ネクタイの長さは意外と重要!正しいネクタイの長さを知っておこう。

スーツのジャケットを脱いだとき、意外と目につくのが”ネクタイの長さ”

ネクタイが長いや短いで印象が変わり、長すぎるとだらしなく、短すぎるとカジュアルに見えてしまいます。

ビジネスシーンで、普段はジャケットのボタンを閉めているという方でもいざジャケットを脱いだ時ネクタイがだらしなかったら清潔感がないように見えたり、信頼感がなく見えてしまいます。

そこで今回は、一般的に知っておきたい正しいネクタイの丈の長さをご紹介します。

一般的なネクタイの長さ

基準と言われるベルトの長さは、ベルトのバックルに半分かかるくらいの長さがと言われており、一番綺麗に見える丈感です。

日本男性の平均身長170~176cmに合わせた140cm前後のネクタイの長さが一般的に売られているため購入時には大体140cm前後のものを選ぶと失敗はないでしょう。

ぴったりのものを選ぶのも大切ですが、結び方や体型によって長さが足りなくなってしまう事があるので、+2,3cm

を意識しておくとより安心&長く使用できます。

海外のネクタイは長め

先ほど日本人男性にオススメのネクタイの長さは140cmと言いましたが、海外のものは140cmより長いことがあります。

基本的にビジネスシーンではプレーンノットもしくはウィンザーノットと言われる結び方をする方が多いと思われますが海外のネクタイを使用した場合バランスが悪くなってしまうことも。

そんな時は、あえて長くなるように結び、スラックスに入れ込んで隠してしまうと良いでしょう!!

ネクタイピンを使用する方法も

大剣をベストの長さに調節できたけど、小剣がどうしても長くなってしまうという方や、プライベートシーンで短めにネクタイを使用したい方にオススメなのがネクタイピンで固定する方法です。

ジャケット着用時はネクタイピンがジャケットの第一ボタンから少し上にくる位置を目安に固定してください。

固定する時は、小剣を理想の長さにし、ネクタイピンで固定する部分にネクタイを調節した時に余った部分を挟むようにしましょう。

まとめ

ネクタイの長さは意外と重要!正しいネクタイの長さをご紹介しました。

ビジネスシーンでベストなネクタイの長さは、”ベルトのバックルに半分かかるくらいの長さ”。

女性も知っておくと、旦那さんやお子さんのネクタイをきちんと直してあげられますよ。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。