スラックスのタックは入っていた方がいいの?!社会人の疑問を解明します。

そもそもタックとは。

引用元https://www.qoo10.jp/gmkt.inc/goods/goods.aspx?goodscode=874590102&jaehuid=2026058773

タックとは、ぱんスラックスに入った畳んだようなヒダをさします。 

タックには種類があり、ノータック、ワンタック、ツータックと主に3種類あります。

一般的に見られるのがワンタックだと思いますが、ノータックやツータックもまた雰囲気が違ってみえるんです。

ノータック

引用元https://store.nanouniverse.jp/jp/g/g6689227015_r1612/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=shopping&path=top&argument=QwgDZMmS&dmai=a5cf9bc491d473

ノータックはヒダが入ってないパンツを指し、細身のデザインが多いです。

スーッとストレートに伸びたシルエットなため、スタイリッシュに見えるのが特徴です。

たっくタックかが無いため、動作がしにくいというデメリットもありますが、脚長効果は抜群です。

ワンタック

引用元https://www.y-aoyama.jp/products/detail.php?product_id=39592

いっは一般的によく見られるワンタックはスーツデザインとして使われます。に、よく用いられているデザインです。

ノータックに比べて腰回りに余裕ができるため、動きやすいのと、凹凸ができるおかげで腿のハリなどもカモフラージュできるため、大人っぽい印象なります。

ツータック

https://www.cecile.co.jp/detail/JN-393/?micd=15123&appno=559316&clrcd=502&utm_medium=organic&utm_source=google_free_pla

なかなか馴染みのないツータックですが、ツータックのスラックスは少しエレガントなこなれた印象に仕上がるのが特徴です。

ワンタックよりもさらに、ゆったりとしたシルエットになるため、トップスはカチッと体にフィットする物を合わせると全体のバランスがよくなるためおすすめです。

ツータックをよりカッコよく着こなすコツ

引用元https://www.cecile.co.jp/detail/JN-393/?micd=15123&appno=559316&clrcd=502&utm_medium=organic&utm_source=google_free_pla

腰回りが膨張して見えてしまうのが心配という方にオススメの着こなし術として、太めのベルトをセレクトすると良いです。

ウエストもジャストサイズのスラックスをチョイスすると腰回りの厚みをカバーできますよ。

そしてさらに、ダークカラーなら引き締め効果があるため、スタイルに自信がない方はブラックやネイビーブラウンから挑戦してみてください。

オーダースーツでぴったりなスラックスを

引用元https://www.ordersuit.info/sada_suit/

今回はスラックスのタックについてご紹介しましたが、タックも含め、自分にあったサイズ感シルエットのスラックスをGETできるのはやはり「オーダースーツ」。

体の特徴に合わせたスラックスは市販の似たようなデザインのものと比べても違いが一目瞭然。

シンプルなものこそこだわるとカッコよさが格段に引き立ちますよ。

https://www.ordersuit.info/sada_suit/

まとめ

引用元https://www.cecile.co.jp/detail/JN-393/?micd=15123&appno=559316&clrcd=502&utm_medium=organic&utm_source=google_free_pla

今回はスラックスのタックについてご紹介しました。

結論としてタックは、入っていてもいなくてもどちらでも◎

スタイリッシュに着こなしたい方はノータック、エレガントに着こなしたい方はツータックなどなりたい雰囲気に合わせた物をチョイスするのがオススメです。

是非皆さんも参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。