【冬必見】スーツスタイルでのおすすめの防寒対策とは?快適に過ごすための防寒対策を紹介!のアイキャッチ画像
(関連記事)こちらもいかがでしょうか
【冬必見】スーツスタイルでのおすすめの防寒対策とは?快適に過ごすための防寒対策を紹介!のアイキャッチ画像

【冬必見】スーツスタイルでのおすすめの防寒対策とは?快適に過ごすための防寒対策を紹介!

普段からスーツを着る機会が多い方にとっては、冬の防寒対策は欠かせないものです。スーツスタイルでの防寒対策といっても、どのような対策をするのがベストなのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

「スーツスタイルの防寒対策を知りたい」

「防寒対策もしたうえで、おしゃれに着こなしたい」

「防寒対策でおすすめのアイテムを知りたい」

など、防寒対策に関する悩みを抱えている方も少なくないはずです。そこでこの記事では、おすすめの防寒対策やその注意点を解説していきます。

スーツの防寒対策で冬をおしゃれに乗り切る

冬にスーツを着用する場合、防寒対策を意識したスタイルにしなければ到底、寒い冬を乗り切ることはできません。しかし、防寒対策を意識するあまり、不格好なコーディネートでは印象は悪くなるだけです。そこで、防寒対策をしながらおしゃれコーディネートにできるのが一番ではないでしょうか。

冬にスーツを着用する場合は、防寒を意識して作られた秋冬用のスーツがおすすめです。そのほかにはスーツ、パンツベストの3アイテムを同じ生地で仕立てたスーリーピーススーツを採用したり、冬物のコートや小物で防寒対策をすることも効率的な防寒対策といえます。

スーツスタイルでは寒さ対策に加えて、状況に合ったコーディネートが重要です。コートのカラーや小物の質感、スーツのカラーや素材など、寒さ対策をするうえでは選択肢も非常に多くなります。対策をしたうえでシーンに合った着こなしをして、冬のスーツスタイルを楽しみましょう。

防寒対策①スーツを秋冬用に変える

スーツには大きく分けると、「春夏用」「秋冬用」「オールシーズン用」の3タイプが存在しています。寒さの厳しい冬は、秋冬用のスーツに変えることで乗り切ることが可能です。秋冬用のスーツは、春夏用やオールシーズン用と比べると裏地の付き方や生地の種類で違いが出てきます。

秋冬用のスーツはどのように違うのか、どう選んだらいいのかと迷う方も少なくありません。そのような方のためにここでは、どのようなスーツを選んだらいいのか、選ぶ際のポイントを解説していきます。

裏地で選ぶ

スーツにはジャケットの内側に裏地と呼ばれるものが施されています。そもそもこの裏地には、

  • 湿気や汚れ、傷みからスーツ生地を守る
  • 着用時や動いた時に発生する摩擦による擦れを軽減し、動きを滑らかにする

などの意味合いが込められており、基本的にスーツの裏地は内側全てに裏地が施されている「総裏」が基本です。しかし、近年では春夏用のスーツでは、通気性がよくなるように背中部分の裏地が無い「背抜き」が採用され、秋冬用には防寒対策という意味合いで「総裏」が施されているという認識になっています。

裏地は内側に1枚増えるだけで保温の効果は高まり、体感温度が変わる特徴を持っています。一番簡単な秋冬用のスーツの選び方としては、防寒対策として総裏が施されているスーツを選ぶのがいいでしょう。

スーツのタイプで選ぶ

防寒対策をするのであれば、スーツがどういったタイプのスーツなのかも考えなければなりません。防寒対策としておすすめのスーツは「スリーピーススーツ」です。

スリーピースは、ジャケットパンツベストの3種類を同一の生地で仕立てたスーツを指します。クラシカルな印象があって着こなしが難しいと敬遠されがちなスリーピースは年齢層が高めな男性から人気でした。しかし、今では統一感のあるコーディネートができることもあり、若い世代からの支持を集めています。

スーツだけではなく、ベストを着用することで風を通しにくく、保温性も高くなるので快適に過ごすことが可能です。

さらにスリーピースのメリットは防寒対策だけではなく、ジャケットを脱いだ場合やジャケットボタンを開けた状態でも、ベストを着ていることでだらしなくなることはなく、おしゃれに見せることができます。

女性の防寒対策として有効なのが、スカートタイプのスーツを控えて、パンツスタイルにすることです。パンツスタイルは、スカートと違って風を通しにくい点がメリットがあります。生地の厚い秋冬用のスーツを選択し、さらにパンツスタイルにするだけで非常に暖かく、快適に過ごすことが可能です。

防寒対策を意識するのであれば、1着でもパンツスタイルができるスーツを持っておくといいでしょう。

防寒対策②スーツの生地を秋冬用に変える

春夏用のスーツと秋冬用のスーツとでは、大きな違いのひとつとして生地の違いが挙げられます。秋冬用の生地は、風を通さないように厚みを持たせて作られている特徴がありますが、生地の素材によってさらに防寒対策をすることが可能です。

秋冬用のスーツで使われる代表的な素材として、保湿性に優れている起毛タイプの「フランネル」、耐久性に優れている「ツイード」、暖かみのある「ホームスパン」の3種類が挙げられます。これらの3タイプを紹介しますので生地選びの参考にしてください。

平織り綾織りにしたウール生地に圧力をかけて厚みと強度を増やした「フランネル」は暖かく柔らかな肌触りが特徴の生地です。優れた保湿力と軽さからフォーマルなシーンに向いている生地といえます。

最近では、カシミアアンゴラなどの高級獣毛を混紡して、さらに保温性を高めた生地なども出てきており、コートなしでも過ごせるほど温かい生地が作られるようになりました。

主にアイルランドやスコットランドで作られるウール生地で、暖かくなるように太い糸で織られており、少しざらざらとした肌触りが特徴の生地です。特徴的なカントリー調はフォーマルスーツよりもカジュアルなスーツにおすすめとなっています。

ツイード生地をジャケットなどに採用すると、高級感を演出できるので高級感のあるコーディネートをしたい方にとってはおすすめです。

  • ホームパン

「家で紡がれた」という意味のあるホームパンは、ツイードの一種で、ざっくりとした手織り感のあるハリスツイードが代表的です。

短めの羊毛や再生毛(毛織物のくずから回収された毛繊維)で作った太めの糸を使って手織りされるので、弾力がありながらも暖かみのある雰囲気が特徴の生地となっています。

ホームパンで仕立てるスリーピースは、暖かくておしゃれなコーディネートができると幅広い世代に人気です。

防寒対策③インナーを変える

寒い冬での防寒対策としてはあまり注目されないインナーも実は非常に大切です。どのような対策をしたらいいのか、シャツ着用時とオフィスカジュアル時の違いなどを解説していきます。

インナーでの対策【シャツ着用時】

シャツ着用時には、どんなインナーを着たらいいのか迷ってしまうことはないでしょうか。ここではシャツ着用時のインナーの選び方を解説していきます。

機能性インナーを着用する

近年では、多くの店舗で機能性に優れたインナーを取り扱うようになりました。例を挙げると、発熱する素材を使ったインナーや吸湿速乾機能を持った素材で作られたインナーなど、毎年多くの商品が販売されています。

シャツ着用時のインナー選びのポイントは、何も着用していないような存在感のないインナーを選ぶことが重要です。

おすすめは薄くて、体にフィットしてごわつかないものが理想となります。色もシャツから透けないようなホワイトやベージュ、グレーなどがおすすめです。厚手のごわごわしたものや、柄の主張が激しいものはスーツスタイルでは好ましくないので避けたほうがいいでしょう。

ストッキングの重ね履きで保温性を高める

主に女性の防寒対策になりますが、ストッキングを重ねて履くことがおすすめです。主にストッキングは、スカートタイプのスーツを着用する時に履くものになりますが、意外と防寒対策としては優秀なアイテムとなっています。ストッキング1枚のみだと薄くて防寒対策にならなそうなイメージですが、重ねて履くことで保温性が高まり、見た目に反して優秀な防寒対策になります。

黒のストッキングであれば重ね履きをしても目立つことはなく、違和感のない防寒対策が可能です。他には、厚手のストッキングを履いたり、ショートタイプの防寒ガードルを使うことで保温効果も得られるので女性の方には人気の対策となっています。

ももひきを着用する

スーツパンツの下に履くももひきは寒い冬の防寒対策として非常に優秀です。パンツの下に履いても外見では全く分からず、かさばるようなことも少ないので簡単に寒さ対策をすることができます。

ももひきは男性特有のインナーといったイメージが強いですが、最近ではレディース用のももひきも販売されるようになり、パンツスタイルのスーツを着用する女性の方から支持されるようになりました。

ももひき1枚履くだけでも暖かいので、冬の寒さが苦手な方は是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

インナーでの対策【オフィスカジュアル時】

最近は仕事時にスーツを着ないで、少し着崩したオフィスカジュアルといったスタイルで仕事をする方が増えてきました。そういった方たちの防寒対策はどういったものがいいのか、おすすめを紹介していきます。

ニットを着用する

ニットは機能性が高く、非常に暖かいインナーとなっています。冬のオフィスカジュアルに取り入れたいアイテムといえます。

ニットジャケットの下に着ても問題なく、どんな服装にも合わせやすいのでオフィスカジュアルにぴったりな防寒アイテムです。ニットには網目の違いによって種類が分かれているので紹介します。

繊細で細かい網目が特徴のニットをハイゲージニットといいます。ハイゲージニットは、オフィススタイルにぴったりな上品で清潔感のある印象を与えることが可能です。

ジャケットの下に着用しても違和感なく着ることができるので、男性のみならず、女性でも着用することができ、幅広いシーンで取り入れることが可能です。

ハイゲージニットは網目が細かく、体にフィットするような作りのニットなので、体のラインがくっきりと出てしまい、苦手と思う方もいます。体のラインがはっきりと出てしまうことに抵抗がある方は、タイトなサイズを選ばずに少し大きめのサイズを選ぶといいでしょう。

ざっくりとした粗く、大きな網目が特徴のニットをローゲージニットと呼びます。ローゲージニットは、生地の表面が凸凹としており、ボリュームのあるシルエットが特徴です。生地の凸凹やボリュームのあるシルエットがカジュアル感を演出します。

カジュアル感が強いために、オフィスカジュアルとしてはあまり向いていませんが、カジュアル度が強い企業であれば問題なく着用することができます。不向きなシーンで着用してしまうと、相手に悪い印象を与えてしまうことにも繋がるので、TPOをしっかりと意識したうえで着用するようにしましょう。

ボリュームがあるので、保温効果が高く、暖かいことがウリのニットとなっています。

ハイゲージとローゲージの中間的な立ち位置のニットになります。ハイゲージの上品さとローゲージの暖かさを合わせたようなニットなので、非常に使い勝手よく着用することができるでしょう。

防寒対策④ベストを着用する

スーツの中に着るベストは、スーツスタイルをオシャレにするといった意味合いで取り入れる方も多いのではないでしょうか。しかし、ベストジャケットのVゾーンを覆ってくれるため、胸元の保温効果が高く、防寒アイテムとして非常に優秀なものでもあります。

防寒対策におすすめのベスト

ベストは、先ほど「スーツのタイプで選ぶ」で紹介したスリーピースのなかの1アイテムとして、持っている方が多いアイテムのひとつではありますが、なかにはスリーピーススーツやベストを持っていないという方も少なからずいます。ベストを手に入れるためにスリーピーススーツを仕立てるにはハードルが高いという方は「ニットベスト」がおすすめです。

ベストには多くの種類がありますが、ニットベストは保温効果が高く、風を通しにくいので冬の寒い時期にはニットベストを取り入れる方も多いです。ニットの種類によって保温性も変わってくるので、どのニットを選ぶかによって状況は大きく変わります。ニットの種類は先ほど紹介した「ハイゲージニット」「ミドルゲージニット」「ローゲージニット」の3タイプです。

ニットのなかでも、保温性の高いカシミアを使用したニットベストは、さらに高い保温性を期待できるので寒いのが苦手という方にはおすすめのベストとなっています。

基本的にはスーツと同じ色味のものを選ぶとバランスよく全体をまとめることが可能です。普通のコーディネートは嫌だと考えるおしゃれ上級者の方には、スーツとは違う色味のベストを取り入れることでアクセントを付けるのができます。少し変わったコーディネートがしたい方にとってはぴったりな組み合わせではないでしょうか。

華やかな明るいシーンには暖色系で暖かい雰囲気を演出し、爽やかな印象を与えたい場合は寒色系のベストを選ぶとシーンにマッチしたコーディネートか可能となります。

ベスト着用時のマナー

ベストはおしゃれで防寒対策にも使用できますが、着用をする際には注意点もあります。相手に対して失礼のないように、ベスト着用時のマナーやうまく着こなすためのポイントを紹介しますので覚えておきましょう。

サイズを合わせる

ベストは、ジャケットの下に着用するものなのでサイズに関してそこまでシビアになる必要はない、と考えている方も少なくありません。しかし、ベストを着用する際のサイズ選びは非常に重要なものになります。

ベストを着用する際にサイズで最も気を付けたい部分が「着丈」です。ベストの丈が長すぎてしまうと、だらしない印象に映ってしまいます。反対に短すぎるとベストベルトの間からシャツが見えてしまってマナー違反となり、印象がよくありません。サイズ選びのポイントとしてはシャツやベルトが隠れるぐらいのサイズを選ぶようにしましょう。

サイズ感によって相手に与える印象も大きく変わってしまうため、ジャストサイズを選ぶことが大切です。

ボタンの留め方に気を付ける

スーツのジャケットには、一番下のボタンを留めない「アンボタンマナー」といわれるマナーがあります。これはベストでも同じで、一番下のボタンは留めないことが基本的なマナーです。

ボタンが縦一列に付いているシングルベストの場合は、基本的にボタンの数が6個です。現在では、ボタンの数が5個のものや4個のものも多数販売されるようになり、選択の幅が広くなっています。

ボタンが縦に二列に並んでいるダブルベストの場合は、左右に3個もしくは4個、合わせて6個か8個が一般的です。ダブルベストの場合は左下のボタンを留めないようにするアンボタンマナーが適用されます。

なかには例外もあり、ダブルベストによく見られるフロント部分が直線的になっているデザインでは、一番下のボタンを留めたほうがおさまりがよくなって、締まった印象になります。パーティーなどでは一番上のボタンをあえて外すことで、程よい着崩し感を演出できるので、シーンによってどこを留めるのかを把握しておきましょう。

Vゾーンを綺麗に見せる

ベストは、スーツのVゾーンを華やかに印象付けてくれるものでもあります。せっかくベストを着用するのであればVゾーンを綺麗に見せたいものです。ベストには「体を立体的に表現し、たくましく見せる」という魅力があります。

体の線が細い方は「Vゾーンが浅めで、付きタイプのベスト」を選ぶことで、胸まわりを立体的に見せることができ、全体的なバランスをよくすることが可能です。反対に、線の太い方は「Vゾーンが深めのなしタイプのベスト」を着用することで、すっきりと見せることができるのでおすすめとなります。

必ず、こうでないといけないというものはないので好みで選んでも問題ありません。

防寒対策⑤マフラーや手袋を着用する

マフラーや手袋は、スーツで防寒対策する場合と違った暖かさを感じることができるため、防寒対策をするうえで欠かすことができないものの一つといえます。マフラーや手袋の選び方、お手入れの仕方などを紹介しますので見ていきましょう。

マフラーの選び方

マフラーには大きく分けると「織り」と「編み」の2タイプがあり、シーンごとに相性のいいものを選ぶことが重要です。「織り」のマフラーはすっきりと見せることができ、上品なスタイリッシュな印象を演出することができます。反対に「編み」のマフラーでは、手編みのセーターのような網目が並ぶような作りになっているのでボリュームがあり、着崩し感を演出することが可能です。

ビジネスやフォーマルシーンでのスーツスタイルの時は、カジュアルすぎない「織り」のマフラーを選ぶことが無難となります。カラーはブラックやネイビー、グレーなど落ち着いた暗めな色で無地のものを選ぶとビジネスとの相性がいいです。

パーティーや結婚式などのカジュアルシーンでは「編み」のマフラーを着用することで着崩したおしゃれ感を出せるのでおすすめです。カラーでは暖色系や寒色系を問わず、明るい色を選択し、ストライプやチェック柄と合わせると華やかな印象にすることができます。

そしてマフラーはお手入れをしないとすぐに傷んでしまったり、毛玉ができてしまいます。そうならないためにも日々のお手入れは欠かせません。マフラーを長く使い続けていくためには、日々のブラッシングが大切です。ブラッシングをすることで毛玉の発生を抑えることができるので、使用した後はブラッシングをして保管するようにしましょう。

手袋の選び方

防寒対策でマフラーと同じく、欠かせないアイテムなのが手袋です。スーツを着る方のなかには、コートやマフラーを活用しているという方は多いですが、手袋を活用している方は意外と少ないものです。

寒い時は首回りを温めると体が温まってくるといわれていますが、意外にも手首も重要な箇所のひとつとなっています。

スーツと合わせる場合には、縫い目がわからない内縫いタイプを選ぶことで、スーツスタイルにぴったりなスタイリッシュな印象を与えることが可能です。風を通しにくいレザーを選ぶことで上品なきれいめなコーディネートにすることができ、保温性を高く保てることもあって重要な防寒対策といえます。

定番のブラックやブラウンを選ぶことで、どんなシーンにも対応力の良さを実感できるでしょう。革は使っていくうちにフィットしてくるものなので自分のジャストフィットを選ぶようにしましょう。

手袋は汗や湿気などで傷んでしまうことも考えられるため、陰干しで乾燥させることが大切です。もし、使い続けて乾燥しすぎてしまったと感じたら、保湿クリームを塗って潤いを与えてあげるようにしましょう。

防寒対策⑥コートを着用する

コートは外では寒さをしのぐために活躍し、暖かい室内では脱ぐことができるので寒い冬には欠かせない防寒対策といえます。冬の外出時には必ずコートを着るという方も多いのではないでしょうか。スーツスタイルでコートを着用するときは、カジュアルコートではなく、スーツ用のコートを羽織る必要があります。

コートには多くの種類があり、どのようなコートを選んだらいいのか迷う方も多いですが、無難に選ぶのであれば、「ステンカラーコート」がおすすめです。ステンカラーコートは、装飾が少なく、一番上のボタン以外が全て隠れ、全体的なバランスの良さや誠実さを演出してくれるコートとなっています。どんなシーンにも着用できますが、特に誠実な印象が必要になるビジネスシーンにぴったりです。

また、紳士的な上品な雰囲気を演出したい場合は「トレンチコート」がおすすめです。トレンチコートは装飾が多く、ベルトが付いているため、ベルトの結び方ひとつで様々なパターンを楽しむことができます。結び方で印象を大きく変えることができるので、ステンカラーコートよりも遊び心を取り入れたいと思っている方にはぴったりです。

今回紹介したスーツ用のコートは裏地を取り外せる仕様になっているものが多く、寒くなり始める秋から活躍するものばかりです。1着用意しておくだけでシーズンを通して活躍してくれるアイテムになるのではないでしょうか。

シーズンオフのスーツの片付け方

秋冬用のスーツは、暖かくなる春先から出番が少なくなっていきます。その際に間違った保管をしてしまうと、スーツの傷みにつながってしまうので適切な保管が大切です。

  • 保管する前に必ずクリーニングに出す

長期保管をする前はしっかりとお手入れをしてから保管することが必須となっています。その場合は、クリーニングに出してスーツの汚れや汗などによる湿気をきれいにするようにしましょう。

  • 保管時は不織布カバーを使って保管する

スーツを保管する際は購入時に付いてきた不織布カバーを使っての保管がおすすめです。クリーニングから戻ってきたビニールの状態では、湿気が逃げていかないので、通気性のいい不織布カバーを活用しましょう。カビなどの発生を抑えるのでクリーニングから返ってきたきれいな状態を保つことができます。

  • スーツ専用のハンガーを使って吊るして保管

スーツを片づける際、ハンガーにかけて保管する方が大半ですが、スーツ用のハンガーを使っている方はそこまで多くはいません。スーツ用のハンガーは肩部分に厚みや湾曲があるため、型崩れを起こさずに保管することができます。絶対に型崩れをさせたくないという方にとってはおすすめの方法です。

オーダースーツ専門店「オーダースーツSADA」とは?

最近では多くのオーダースーツ専門店が存在していますが、今注目を集めている店舗が「オーダースーツSADA」です。

このオーダースーツSADAは、「オーダースーツ接客満足度」「オーダースーツ品質満足度」「コストパフォーマンス満足度」など多くの部門で1位を獲得しており、大勢の方からの高い評価を得ています。(出典元:日本マーケティングリサーチ機構調べ 2022年7月期ブランドイメージ調査)

基本的にオーダースーツの作成方法を大きく分けると、

・最も簡易的なパターンオーダー

・中間的なイージーオーダー

・こだわった仕立てが可能なフルオーダー

の3パターンがあります。

オーダースーツSADAでは、3パターンのなかで最もこだわったスーツの作成ができるフルオーダーを採用しています。

一般的にフルオーダーで仕立てる際には高い費用がかかってしまう傾向にありますが、オーダースーツSADAでは19,800円(税込21,780円)〜と量販店のスーツと変わらない価格でフルオーダースーツを作成することが可能です。(※2022年11月13日時点の価格です。価格は変更になる場合があります。)

低価格で作成ができる理由も、自動設計や自動裁断システムを用いた自社工場を保有しており、ほとんどの工程を自社で行っている点があげられます。生地の仕入れからスーツ作成まで自社で完結させることによって、価格を抑えることが可能となり、スーツ購入者に還元できるようになっているからです。

オーダースーツSADAでは、多くの生地を取り扱っており、自身好みの秋冬用のオーダースーツを仕立てることが可能です。そして、オーダースーツSADAのスーツは佐田社長自らが雪山や冬の海釣りなどで防寒性の実験をしていることもあり、非常に性能も優れていることがわかります。

多くの部門で高い評価を得ており、品質のいいスーツを作り続けているオーダースーツSADAで、自分だけのオリジナルスーツを仕立ててみてはいかがでしょうか。

山畠光優