スーツスタイルのかっこいい後ろ姿は襟、ジャケット、パンツで決まる。のアイキャッチ画像
スーツスタイルのかっこいい後ろ姿は襟、ジャケット、パンツで決まる。のアイキャッチ画像

スーツスタイルのかっこいい後ろ姿は襟、ジャケット、パンツで決まる。

街を歩いているとたくさんのスーツ姿の人が目に入ります。道行く人を見て「あのスーツを着ている人の後ろ姿はかっこいいな」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。スーツを着用した後ろ姿は見られる機会が多く、男性の印象を左右する重要なポイントです。しかし、そこまで気を遣えている方はそれほど多くありません。スーツ姿の前面は鏡で見られるため自分で身だしなみのチェックがしやすいのに対して、後ろ姿はなかなか自分でチェックできないため、スマートな着こなしが背面にまで及んでいるかどうかが把握しにくいのです。スーツの身だしなみで特に重要となるのが、最初に目に入りやすい襟の部分、そして上から順に背中、パンツのラインまでの着こなしです。第一印象で自分に似合いそうだと感じるデザインのスーツがあったとしても、実際に着用してみると後ろ姿がスタイリッシュに仕上がらないケースもあります。そこでこの記事では、スーツの襟からパンツまで、後ろ姿をかっこよく見せるための着こなしを解説します。「スーツの後ろ姿をかっこよく見せるための着こなし方を知りたい」という方は、ぜひ参考にしてください。記事の最後では後ろ姿まで整った着こなしを叶えられる「オーダースーツ」について解説しますので、既製品のスーツでは物足りないという方は要チェックです。

「あの人のスーツの後ろ姿かっこよかったなぁ…」 「スーツの後ろ姿をかっこよく見せるための着こなし方を知りたい!」 という人のための記事です。 スーツ姿の前面は鏡で見えるので自分でチェックできますが、後ろ姿はなかなかチェックできません。 だからこそ身だしなみに差がつくのが「スーツの後ろ姿」です。 特に、最初に目に入りやすいスーツの襟、そして上から順に背中?パンツのラインまでの着こなしは重要になります。 この記事では、スーツの襟からパンツまで後ろ姿をかっこよく見せるための着こなしを解説しますので、後ろ姿をかっこよくしたい人はぜひ最後まで読んでください。

スーツの後ろ姿の重要性

スーツの後ろ姿は見られる機会が多く、男性の印象を左右する重要な身だしなみです。 そもそも、スーツの後ろ姿の身だしなみにまで気を遣えている人は多くありません。 だからこそ後ろ姿の身だしなみは「デキる男」という印象を与えられます。 なぜ大半の人は後ろ姿の身だしなみに気を遣えないかというと、スーツの前面から整えるからです。 スーツの前面には、ジャケットにはボタンの留め方などのマナーやワイシャツとの合わせ方など、具体的な着こなし方があります。 それに、ネクタイやポケットチーフといったアイテムや、ラペルピンなどのアクセサリーもありますよね。 一方、スーツの後ろ側には具体的な着こなし方のマナーや着けるアイテムはありません。 つまり、スーツ自体のことを知らないと、具体的になにで後ろ姿をかっこよく見せればいいのかわからないのです。 なので、大半の人はスーツの前面が整っていれば満足してしまいます。 なかなか気を回せない後ろ姿だからこそ、差をつけやすいのがスーツの後ろ姿です。 スーツの後ろ姿は営業周りで街中を歩いているときなど、常に周りの人の目に入ります。 また、取引相手と別れるとき最後に目に入るので、実は後ろ姿も強く印象に残りやすいのです。 さて、スーツの後ろ姿の重要性をおわかりいただけたところで、問題は「具体的になにで後ろ姿をかっこよく見せればいいのかわからない」という部分ですよね。 ここからは、スーツの後ろ姿をかっこよく見せるポイントを襟から順に解説します。 後ろ姿をさらにかっこよく見せるためのおすすめスタイルも紹介していますので、ぜひ最後まで読んでください。

スーツの後ろの適切な襟幅

まずは、スーツの後ろの適切な襟幅を解説します。 ジャケットの後ろの襟幅は、ワイシャツの襟が1.5?2.0cm見えるくらいがベストです。 ジャケットが小さいと襟からワイシャツが見えすぎて、首周りが窮屈そうに見えてしまいます。 逆に、ジャケットが大きすぎるとジャケットの襟が落ちたりシワが寄ったときには襟が埋もれたりして、だらしない印象を与えてしまうでしょう。 また、ワイシャツの襟が隠れすぎてしまってもNGなのですが、これにはジャケットの襟の汚れを防ぐという効果もあります。 ジャケットより安価で替えがあるワイシャツが汚れるほうがいいですよね。 以上のことから、ジャケットの後ろの襟からワイシャツが1.5?2.0cm見えているかチェックしましょう。

後ろの襟幅を適切な幅にする方法

ジャケットの後ろの襟幅ですが、自分のサイズに合ったジャケットを着用すれば、おのずとワイシャツの襟が1.5?2.0cm見えるくらいになります。 つまり、後ろの襟幅を適切な幅にする方法は、自分に合うサイズのジャケットを選ぶことです。 ということで、ここでは自分に合うサイズのジャケットの選び方を紹介します。 ジャケットを試着した時は、襟幅以外もチェックして自分に合うサイズのジャケットを購入しましょう。

「スーツは肩で着る」と言われるほど、ジャケットの肩のフィット感は重要です。 ジャケットを着用して肩の縫い目を、人差し指と親指でつまんでみましょう。 この時に「ひとつまみできるくらい」の余裕があれば適切なサイズです。 ひとつまみできないと小さいサイズなので、肩にジャケットの背中の生地が引っ張られて横ジワができてしまい、後ろ姿も窮屈になってしまいます。 それに、肩が引っ張られていると力が入ってしまうので肩こりの原因にもなるでしょう。 一方、肩の縫い目をつまんだ時に余裕がありすぎると大きいサイズです。 ジャケットが大きすぎると、肩パッドの位置が落ちて後ろ姿がだらしなく見えてしまいます。

胸周り

胸周りは、ジャケットの前ボタンを留めた時、ボタンの左右に横ジワができないサイズが適切なサイズです。 また、胸板が厚い人はジャケットの胸の生地が開いて浮いてしまいがちなので、余裕のあるサイズにしましょう。 細身の人は胸周りにが余って頼りなく見えてしまいがちなので、スリムデザインのスーツもおすすめです。

袖丈

ジャケットの袖丈は、袖からワイシャツが1?1.5cm見えるのが適切なサイズです。 袖丈はスーツの後ろ姿にも重要で、袖が長すぎるとだらしなく見えてしまい、短すぎるとワイシャツが見えすぎてバランスが悪く見えてしまいます。

ジャケットの後ろ丈

ジャケットの後ろ丈は、お尻の頂点がちょうど隠れるくらいが適切なサイズです。 ジャケット丈が短すぎると、ジャケットを来ていてもお尻の存在感が目立ってしまいます。 逆に、ジャケット丈が長すぎるとお尻のシルエットが全く出ないので、全体的にボテッとした印象を与えてしまうでしょう。

スーツの後ろの襟は汚れやすので気をつけよう

スーツの後ろの襟は、首回りとこすれて汗もつくので汚れやすいです。 スーツを長持ちさせるために、汚れを予防しましょう。 ここからは、襟汚れの予防策を紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

襟に衣類用の防水(撥水)スプレーをかけておく

襟の汚れは、生地とこすれた肌の皮脂汚れが汗の水分で生地繊維に染み込んで色がついてしまうのが原因です。 そこで、スーツの襟周りに防水スプレーをかけておけば、汗を弾くので生地繊維に汗が染み込みにくくなります。 ただ、防水スプレーをかけるタイミングに気を付けましょう。 すでに汚れが溜まった状態でスプレーすると、汚れを閉じ込めてしまいます。 スプレーするタイミングは、クリーニングに出した後などスーツに汚れがない状態でスプレーしてください。

こまめに首回りの汗を拭く

汚れの原因となる首回りの汗をこまめに拭き取ることも、襟周りの汚れ予防になります。 首回りの汗を放置しておくと、その分生地繊維に皮脂汚れが浸透しやすくなってしまうので、ハンカチやタオルで汗をこまめに拭き取りましょう。

同じスーツを連日で着用しない

1着のスーツを連日で着用すると、汚れが集中的に溜まってしまうので汚れで変色するのが早くなってしまいます。 また、スーツは1回着てから数日休ませると、生地の負担が回復してシワやにおいも取れていきます。 つまり、複数のスーツを着回していくと、汚れやにおいの蓄積を緩和できて自然回復により生地も長持ちするのです。 理想は3着以上を着回していくとスーツを休ませる時間が作れます。 では次に、スーツの後ろ襟が汚れてしまった時の対処法を見てみましょう。

スーツの後ろ襟が汚れてしまった時の対処法

スーツの後ろの襟が汚れてしまった時の対処法を紹介します。 お湯と洗剤を使って汚れ落としをするのですが、まずは汚れ落としの前にスーツの素材をチェックしましょう。 「水洗い不可」と表示があっても部分的な汚れ落とし程度なら大丈夫です。 しかし「シルク」「麻」「カシミヤ」のスーツはデリケートなので実施しないでください。 【汚れ落としに準備するもの】

・下敷き用の大きいタオル

・汚れ落とし用の小さいタオル

・食器用洗剤(中性)

・タオルを浸す用のお湯とお湯の入れ物

食器用中性洗剤で驚く方もいるかもしれませんが、襟周りの汚れはほとんど皮脂汚れが原因です。 生地繊維に染み込んだ油を分解するのに食器用洗剤が向いています。 ただ、アルカリ性や酸性が強ければ強いほど生地を傷めやすいので、それらの中間である中性洗剤にしましょう。 準備ができたら、次は汚れの落とし方です。 【スーツの汚れ落としの工程】

①下敷き用タオルを敷いてスーツの汚れが溜まっている面(肌とこすれる部分)を下敷きのタオル側に向けて置いてください。

汚れを下敷きタオルに逃すようなイメージです。

②お湯に小さいタオルを浸してしぼってください。

そのタオルに食器用中性洗剤をちょこっとつけて、汚れが溜まっている部分を何度も叩きましょう。

③汚れが浮いてきている状態なので、汚れ部分を霧吹きなどで湿らせてから拭き取ってください。

霧吹きがなければ少し濡らして拭き取ってもOKです。 上記の工程であまり汚れが落ちないようなら、①のときに汚れを溶かすためスチーマーを当てるとより効果が上がるでしょう。 では事項から、スーツの後ろ姿をさらにかっこよく見せるために、襟から下の身だしなみのポイントを解説していきます。

ジャケットの背中にはツキジワに注意

スーツの後ろ襟の次は、背中の見え方もチェックしましょう。 ジャケットが小さすぎると、両肩にジャケットの背中の記事が引っ張られて横ジワができてしまいます。 これが「ツキジワ」です。 ツキジワがあると、後ろ姿が窮屈に見えてしまい「小さいジャケットを無理やり着ている」という印象を与えてしまいます。 紳士たるもの、余裕のある背中を見せたいですね。 ジャケットを試着する時はツキジワができていないかチェックしてください。

かっこいい後ろ姿にはジャケットのベントも重要

さて、ジャケットの背中の次は「ベント」と呼ばれるジャケット丈の部分の解説です。 スーツの後ろ姿をかっこよく見せられるかどうかはベントの種類も重要になります。 ここではスーツのベントを5つ紹介しますので、自分のスタイルやシーンに合わせてベントを選びましょう。

センターベント

センターベントは、ジャケットの後ろ丈に切れ込みが入っていて二股に割れるデザインで、ジャケットの定番ベントです。 センターベントは、イギリス人が乗馬をするときに、上半身を動きやすくするために上着の裾を割って馬に乗りやすくしたことが由来とされています。

サイドベンツ

サイドベンツは、両脇のジャケット丈に切り込みが入っているベントです。 ヒップが広い人でもゆったりと着られて、センターの裾がひらひらと揺れエレガントに見えます。 サイドベンツは、昔の騎士たちがサーベルを抜き差しするときに、上着がジャマにならないよう追求する中で両脇の裾を切ったことが由来です。 ベントの種類の中で、唯一切れ込みが複数あるので「ベンツ」と、複数形になっています。

ノーベント

ノーベントは、ジャケット丈に切れ目がないベントです。 フォーマルなシーンなど、動きが少ない場でよく着用されます。 高貴な雰囲気を与えてくれて、スールのスタイル的にはダブルのスーツと相性が良いベントです。

フックベント

フックベントは、センターベントの切れ込みの根元がフックしているデザインのベントです。 主にオーダースーツで、センターベントにアクセントを加えたい時にオプションでつけるのが好まれています。

ボックスベント

ボックスベントは、後ろ姿を優雅に見せてくれる個性派ベントです。 一見はセンターベントに見えるのですが、裾を切るのではなく内側に折り込んで凸合わせにしているので、裾が開いた時に奥の裾が見えるというデザインです。

スーツの後ろ姿は上だけではなくパンツも重要

スーツの後ろ姿は上着だけなくパンツにも気を遣いましょう。 特に、ヒップラインと裾は後ろ姿の身だしなみで重要な部分です。 ヒップのサイズが小さすぎるとお尻の食い込みが目立ってしまい、大きすぎるとシワが寄ってだらしなく見えてしまいます。 また、裾も短すぎるとパンツの足長効果が薄れて子供っぽく見えてしまうでしょう。 逆に、長すぎると裾があまり足元がクシャクシャになってだらしなく見えてしまいます。 ということで、ここからはパンツの後ろ姿に影響があるデザインと、パンツのサイズの選び方を解説していきます。

パンツの裾はシングルとダブルの2種類

パンツの裾のデザインには「シングル」と「ダブル」の2種類があります。 シングルは、パンツの裾口に縫い目がないオーソドックスなスタイルです。 ダブルは、パンツの裾口を折り返して縫い付けてあるデザインで、カジュアルな印象が出ます。 ダブルはパーティーなどに着やすい柄物のスーツなどにもピッタリです。 パンツの裾口に決まりはないので好みで選びましょう。

自分に最適なサイズのスーツのパンツ

スーツのパンツのサイズを選ぶ時は、試着して必ずヒップとパンツ丈をチェックしましょう。

ヒップ

ヒップは試着した時に、食い込みやお尻のシルエットをチェックしましょう。 ヒップに余裕がないと左右に生地が引っ張られて、横ポケットが開いた状態になります。 余裕がありすぎると、今度は生地が余ってシワがよってしまうので、適度な余裕があるか見てみてください。 この時一緒に、太もも周りのサイズもチェックしましょう。 太もも周りの生地を人差し指と親指でひとつまみできるくらいの余裕が適切なサイズです。

パンツ丈

スーツのパンツ丈を見る時は、パンツを履く腰の位置を決めてベルトも着用させてもらいましょう。 スーツ屋さんの試着室には革靴が置いてあるか貸してもらえると思いますので、革靴も履いて丈の長さを合わせます。 パンツ丈の前側が自然に「くの字」にくぼむくらいが適切なサイズです。 ただ、パンツ丈は個人の好みによって短めに履きたいという人もいますので、あとは好みで調整しましょう。

まとめ

ここまでスーツの後ろ姿の重要性と、後ろ姿をかっこよく見せるための襟からパンツまでの着こなしを解説してきました。 いかがでしたでしょうか。 この記事の内容を実践してもらえれば、スーツの後ろ姿が今より数段かっこよくなるはずです。 スーツの後ろ襟やベント、パンツにこだわりを持って個性的でかっこいい男のスーツ姿を手に入れてください。 とはいえ… サイズがぴったりなスーツは大前提として、スーツの素材や色、そして好みのベントの種類など自分に合う1着を見つけるのはハードルが高い… それもそのはず、体型は筋肉が大きい人や細身の人などそれぞれ異なりますし、既製品のスーツではデザインも選べる幅が限られます。 スーツの後ろ姿をかっこよくするためには、スーツのサイズやデザインが選べるのがベストです。 そこで、自由にスーツをカスタマイズできるオーダースーツをおすすめします。 オーダースーツならオーダースーツSADAにご相談ください。 あなただけのスーツを高品質・低価格でお作りします。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

「オーダースーツSADA」は、オーダースーツチェーン店舗数日本一のオーダースーツ専門店です。 全国に47店舗を展開していますので、お近くのSADAにお越しいただければ、店舗でスーツのプロがあなただけのオーダースーツを作るお手伝いをいたします。 店舗で全身20ヵ所以上を入念に採寸して、微妙な体型のクセまで調整するので、スーツの見た目も着心地も最高です。 スーツの後ろの襟やジャケット丈、パンツのサイズ感もオーダースーツSADAならなにも心配いりません。 さらにスーツの後ろ姿を個性的でかっこよく見せるために、ジャケットのベントやパンツの裾、後ろポケットまでこだわり抜けます。 「スーツの後ろ姿をかっこよく見せたい…」とお悩みの方は、お近くのSADAへお気軽にお越しください。

スーツの後ろ姿をかっこよく見せるためには、まず「適切な襟幅」を意識しましょう。ジャケットの後ろの襟幅は、ワイシャツの襟が1.5〜2.0cmほど見えるのがベストです。襟幅は自分のサイズに合ったジャケットを着用すれば、おのずとワイシャツの襟が1.5〜2.0cm見える程度になります。ジャケットが大きすぎると、ジャケットの襟が落ちたり襟が埋もれたりして、だらしない印象を与えてしまうので注意しましょう。ワイシャツの襟が隠れすぎてしまうのもNGです。肩・胸周り・袖丈・後ろ丈などを考慮し、自分に合ったサイズのジャケットを購入すしてください。スーツの後ろ襟は汚れやすいため、記事内で紹介した対処法を参考に維持に努めるのがおすすめです。スーツの後姿をかっこよく見せられるかどうかは、「ベント」と呼ばれるジャケット丈の部分もポイントとなります。ベントには今回紹介したようにさまざまな種類があるため、自分のスタイルやシーンに合わせて選びましょう。また、ジャケットだけなくパンツにも気を遣う必要があります。ヒップや丈などが自分の体型に合ったものを着用すると、よりスマートな着こなしが可能となるのです。スーツの後ろ襟やベント、パンツにこだわりを持って、個性的で素敵なスーツ姿を披露しましょう。