高級スーツに使われる生地のおすすめは?一般生地と高級生地の違いを徹底解説!のアイキャッチ画像
(関連記事)こちらもいかがでしょうか
高級スーツに使われる生地のおすすめは?一般生地と高級生地の違いを徹底解説!のアイキャッチ画像

高級スーツに使われる生地のおすすめは?一般生地と高級生地の違いを徹底解説!

普段からスーツを着る機会が多い方のなかには「高級スーツは憧れだからいつか着てみたい」と考える方もいるのではないでしょうか。高級スーツは高価なため、頻繁に購入できないこともあってボーナスなどのまとまったお金が入ったときに購入を検討する方が非常に多く見受けられます。

しかし、高級スーツの購入を考えている方にとって悩みが多くあるのも事実です。

「高級スーツを購入したいけど、どんなものを買ったらいいのかわからない」

「金額が高いから選ぶ際に失敗したくない」

「そもそも、高級スーツがどんなものなのかわからない」

など、高級スーツに関する悩みを持っている方が多くいます。そのような方のために、高級スーツごとの違いや選ぶ際のポイントなど、徹底的に解説していきますので見ていきましょう。

普段からスーツを着る機会が多い方のなかには「高級スーツは憧れだからいつか着てみたい」と考える方もいるのではないでしょうか。高級スーツは高価なため、頻繁に購入できないこともあってボーナスなどのまとまったお金が入ったときに購入を検討する方が非常に多く見受けられます。

しかし、高級スーツの購入を考えている方にとって悩みが多くあるのも事実です。

「高級スーツを購入したいけど、どんなものを買ったらいいのかわからない」

「金額が高いから選ぶ際に失敗したくない」

「そもそも、高級スーツがどんなものなのかわからない」

など、高級スーツに関する悩みを持っている方が多くいます。そのような方のために、高級スーツごとの違いや選ぶ際のポイントなど、徹底的に解説していきますので見ていきましょう。

スーツスタイルでこだわりたい箇所3選

スーツスタイルを楽しむためには自分に合ったスーツを選ぶことが非常に重要になってきます。

どんなにいいスーツを購入しても自分に合わないとただ単にスーツを着せられている状態になってしまい、せっかくのスーツが台無しです。そうならないためにも自分に合ったスーツを選ぶことが必須になってきますが、どのように選んでいけばいいのかと考える人も少なくないはずです。

まずは自分に合ったスーツを選ぶためにはいくつかポイントがあります。ここでは、自分に合ったスーツを選ぶ際に必ずこだわりたい箇所を3つ厳選して紹介しますので覚えておきましょう。

適正なサイズを選ぶ

スーツを選ぶ際に一番にこだわりたいポイントはサイズ感です。どんなに高級生地を使用した立派なスーツを選んだとしてもサイズが合っていないと見栄えが悪くなったり、着心地が悪かったりといいことがありません。相手に対してだらしない印象を与えてしまうことにも繋がるのでサイズ選びは慎重に行いましょう。

スーツを着用する方のなかには「大きめのサイズの方が楽だ」と考える方も多いです。しかし、ジャストサイズの方が体の動きとスーツの動きが同調するので疲れにくくなり、スーツ自体も長持ちすることになります。各部位によって適正なサイズ選びを紹介しますので、相手への印象を悪くさせないためにも、自分に合った適正なサイズを選ぶようにしましょう。

  • 肩~背中

ジャケットのサイズを選ぶうえで最も重要な部分が肩です。肩骨の部分にジャケットの肩との縫い合わせ部分がくるのがベストサイズとなります。肩のラインが少し外側に出て、肩との縫い合わせ部分がひとつまみできるほどの余裕があるものが適正なサイズです。肩部分は他の箇所と比べて、調整しづらい箇所になるので優先してジャストサイズを選ぶことが大切となります。

背中部分は目立ったシワができない程度が適正です。サイズが合っていないと、シワが目立つようになるので注意して選ぶようにしましょう。

後ろから見た場合、シャツが1㎝〜1.5㎝程度見える程度が最適です。が浮かずに、体に沿っているかが重要なため、ウエストボタンを閉めた際に胸元が浮かないかを確認するようにしましょう。

ウエストまわりは、フロントボタンを閉めた際に、懐の部分に握りこぶしひとつ分が入るサイズがベストです。

部分はシャツが1㎝〜1.5㎝ほど見えるサイズが適切なサイズとなります。

着丈ベストサイズは、時代によって変わってきますが、オーソドックスなサイズはお尻がちょうど隠れる程度がおすすめのサイズです。着丈が短く、おしり部分が見える状態だとスタイリッシュな印象を与えることができますが、カジュアル感が強くなってしまうので注意が必要となります。反対に長くなりすぎてしまうとだらしなく見えてしまうので、着丈の長さにはじゅうぶん注意しましょう。

ウエストは手のひらが入る程度が適切なサイズです。大きすぎてしまうとシワが目立ってしまい、小さすぎるとほつれや破けに繋がるので気をつけましょう。

パンツのサイズを合わせるうえで重要な部分がおしり部分です。お尻のがはっきりと浮き出てしまうようなフィット状態だと、メンズスーツとしてはふさわしくありません。細身好きな方でも1サイズ上げて選ぶようにしましょう。反対に、大きいサイズを選んでしまうと、生地がだぶついて見た目が良くありません。

履いた時に、生地が余り過ぎずに適度なゆとりがあるものがベストです。

一般的なビジネススーツでは、ハーフクッションがバランスがいいといわれています。ハーフクッションは、靴の前に裾がかかり、少したわんだ状態を指します。一方で、細身のスーツでは、パンツの裾が靴の甲部分に当たらないノークッションがシルエットが美しくなり、綺麗に見せることができます。

裾部分のサイズはどんなスーツを着ているかで変わってくるので、自身がどのようなスーツを着ているのかを考慮して、サイズ合わせを行うようにしましょう。

色柄で選ぶ

スーツを選ぶ際にどのような色を選ぶのか、どんな柄を選ぶのかによって相手に対して与える印象は大きく変わってきます。

カジュアルシーンやフォーマルシーンなどによって、色や柄を変えることで相手に与える印象を変えることができるので、どのようなシーンで着用するのか、相手にどんな印象を与えたいのかなどで選ぶといいでしょう。

ビジネスなどのフォーマルなシーンでは、ネイビーやグレーなどの無地のカラーを選ぶと爽やかな印象を与えることができます。また、柄ではストライプを選ぶことで知的な印象を演出することが可能なため、ビジネスシーンでは非常に有効です。ビジネスシーンでは誠実な印象を与えられるかが重要になってくるので、誠実で爽やかな印象を演出できる色や柄を選ぶようにしましょう。

カジュアルなシーンで着用する場合は、ライトグレーやブルーに近いネイビーなどの明るい色がおすすめです。色が明るい分、第一印象が重くなりすぎず、華やかな印象を演出できます。柄はチェック柄などでカジュアル感を取り入れると、他の方とは違った華やかさを演出できるので、人とは違ったコーディネートをしたい方にはぴったりです。

生地で選ぶ

スーツにはさまざまな種類の生地が使われており、生地によって印象や性質が違うのも特徴のひとつです。なかでもブランド生地といわれる生地は滑らかな質感と上質な光沢がウリとなっており、高級スーツなどに使用されることが多い生地となっています。

安価な生地の代表といえばポリエステルが挙げられます。強度があり、シワになりにくいというメリットがありますが、ブランド生地と比べると肌触りが硬く、着心地が重い印象です。

生地選びはどのようなシーンで着たいのか、着用する季節はいつなのかなど、着用する状況をしっかりと考えたうえで選ぶことをおすすめします。また、最近ではオーダースーツのお店も増えてきており、自分の希望に合った生地を選択することができるようになりました。自分がどのような生地を使ったスーツを着たいのか、希望を考慮して選ぶようにすると、より一層スーツスタイルを楽しむことができます。

スーツ用の高級生地は何が違うの?

高級生地は世界的に有名なものから、日本で作られた機能性に優れているものまで多く存在しています。そんな高級生地ですが、一般の生地とどこが違うのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではスーツに使用される高級生地は、既製品のスーツ生地とどこが違うのか、それぞれの特徴などを解説していきます。

素材の違い

一番の違いとしては「素材」が挙げられます。

主に、高級スーツといわれるイギリス製やイタリア製、日本製などのスーツには高価な素材が使われていることが多いです。特に、天然繊維ウール100%の生地が多く、手触りや肌触りがいいのが特徴として挙げられます。

一方で、既製品のスーツは中国産のポリエステルを使用したスーツが流通しています。耐久性や価格の安さなどに強みを持っていますが、肌触りや生地の柔らかさという面では高級生地にはかないません。

ここでは代表的な高級生地に使われることが多い素材を紹介します。

高級スーツの素材で最も使われるものとしてウールが挙げられます。羊の毛を使用した繊維で、高級スーツの代表的な繊維といえるでしょう。

織り方によっては質感や性質が異なってくる点もウールの特徴といえます。ウールの織り方には種類が多く存在し、隙間を多く作って通気性を良くした「平織」や斜めの光沢が印象的な「綾織り」など、全く違う表情を表すことが可能です。織り方によって印象も大きく変わるので、どのような印象を与えたいのかで選ぶのもいいのではないでしょうか。

ウールは吸湿性や弾力性、保温性、耐久性、伸縮性など、多くの点で優れた繊維です。シワになりにくく、手触りがいいので万能型の繊維といえます。

  • カシミヤ

カシミヤは、中国北西部やイランなどに生息しているカシミア山羊の毛を使用した高級繊維です。カシミヤの特徴としては、美しい光沢やツヤ、しっとりとした肌触り、軽さなどが挙げられます。ウールと比べると繊維が細いので耐久性が低く、摩擦などの刺激に弱いです。そのため、カシミヤのみで使用する場合もありますが、ウールと混ぜて耐久力を上げて生地にすることが多くあります。

もともとの耐久性が低い分、着用頻度が多いスーツには不向きのため、勝負スーツとして持っておくと、男性としての箔がつくでしょう。

南アメリカやトルコなどに生息しているアンゴラ山羊の毛を使用した繊維です。

モヘアは、シャリっとした肌触りがあり、熱がこもりにくい通気性の良さが特徴です。また、独特のきらきらとした光沢が高級感を演出してくれます。通気性に優れており、べたつくことも少ないので夏用のスーツに使われることが多いです。

モヘアの生地は基本的に市場には出回りにくい傾向にあります。既製品のスーツではあまり見かけることが少なく、オーダーでの取り扱いが一般的とされています。

モヘアを使用したスーツを手に入れたい場合はオーダーで作成するのがおすすめです。

繊維の細さ

スーツ生地のなかで、一般的とされている素材がウールです。そしてウールのなかでも生地によっては価格が大きく変わるものがあります。スーツの価格に大きく影響するものとして挙げられるものが、生地に使われる「繊維の細さ」です。生地は繊維が細くなれば細くなるほど価格が高くなり、高級品として扱われることが多くなります。

しかし、「細い方が高い」と知っていても、実際にスーツを見ただけで繊維の細さを判断することは難しいです。そこで、繊維の細さを判断する基準として、スーツのタグに「SUPER表示」というものが表記されています。このSUPER表示は繊維の細さを表し、表示の数字が大きくなればなるほど、細い糸で織られた生地を使用していることになります。

繊維が細ければ価格が高くなる傾向にあるので、SUPER表示の数字が大きくなればそれだけ価格も高いものになっていきます。

繊維が細くなると高級品になってきますが、耐久性が低くなるので着用頻度が多いスーツの場合は注意が必要です。

ウールの割合による違い

多くのスーツで使われるウールは単体として使われることもありますが、ポリエステルなどといった化学繊維と混ぜて使用されることも多いです。どのくらい混ざっているか(混率)によって価格が変わってきます。

一般的にウールの割合が大きい方が価格が高くなる傾向にあり、最も高くなるものがウール100%のものです。スーツの中には、ポリエステルの割合が50%以上の生地を使用した物も存在し、それらのスーツは比較的安価で販売されています。

ポリエステルを混紡させる意図としては、コストカットだけが目的ではなく、ウールの強度を高めて耐久性を上げることも大きな目的のひとつです。

また、ポリエステルを混ぜることで見た目のコントラストをはっきりさせることが可能となるため、あえて見た目を目立たせる意味でポリエステルを混紡している場合も考えられます。

ウールの割合が100%に近づけば近づくほど、生地の価格は高くなる傾向にありますが、ポリエステルが混ざっていても高い生地はあるので、混率だけが全てというわけではないことに注意が必要です。

高級生地を選ぶ時にチェックするポイント

スーツ購入の際はどんな生地が使われているのかチェックすることも重要です。生地も高級生地から安価な生地まで存在し、どのような生地を選んだらいいのか迷ってしまうことも考えられます。

高級生地を使ったスーツを選びたいと思ってもチェックするポイントを知っていないと生地選びに失敗してしまうことも考えられます。ここでは、生地選びに失敗しないためにも、高級生地を選ぶ際に後悔しないチェックポイントを解説していきます。

光沢

一般的なスーツと高級スーツとでは一目で「光沢感」の違いを実感できるでしょう。高級生地を使用したスーツにはツヤがあり、生地に詳しくない方でもすぐに判断できます。

光沢感は相手に与える印象やゴージャス感を演出できるため、高級生地を選ぶ際のポイントの一つとして覚えておきましょう。

生地を手に持って、どんな角度で光沢が出るのかを確認することが大切です。また、仕上がった時をイメージするためにも、生地を当ててもらい、生地の色と自身の肌との相性を確認しておくことも重要となります。

生地を選ぶことが多い室内と実際にスーツを着用する機会が多い屋外とでは、光沢の印象も変わってくるため、屋外でも光沢の確認ができるようにスタッフに交渉することをおすすめします。

柔らかさ

スーツを着る機会が多い営業マンにとっては、スーツの柔らかさは非常に重要な要素でもあります。

動きの多い営業マンはお客様の対応のため、スーツを着用したまま作業を手伝ったりすることも少なくありません。ストレッチ性の少ない生地では動きづらく、スーツ自体の動きも制限されて痛みやすくなってしまいます。

スーツの生地は織り方や混紡される素材によって伸縮性が変わることがあります。使用されている生地がどのくらいのストレッチ性を持っているのかを確認することが大切です。

高級生地を選ぶ際に、どの程度のストレッチ性を有しているのかをしっかりと確認しておくことがスーツを長持ちさせるための秘訣といえるでしょう。

シワ

高級生地に限らず、いい生地は復元力に優れているという特徴があります。

生地選びの際には、必ずスーツ生地をつまんで、復元力を確認するようにしましょう。打ち込みがしっかりしている生地はコシがあり、柔軟性と反発力を備えています。コシのある生地を使用したスーツは、ハンガーにかけておくだけでシワを解消してくれるので、柔らかさを意識して選ぶことがおすすめです。

スーツを長く着用するうえでも、復元力は重要なため、生地を選ぶ際には必ず確認するようにしましょう。

高級生地で有名な国と定番ブランド①イギリス

イギリスは英国紳士という言葉でも表現されるように紳士の町として多くの方に浸透しています。そんなイギリスではどのような生地が作られているのか、特徴やブランドを紹介していきます。

生地の特徴

イギリスで作られている生地は、一般的にしっかりと織られているものが多く、耐久性に優れていることが大きな特徴といえます。また、復元力に優れており、シワになりにくい点もイギリス生地の強みといえるでしょう。

色柄はクラシックな種類が多く、肌触りが若干の硬さを有しています。その硬さこそが耐久力に優れている証です。硬く、耐久力に優れている要因としては、「経糸」「横糸」の2本の糸を撚って織られていることが挙げられます。

イギリスの生地メーカーは、オーダーメイドでのスーツ作成はもちろん、パターンオーダーでさえも手作業で丁寧に作られることが多いです。このような丁寧な作業こそ、イギリスがスーツの発祥と呼ばれていることにも繋がってきているのかもしれません。

定番ブランド

イギリスの覚えておきたい定番ブランドを厳選して紹介します。

  • JOHN FOSTER(ジョン・フォスター)

JOHN FOSTERは1819年に設立され、200年以上にも及ぶ長い歴史を有しているイギリスを代表する生地メーカーです。世界最大のトップモヘアメーカーとして、イギリスだけではなく、世界の多くの国から指示されています。

同じく、スーツで有名なイタリアの生地よりもハリやコシがしっかりとしており、イギリス生地の特徴でもあるしっかりとした硬さがありません。やわらかすぎず、硬すぎないという丁度いい生地感がウリでもあり、非常にコストパフォーマンスに優れた生地といえます。

1938年に設立された世界最大のマーチャント(生地のデザインを外部の工場に発注をして、生地を卸す生地メーカー)です。

「最高の原材料を使用する」ことにこだわっており、高級紳士メーカーとして多くの国で支持されています。生地の特徴としては、ツヤやしなやかさがあって適度な厚みを有しており、合服として使いやすいと評判です。生地の質がいいことはもちろんのこと、デザイン性の魅力も高く、アメリカ大統領御用達ブランドとしても有名となっています。

  • Savile Clifford(サヴィル・クリフォード)

1899年創業のイギリス、ハダースフィールドにあるブランドです。最新の工場とともに、優秀なデザイナーを採用してイギリスの伝統性や独自性を守りながら現代に合わせた服地を作り出しています。独創的で重厚感を感じられ、イギリスらしいハリのある生地が特徴です。

生地の打ち込みもしっかりとしているため、動く機会が多い外回りの営業マンにおすすめのブランドとなっています。

高級生地で有名な国と定番ブランド②イタリア

ファッションの町としても有名なイタリアでは、スーツも非常に有名です。スーツ生地の中でも、最も人気があるといえるイタリアの生地について、どのような特徴があるのか、ブランドはどのようなものがあるのか、紹介していきます。

生地の特徴

イタリア生地の特徴は、生地自体にツヤが出ており、やわらかくて肌触りが滑らかな特徴があります。滑らかなこともあり、軽くて着心地がいいと評判です。

また、イタリアのメーカーの生地で作られたスーツは、国産やイギリス産の生地と比べると、柄が豊富にあり、生地自体の色も華やかな印象を受けます。イタリアスーツは、格式よりもファッション性を意識していることが多いため、生地も地味めなものよりかは派手めな物が多いです。

メンズスーツの発祥はイギリスですが、スーツスタイルをひとつのファッションとして定着させたのはイタリアともいわれるほど、スーツに関しては有名な国です。

定番ブランド

イタリアの覚えておきたい定番ブランドを厳選して紹介します。

1910年創業で北イタリアでテキスタイルメーカー(織物やニットの生地の企画や生産を行うメーカー)としてスタートしました。ゼニアは「最高の素材は優れたデザインを、最高のデザインは優れた素材を求める」というポリシーを抱え、スーツに限らず、ジャケットからスポーツウェアに至るまで、世界でも高い評価を受けています。

品質が高い服地から作られるスーツは各国のトップはもちろん、名のある実業家など、多くの方が顧客として名を連ねています。

高級ウールと高級カシミアのトップメーカーとして、ピエトロ・ロロピアーナが1924年に創立しました。ロロ・ピアーナ繊維の生産から織りあがった生地をスーツに製品化するまで自社で一貫して行うスタイルを取っているメーカーです。

ロロ・ピアーナの生地は男性をイメージした力強い生地ではなく、高貴で色気を兼ね備えた女性的な生地が特徴といえます。スーツに仕立てた際は、ロロ・ピアーナ独特のノーブルな雰囲気を作り出すことができるので、多くの方からも親しまれるメーカーといえるでしょう。

オーストラリアから原毛を直輸入して最新の紡績機や織機を使い、糸の紡績から生地の生産までを自社で行っているメーカーです。生地の品質も高く、コストパフォーマンスに優れているため、世界各国の方から愛されているブランドとなっています。

カノニコの生地は、生地の発色がよく、軽くてやわらかいことが大きな特徴です。発色の良さから、ネイビーが人気で時期を問わず、多くの人に選ばれる生地となっています。

高級生地で有名な国と定番ブランド③日本

イギリスやイタリアに比べても遜色ないスーツ生地を提供している日本が世界でも注目を集めています。そこで日本の生地の特徴や代表するブランドを紹介していきます。

生地の特徴

スーツをビジネスウェアとして考えた堅実で合理的な生地が特徴です。変色やダメージに強い特性をもっており、日本特有の技術の高さや品質の高さが目立つ生地となっています。この技術の高さは世界からも注目されており、多くの国で使用されるようになりました。

愛知県の北西部に位置する尾州地域が代表的な産地で、一大毛織物産地として世界に知られている地域でもあります。

日本で着用されているスーツは、イギリスがルーツになっており、デザインはもちろんのこと、生地自体も強く耐久性があるものが多いです。

定番ブランド

日本の覚えておきたい定番ブランドを厳選して紹介します。

  • 御毛毛織(みゆけけおり)

1905年に創業してから国内の紳士服地分野では高評価を受け続けているブランドです。素材の特徴は自然な風合いと上品さを兼ね備えており、長期間着てもが崩れにくいと多くの方から支持を集めています。

オーストラリアに自社工場を所有しており、羊毛の育成から製造、管理まで自社一貫性で行っている世界でも数少ない素材メーカーとなっています。

  • 日本毛織(にほんけおり)

国内で唯一、紡績から販売まで行っている素材メーカーとなっており、「ニッケ」という愛称で呼ばれています。独特のツヤ感と上品で美しい発色が特徴で、世界に誇る最高級の日本製ウールとしても注目を集めているブランドです。

生地自体が毛羽立ちにくく、さらっとした肌触りでシワになりにくいことから多くの方から高評価を得ているブランドでもあります。

  • 国島毛織(くにしまけおり)

1850年に創業し、尾州にある毛織物メーカーで最も古い歴史を持っているブランドです。通称、ハードレックスとも呼ばれており、オーダースーツ用に開発した高品質で高機能な生地を取り扱っているメーカーでもあります。

こだわりの一着を手に入れるにはオーダースーツ

自分に合ったスーツを着用したいと思うのは誰もが考えることではないでしょうか。既製品のスーツであれば、サイズ感やデザイン性、機能面など、自分の体型や考えと相性が合わない場合も出てきます。そういった場合、どこか妥協して選ばないといけない点が出てきてしまうのも事実です。

せっかくのスーツ購入なので、できれば妥協してスーツを手に入れることは避けたいと誰もが思うのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、オーダースーツです。オーダースーツは自分のこだわりを実現させるにはぴったりの作り方となっています。スーツのどこにこだわりたいかは、人によって全く違うものです。

自身のこだわりたいポイントがはっきりしているのであれば、そのこだわりをオーダースーツでにしてみてはいかがでしょうか。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

近頃、多くのオーダースーツ専門店が存在しています。数あるオーダースーツ専門店の中でもオーダースーツ業界をけん引し、注目を集めている店舗が「オーダースーツSADA」です。

オーダースーツSADAは、創業は1923年、2023年には100年を迎えます。店舗数は2022年11月現在で49店舗が展開されており、多くの方から親しまれています。

オーダースーツの作成方法には大きく分けると3つのパターンがあります。

の3パターンです。

オーダースーツの作成には、簡易的なパターンオーダーから順に価格が高くなっていく傾向にあり、フルオーダーになると数十万円する店舗まで存在するので、敬遠されることが多くなります。しかし、オーダースーツSADAでは、フルオーダーを採用しながらも19,800円(税込21,780円)〜と量販店の既製スーツと変わらない価格でリーズナブルに作成することが可能です。(※2022年11月時点の価格です。価格は変更になることがあります。)

価格のお手ごろさに注目されがちですが、オーダースーツSADAの強みは価格の安さだけではありません。コストパフォーマンス満足度をはじめ、オーダースーツ接客満足度、オーダースーツ品質満足度など、多くの部門で1位を獲得するなど、さまざまな部門で評価されている実績があります。(出典元:日本マーケティングリサーチ機構調べ 2022年7月期ブランドイメージ調査)

オーダースーツSADAは、ベースの価格が安いため、オーダースーツならではのこだわり部分に予算を割くことが可能です。価格の安さの理由は、生地の仕入れから縫製まで自社で行っており、余計な業者が間に入っていない点が挙げられます。自社工場での縫製から生地卸問屋のノウハウ、生地企画から縫製、小売りに至るまで自社グループ内で行える体制が整っているからこそできることです。

一貫して自社で行っているので、小売りから工場までの発注もスピーディーに行われるため、注文してから出来上がるまでのタイムラグが少ないことにも繋がってきます。スーツのこだわりたい部分は人によって違うものですが、オーダースーツSADAでは、自身のこだわりを実現することが可能です。

コスパの良さ、接客の良さ、品質の高さどれをとってもトップレベルのオーダースーツSADAで、自分のこだわりを実現してみてはいかがでしょうか。

山畠光優