安になってしまう方が多いのではないでしょうか。

このように人の第一印象は人間関係を構築するうえでは非常に重要な要素だといえます。価格が上がってもスーツへのこだわりをしっかりと持っていることで第一印象もプラスへと働くのではないでしょうか。

仕事へのモチベーション

スーツを毎日着て仕事をしている方も多いはずです。スーツを着用する機会が多い方にとっては、普段から身に付ける「仕事着」としての役割があります。外回りの方もいれば、内勤で仕事をしている方もいるので、人によってスーツへのこだわりは全く違うものになってくるでしょう。

例えば、外回りがメインの方にとっては、動きやすくて取引先への印象がよくなるようなスーツを着たいと思うのは当たり前です。自分のこだわったスーツを着れることは、仕事へのモチベーションに繋がり、快適に業務を行ううえでの重要な要素といえるでしょう。

物を大切にし、几帳面になる

誰もが自分のこだわったものは大切にしたいと考えるはずです。それはスーツにもいえることで、こだわりを持ったスーツへの愛着は人一倍になります。お手入れをしっかりと行い、ローテーションを守りたくなるものです。

時間やお金をかけて作成したスーツを大切にして、長く愛用したいと思うことは当たり前のことではないでしょうか。スーツに限らず、物を大切に扱う人は経営者に多いとされています。お手入れをしっかりと行うことで、几帳面な面を仕事にも活かしていけるでしょう。

「インポート生地」の魅力

最近インポート生地が注目を集めるようになり、自然と耳に入ってくる機会も多くなりました。もちろん、聞いたことがないという方もいると思います。そういった方のためにここでは、インポート生地とはなにか、インポート生地と国産生地とではどういった違いがあるかなどを解説していきます。

そもそもインポート生地とは

インポート生地とは「輸入生地」のことです。

日本で織られる生地が「国産生地」に対して、海外で織られている生地はすべてインポート生地ということになります。産業革命時のイギリスでは、織物産業が主要産業として盛んに行われ、近代に入って北イタリアでも織物業が盛んにおこなわれるようになり、イギリスとは少し違った生地を生産するようになりました。現在では欧州以外でもアジア圏を含めた世界各国で生地が作られるようになりましたが、織物業の先駆けといわれるイギリスとイタリアの生地は、今でも高級生地として多くの人から愛されています。

スーツやジャケットで使われる生地は、使用する糸や織るための織機、染料で使うための水の成分などによって、大きく異なるのが特徴です。同じような環境で似たような生地は作れますが、全く同じ生地を作るのは不可能に近いため、生地のブランドや地域によって全て違う生地が出来上がります。

インポート生地と国産生地の違い

インポート生地と国産生地には、どのような違いがあるのでしょうか。

  • 国産生地

その名前の通り日本で作られた生地を指します。落ち着いた色合いの生地が多く、程よいハリ感があるのが国産生地の特徴です。価格帯は、インポート生地に比べると控えめなものが多く、お手頃な価格で取り扱われています。

コストパフォーマンスに優れていることもあり、幅広い世代の方から多くの支持を集めています。

  • インポート生地

海外で織られた輸入生地を指します。インポート生地は、ハリ感が強く、耐久性がある点が特徴です。生地自体がやわらかく、高級感のある光沢が国産生地とは違った雰囲気をかもし出します。

国産生地と比べると、生地自体の質が高く、長く愛用できると評判になっており、高価な価格で取引されています。

国産生地とインポート生地では、特徴や品質などにも大きな違いが出てきます。しかし最近では、インポート生地のような質の高い国産生地も作られるようになり、国産生地もインポート生地同様に注目されるようになってきました。

インポート生地はどこの生地が多い?

輸入生地であるインポート生地は、欧州のイギリスやイタリアのイメージが強く、日本で多く流通している生地は、イギリス産やイタリア産が大半を占めています。インポートはヨーロッパだけの表現ではなく、アジア圏で織られた生地もインポート生地と表現するので覚えておきましょう。

日本にも韓国や中国、インドなどアジア圏の織物も入ってくるようになりました。国によって生地の特徴が違うので、代表的なイギリス生地、イタリア生地、国産生地の3つの特徴とそれぞれの有名ブランドを紹介していきます。

イギリス産

イギリス産の生地は、太い糸を使用してしっかりと織られており、ハリのある耐久性に優れた生地が一般的です。また、シワになりにくい復元力もイギリス産生地のウリともいえます。肌触りには若干のかたさを持たせてあるため、イギリス産の生地で仕立てた場合、重量感のあるスーツに仕上げることが可能です。このかたさは「横糸」と「経糸」が2本の糸を撚って織りあげられていることからきています。

イギリス産生地の代表的な色柄は、伝統を大切にする国柄もあってクラシックな色やシンプルな柄が多い傾向にあります。はっきりとした太いストライプや強調されたチェック柄がイギリス生地の特徴です。

  • JOHN FOSTER(ジョン・フォスター)

ハリやコシがあり、しっかりとした生地感が特徴です。昔ながらのイギリス生地特有のパリッとした肌触りはなく、やわらかすぎずかたすぎない丁度いい生地感が魅力となっています。価格も比較的、抑えめになっていてコストパフォーマンスにも優れている生地です。

  • Empire Mills(エンパイア・ミルズ)

色柄は、ストライプやシャークスキンヘリンボーンなどといったイギリスの伝統をモチーフにしながらも、モダンなイギリス生地にありがちな野暮ったさがない生地となっています。高密度でシックな色柄に織りあげられた生地は、しっかりとした印象を保ちながらも、しなやかな質感をまとっているのが特徴です。

イタリア産

イタリアでは北部のコモ湖周辺やビエラ地区で作られることが多く、豊富な水を使った高級感のある光沢がウリの生地が多数生産されています。染料と水のバランスがいいこともあって、鮮やかな発色のある生地を生産できるのもイタリア生地の特徴といえるでしょう。

主に、イギリス産生地では太い糸を使用して織りあげられていたのに対して、イタリア産では細くて長い羊毛を使って織りあげられていることが多いため、やわらかで滑らかな肌触りが特徴的です。

触り心地がやわらかいため、着心地の良さが特徴に挙げられますが、色や柄の種類も豊富に揃っています。イギリス産は定番の色や柄を展開し続けているのに対して、イタリア産の生地では、毎シーズンごとに新作が使われているのもイタリア生地の特徴です。

イギリス生地の中でも代表的なゼニアは、各国の元首や名のある実業家を顧客に抱え、多くの著名人から愛用されている生地となっています。

生地の特徴は、「見た目」「ツヤ」「手触り」が挙げられます。ゼニアで使用される繊維は、オーストラリアやニュージーランドから天然毛を集めて、集めたうえで厳しく選別して使用される流れです。

選別を厳しくすることで、基準を通過した原材料を使うことで、ゼニア特有の上品なツヤを出すことが可能となっています。

発色がいいこともあり、シンプルなネイビーが人気のブランドです。イタリアを代表するブランドでもあるため、多くの方から支持を集めています。一般的なブランドのネイビーだと暗くなりがちではありますが、カノニコは発色がいいので同じネイビーでも鮮やかな色合いがウリです。

国産生地

インポート生地の代表的なイギリス産生地、イタリア産生地と比べると、価格が安く機能性に優れている点が国産生地の特徴として挙げられます。ポリエステルウールを混紡して織られた生地が多いことが特徴です。色や柄はイタリア製の生地に似ている部分があり、デザイン性よりも機能性に重きをおいた作りになっています。

御幸毛織の素材は、自然な風合いと奥深い上品さを持った生地となっており、「長く着用しても着崩れしない」と高い評価を集めています。オーストラリアに自社工場を持っており、羊毛の育成から製造管理まで一貫して自社で行える、数少ないメーカーです。

御幸毛織は、クレームを極端に恐れる日本の大手デパートとも長年取引をしているため、品質の高さは世界屈指ともいえます。

  • 日本毛織

日本毛織いわゆる「ニッケ」は、尾州を代表する生地メーカーで、長年もの間、制服などを取り扱ってきました。今では、アパレル製品はもちろんのこと、寝具や馬具、ホビー商品にまで幅広く展開しています。

しなやかなハリとしっかりとしたコシを持っており、弾力性に優れているため、着心地がいいと評判です。毛羽立ちづらく、さらっとした肌触りが特徴の日本を代表するメーカーとなっています。

スーツを長持ちさせるには

昨今の経済事情による価格高騰でスーツの価格も上がりつつあります。そんななか、せっかく購入したスーツを長く愛用したいと思うのは自然なことではないでしょうか。

長持ちさせるためにはしっかりとしたお手入れが必要です。お手入れをしていないと、スーツがすぐに傷んで着れなくなってしまったり、すぐに買い替えることにも繋がってしまいます。

ここではスーツを長持ちさせて、長く愛用できるようにするためのお手入れポイントを解説します。

ハンガーにかける

自宅に帰ってきたらゆっくりしたいと思うのは分かりますが、すぐにハンガーにかけるようにしましょう。着用したスーツやシャツはそのままにしておくとシワだらけになってしまいます。シワの癖を作らないためにも、脱いだ際はすぐにハンガーにかけることを意識しましょう。

ハンガーにかけることで期待できる効果は次の通りです。

  • 型崩れを防ぐことができる

ハンガーに吊るすことで新しいシワを作ることなく、ジャケットの型を保持してくれます。

  • 軽度なシワなら重さで伸びる

ジャケットはもちろん、パンツも裾を上にして吊るすことでシワを伸ばすことができるので、自宅でできる対策としてはぴったりです。

しっかりとハンガーにかけることで型崩れやシワ防止が期待できます。

しかし、クリーニングから返ってきたままのワイヤーハンガーでは、肩パッドの型崩れに繋がってしまいます。ハンガーには多くの種類がありますが、ジャケット特有の立体感を維持するためには、肩部分に厚みがあって、肩に沿って緩やかなカーブを描いているジャケット用のハンガーがおすすめです。

ブラッシングをする

着用したスーツはその日のうちにブラッシングをするのがおすすめです。スーツは1日着ていると目では分からなくても、ホコリや汚れが意外と付いています。ホコリや細かいゴミなどをそのままにしておくと、繊維の隙間に入り込んでしまい、生地の傷みや虫食いの原因にも繋がり、スーツの寿命を縮めてしまいかねません。

スーツの寿命を伸ばすためにもブラッシングを行いましょう。

ブラッシングをすることで期待できる効果は次の通りです。

  • 繊維の奥に入り込んだゴミやホコリを取れる

ゴミやホコリは虫食いやスーツの劣化に直結します。しっかりとケアすることで予防できるでしょう。

  • 繊維がきめ細かくなり、繊維の流れが統一される

繊維の流れが統一されることで、上品な光沢を生み出します。光沢が出ることによって、華やかさが出るのでブラッシングは重要です。

ブラッシングのポイントは軽く叩いてホコリや細かいゴミを浮かせてから、重力に逆らうことなく、上から下へブラシをかけていくようにしましょう。

細かく、力強くブラシをかけてしまうと、せっかく浮かせたホコリが中に入り込んでしまうので、大きく払うようなで優しくかけることがポイントです。

安いブラシは、化学繊維でできているものが多く、それらを使用すると化学繊維がホコリを集めてしまうことになるので、適度なハリをもった天然毛のブラシがベストです。スーツ用で使用する場合は、豚毛の大きめブラシがスーツとの相性がいいため、おすすめとなります。

シワ取りをする

どうしてもスーツを着用しているとシワが付いてしまうものです。深くシワが入ってしまうとなかなか、取ることが難しくなってしまいます。手遅れになる前に、日ごろからシワを伸ばして深いシワを作らないように心がけましょう。

アイロンをかけることで期待できる効果は次の通りです。

  • 新品のようなシャキッとしたスーツになる

アイロンをかけることで、シワがなくなり、シャキッとした印象を与えることができます。初心を忘れることなく、仕事に取り組める効果もあるので、日ごろからアイロンはかけるようにしましょう。

  • アイロンの熱で殺菌効果

雑菌は熱に弱いため、アイロンの熱で殺菌効果が期待できます。アイロンの熱による殺菌によって、臭いなども防ぐことができるので殺菌効果としてはおすすめです。

アイロンがけは、肘や膝などシワになりやすい場所などには重点的に霧吹きなどで湿らせてからアイロンをかけるようにしましょう。軽く水分を含むことで、シワの伸びが良くなるのでおすすめの方法です。

自宅でアイロンがけができるようになれば、クリーニングに出す機会も少なくなるので、出費も抑えることができます。

シワ取りの他にも、殺菌防臭効果が期待できるので、シワがなくてもアイロンをかけることもおすすめです。

オーダースーツ店でスーツを買うメリット

スーツは既製品やオーダー品など多くの種類があり、どれを選択するかによって大きく変わっていきます。ここではオーダースーツ店で購入した際のメリットを紹介します。

サイズ感がぴったりのスーツが作れる

スーツの満足度は「着心地の良さ」が大半を占めます。いくらトレンドを取り入れたおしゃれなスーツを着ていても、サイズ感が合っていないと着心地の悪さを感じることは想像できます。

既製品のスーツでは、一般的な日本人の体型に合うように作られていますが、人によってはところどころサイズ感が違う箇所が出てくるものです。既製品のスーツで自分の体型にジャストフィットするスーツを探すには非常に労力を要します。それであれば、自分の体型に合うように作れるオーダースーツがおすすめです。

自分だけのオリジナルスーツになるので、体型が大きく変わらない限りはフィットした着心地が続きます。フィットしているスーツであれば動きやすく、ストレスがない状態で着用できるため、オーダースーツ店でスーツを仕立てるうえで1番のメリットといえるでしょう。

デザインにこだわれる

既製スーツは、一般的にベーシックなデザインやカラーが多いために、同じようなスタイルになってしまいます。スーツスタイルで自分らしさや個性を出したいと思っている方にとっては物足りなく感じてしまうかもしれません。

オーダースーツであれば、生地の素材選択や生地の色柄、シルエットポケットボタン裏地などさまざまな部分に自分のこだわりを表現できます。

自分のこだわりを1着のスーツにしたい方はオーダースーツがおすすめです。

長く着用できる

同じスーツでも体にフィットしたスーツは長持ちしやすいといわれています。タイトすぎるスーツだと生地同士が擦れて、傷みの原因に繋がります。最悪な場合は破れてしまうことにも繋がるため、タイトすぎるサイズはNGです。反対に、大きすぎるサイズでは相手からの印象があまりよくないため、着用する機会が少なくなっていきます。

そういった意味で、自分にフィットしたサイズだと相手からの印象も悪くならず、生地の傷みも少ないため長く愛用することが可能です。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

今、オーダースーツ専門店が数多く存在しているなかで、オーダースーツ業界をけん引しているお店が「オーダースーツSADA」です。

オーダースーツSADAは「オーダースーツ品質満足度」「オーダースーツ接客満足度」「コストパフォーマンス満足度」などの部門で1位という輝かしい成績を残しており、多くの方からの支持を集めています。(出典元:日本マーケティングリサーチ機構調べ 2022年7月期ブランドイメージ調査)

オーダースーツの作成方法には大きく分けると、

パターンオーダー(最も簡易的)

イージーオーダー(中間的)

フルオーダー(こだわった作成が可能)

の3パターンがあります。

オーダースーツSADAでは、作成方法の中でも1番こだわったスーツを仕立てることができるフルオーダーを採用しています。

フルオーダーでスーツを仕立てる場合、作成費用としては高くなってしまう傾向にありますが、オーダースーツSADAでは19,800円(税込21,780円)〜作成が可能で、スーツの既製品と変わらない価格で仕立てることが可能です。(※2022年11月19日時点の価格です。価格は変更になる場合があります。)

価格高騰が続く昨今でも、良心的な価格で本格的なフルオーダーを提供し続けていることもあって、多くの方から支持を集めています。価格高騰が激しい現在、満足度の高い良心的な店舗でフルオーダースーツの作成をしてみてはいかがでしょうか。

山畠光優